女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

恋愛コメントはこの記事のコメント欄へお願いします❤ http://lifestillgoeson.net/archives/12383411.html

私の彼氏は嫉妬をしない。
私のパートナーの事を話しても
全く嫉妬を感じないとのこと。 
今日はその事についてちょっと
深く言及してみた。 

彼氏も自分の気持ちを深く
掘り下げたことはないらしく、
どうして嫉妬しないのか、
自分でも良くわからないという。 

でも彼いわく、一つ言えるのは、
彼女が自分と誰かを比べた時点で
もうアウトだと。 

つまり、誰か他のやつと
比べるってことは、
俺を1番に想ってないからだと
見なすので、 

その時点で、
『はい、俺を1番に想ってないなら、
どうぞそちらへ行ってください。
=俺の負け。』
となるとのこと。 

嫉妬しないのは、
彼女が1番に自分を想ってくれていると
信じてるからだと話してくれてね。 

てことは、よ? 

私がパートナーよりも
彼氏を想ってると
信じてるってことなのか。 
ちょ、彼ってすごい、自信家(笑) 
私は同じ位に好きだけど、
彼は自分を1番に
想ってくれていると
信じてるから嫉妬しない。 

なるほどねぇ。 

でも『他のやつと比べた時点で、
もう俺を1番に想ってない。』

『それなら、
その他のやつの方へどうぞ。』 

これってさ、
本気で愛してないからじゃない?と
好きなら差し出したりしないよね?
って聞いたら、

『そう思うなら、
そう取ってもらって仕方ない。
でも今までそんな
シチュエーションになったこと
ないから良くわからないよ。』

彼は自分が負けたと思った時点で、
あっさり引くみたい。
決して愛してないからじゃないと。 

友だちみたいな感情だから
嫉妬しないとか?
そう聞く私に彼は、 

『いや、
友だちの感情じゃない。
恋愛感情だよ。』 


ふーむ…。 

いつもはオブラートに
包まれている彼の本音とプライドが、
チラッと見えた気がした。 

負けたと感じて引く。

って、もしかしたら、
俺では幸せに出来ないと
見なしたからってこと
じゃないのかな。 

要するに、
私には出会いの時から
パートナーがいて、

それにも関わらず、
彼に恋をし、想ってる彼女(私)だから、
自分を1番に想ってくれているに違いない。

つまり自分は彼女を
幸せにしている自信がある。
だから余裕綽々で
私のパートナーを気遣えるし、
嫉妬もしない。 
てことなのかな?? 


確かに彼に対しては、
一緒にいると幸せだよ。
楽しいよ。と
毎回伝えてはいるけど。 

幸せにしている自信がある内は、
男性は別れを意識しないのかもね。 

私の価値観では、
嫉妬しない=愛してない。冷めた。

になるから、
ちょっと寂しい気持ちだよと
伝えたら、 

『うん、そうだよね。
それは分かるけど、
俺は正直に本当に
嫉妬とかの感情ってわからない。

シロハトちゃんは、
束縛や独占してほしいの?
相手を信じてたら
嫉妬なんてしないから。
』 

すごい人だなぁ。彼は。
どうしたらそこまで
相手の想いを信じられるんだろう? 
学ぶことが多いです。 

彼言ってた。
『そんなことよりも、
今のこの気持ちを楽しみたい。』 
はい、その通りです(笑) 

女性って愛をいつも
確認したい生きものだけど、 
男性は一度好きって伝えてるのに、
何度も言うのは逆に
失礼に当たると思ってる。
⬅これ彼が言ってた。 

本当に違うなあ。 
嫉妬されなくても、
やっぱり愛されているのかな、私は。 
不思議な彼の愛情です。 

彼とのモヤモヤが晴れた。正確に言えば《晴らした》。

メールも頻繁に来なかったり、
デートに誘われないと愛されてない気がして、
蔑ろにされてる気がして寂しく感じていたことを、 
勇気を出して自分の思ってること、本音を全て彼に打ち明けた。  

心屋式で言えば、
どう思われても良い覚悟で「バンジー」しました。 


彼は頻繁にメールをしない理由は、
自分が仕事でイライラしてる時はその気分のままで送りたくないこと。
私を大切に思ってるからこそ。だと。 

デートを2週間と3週間の交互にしたいのは、
私と会いたくないからではなく、2週間に一度のデートは頻繁で、
パートナーにバレるんじゃないかって不安だから。
その裏の気持ちは?って聞いたら、

「(交際を)長く続けていきたいから。」って、明かしてくれた。 

彼は私の心細い本音も、要望も、黙って優しく聞いてくれました。

そして出来ること、出来ないこと、
ちゃんと彼の言葉で話してくれました。 
彼にすんごい愛されていたんだ~。
ただ見えなかっただけだったんだ。 

私の愛情表現と彼の愛情表現は違って当たり前。

それなのに、私の愛情表現でしか見ようとしていなかった。 
でもどこかで愛されているから大丈夫って自信もあったけれどね。 

私を喜ばせようと、内緒であるお店に予約を入れてくれていたことや、
私を大切に想ってくれる気持ちも、全て聞くことが出来た。 

損を覚悟で得をするってこういうことなのかもしれない。 
もうどう思われても、嫌われても、私という人間をさらけ出した。
その結果、彼もちゃんと答えてくれた。 

大事なのは、彼を責めないということ。
私は私の考えを伝えるけれど、彼の考えを否定したり曲げたりしない。 

そうやって降参するように、相手に打ち明けて行くと、
相手は責められていないので、聞く耳を持ってくれる。 

現状はあまり変わらないかもしれない。
でも彼の行動は私を愛していないからではなく、
愛しているからしてくれていることを理解出来たことは、とても大きい。 

違う人間だから価値感が違うのは当たり前。
お互いの愛情表現を知った後は、
全て理解できなくてもその価値観の違いも楽しめばいい。 

とにかく幸せな気持ちになったことは言うまでもない。 
勇気を持って愛する彼氏に自分をさらけだしてみよう。
勇気を出した者だけが味わえる、最高の幸せだ。 

このページのトップヘ