ちょっと脱線するけど

恋愛で大切なことをひとつ書きます。






メジロ君は


その時々で感じたことを


真っ直ぐ伝えてくる人で



裏も表もみんな伝えてくる(笑)




私もそんな一面があるので


正直な彼に好感が持てるけど



それで傷付くことはあります。



でも傷付くって


私の反応の問題。


彼に問題はありません。




図星か、

過去の古傷をえぐられてるか



いずれにしても



私もどこかで不安に思ってることを


言われるから傷付く仕組み。



分かるけどやっぱり反応して

不安になる。




でもね



その不安になった翌朝に


今度はラブラブな気持ちを伝えてきて



じゃ昨日の不安は何だったの?って


がく然とする(笑)

もちろん嬉しいけどね。



要するに彼が


その時々で感じたことを

伝えてくるってことは


心が流動的に

きちんと流れている証。



つまり



特別意味もなく話してるんですね(笑)


思い付いたことを



ふと口にしている感じ。



男性はそんなところがある。

意外と何にも考えてないの。



こちらがそんな不安になってるなんて



夢にも気付いてないし



傷つけようとか


不安にさせようとか


そんなこと意図せず話してる。



だから正直な彼は

ピュアなのだけどね。



純粋、ピュアってのは



汚れてない

真っ白てことじゃないのよ。



白も汚れも区別なく表すことだから。




良いことだけを言う人はピュアではない。




心で思ってることを



素直に全開する人がピュアなの。




天真爛漫な子供がそうでしょ?


罪がなく悪気もなく


思ったことを伝えるから


純粋、ピュアで



だから腹の内が分かって

人として安心出来るし


愛される存在なのだ。



真っ白なんて世界はあり得ない。


真っ白に見えても何か混じりけがある。


雪でも色でも光でも全てそうなってる。



じゃ何もかも素直に伝えるって


大人としてどうよ?って思うけど



本当にその通り(笑)



もう少しオブラートに包んでねって

私が言うと


分かった。ごめんね。って
彼は言うけど



彼は悪気がないので


なかなかそれは直らない。



でも直す必要もない。



それが彼だからね。



こちらの基準に合わせて


直してくれないとイヤ!なんて




それこそ酷いと思うし(笑)


彼は彼でそのままで良い。




それも含めて
彼という愛すべきキャラクターがある。



そこを変えてしまったら



私の愛する彼は彼でありながら


彼でなくなる。


世界のどこにも

居なくなってしまう。




そしてそれに傷付いたよって


言うのは良し。



ただし直すか直さないかは



相手が決めることなのだ。



正直な彼と付き合うとき



ぐさりと刺さることもあるけど



逆に愛の言葉を聞いたときは


本心から伝えてるのが分かるので



とても嬉しくなったり。



私は振り回されてる(笑)



でもそれが

恋をすることなのかなと思う。




これはきっと恋をする人みんなに

共通すること。





恋した彼は聖人じゃない。


こちらの意図も組めないこともあるし

育った環境で価値観も違う。



何で?どうして?って思うとき


何で私の気持ちを分かってくれないの?



こう思ってることが多い。


これが悪いワガママってやつだね。


言葉を返せば



何で私の基準通りに愛してくれないの?



こう思ってるってことです。

私の基準通りに愛してくれないなら

あなたを嫌いますってこと。




どうよ?(笑)



そんなとき、

あるのではないでしょうか?



私は時々あるよ。


でもすぐ気付くので



切り替えられるけどね。



それに気付くか気付かないかで



恋愛は大きく変わる。




彼は彼の基準で
彼女を愛してることに気付くこと。





恋した彼も普通の人間で



生活していて



自分で精一杯であることを


忘れてはならない。



過ちもすれば


酷いときもあるし



優しいときもある。



でもそれって全部、



こちらのビジョンから見た彼ですから。



過ちは彼にとったら過ちでないかも?



酷いと思うことも彼にとったら

酷いと思ってないかも?



ちょっとそんな風に

視点を変えて考えてみる。


あ、優しさはそのまま素直に受けとれ(笑)




勝手に振り回されてるのは誰だろう?



そんな風に考えられると良いね。




私もまだまだですわい。




てなわけで



そんなピュアなメジロ君、



ちょっと仕事始めのトラブルで

弱ってます。



気分はどん底だって


二日ぶりに

弱音メールが来ました(笑)



でもね



私と会えること励みに頑張ってみる。


そう書いてあった。

ちょっと付け足したようにね(笑)
こう捉えたのも私の勝手な解釈で
彼はそんなつもりじゃないかもしれない。



でも本当にそう思ってくれてるから

わざわざ書いてくれたんだと思う。



さて何て返事書こうかな?



ゆっくり温めて考えてみます。



追記


今週末会えるのですが


疲れてる彼は

気持ちの余裕がないかも知れないけれど


私に出来ることは

いつも通りに接して楽しむこと。



そして寄り添って


抱き締めるだけです。