ここ何日か、


私も何かと変化があったりして


忙しかった。



そしてメジロ君は



今、最高潮に激務です💧



相変わらず丸々の休みもなく



やることが山積らしい。




忙しく余裕がないけど



メールは



なんか途切れ途切れにはなるものの




2日は空かないでちゃんと来るのが



可愛い❤



筆無精で


文を考えるのも得意じゃないけど




それでも必ずくれる。




内容は



彼がその時に思ってることそのままを



パーンと書いてきてるだけのものが



ほぼですが(笑)



忙しくて余裕が欲しいことが


書かれていたり



ちょっと弱音を吐いてたり



週末に会えるので



リラックスしてゆっくり飲みたいって


書いてあったり。





忙しくても


こうしてメールをくれる彼と




忙しくて音信不通になる彼と




この世に二通りいると思うけど





何が違うんだろう?




もちろん資質もあるとは思うけど




恐らく



彼女が彼に尽くしてしまうカップルは



彼から音信不通になりがちです。




私の勝手な体感だけどそう思うのよね。




私は尽くさないので
(いや、尽くない(笑))



メールも基本は



メジロ君からの発信に


答えていくスタンス。



私から日常報告もしないし



私が何をして誰とランチしてとか



そんなことをメールしません。




そんなの受けとる側も

つまらないでしょ?




彼もふーんで終わるよね(笑)




あと



大丈夫?疲れてない?とか



母親みたいなメールもしません。




だから



多分音信不通にされる彼女はさ




男性が思わずメールしたくなるような



内容を書いてないんだと思う。




今、何してるかのかな?


誰といるのかな?って



彼に想像させることをせずに



自ら私は今日はこうしてますよ!って



いちいち報告してたらあなた、


全部手に取るように分かって


興味なんて薄れるっしょ?(笑)





それをやりがちな彼女は



彼からメールはいずれ貰えなくなります。



お腹いっぱいにさせてしまう。




ぢゃ、




お前は何を書いてんだよ?ってことですが




彼からのメールに答えるのみです。


簡単でしょ?



例えば




彼が弱音を吐いたら



初めて励ます。




メジロ君なら大丈夫だよ。



そうやって彼を上げていく⤴



心配は最小限で




安心を与え



彼の力に任せる言葉を書く。




そして私に会えば癒されますよって




普段から匂わしておく(笑)




私の近況はわざわざ書きません。



会ったときに言えば良いことだから。



聞かれたら書くけどね。




このスタンスを繰り返してるから



彼は私と連絡を取ることで



自分が癒されることを知ってるのだ。



だから


忙しくてもコンタクトしてくる。





ふふん、どうだ( ̄^ ̄)💨







たまに私から変則を起こしても





このスタンスは結局変わらない。



彼がその感覚を覚えてるから(笑)

条件反射、パビロフの犬みたいです(笑)




自分の近況報告も要らないし



彼への心配も要らない。



尽くすことも不要。


むしろ逆効果。




ただ




彼の声に寄り添い



耳を傾ける。


私らしくいる。



それが私の彼への愛と思いやり。




その空気間は彼にも伝わります。




それが心地よさとなって



コンタクトしてくる。



そうなったらもう


こっちのもんです(笑)




週末はデートです。




忙しい彼が

会いたくなるような彼女になる。



ほんの少しの仕掛けと




女性の性質でなく


男性の性質に合わせた思いやりがあれば





それは誰でも可能だね。




私もあなたも。