おっと!⚠18禁の話です。

長めです。

その話がムリな方はスルーが良いすよ。








その本題の前に…。






昨日はメジロ君から突然電話が来て




お昼休みに少し話せてなんか

嬉しかった~。







その後の仕事がご機嫌にはかどったよ❤






彼は昼ご飯食べれそうにないよと




忙しそうにしてたけど




どこか嬉々としてる感じ。
マゾか?(笑)






声はなんか今日はとろけてた。
とろ~んて。






時々お仕事モード全開で
クールだけど




私と話すときの彼はいつも





穏やかでとろけてるし




忙しくてお昼も取れてないのに




全然イライラもしてない(見せない)





こういう時に人柄って出ると思う。




彼は八つ当たりとか

絶対にしない人だと


確信する。




本当にオトナの彼なのだ。




承認欲ってものがあまりない?から

穏やかなのかもね。






スゴいよ。ある意味達観している。





そして私と久しぶりに話せたので



とろけてたことにしよう(笑)うん。






で、本題の性の話。




女として抱かれることの大切さ。




私はパートナーとはここ数年レスです。




元々淡白なパートナーなのに加えて




友達から自然に一緒に住み始めたので





最初の10何年間は

もちろん若さもあってしていたけれど





なんかこう燃え上がるように好き!とか



お互いすんげー好みのタイプとかでもなく




気が合って、側にいると安心で




ただただ大切な人、それだけで。



それは今も変わらない。

大切な人。




でも今思えば恋とは

ちょっと違ったのかなと思ってる。




若かったから気付かなかった。




一緒にいて

少しずつ恋に変化した時期も
確かにあったけど




でもこの人に抱かれたい!とかの


ムラムラしたのはなかったんだよね。




とはいえ当時は30代の女盛り。



元々性欲も強い私なので




女として求められないのも辛かったし




単なる性欲に飢えていた時期もあった。




レスになるって



男性もそうだろうけど




女性も性欲があるからやっぱり哀しい。




存在否定されてるような気になるからだ。






でもパートナーとの営みは諦めていた。



彼のモノは小さいので(コラッ💦)





したとしてもイクことはあったけど




モノに満足は出来なかったの。




月日が経って

時々はしていたけれど




年に一度とか。

しかも私からのアクションで。





これも何となく当時はミジメだったので




いつしか女として諦めて何年か経った頃に





メジロ君と出会った。







彼と出会ったとき





目の色がキレイな薄いな人だなと思って




よく顔全体を見たら




歯もすごくキレイで




もちろん、銀歯なんて一つもないし

真っ白。





へぇ…。笑顔が素敵な人だな。と思って






今度は全体をマジマジと見たら





あら、背も高いわ…。




身体もがっしりしてて


なんか肩幅も広いけど




ムキムキではなくて程よい…。




やだ、手足も長い。




首やうなじのラインもキレイだな。





仕事も出来るし





礼節もあって気持ちの良い人だな。



やだ、

見れば見るほど私のタイプじゃない?





『あ、私、この人に抱かれたい。』




子宮が、なんか呼んでる(笑)




私の女としての最後のヤル気に



火をつけられてしまった(笑)







そして過去記事に散々書いてきたように




奇跡的なご縁があってお付き合いが始まり





今に至っている。






セフレではない







恋人として付き合って半年は



キスとハグのみで




そして気持ちがお互い育って




彼と初めて一線を越えようとしたとき





なんとまぁ




彼のモノが

立派すぎて入らない。





挿入断念( ̄▽ ̄;)





それからなかなか



機会に恵まれなかった。







そして付き合って1年近く経って





クリスマスの日にやっと結ばれた。
(イエス様、ごめんなさい…。)






そのとき私は





スゴい!

こんな大きくて太いの、(コラッ💦)






二十歳のときに交際してた白人以来…。



いや、もしかしてそれ以上だなって






あまりの気持ちよさに真っ白になった。





彼は感じやすくて

ソーロー気味でもあるので


早いんだけど




モノが立派なので





私はやたら満足してしまう。




すぐ大きくなるし



これでソーローじゃなかったら


エーブイ男優になれたかも知れない(笑)





結ばれた瞬間





あー、





女として





抱かれたい!と思う男に

抱かれることって




こんなにこんなに幸せなのかって





昇天しそうになった。





彼は彼で私の中は


締めつけがキツいらしくて



すごく気持ち良いって言う。






身体の相性がとても良い二人。





中折れしても大きいので


満足というスゴワザ(笑)





最近はメジロ君、


舌のテクもすごくて





元々キスが上手いなと感じてたけど

(過去に相当遊んだのかなと思ったくらい)





舌先で転がしたり




舌の根元で押し付けてきたり



気持ちよすぎる。





それから挿入されるので



早くても満足感がある。





ソーロー気味なのを気にして





前はあまり自信がなかった彼は





最近はそうしたテクを駆使することで






少しずつセックスに


積極的になってきたようにおもう。




激務だから疲れて


その気になれないこともあるけど





彼なりに頑張ってくれているのがわかる。






私は性欲が強いので




セックスがない関係になったら




付き合ってる醍醐味がかなり減る。





ただし





誰でも良いわけではない。





女は基本、



抱かれたい!と思う男にしか


欲情しないものなの。





つまり好きな人、愛してる人ね。





だから結婚じゃなくて

メジロ君とは恋人でいたいって思う。






彼もアラフォーなので




だんだん身体は衰えていくし




元々あっさりな方ではあるので





ずっとはムリなのは頭ではわかってる。






それでもなるべく恋人でいたい。






女として抱かれることは




私にとっては悦びであり





本能なのだなと思う。



根がスケベなの(笑)





レスに悩んでいたりする人がいたら




性欲があって辛いのか(肉体的なのか)




求められないのが辛いのか(精神的なのか)




一度どっちなのか考えると良いと思う。





私は性欲があって辛かった方だけど





運良く抱かれたいと思える好きな男が



現れたおかげで




精神的にも満たされてラクになった。






そりゃね、


ソーロー君で早くイカれてしまうといった


神様のぜつみょーなバランスつきだけど(笑)





それをカバーする彼の頑張りが愛が


満たしてくれる。





この世は様々な性に溢れてて





営みの方法もそれぞれ。





もしレスに悩んで精神的に


狂いそうなほど辛いのなら





愛人を作るもありだと私は思う。





やってみないと分からないことって


この世にたくさんあるから。









とりあえず

行動してみるのも手のひとつ。






もしレスに我慢できるのなら





死ぬ訳じゃないしね。と諦めて




一人で満たして

ゆったり過ごすのも悪くない。





どれも正解。







性の話って日本はタブー視し過ぎ。






セックスは自然なことで



誰でもやってることで





興味もあることだと思うのに





なぜ罪悪感を抱くのかな。




私がおかしいのかなって
自分を責めたりしなくて良いのに。





もっと開放的になろうよって言いたい。





そう言ってる私も開放的かといえば




そうでない部分もまだある。





でも愛する人とのセックスは



性欲だけではない、


精神的なものも満たされる


最高のコミュニケーションだと思うから





これからも恥じらいながらも




メジロ君と諦めずに
コミュニケーションしていきたいと




何だか思うのでありました。