今週は異動でバタバタでした。



初日の朝にメジロ君から


応援の電話をもらいました。




おっはよー



相変わらず朝から元気(笑)




私は


『メジロ君、おはよーっ⤵⤵』



ユウウツな気持ちが

声に乗っていたのか



『なーに、

なんかユウウツそうな声だね~。』




そう見抜かれる私。



メジロ君て意外と私の変化に



敏感に気付いてくれるんだな…って


内心、そんなことで嬉しくなる(笑)





『だって怖いよ~💧緊張してるし、
電車のダイヤも乱れてるし。』






『だーいじょうぶだって。

命まで取られないでしょ?』





彼はなんとか私のユウウツを


払拭しようと色々言ってくれる。




でも一番元気になるのは



『好きだよ』の一言なんだよね。





なので




電話を切る間際に





『ねぇ、メジロ君。私のこと好き?』





直球で聞いてみた(笑)






『もー、大好きだ!って。』





『ほんとに?私がどんな私でも?』






『うん。うん。』





なんか適当に流してるような…( ・ε・)




朝からそういうことを




聞かれるのが苦手なメジロ君。




仕事モードなので



切り替えが出来ないんだって(笑)




他にも少しね。とか




もー、素直に好きとはなかなか



聞けない。



特に仕事の朝は。




でも何だかんだと心配してくれて




電話を夕方にもくれました。



でも電車で出られなかったので


メールでその旨と



朝の電話のお礼をしました。




そしたら





『初日、大変お疲れ様でした。

心配で電話かけてしまいました。

命まで取られなかったでしょ!』






そうメールをくれた。



あとはちょこちょこメールくれて




父性が芽生えてるかのように



あれこれと大丈夫?と。




もちろん私、大丈夫だけど



大丈夫って言わない(笑)




心配も彼の愛情表現なので




漏れなく享受します❤




彼は彼で役員に今月から就任して




またもや忙しいみたいだけど



どーんどん美味しいところと



旅行も連れてってもらわないとね✨って




言ったら



『そんなことしたら

シロハトちゃんの体重がどーんどん
…でしょ?

でも思い出が増えて良いよね。

俺は、シロハトちゃんの
プクプクお腹、大好きです。』




( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)…




お腹じゃなくて




私を好きって言ってほしいところですが





これも彼なりの愛情表現としよう…( ̄ー ̄)




今週末はデートです。



またもやダイエットがムダになるほど


食べて飲むだろうな( ̄▽ ̄;)




でも一緒にいると



何でも美味しく感じるんだよね。