ドリカム⁉的な気持ち(笑)




一泊二日の旅行はあっ!という間でした。





安っぽい言葉では語れない位に




今は色んな感情や感謝が溢れてます。






彼といて楽しすぎて




ゴージャスな旅だっただけに





終わるのが切なかったけど




また前回の旅行のときとは違う感情や


気持ちがあった。







彼とバイバイして帰宅したあと






なんでだろ、涙が出る、出る(笑)






それはハッキリとは

何故かは分からないけど





きっと寂しい気持ちや








私はメジロ君に

何もしてあげられてないなぁ

という思いや




私は本当に

彼に必要な存在なのかな~という


すねみたいな気持ちや




全てを出してくれたことで


自分がちっぽけに思えたり





愛されてるなと感じることがあったり



いろーんな思いが混在してる。









彼に目一杯やってもらったら



やってもらったで



してもらえばもらうほど



自分は無力だな。



そんな思いもするんだなぁって



気付く。





彼は満足したのかなって。




だって私は何もしてないよ?



私だけ満足じゃなかった?って。











そして






愛してるという



気持ちが溢れて涙が出ちゃうんだろう。







メジロ君は




頼りになって



楽しくて


優しくて



リーダーシップがあって




オンナゴコロに

ちょっと気が付かない人で(笑)




マイペースで飾らない彼。









そして彼自身の手で





彼女の夢を叶えてしまえる



本当に素敵な彼氏。







あー




安っぽい言葉で羅列してしまった(笑)





言葉に出来ないことってあるね。





旅先での



ひとつひとつ彼の言動や




私の言動を思い出すと




ふわーっと幸福感に包まれるけど




その裏側で




私の寂しさやすねも

同時に発動していて






なんとも言えない気持ちになった。





涙が出るのは




私がそれを感じたいからなんだろう。





旅行の話はまた何回かに分けて

別に書き残します。






今は終わったあとの余韻や





複雑な感情を味わってる。







私は





とても寂しい人間で


とても愛されてる存在で



とても孤独で



とても幸せな人間です。





どんなに愛していても





肉体は別々で


彼と1つになることは出来ない。




頭の中を覗くことも出来ない。


覗かれることも出来ない。






そこに強烈な孤独を感じる。





どんなに愛していても





私は一人なんだ。


彼も一人なんだ。





彼は人徳のある人気者で




誰からも愛される



人を怖がらない豊かな心を持ってる人。







私はただのつまんない



寂しい女です。





人の目が気になったり



心臓もちっさくて


どうでも良いことで悩み




そのままの私を出せる友人もなくて



傷つくのが怖くて




一歩引いた付き合いしか出来ない

寂しい人間。







自分は何も持ってないくせに




欲深い。





何の役にも立っていない





ただの生き物です。







そんな私を愛してくれる人がいる奇跡。




こんな私を大切にしてくれる人がいる奇跡。






人間は一人が当たり前なのに





そばにいてくれる人がいるってすごいこと。






そして実はそんな私も






生きてるだけで


誰かを幸せにしている存在でもあることに




気づかされる。







誰かを想って泣けるって




なんて素敵なことなんだろう。





ちょっとセンチメンタルな気持ちに




浸ってみてるよ🍃







今はなんか抜け殻です。




でもそんな日があっても良い。