メジロ君は肝心なことをスルーする。





でもここでの『肝心なこと』は



『私にとって』の肝心なことだから



もちろん、彼に責任はない。



人それぞれ『肝心なこと』は違うからだ。




例えばデートの集合時間とか


ホテルの部屋のこととか


私への愛の確認も(笑)



彼には『肝心なこと』ではないので



スルーしてることにすら気付いてない。




彼のなかでは



それは既に認識してる事柄だから



伝えなくてもOKと思ってる。




じゃあ彼にとっての肝心なことって?



私の機嫌や体調だったりする。



昨日も



『シロハトちゃん、喉の調子は大丈夫?

体調はあれからどうですか?』



そうメールに書いてあったけど



それは私にとっては


全く肝心なことではなかったので

スルーして


違う話題でメールしたら



『だからシロハトちゃん、

喉の調子は大丈夫なの?

俺、心配なの。スルーしないでよ。』




そんな風に返事が返ってきた(笑)




え、だって、私にとって


そこまで肝心なことじゃないし



スルーって、



メジロ君こそお得意パターンじゃん?



そう思ったり。




これってホントにコントだよね(笑)




みんな大なり小なり



こんなスレ違いから



お互いに貴方を理解できない!って


関係が悪化したりする。




極端に言えば

戦争の始まりもそうかもね。


本質は同じ原理。



お互いに

肝心なことをスルーするって思ってるけど



『肝心なこと』は人それぞれの価値観。



お互いのそれぞれのビジョンでしかない。



それに気付くだけで



無用な争いは減る。



ほんと、滑稽だよね(笑)


なんかそんなことを思ったりしたので



メジロ君にもそれを伝えて


ホントだね(笑)って二人で笑いました。




今日はデートですが



またそんなスレ違いも起こるでしょう。




そら、それぞれの価値観で生きてれば

起こるわ。




でもその時に


『肝心なこと』忘れてるよって


明るく伝えれば良いね。



それで悩んだり、悲しくなったり

怒ったりしなくて良いもの。




相手が自分とは考えが違うのは当たり前。



だってこの世に自分という脳を持った人は



自分一人しかいないんだから。




そこで考えが一致したら



そっちの方にフォーカスすれば



それは奇跡でラッキーなことになる。



自分以外の人と価値観があうって


ものすごいことなんだって分かると



感謝でしかないのに



その価値観、考えの相違で別れるなんて



ほんと、アホみたいなことだと分かる。




そんなんでいちいち別れてたら



結局、誰とも合わんわ(笑)



これは男女、誰しも陥ることで




私もときどき陥るから



自分にも言い聞かせてる。




肝心なことをスルーされると



文字通り
大切にされてない気になるけど




その肝心なことは


相手にとっては違うかもしれないと気づくと



大切にされてない訳じゃないことが分かる。




全ては自分の価値観と考えで出来てること



忘れがちなので



私も気を付けます(笑)




だってね?



昨日、私がこのお店が良いんじゃない?



って提案したことスルーなのよ(笑)



でもメジロ君は



今日会うからその時に話そうって思って



スルーしてると思ってないのが分かる。




今日はね



旅行のお金を支払いに行く。




彼が私の分も払ってくれること



ホントに感謝です。



GWだから一泊二日で



二人で諭吉さんが15人…


それプラス旅先でもかかるよね。



そして今日のデート代もみんな彼持ち。



私にはとても無理ですもの。




そして



彼にももしかしたら



お金を出すことは葛藤もあるかもしれない。




時々、


贅沢な彼女がいると財布が薄くなるなぁって



冗談交じりで言ったりする(笑)



いくら稼いでいても



節約するところはしないと



毎回こんなに出せないんじゃないかなって



ちょっと悪いなって


心配になったりもするけど




だからといって



私はへりくだったりしないし



こうして肝心なことをスルーする!って



彼に伝えたりもするし



それはそれ、これはこれ。



メジロ君は私に言うことを聞かせたくて

払ってるわけではない。



彼に悪いからとか



いつも出してもらってるからと



罪悪感を持つこと自体


彼に失礼だ。




もちろん


申し訳ない気持ちはあるよ?



でもその罪悪感で彼に接しない。




その代わり沢山の感謝を込めて伝える。



本当にありがとう!って。



裏できっと調整努力してくれてるよね?

って理解する。




一生懸命にメジロ君が稼いだお金で



私を連れて行ってくれることに


きちんと感謝を伝える。



そしてそこから愛情を感じて嬉しいよって


伝えてる。




当たり前でないからこそ

感謝して素直に喜びたい。



申し訳なさそうにしたくないのだ。



気持ちよく受けとることも


感謝のひとつだと思うから。





さてこれからデートの支度です。



スルーせず

きちんと感謝を伝えたいなと思います。




きっとそれは二人にとっての


『肝心なこと』だと思うのでね。