メジロ君は基本、自由人です。



私の書いたメールに

応えてくれることもあれば



全くスルーして

全然違うことを書いてきたりもする。



でもそれが彼らしさ。



私は縛れません。



そしてね

それで良いよって思えます。



彼がいつか私と別れて



私のことをなつかしく思うとき



初めて彼は私を深く想うんだろう。



そう思うから




今はそのまま


分からなくて良いよって



ちょっと揺さぶってみました(笑)




彼のね




自由人なところを愛し




自由人なところに物足りなさを感じ




それは思い通りにはならない。




でもね



時々揺さぶってみる。



私という存在を匂わせる。





それが今は彼には理解出来なくて


もっともっと後に



ジワジワと効いて来るとしても




揺さぶる。






実際に彼に届いてるかどうかなんて



実は関係ないの。





私が彼を揺さぶったかな~と感じれば

それで良いの。




だって



ぜーんぶ自分の内側で起こっていて



外部は実は関係ないから。




傷ついたとか


裏切られたとか



傷付けたとか



裏切ったとか



ぜーんぶ自分の内側。



外のせいじゃないから。




ああだこうだと外のせいにしたくなるけど




全ては妄想。



でもそれはね、



気付いてるだけでも良い。



完璧にこなせなくても。





こうして揺さぶってみることすら



楽しんでいく。




そうなれたら怖いものがないよね。



私はまだまだ怖いものだらけだ。




それさえもまた人生のお試し。





二人の愛する男がいる人生は




たかだか80年くらいの



そのまたほんの少しの年月。




あっという間に過ぎていくのなら



色々お試ししたい。




メジロ君は私を愛してる。




それをもっと揺さぶってみたら


どんな化学変化が起こるだろう?





ちょっと抽象的だけど




人は生きている内は



無限に色んなお試しが出来る。





それは大きなことじゃなくてもよくて




どんな小さなことでも



人生の楽しみなのです。




人生、半世紀近くなるとね




こんなことで悩めたり



喜べたり



悲しめたり


そんなことがとても幸せなことに感じる。




やがて



無に帰るその日まで




愛を広げていきます。





二人の男性を好きになったことを




私は悩みや苦しみではなく




喜びと幸せに感じてるから。




全ては自分の納得で出来ている。





私はこの生き方を選んだから。




さてさて



彼を揺さぶってみたことで


私の内側で満足はしたけど




反応は気になるわね(笑)





反応はあってもなくても




また人生は進んでいく。



その先がまた面白いな。