お正月デートが終わった( ´Д`)=3



メジロ君といると楽しすぎて



会社や人間関係の


嫌なことは一切思い出せない(笑)





でも今回は深い話もして




ちょっとヤキモキさせられたことも


あった。




例えば



結婚についても



メジロ君が結婚しないのは



自由だからなんだねって話をしてたら



『わかんないよ?半年後には
いきなり結婚してるかもよ?

その時は正直に言うからね。』




とか(゚Д゚;)




違う場面では




メジロ君とあとどれくらい



こうしていられるのかな?




そんな話をしてたら




『2、3年位かもねぇ?

その時は宝くじあてて

俺、会社辞めて世界へ逃避行だから。』





とか(゚Д゚;)



そんなグサグサくることを


笑顔でさらっと言って



その度に



(゚Д゚;)ガーンって
素直に顔に出る私を




まるでからかうかのように。




なんでそんなこと言うの~(TДT)



って心で泣く私を察知して




だからさ~


宝くじ当たったらの話だってば



もー、



シロハトちゃん以外に目がいかないから




大丈夫だってば




って



ニヤニヤしながら抱き締める。





もーメジロ君てマゾ…( ̄ー ̄)










こんな温もりを知ってしまった私は





メジロ君とこれからも一緒にいるって



信じて疑ってないのに




突然怖くなったりする。




でもそうよね。




彼はイケメンで高収入な独身。




そこそこモテるし。




人はモノじゃないから




離れていかないでと縛ることはむり。




私だって自由を奪われたら

嫌だもん。




それでも


根底は信じてる方が強いけれどね。





彼がそんなことを言うもんだから
でも彼は驚くほど何も考えて話してない。
感性の生き物。正直な故に時に傷付くね。




私だってぐらついて怖くなる。



でもこんな怖ささえも



恋してるんだなぁっ
ラッキーって思うのよ(笑)




時々怖くなるけれど



根底は信じてるので



すぐにまた


やっぱり二人は大丈夫だなって


気持ちが復活するクセがついてる。





ええ、根拠はないけど。





ただ別れたらものすごくその時は

悲しいことでしょうけどね。
当たり前に。





でもそれは起きたときに考える。





でも今は起きないと感じてる。




信じて疑わないのは




彼ではなく





私の自由なの。












ま、そんなヤキモキ話も一部したけれど




それがどっかに吹っ飛ぶほど



とっにかく


またもやラッブラブ❤に



バカップルに過ごしました。




これが私たちのスタイル。




私にしか分からない




彼から溢れる私への想い。




でも



彼氏ならちゃんと分かるよね。




本当に想ってくれてるのかって




長年の


行動や態度や雰囲気とかで分かるもの。




それは肌で感じることだから




言葉では説明できないけれど。





そもそもそのヤキモキの発端は




メジロ君が二十歳位の写真を


持ってきてくれてて
私がお願いしたの。



その写真が





もう思った以上にカッコよくて




今よりももう少しスリムで


さらに引き締まっていて



身体がもうヤバイくらい鍛えられてて



サーファーみたいな筋肉で




背の高さと顔の小ささといい



モデルかと思ったほとでね。



私、カッコよすぎて悶えたもん(笑)





モテモテだったでしょ?!

そういった話から



例のヤキモキ話へ発展。





でもその写真を見たときに




ああ、彼は本当に生きることに

たくましくて



キラキラしてて



見るからに自由で

風のように渡っていくのがお似合いで



誰のものにもならないような


そんなつかめない雰囲気と

魅力が溢れてたから




きっと私は好きになったんだなって



私は彼を縛らないことが一番なんだなって




その写真たちをみて



そして今のメジロ君を見て




なんか

本能的にストンと腑に落ちたのです。




あら、とんでもないヒトと

恋に落ちたんだなって、、。




そして



そんな私、

けっこうヤルじゃんてね(笑)





こんな風みたいな自由人の彼を



いま、夢中にさせてるんだなって




ちょっと自信にもなりましたよ。






お正月デートはお泊まりで




昼間は



某有名一つ星点心レストランで
お昼なのにワインボトルが22,000円( ; ゜Д゜)




舌を喜ばせてもらって




メジロ君がいなきゃ


私には到底ムリなお値段でしたが



彼のおかげで




お正月からこういう

お金持ち✨の集まる処で



丁寧にサーブされながら
なんせサービス料10%加算なのですわよ、奥さま。



ゆったり美味しい食事をすることって




気持ちも運気も上がる感じがして





景気の良い年明けを彼から貰えました。







夜はフグの店でコースを頂き




幸せも



体重も増加しました💧




夜となく朝となく




イチャイチャ過ごして
このイチャイチャはまた今度書こうかな(笑)



あっという間にデートは終わり💔




でもまた近々会えます。




彼から

今度はいつ会いますか?




そう聞いてくれたので



迷わず



来週~!って言ってた(笑)




彼は快く


じゃあどこ行こうか?って




言ってくれた。





今が二人のラブラブ期なのならば




それを堪能したい。





あー恋は甘くて苦くて





移り行く怖さと儚さとモロさで一杯。




時に揺らいで震えるよね。





それでもやっぱり甘いです。




そう思える恋をしてます。




私は自由な彼に恋をしてます。




それで良いのだ。