これは常識はずれの恋愛日記なので




そこが分かるヒトだけが読んでると
思います( ̄▽ ̄)b





メジロ君もそういった意味では

常識はずれかもしれませんが




礼節を重んじる素敵な人でもある。



何をもって常識かは


その人にもよる。




ところで




彼の口から出る言葉は




時々セリフに煮詰まる少女漫画家に



売りたくなるくらいに(笑)





きゅん❤とするものがあります。




まあここでもたくさん

それを綴ってきたので




時々取り出しては舐めてます(笑)




メジロ君は

とてもピュアな感性の持ち主で





その時に感じたことを素直に
表現する。




素直なゆえに


それは時にはグサッとくるような
表現もあるけれど




こちらが思いもよらないような

愛の表現を口にしたりもする。





直球ストレート。



時に変化球もある。




昨日のメールでは





『今日七夕だね。

シロハトちゃんの体調良くなるように
お願いするからね。』








そう書いてあって






時々、ビュンと変化球投げてくる。







その彼から放たれる言葉に



私は麻薬のような


思い入れを持ってしまうのだ。




私が今までで一番きゅんとした


彼の言葉はね、




昨年の
花火大会のとき




招待された屋形船の上で





彼の取引先の人たちも来ていた為に




彼と離れて

花火を見なくてはならなくて。


私にはそれがちょっと不満で




本当は手を繋ぎながら

見たかったのにって



ちょっとふくれて言ったら




メジロ君は




『そっか。



でも俺はね、シロハトちゃんが



時々俺の方を振り返ってさ、


「今の花火大きかったね!」って



言うシロハトちゃんの顔を見たり、



花火を背景にシロハトちゃんの


後ろ姿を眺めてるのもそれはそれで



すごく幸せを感じたりしたんだよね。』






.゚+. (*゚^゚*))゚+.゚





その言葉に



きゅんとなりましたわ~✨




あとはこないだの



『僕から今度手を繋ぐからね!』とかね。





その言葉以来、




デートで



会った瞬間に手を繋いでくる。




何気ない言葉や行動の中に




彼の気持ちがちりばめられていて



時々どうしようもなく心が



感動する。





なんの計算もない言葉だからこそ

胸を打たれる。






私はいつも

計算しないで言ってるかな…?




そう考えたとき



女は

あざとさも時々あるなぁって思う。




好かれようとか

気に入られようとか



そんな邪推から発する



計算してる言葉は

何となく相手に伝わるんだよね。



相手になんだかは

ハッキリと分からなくても

それがなんか違和感として相手に

残る。




そうすると歪みが出来ていく。




やっぱりね



大切なひとこそ



嘘をつきたくないなって感じる。




職場とかうわべの付き合いなら



自分が居心地よくなるために


処世術としてうまくやる必要もあるけど





大切なひとの前では




嘘のない素のままの私でいい。




その方が違和感がないので



結局は好かれるのだよね。






メジロ君からの宝物のような

言葉を



これからも拾い集めて



きゅんとしていく。




私も彼に対して




素のままできゅんとしてもらえたら





嬉しいな。




それには計算しないことね(笑)





もうすぐ恒例の夏祭り🎐




ものすごい早さで季節が

巡っていきます。




何ごともない平和なこの日々を



もっともっと深く味わいたいなと



思います。