女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

恋愛コメントはこの記事のコメント欄へお願いします❤ http://lifestillgoeson.net/archives/12383411.html

 

忙しい彼、
激務な彼を持つ彼女の一番の不安な点は、


私のこと忘れちゃってるんじゃないの
ということだと思うの。

 



私の彼、メジロ君にもね、
こないだ聞いてみたのだよ。



 

私・「メールとか、3日位空くとね、
忘れられちゃってるんじゃないかって、
寂しくなるんだけどなぁ。」

 



彼・
『え、忘れない、忘れない。
四六時中覚えているよ。


疲れてる時は、
晩酌すると寝ちゃうからメール出来ないし、

仕事中は人もいるし、
もちろんメール出来ない。
嫌なことあったときも、
文章がネガティブになるから出来ない。』

 



ふむ。
何とも、当たり前っちゃ、
当たり前の話。


  彼・
『だからね、
出来る時にメールしてるでしょ?


シロハトちゃんを忘れるなんて、
記憶喪失じゃないんだからさっ!』

 




はい、至極、真っ当なご意見です。

 


つまりね、
メール来ない=彼女を忘れてる
とかではないってこと。



メール来ない=メール出来る状況じゃない
ということなんだ。

 



至ってシンプルなんですよ、
男性ってね。



だいたいね、
メールで駆け引きとかやっている男性なんて、

ホストとか、
ほんの一握りだと私は思っている。

 



おととい、


仕事が無事終わったとか、
まだこれから新たな仕事が入っただとか、

 


俺様通信みたいなメールが来たので、


素直に返信に困ったので、
一日無視し(笑)、

 



今日、自分が爽やかな事を体験したので、


彼にも伝えたいなってメールを出したらね、

 

即返信が、返ってきたよ。

 



『俺はいつも幸せを
シロハトちゃんから貰っているよ。』
ってね



しかも、
次回のデートのお店の予約まで
してくれたことが

書いてあった

 



ほらね、
私も彼みたいに自由に返信しなかったり、


自分がしたい時にメールしたりしても、
良いってことなんだよね。

 



むしろ自分がしたい時に
するようにしたり、
相手がほっこりするようなメールをすると、

返信率が良い様な気がするのよ。

 



ただし、
これを駆け引きとしてやっちゃダメ!

 


あくまで、
自分が素直にそうしたい時にした方が良い。



そうするとね、
ちゃんと相手に伝わるんだよ。

 


忙しくてもね、
彼はちゃんと彼女を忘れてないの。


それを覚えておこうね。

 

 

  フレディを引き寄せたことにより、 毎日、クイーン漬けの日々だけど、   フレディ・マーキュリー、 独特の色気がある~♥   いや、おゲイ的な お色気とかじゃないのよ。 なんつーかね、   フェロモンというのかしら。 特に、 ピアノの弾き語りをしているときの 彼からは、   なんか、ドバドバとフェロモンが 溢れてる感じがする。   男の色気でもなく、 女の色気でもなく、 もっと、ヒューマニティな色気。   そして、 あの独特のビブラートというか、 声も良いんだけれど、 また、発音がたまんなくキュート❤   私の身内に、帰国子女がいるのだが、 彼女に言わせると、   ブリティッシュというよりも、 アイリッシュ訛りのような、 アメリカンも入ってるそんな発音に 聞こえるそうで。   彼女は、 ライブのMCをちょっと聞いただけだから、 インタビューとかマジマジ聞いたら、 また違うかもしれないけどね。 と言っていたけど。     ミュージシャンは、耳が良いから 付き合ってる人の発音が 移ったりするらしいので、   ああ、そういえばあの当時、 【ニューヨークの娘たち】と 呼ばれていた、おゲイのお友達や、 アメリカの彼氏とかもいたなと、 妙に納得。   話がそれたけど、 その発音が醸し出す、 独特のフェロモンと、 あの声のおかげなのか、 何ともセクシーに感じる。   U字タンクトップじゃなく、 裸じゃなく、 ぴちぴちレオタードじゃなく、 ショーパンでもないフレディで、   まともな?服を着ていたら、 さらにイケメンなのに~   と思ったんだけど、 それやっちゃうと、 フレディじゃなくなるよね(笑)   あの強烈な個性があるからこそ、 そのギャップが魅力的なのよね。   私はそのままのフレディが好きだ。   ノーマルなフレディなんて、 きっと売れなかったし、   やっぱり魅力半減よね。   彼は彼だからこそ、 愛されていて、魅力的なのだから。   それは自分にも言えること。   私はどんな私でも、 愛されて、魅力的なのだ。   それこそ、自分軸。   フレディ・マーキュリーには、 色々と教わっている。

このページのトップヘ