昨日は




不意に連絡をくれたメジロ君。



私は仕事帰りで買い物してて。




スーパーの駐車場に停めた車の中で


彼と電話をしていました。




雨が降ってる駐車場は


人もまばらで



車内は静かだから



彼の声がよく聞こえる。



なんかね


こういうシチュエーション、


好きです。




ああ、恋愛してるな~って

感じるから。




他愛もない話をして




最近の彼は


私の手料理を楽しみにしてるらしく



子供みたいに喜ぶ。



『俺、シロハトちゃんの手料理

大好きです。』





(*゚゚*)

なんか嬉しいな。




お盆は彼は初盆だから



予定が読めないけれど



泊まりで一緒に遊ぶ約束をしている。



その日にちを早めに教えてねって

言ったら



『分かった。明日、連絡します。』


『シロハトちゃん、

運転気を付けて帰ってね。』



そう締めくくって


雨の駐車場を後にした。




そして今朝、



メジロ君からのメールに



『今日はシロハトちゃん、お仕事?

さっき(車で)

家の前を通ったら車があったから。』




そう書いてあって



(;゜∀゜)固まりました。




もー、焦らせるねぇ。


家にいるときの私は


ノーメイクで髪もボサボサなんだから



突然通るのはやめてほしい。

言えないけど(笑)




でも彼の素敵なところは



私の家の前を通っても



例え

私が一人で家にいるのを知ってても



絶対に家に上がり込んだり



訪問したりしない。



そういうところはキチンとしていて




礼節をわきまえている。



踏み込みすぎない彼の距離感が



私は好きです。




ちょっと近づいてくるけど



それ以上は侵さない。



彼の絶妙な距離感には



もどかしさと


そして心地よさを感じてハマる。




少し追いかけてくるけど



追いかけられ過ぎないから




私は彼にハマっていくのかもなって

思った。



恋愛のつな引きが


無意識に上手いのよね(笑)





私は彼にメールで



『え!なんで家の前?

今日は休みですよ。

でもこれから出掛けるけどね。』



そう返信したらすぐ電話がかかってきた。




『もしもし、シロハトちゃん、

どこ行くの(笑)?』



『え、メジロ君、ちょっと怖いよ(笑)




私はこれからどこに行くのか


答えなかったけど



それ以上しつこく聞いたりしてこない。



『楽しんできてね。』



それだけを言ってくれる。





彼は


『お盆休みの日程を伝えるために

電話したよ。』



候補を3日位伝えてくれて



『じゃその日はお泊まりで遊べるね。



『うん。大丈夫だよ。ただね、

泊まりの翌日は午前中で帰らないと

初盆だからね。』




『えええええー?

午前中で解散~??

せっかくの夏休みなのに~?( ・ε・)

だってメジロ君はそのあと

ずっとおうちの事でしょ?

せめてお昼過ぎまで一緒にいたいよ。

そっちも大変かもしれないけど

私たちの貴重な夏休みだよ??

もうちょっと一緒にいられないの?』





そう怒濤のようにブー垂れたら(笑)





彼は笑いながら




『わー(笑)


だってしょうがないでしょー(笑)

初盆でお迎えとかあるからさ~』


分かった、分かったよ(笑)

そうだよね。



そう折れてくれるところも好き(笑)






でもお泊まりで

翌日お昼過ぎまでの滞在は短か過ぎて



ちょっとつまんないよ。






パートナーも


秋に長い休みを取るので


お盆は仕事。


なんかちょっとつまんない。


反対に私はお盆休みが長いんだよねぇ…💧





お盆て特殊です。




友達も家族で過ごすし


どこも人が一杯で

出掛ける気も失せるよね。





だから自分で自分を楽しませる。




これを学ばないとならない。



ま、その時に考えよ(笑)


なんとかなるでしょ。




今は


今度のデートが待ってます。




お鮨やさん、

予約してくれたそうで




『ほんと?やったー❤🍣

カウンターの真ん中?』




そう聞いたら



『知らない。

でもカウンターの予約だよ。

大丈夫だよ、行けば分かるから。』





この彼の『知らない。』はね、



とぼけてるフリです。




大抵その通り、


キチンと準備してくれた時は



『知らない』が出ます(笑)



天の邪鬼なメジロ君。




ちゃんと用意してくれてるのに

すっとぼける。




そして当日、



実はちゃんと用意されてたりする。



こういうところも好き❤




だから私もそれ以上は


突っ込まない。



彼のすっとぼけが

バレてないふりをする(笑)



人間の恋愛って面白いよね。





彼と会いたい気持ちは



恋しい気持ちから


そのままワクワクへと変化して



待ち遠しさに変わる。



あー、キスもハグも待ち遠しい。





みなさんは



彼とキスをするときって


どっちからですか?




私は前は自分からしたりしてて



でもそれがなんか負けてる気がして


ちょっと悔しかったの。




でもメジロ君は


元々ムード作りがヘタで



こっちが仕掛けないと

中々してくれないところがある。





唐突にキスされるときもあるけど


ロマンティックなキスは


年に数回しかない。



でも最近は


彼からしてくれるんだよね。


ロマンティックではないけど。




なんの変化だろう…。




あのキスされる瞬間て良くないですか?



なんとも言えない空気感が流れる。



される前って何となく分かる。



その分かる瞬間が好き(笑)




彼が目をフッと伏せて


少し微笑んだ感じで



彼の前髪が私の顔にかかって



彼の匂いにフワッと包まれて



私は目を閉じる。




彼の大きな手が私の頭を支える。




一度キスして


また少し離れてお互い見つめる。



そしてまたキスをして


彼の肩におでこを付ける。



彼は私の首の後ろにキスをする。




そしたらもう

天国への階段ですね👼(笑)




世の中のカップルも


きっとそれぞれの素敵なキスがあるね。




今度、あなたのキスは?って

タイトルで




コメントを募集するかな(笑)



素敵なラブラブ・コメントが集まりそうね。




彼を色んな五感で感じることが出来る。




人間に与えられたギフト。




彼に触れたくなりました。



彼にぎゅって抱き締められる瞬間は




至福のひとつだと思います。



女性は愛しい彼に抱き締められたい。



それって彼はどれだけ分かってるのかな。




多分、一ミリも分からないだろーね(笑)




会ってるときも



会えてないときも




彼を感じる。