午前中に



メジロ君が電話くれた✨




短い休憩の合間に。




15分ほど話せました。





彼は今日もバリバリと



お仕事してるハキが感じられ




意気揚々としてるのが伝わる。





そのパワーが電話からも漏れてくる。






そんなバリバリの彼が





何の用件の電話かって?






次回のデートのお店のことです(笑)




このギャップがたまらん。





色んなお店を言ってくれたけど




私の頭が回らなくて



結局私が行きたいとこを考えて


メールすることにした。





一軒目は決まっている。




メジロ君誕生日だから




私が昨日予約したのだ。





彼のリクエストで



珍しく大衆的な




餃子と生ビールのお店。




予約だけね。




お支払は私ぢゃない

(๑◔‿◔๑)テヘ





考えてるのは二軒目の店。





超久しぶりに土曜休みが取れたので




どうせなら




日曜休業で

いつも行けない店に行きたい!ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

ってなって





中年カップルが


ウキウキに迷っている(笑)





人気店は



土曜は先ず予約必須でしょうしね。





ふと



あれ?私がデートのお店考えるの?




カレシの役目じゃないの?



そんな考えが沸いてきました。




以前はね




固くなにそう思っていたの。





エスコートはカレシの役目なので




当然デートのお店も彼が決めて



予約しておく。



これがデフォ!ってね。




バブル世代なもんで(´ε`;)ゞ





ところが最近は





ま、




得意な方がやれば良いんじゃね?



そう軟化してきた。




おごることも



お店選びも



それぞれが得意な方がやれば



一番スムースなんだわ。




私はお宿やお店選びとか大好きだし




メジロ君よりも女子的な感覚で





美味しくてキレイなお店を知ってるから




探すのが得意。





かたや




メジロ君はオッサン達が好みそうな




バブリーなbarとか





料亭とか割烹とか



老舗の和食店とか





接待向けのお店が得意。






おとといも




メジロ君は

月に一度のゴルフ接待だったらしく




あちこちの社長さんや重役たちと




ゴルフを満喫して



コンパニオン呼んで




お高めのお店で




ま、ひとつよろしくみたいな感じで




美味しいものを食べて飲んで



夜中に帰ってきた。





金持ちとのゴルフ接待なんて




私には縁のない世界。





見たことも行ったこともない(笑)





でも彼はそんな世界にいる人なので




磨かれてそういう雰囲気やオーラが



身について行くんだろうな~と





感心する。そして少し寂しい😣






そんなきらびやかな


割烹や料亭もたまには行きたいけど





私が好きなのは




どちらかと言えば





落ち着いて美味しくてこじんまりした


清潔な個人店。





であるならば



私が探してリクエストした方が




自分でも満足するわけで。




メジロ君は



私が探してきたお店は




何の抵抗も見せずに




じゃ、そこ行こう!って



連れていってくれる。


…シメシメ(笑)







なんかね



彼の声を聞いてたら




なんか萌えてきて(笑)




『メジロ君のこと、

私は

ちゃんと好きですよ。』





そう思わず伝えたら






『俺だって大好きだよ!』





ありがとう。



そう付け足すように後から言うのが



なんか良いね(笑)





メジロ君からはあまり言わないもんね( ・ε・)




そう言ったらね





『男はあんまり

そういうの言わないんじゃないの?』





『そうだけど

言って欲しいときもあるよ。』






『分かった。じゃ頑張ってみる。』






頑張ることなのかっ(笑)?!





デートの日は



お誕生日の服を一緒に買いに行こうね。





そう言ったら





『お金、たくさん持ってきてね(笑)』







『ムリ(笑)』






『(笑)うん、気持ちだけで良いよ。』






『え、もちろん(笑)でもね、



私に出来る精一杯の気持ちで


ちゃんとお祝いするから。』






🍃









『・・・ありがとう。


本当に好きだよ。』









『 .゚+. (*゚^゚*))゚+.゚ +。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚』






不意をつかれてあわわ(笑)






そして

彼は張り切って?




いつもの待ち合わせより



1時間早い時間を指定してきた(笑)




なんかウキウキしてるメジロ君が




愛しい ♡ ♡ ♡




サプライズで




栗ご飯と



唐揚げを作って持参する予定なのだ。



次の日に食べられるようにね。





栗ご飯は毎年この時期に必ず作る。




圧力鍋でやると本当に美味い🌰✨





唐揚げは前にも何度か渡して



好評だったので🐔





手前みそですか




私は料理が得意なのだ。




自分の料理が大好きだし(笑)




それで飲むのが至福❤




いつもメジロ君に手料理を渡すと




美味しかったよ。

でもやっぱり隣で一緒に美味しいって


食べたいです。



そう言われる。


ちょっとせつないけどね。




でも得意なもので



彼を祝いたいから。





あー、



会いたくなってきたなぁ。




会える日まであと10日余り。




それまで日々を楽しんで過ごします。



主に妄想でね(笑)



とくに


『好きだよ』の部分は


脳内でヘビロテ決定(笑)