今回は性的描写も含んだ記事なので


18🈲+ラブラブをだらだら読みたい方

そんなレアな方がいればどうぞ。

_______________________




土曜はデートでした❤





結局、誕生日プレゼントで


彼の洋服を見にいき




どれも似合ってステキで決めかねて


店員さんと悶絶よ?(笑)(≧▽≦)キャーキャー





そしたら無邪気に





両方欲しいという彼…😱ヒッ






もう(笑)





どーんと諭吉さん4枚強💰

💴💴💴💴





プレゼントとして




なんとこのワタクシめが




購入しました✨👏( ̄^ ̄)






私にしたら本当に飛び降りたわ~🐤







でもそのあとの食事とお酒とホテル代は





どーんとメジロ君がそれ以上の金額を



支払ってくれたけどね。

本末転倒(笑)






でも出会って3年近く、




ずーーーっと奢られていて



私は一銭も出してない。




クリスマスプレゼントも

私だけもらってる。







ホテル代、飲み代、食事代、

デートの費用




旅費はもちろん





旅先でのご飯の費用とか





全て支払ってくれてる彼に





年に一度の誕生日祝いくらいは






彼に喜んでもらいたいじゃないか。





もちろん彼なら余裕で買える金額。





そして私にはかなりダイブの金額。





でもきっと私の働いたお金は





ありがとうの気持ちが




こうして返還した形になるのが



一番キレイな使い方のように思えるの。




それはまた別のありがとうを呼んでくる。





そうしてぐるぐる循環していく🌀





そして私の気持ちにも新たな変化が…。





それはパートナーに対しても




同じくらい

感謝の気持ちが改めて沸いてきたこと。







なんかパートナーに対して



ありがとうの気持ちを返還したい。



もっと大切にしたいなと





彼を尊敬し幸せな気持ちにすることが



私の幸せでもあるなって



そんか気持ちが改めて沸いてきた。




メジロ君とのデートで気付くなんて(笑)



本当に不思議ですね。




外にばかり向かっていた気持ちが



自分のホームも改めて見直して



彼にも惜しみない愛と


感謝を与えたくなった。



私がメジロ君にしてあげてるように




彼にももっともっと


幸せな気持ちになってほしい。





パートナーを出来る男として接しよう。



彼をもっと男にしよう。




彼に対する対応をもっと見直そうと


心に決めた。





メジロ君とのデートは



まるで自己啓発のようだ(笑)




全て人生に必要な経験に思えてくる。




話はメジロ君に戻るけど





ここ最近のメジロ君からは




なんかとても愛情を

ストレートに感じる。





以前より私との距離を縮めてるような




それが言動にも現れてる。





キスやハグやセックスからも




そして次のデートを欠かさないように





以前より積極的に提案してくれている。




私が元々有ったものに



気付かなかっただけなのか




それとも彼に変化が現れたのか




私には後者に感じるけど





いずれにしても喜ばしいことだ。





割烹屋の


食事はまた本当に美味しくて❤




お店の大将が



予め二人の好みのワインを

揃えてくれていたので




ボトル二本ペロリと開けて




さらにビールもペロリと飲んで





私は久しぶりに

気持ちよく酔いました。





ふと興味本意で彼に




私のことは会社の人とか知ってるの?




そう聞いたら




『うん。大切な人がいて

お付き合いさせてもらってます。って

言ったよ。』





そうなんだ…。




ちょっと複雑な気持ちになったけど



素直に嬉しかった。





会長とかに

連れてこいって言われるらしく




彼も私も結婚とか考えてないから




会長の年代だと



早く結婚しろだの

なんで結婚しないのかだの




常識を押し付けてきそうで

面倒そうだからその辺りはスルーと(笑)





二人が今、これで幸せなのだから



他人の無責任な意見はどうでも良い。







そして店を出てホテルへの道中、





千鳥足で


メジロ君に抱きついてキスをせがんで





絡む酔払いの私に対して




以前のメジロ君なら





ちょ、人が見てるからねって




躊躇しながら優しく


やんわり諭していたのに





こないだの彼は




ハグもキスも

ガッツリと返してくれて





なんというかね、





路地裏でベタベタしてました(笑)❤







そのままの勢いで

いつものビジネスホテルに着いて





いつもは淡白なメジロ君が



すごく積極的で(/ω\)キャー ♡




あっという間に脱がされて💦




愛してる


大好きだよ




なんか…🌠🌠🌠




セックスレスはいつの間にか自然に




なくなっていた。





一晩で2回は初めて。





しかも2回目はまた帰り際の





わずかな時間に。




チェックアウトの時間は



とっくに過ぎてて




フロントから内線で電話貰っても




帰り支度もせず





帰りたくない気持ちから




二人ともグズグズとベッドの中で





抱き合って






そのまま私は彼に抱かれた。





セックスにあまり自信がない彼が




おとといはなんかグイグイと




まあ色んなことを試したり




色んなことをされたりしたりと





今までにないセックス。




彼の身体の感触を


今も鮮明に覚えてる。




さらっとした肌も



唇の感触もね。




いつもと同じデートのようで




でも少し違うデートになって





それは自分の中の気持ちもそうだし




二人の関係がいつの間にか



一緒に過ごすことが自然になってきたなと




『当たり前』とかではなくて




『自然』に。




彼はこのまま50、60歳になった私とも




一緒に笑顔で美味しいもの食べていたい。



そう言ってくれた。



私も同じ気持ちだった。





家族でもなく



友人でもなく




ただお互いに愛しい存在として。



世界でたったひとつの関係。





年を取ったときにどうしよう?なんて




今、どうにも出来ないことは考えてない。



自然に任せていく。




彼の本当の誕生日はまだ少し先だけど







今年も一緒にお祝い出来て嬉しいって



伝えた。




彼は



出会えて良かった。


大変感謝してます。



そう言って抱きしめて

私の背中を触りながら




『シロハトちゃん、
やっぱり
すこーしふくよかになったね。

仕方ないよ。俺はそれでもいいんだよ。』






!(゚Д゚ ||)(゚Д゚ ||)ガーン






てなわけで



不毛なダイエットを

昨日からまた始めました(笑)





自分でも肥えたなぁとは

自覚があるので…

スカートがキツくなったのね( ・ε・)




今回のデートで得た気付きは

色々多かった。





収穫は豊富にありましたよ🌾🍇🍎