女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

恋愛コメントはこちらへ
http://lifestillgoeson.net/archives/12383411.html



あれからメジロ君とは

フツーにメールのやり取りをしてます。




それでやっぱり思うことは





人の心は常に変化しているということ。





ドン底にいるような気持ちや



もうダメだと焦る気持ちも




必ず、必ず、抜けていく。






あのときの私は




メジロ君に無視されてドン底気分で




もう彼とは


終わりとしか思えてなかったけど



あのときはそうとしか思えなかったから




それはそれで仕方なかった。





何かを感じ取っていたのも



あのときの私には真実でしかなかった。





きっとメジロ君も




あのときの彼は大変で



私のことも考えられなかったし



なんか話したくなくて


無視したくなったのかも知れない。






そうね、彼も人間だから



無視したくなることもあれば



気が乗らないこともあるわな。




でも今は二人にまた良い空気が戻ってきて



お互いにメールで会話している。




もちろん今だから言えることで




あのときは


先なんて分からないから




怖くて余計に落ち込んだよ。






それでも




こうしてまた繋がってる。




あ、現実的なことは




なにも変わってないんですよ。




メジロ君のおうちの事情も



仕事の多忙さも何一つ解決してない。




これからも



何か変化があるたびに




不安になったり



おろおろしたりするわね。




でも



そのときはそれにドップリと浸かるしか



浮上する方法はないってことなんだな。




逃れても追いかけてくる。



だから




ドップリと浸かるのは




実はいちばん最良の方法なんだね。




もちろん


この前不安に感じたことも




なんで?って悲しく思ったことも



週末のデートのときに




メジロ君にちゃんと話します。




聞きたいことも聞きますよ。




フツーに戻ったけど



ギクシャクをなかったことにはしない。





ただし、





余計なことは聞かない。





誰だって



正直に答えられないことだってあるし




たとえばメジロ君に



何で無視したの?って聞いたとして




無視したかったからだよなんて



正直に答えられる人は殆どいないよね(笑)




わざわざそれを証明しなくて良い。







そこは聞く側も工夫する。




それに


例え全て話してくれたとしても




それを受けとる私の解釈は



私の価値観での解釈となるから




彼の伝えたいことが100%分かるとも




限らない。





だから



彼の本質を確かめるだけになる。






それは触れあったり




表情だったり



私への眼差しだったり




彼の全身で感じとるもの。



それにはやはり会うことが大切ね。




あと男性は



決めつけで

責められたりするのがイヤです。




そこも気を付けたいところ。




可愛く、でも主張はする。



これだけで女性の武器になる。





他愛もない話を交えながら




彼の本質を感じとってこよう。




それは彼の愛を感じとることに似てるね。




そして私の愛も




全身で



表情で



声で



眼差しで





きっと彼に伝わる。





ギクシャクは


お互いにちゃんと聞く。




でも深刻になりすぎず




軽やかに。





それで多分




気持ちの上では解決する。




現実的なことは解決しなくても




気持ちが大切だなと改めて思います。























































































恋愛のお手本の一人は



フレディ・マーキュリーです。




彼の女子力?というか




サッパリあっさり世間体を気にせず




自分の欲望のままに進みながらも





決して冷血ではなくて




あたたかい情に溢れてる面もある。







私の


フレディ・マーキュリーの記事を


読んでくださる方も結構いらしてる。



ありがとうございます✨





その内


フレディ専用のブログを



別に作りたいなと



最近思ってます。





アクセス数とか登録数とか



そんなものどうでも良いの。




これで食べてるわけでもないし



自分の興味のあることを




ただ公開していていきたい。




このブログも



元々誰のためでもなく




自分の好きなように書きたいから



始めたけど





そろそろもう閉めても



良いかな~と思い始めてます。




まだ分かんないけどね。






もしフレさんのブログを作るとしたら


ガチガチなファンのブログではなくて



あっさり軽めのやつにしたいな。




あ、ちなみにこの記事は



フレディ・マーキュリーに興味ある人が


読んでね。


じゃないと多分つまらないよ(笑)



カテ違いで悪いけど。




自分のブログでは人を気にせず



自分の好きなことを


好きなだけ書きたいから。


ごめんね。





フレさんの影響で


ピアノを少し始めました。




楽譜を買ってきて



実際に引いてみようとしたけど




超初心者の私には



めちやくちゃ難しい💧




高校生の時に



気まぐれでほんの少しピアノを


習っていたから



ピアノはあるけど



指が動かない。


全然弾けません(笑)




ああ、ピアノが弾ける人が羨ましい。



フレさんの世界を


自分で弾いて堪能出来るんだもんね。




私は吹奏楽にいたので



音符は読めるけど



ヘ音記号が苦手。



ハードルは高いけど

弾けるようになってみたい。




楽譜を見て




改めて



フレさんの才能がただ者ではないことが



身にしみて分かりました。





音の作りが起伏に飛んでて破天荒なのに



曲として聴くとまとまってる(笑)




絶対


モーツァルトの生まれ変わりだわ~。





幼い頃に二年ぐらいしか




ピアノを習っていないのに




あれだけ弾けて




作曲も出来るなんて神童だわ。





ライブを今日見ていたけど



ピアノがやっぱりうまいよね。






スッと彼の世界へ持っていくパワーがある。





そりゃ



音大とか出てる人の弾き方ではないし




鍵盤の叩き方も独特で



強弱は殆どなく



ほぼフォルテで


力任せに弾いてるかんじ。




でも個性的でカッコいいんだよね。





歌を歌うこと、


ピアノを弾くこと



作曲すること




この全てが大好き!って


全身からあふれていて



輝いてるだよなぁ✨





ピアノを弾いて歌ってるフレさんは




本当にカッコいい。




フェロモン全開だ❤




イケメンで



あの肉体的な身体も好き❤





そう、私はがっしり体型がお好みだから。




アジア人にしては背も高いよね。



178㎝と公式ではある。




よく身長をごまかしてるとか



書かれてるのを見かけるけど




スニーカー履いて



ロジャーと並んでも




背丈はあまり変わらないから



本当に178㎝だと思う。




体型もスラッとしてて



あとから筋肉をつけたけど




元々は細くて手足も長い。



脚なんてまっすぐで美脚だよねぇ❤




エキゾチックな顔立ちで



イケメンだなぁと思います。




そんな私も



ファンじゃなかった若い頃は



フレさんのビジュアルに


抵抗があったけど



今じゃカッコいいとしか思えない(笑)





恋と一緒だね。




その人となりを知り



見つめていくことで



容姿さえもカッコいいと思うようになる。






フレさんの世界を少しでも感じたいから




ピアノ頑張ってみようかなと思う。




ボヘミアン・ラプソディを



ライブバージョンで弾けたら最高。




今日帰宅したパートナーに





『ほらほら、楽譜買ったの!

フレさんの表紙、カッコいいでしょ?❤』





って見せたら




『ん…、カッコいいとか分かんないけど


歌ってるフレさんは俺もカッコいいと


思うけど


写真でカッコいいとかは分かんない』



って困惑してて(笑)



え?!そうなの?


なんだ、私と同じ気持ちだと思ってたのに。




って返したら




『や、それはまずいでしょ。

俺、男だしさ(笑)』




そうなんだ~。



やっぱりフレさんは


女子ウケのようです(笑)




パートナーに




シロなら弾けるようになるよ。



そう言われたので



ちょっと本気で頑張ってみよ。




パートナーもフレディ・マーキュリーの


歌声の大ファンなのでね。





今日はオチ無し(笑)








いつか


軽めの(笑)フレさんファンと



談義をしてみたいですな。













このページのトップヘ