今日のドラマ《昼顔》、
突っ込みどころ満載でしたなあ。


だいたい職場の人にあんな風に
糾弾されんだろうし、
図書館で殴り合い…あり得ない。


サワが家出した先に不倫相手の
北野センセが偶然いる(笑)

舞の海の
『偶然ですねぇ』よりも
出来レース(笑)

わー、もう楽しいほどに
フィクション・ドラマですなあ。

センセの妻、ノリコ怖すぎ(笑)



そして一番冷めた目で
観てしまったのは、


画家と元妻のヤリトリ。
あんなベタな女、平成にいる??
昭和でも怪しいよ(笑)


それにしてもさ、
不倫への攻撃が半端ないね!

人を殺した位の責めっぷり。
あそこまで、罪悪感必要?


リアリティーが無くて、
笑ってしまった。


ま、所詮、ドラマだからね。


でもメジロ君とのデートを
思いだして、
見終わったあと、
きゅんとするんだよなあ。
特に意味はない。
(変態だな)


不倫てさ、
バレたとして、
それで逃避行したり、
結婚して結ばれちゃったら
だいたい終わる。


責任のない、非日常だからこそ
成立する世界なんだから。


結婚して日常になったら、
恋はやがて萎んでいく。

そういう人はまた非日常を
探し求め始める。


その人と恋をしていたければ、
独占欲は持たないこと。
嫉妬しないこと。

それだとダブル不倫の時点で
難しいよね。


ダブル不倫て怖いわぁ。
私は絶対ムリ。


あれは誇張された話だけど、


実際に
『私は悪くない』の被害者女が
絡んでくることで、
どろどろになるよなぁ。


私は悪くないという人に限って
ねちっこい。


自分のそのクサイねちっこさが
自分が最も恐れていることを
招いてるとはツユとも考えない。



お相手はフリーの独身が一番だわね。
その点、リカコが一番賢いわ。


ドラマの不倫の行く末は
きっとフィクション感たっぷり。



映画見に行っちゃおかな(笑)