人の幸せを憎んで



幸せ話を聞けない人は



不幸な人の不幸な話を聞くのが好き。




人の不幸は蜜の味とばかりに


ネットでも不幸な話を検索して

求める。




そこは当然不幸な人が集るところなので



不幸な波動に包まれて



当たり前だがずっと不幸。
怖っ(笑)





そこでしんどくても



幸せな話を聞きにいってみる。


喜んでみる。




そこには幸せな人が集り




幸せな人が書いてるので



いつのまにか幸せな波動に包まれる。





そして自分も幸せになる。





恋愛もそうなのだ。



自分が信じてるものしか目に入らない。




愛されてると信じてれば


その波動に包まれて


その世界しか現れないし




愛されてないと信じてれば



その波動に包まれて



その世界しか現れない。




自分が信じて疑わないものしか

見えないようになっている。




私はパートナーや

メジロ君に愛されてると信じてる。




信じてるというよりも



なんの疑いも持たない(笑)



そんなアホで良いの。




その方が確実に幸せ。




そして私は人の不幸は探さない。




テレビでもネットでも




不幸自慢の集りは見ない。




そのかわり



幸せな話をどんどん聞きに行く




読みに行く。




良いものは真似てみる。





人の不幸を探して読む暇があるなら




私の幸せ話を読む方が良いですよ(笑)
なーんてね



類は友を呼ぶってことです。





依存的な人は群れて依存的な集りになるし




孤独を受け入れて自立してる人は


心地好い関係性の集まりが出来る。





どっちでも良いけど



自分が心地よい方を選びたいね。





人の幸せを喜んで聞ける、

読める人は





間違いなく幸せな人ですよ。





そして


そうじゃない

(心根)が不幸好きな人は



この場から

去っていってくれて



(心根が)幸せな人が集まってくれるから



ますますお互いに

幸せオーラに包まれますけどね。




幸せな方々、

読んでくださってありがとう❤




※幸せな人って境遇とかじゃないよ。
境遇が良くても不幸な人はいるからね。
要するに心根が幸せかどうかなのです。