女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

仕事先で必ず何人かには



お子さんは?と聞かれます。



ヒトのプライバシーに係わる



家族構成などの質問を




まだ会って間もない段階で



まるで『元気?』と同じ
挨拶代わりのように聞いてくる。




大抵50代位の人が
聞いてくるのが多かった。




悪気はないのは分かるけど




私ならそういう個人情報は
まずヒトには慎重になる。





相手に対しての想像力が乏しい人が
聞いてくるのよね。





面接で聞かれたりすることもある。





恐らく今度の面接でも聞かれるだろう。



なんか小さいところだし。



お子さんのいるひとばかりだ。






本当はこういう質問は
セクハラとして
禁止されているのだが




パートの面接やなんかでは




しれっと普通に個人情報を
聞かれる。




答えたくないのに



答えないと
印象を悪くして受からない。



モラハラに近い。







でね、気付いたの。




お子さんは?と聞かれて




嫌な気持ちになるのは




自分がどこかで



子供のいない私はダメなのか?って




劣等感や
ムカつき感 があるからなんだと。




なんだ




一番こだわってるのは私じゃん(笑)





私は子供は必要ないから



産まなかった。





それなら堂々としていれば良いこと。




頑なになることもない。





それなのに世間の基準に合わせようと
してた。





恋愛では
世間の基準に合わせてないのに(笑)




こんなところで




無理やり合わせようとしてた。




だから聞かれることも多かったのかも。




聞かれても
自分が気にしていないことなら




何とも思わないはずで。




私はどこかで




子供いないのになんで残業しないの?



なんで週3日しか働かないの?




そんな風に思われたり
言われたりするのが




悔しくて劣等感を感じて




ムカッと来てたのだなと




気付いた。




それはただの自信のなさ。









相手がどう感じるか
どう言ってくるかなんてことは




相手の問題だわ。





私の問題ではない。




これからは聞かれても



『いないよ。』




それだけに徹する。




ぐちゃぐちゃとどう思われたかなんて




気にしても意味がない。




自分が一番自分の決めたことを
信じてあげてなかったから



これからは



何があっても



自分を信じてあげたい。



そしたら傷つくこともない。



他人なんてある意味どうでも良くなる。





だってさ



パートを探して応募していくうえで




子供のいないヒトの職場なんて



ほぼない。



(前は偶然にも子供のいないヒトが
多い小さい職場で働いていたが。)




めったにない。




たいてい子供がいるからパート。



いないならフルタイムで社員。




そんな世の中だもん。




子供のいるパートが圧倒的に多い。




それを避けて探すことはムリ!




だとしたら




気にしないのが一番だ。




話題もつまんないよ?そりゃね。
子供の話ばかりだし



熱が出ただので休まれて
仕事が増えたり被るしね。



それを私は子供がいるから
当然でしょってパート主婦も多い。




ムカつきますが




私も飲んだりして休んだりすることも
あるだろうし。



小さい職場は密だから




苦手だけど




そんなこと言ってたら




永久的に就職出来ない。




大勢いたらいたで




これまたグループ化して



大変なのでな。



女子は面倒だね。




男性の方がさっぱりしてるし
根掘り葉掘り聞いてこないから



とてもラクだもん。




それでもパートは女子ばかり。




私の方が身構えていたし



聞かれたくないと
鎧をつけていたし




いつか聞いてくると



相手を見張って



戦闘態勢でいたのは自分でした。



それじゃ疲れるわな(笑)





もう見張るのも



戦闘態勢も解除して



自然な私でいるように。




聞かれてももう良いわと
腹をくくること。





自分でいることに変わりもないし



自分の価値にも関係ない。




気にしない。

真に受けない。



自分の生き方に自信を持つこと。



これに尽きるね。




仕事は私の人生ではない。



私の人生は恋愛だ(笑)










































メジロ君とのこと



疎かになっていたわけではないけど




最近、彼も私も忙しくて



来週までは踏ん張りどころなのだ。



その先にやっとデートがあるので
二人とも頑張っている。





でもちゃんと




ほぼ毎日コンタクトは取ってるよ。




いつもは2週間に1度の
デートだけど




今回は会えない時間が長い分、



……と言っても



期間は18日間ほどですがね(笑)




でも、
いっそうラブラブ感はUP!





二人とも妄想体質だから(笑)





お互いを思い出しては




励まし合ったり



ちょっと嬉しくなるような
ラブメールだったり



10分程の短い電話だったり




それで
きゅんとなって




想いが増すようです(笑)




愛と元気をありがと!って



おとといメールしたら



昨日は

『こっちが元気を貰ってるよ』って



時差間はありますが返ってきました。




ここ2週間ずっと休みがなく



納期に間に合わせてるメジロ君。




終わりが見えなくて不安だよって
書いてあった。



また忙しくて休みがないのを
繰り返してるのか~。




でも行きつ戻りつでも
改善していくこと
しかないもんね。





そんなときは私は彼を信じて




大丈夫!メジロ君なら越えられる!




そう言ったあとに




山場を越えたら



デートでこれ食べたい!

ここに行きたい!

スッキリして飲もう!って



仕事とは違う話をふります。




昨日もそう。




彼も飲んだり
美味しいもの食べるの好きだから




ふわっと和んだ様子で


彼は



『シロハトちゃんは

どっち行きたい?フレンチ?

和食?

俺は両方行きたいよ。欲張りかな。

なんか一緒に飲むの
やっぱりうれしいな~。』




はい、彼もめでたく妄想に突入(笑)
これも1つのリラクゼーションですよ。




私たちは将来の縛りや責任がない分、




気持ちの純度が高い気がしてます。




100%とは言わないけど




純度90%くらいの濃度かな。




お互いをただ好き!って
いう想いだけで会っている。




脳裏に
結婚だの責任だの将来だの



打算が浮かばない分、



気持ちにストレートに求めあう。



都合のよい?
ピュアとも言える…のかな(笑)





彼と抱き合うときも



キスをするときも



手を繋ぐときも




会話するときも




メールするときも




そこにあるのは
お互いの想いだけ。




ハタから見たら『は?』となる
関係だろうけど



ふたりの恋愛だから
『ハタ』はいらん。




この純度の濃い恋を味わえる喜びは




私は死ぬまで忘れないでしょう。




世間から見たら
苦しい恋愛なのかしら。





苦しんでしまうヒトは
世間の基準に合わせようと
もがくから。





私は苦しいと思ったことは
一度もない。






思ったらこんな風に書けないし(笑)





考え方でどうにでも
恋愛は楽しめるのだ。




特に女性はね。




私は楽しめる方なので



ありがたいなあ。




むしろこの関係が幸せだから。




究極のバカップルをこれからも
目指していきます(笑)




メジロ君となら可能です。





とりあえず
この純度で2年経過した。




よしよし




あとは妙齢な私の女っぷりをどれだけ
キープできるか。




それも併せて純度を保つ。




アラフォーの課題。



あ、思い出した。




こないだのデートで




メジロ君が少しほろ酔いで



『しょうがないよ。好きになった人が
年上だったんだから。
好きになっちゃったんだから。』


そんなことを言ってくれてたな。



思い出してちょっとラッキー😆💕













































記事検索