私はフルタイムの仕事ではないので



時間がタップリある。



ただタップリあれば



やりたいことはやりつくして



時には何もすることがない時間も


あるわけで







そんなとき、




例えなんかしら不満がある仕事場でも



いつも通りに出掛けていける場所が


あることが



とてもありがたく感じたりする。





それに気付くためには


何にもすることがない時間も

必要だと分かる。



時間は命でもあり



刻々と命の終わりへと進んでいる。



細胞は毎瞬死滅している。




どんな日もムダな日はなくて



ましてや



時間を潰すなんていう言い方は



命にも失礼である。



折り返し地点となってから



そういうこと意識するようになったな。



若い頃は


人生は長く永遠だと思っていた。



明日が来るかは誰にも分からなくて



命は永遠ではないのに


永遠であるかのように生きていた。




あのね



今の仕事場は時給が低くて


しかも私は一人だけ

フルタイムではないので



一番ベテランなのに



一番時給は低いのよ。




でも人間関係は良くて


休みも取りやすくて


仕事自体は楽しい。


菅田将暉くんもイメキャラだ(笑)





時給のこと以外は働きやすい。



でも時給が不満でストレスにもなっていた。


今も割りに合わないなと感じることもある。



今のチームに週3日は私だけで


なんとなく居づらい気もして

(勝手に居づらいと思ってる)



何度も辞めようと思ったし



今も迷うこともある。





でも


何にもすることがない時間を過ごしたとき




50近い私が




自分のペースで通える場所があるのは




なんて幸せなんだろうと思えた。




自分の価値は自分で決めて良い。



時給は私の価値ではない。



フルタイムではない時短の働き方に対して


会社が決めた、ただの規定に過ぎない。



しかも

他の部署にいる時短のメンバーよりは



私は時給が良かったりするわけで。



まあ私とは忙しさが違うけどね。





毎回忘れがちになるので


ここに書いたわ。




お花畑思考で


自分の居場所を快適なものにするのか



それとも



マイナスなことだけに焦点をあて



ストレスを増やすのかは




私が選べるんだよね。




働ける場所がある幸せを忘れがちになる。




面接を何度も受けては落ちて



決まらない日々の苦しさ。



その度にまた探しては履歴書を書いて



交通費をかけて面接行っても


なんか違うとおもったり




週3日OK!と書かれているのに



応募するまで散々迷って勇気だして


電話したら



フルタイムを募集してるとしれっと


言われて


だったらそう書いとけよって



腹が立ったり。



決まったら決まったで


新しい職場で慣れることの大変さ。




それらをすっかり忘れて




今の不満な面ばかりにイラ立ち




幸せを感じようとしてなかったのは

私だった。




きっと


仕事を失って初めて



通える居場所があったことに



人は感謝するのかもしれないね。



世の中の定年後のお父さんは


なんか精気を失い、


人生の張りを欠いてる感じだもんね。
→私の父親もしかり。




毎回通える居場所がある。


働ける場所がある。


お金を作れる場所があるって



実はすごいことだ。




不満の渦中にいるときは




それに気付けない。



私も時々本当に迷走するし



毎日気持ちも変わる。


それは仕方ない。





でも根本は



損得は関係なく


働ける居場所があることは



幸せなことなんだよね。



それをいつでも思い出せる自分でいたい。



私はすぐ忘れるから(笑)



喉元過ぎれば熱さ忘れるってね。



フルタイムで働けば


時給は上がるのだ。




でも




この働き方を好きで選んでいることを



つい忘れてしまう。




人は

ないことばかりに目がいきやすい。



でもコンビニやファミレスで働くより



私は時給が良かったりする。




チーム内にとらわれてると



比較したり


出来ない人の方が時給が良いことに


ムカついたりして


自分で焦点をわざわざあててる。




ストレスをためたって


現実は変わらない。



だったらお花畑思考で行く方が


自分のためにも良い。




今はこのまま流されてみます。




何かしらの変容が起こったら



その時は自然と動かざるを得ない。




それをも自然に心に任せる。









その時まで流れに逆らわずに




プカプカ浮いていようと思います。



居心地のよさはいつも自分で選べる。



きっと良い波に流されていってると


思います。



結局人生のどこかで


帳尻が合うようになってる気がする。




だって


みんなよりは時給低いけど



その分



私にはタップリの自由があり



好きな仕事で働きやすさもあり



メジロ君からは


たくさんおごってもらってて



パートナーには養ってもらってる。



年収にしたら案外スゴいかもね(笑)



お花畑思考は幸せ🌺



実際に幸せ🌺