わ、わ、



なんかアクセスが
増えとる…(;゜∀゜)ビックリ





『分かっいてるけど抱きしめて欲しい』





このシリーズ記事に


アクセスが集中してる~。




そこから派生して



色んな過去記事を





ざっと斜め読みしてくださってる方が


けっこういるわ(笑)




これはきっと




恋する女性はみんな


同じような気持ちになって



共感できるからなのかなぁ~




って





そんな風に勝手に受け取りました。





私のこっぱずかしい







こじらせのワガママ恋愛。







でもリアルな恋愛。





綴ってると

あとで読み返したときに





自分の恋愛なのに




まるで他人事の物語みたく




冷静に客観的に読むことが出来る。




それを公開することで

共感や反感を持ったり





時にはご自分の恋愛を

見つめ直すヒントになったり





そんな風に読んでくれてたとしたら




なんか嬉しいですな。





こっちは無料で(笑)





恥ずかしい
醜態を丸投げですけどね( ̄ー ̄)…






でも自分が好きで書いてることで




自分のためにやっている。






それがたまたま

何かに貢献ができてることが

一番良いんですよ。




いつか両親も関係者も

自然淘汰され





誰の迷惑にもならない

年齢になったとき





メジロ君との恋愛を

書籍化できたら最高だなぁ❤

なーんて夢を見つつ








さてさて本題。






男性心理、


私もね、昔は調べまくって




それ系統の本も相当に



読み漁っていました。





女性が書いたものではなく、





特に男性作家が書く小説や漫画、




男性が著者の心理本、





月に3~4冊は読んでたと思う。






その時に得た膨大な(笑)知識は




それなりに役に立ってはいます。





でもね、




やっぱりヒトは

生まれ育った環境や




考え方も教育も




それぞれ違う。






普遍的な本能の傾向はあっても





最終的な心理はヒトそれぞれ。




当たり前だけど。





だから


いま、あのとき、



彼は

こう思ってるんじゃないか?





というようなことって





本人に聞かないと分かんない。





ついでに言うと




本人さえもよく分かんない(笑)




だって心は流動的で




常に変化しているから。





恋愛のかけひきみたいな本に





メールを

遅らせると効果的!だとか





こちらから誘わない。




連絡しないで待つ。





とか様々なかけひき?が


有効として載ってたりするけど





そんなことより




先ずはどんどん

思ったようにやってみようよ(笑)





全く傷つかない、怖くない恋愛なんて



求めても存在しない。




そもそもそんなの恋愛じゃないしね。




相手を思いやること、

それも大切だけれど



時には自分本意になってみる。




それで上手くいったり

いかなかったりを


体験して覚えていく。



どう思うかを気にしすぎると

動けなくなるから。




大丈夫。



彼は意外と鈍感で




そしておおらかです。





こちらが思うほど




余程のこと以外は




引いたり



重いと感じたり



イヤとか感じないよ。




ただね、



男性のプライドは壊さないように。





それと




男性が喜ぶようなことは



大体同じだな。



例えば




すごい!


カッコいい!


こんなの初めて!


美味しい!



大丈夫、信じてるから!





こういうワードは
男性は大好きね。




愛してるとか

好きとかは




そんなに重要視してない。


女性はそれが重要だけどね。




それと



女性の笑顔と感謝と信頼。





これが活力源です。



これは間違いない!




メジロ君もパートナーもお父さんも

今までの彼氏たちも




例外はない。




逆に愛するヒトからの
これらが無くなってきたとき




男性は失望し




活力を失い




別れを考え始める。




あとは仕事が命のところもあるので



自分が仕事で一杯になると




周りが見えなくなる。




決して彼女が


嫌になったとかではないけど




1つのことに

集中させて欲しくなるんだね。






大好きな彼女のために

仕事を頑張っている。




仕事を頑張ってさえいれば


大丈夫だと思ってるところがあるのよね。




それで彼女とスレ違いがおこる。




でも基本は




彼女に会うことで元気が出るし



癒されるので




忙しいときほど


彼が会いたくなるような
彼女かどうか。



そこがポイントですな。




笑顔と感謝と信頼が溢れてる彼女。




彼を信頼して、



心配し過ぎずに。




そして
彼のしてくれたことに感謝する。





やりがちなのが




会えば笑顔もなく、



遠慮して我慢して不満を溜めて




私はこんなにしてるノニと



自分が我慢してるから出る



ノニ言葉の羅列。




または




彼の気持ちを信頼してないから



気を遣い過ぎて遠慮して



疑ったり心配ばかりする。




こんな彼女と


長く付き合えますかね?





だから我慢や変な遠慮はしないのが


一番なのです。





これも自分で体験して




怖い思いをして



時には傷つかないと分からないこと。




だいたいさ、



彼女に我慢してほしい、



遠慮してほしい男ってどうなの?




って思うしね。





なんかツラツラ書いてみたけど




このテーマは面白いので




また取り上げようかなと思います。




一度ね、





男性作家の本を沢山読むと


良いんですよ。




男性って思ってるよりも



女性に体して理想や

幻想を持っていたいのが

分かるから。




可愛くてロマンチストで


純粋なものを秘めてるから。