女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2017年03月

 彼に言われたことがあります。

デートの時よりも、
会えないときの方が
シロハトちゃんを想うんだよね。
って。

デートの時は会ってるという
《現実》に集中しているので、
もちろん嬉しいけど、
その時は楽しいから
寂しさとかは感じない。

(だからきっと
次のデートの約束しようとか、
頭が回らないのかもしれないね。) 

でもデートの次の日、
彼女の香りが衣服に残ってたり、
やけに忙しい日常が始まって、

夜一人で寝るときに
側にいないことが強烈に寂しくなって、
ふっと彼女に会いたくなるらしい。 
そしてデートを反芻したり、
妄想が始まり、
彼女を思い出して好きだな~と
自覚するらしい。 

女性はどちらかというと、
会えない間は冷めていくというか、
辛いけれども、
男性は離れてるとき、
会ってないときに想いが
深まっていくんだね。 
全く違う感性のイキモノなんだな…。 

だからね、会えないとき、
メールがないときは、
彼はその分だけ
彼女を好きになっている。 

男性は妄想のイキモノだからね。
一人の時に彼女のことを
考えることで想いを確認して深めていく。 
そして
大好きと愛してるを行ったり来たりして、
段々深めていく感じなんだそう。
(彼の感覚ではそうみたいね。) 

それが分かってると、
会えない間も、
仕事で連絡がない時も、
逆に私への気持ちが育ってる
《育成期間》だと思えば、
辛くないね。 

そして《育成期間》は、
彼が一人の時にグングン育つものだから、
少しデートや連絡の頻度が空く方が、
育ちやすいとも言えるのよね。 

毎週末会うよりも
月に1、2度にすることで、
彼の気持ちが育ち、
そして新鮮さも長持ちする。 

私はこれで本当に
彼と上手くいってます(^^) 

毎週末、ましてや毎日とか
会わない。
こんなことしてたら、
男性はお腹一杯になって飽きるよ。

少し二人の間がなんとなく
停滞してるかなと思ったら、
あえて離れてみる。

女性は離れることって
勇気が少しいるけれど、
本当に効果的です。 

片想いの頃を思い出してみたら、
彼と目が合っただけで、
彼と話せただけで、
もう地上10センチは
浮く位に幸せだったわけで。

その頃は彼とメール出来たら、
彼と一度デート出来たら、
何もいらないって思ってたはずで。 

でも付き合いたい始めて少し経つと、
もっともっとと欲が出て
彼をがんじがらめ。 

既に充分愛されているんだから、
もうそんなに求めなくても大丈夫。
 
男性は、
二人の間に何か問題が起きない限り、
勝手に上手くいっていると思うイキモノ。 
少し寂しくさせるぐらいが
ちょうど良いみたいです。

昨日の記事で、
働くことについて書いた。
今日もあらゆる媒体を探した。   いやぁ、見事にないね(笑)今は。(^-^;   まあ、昨日から探し始めたので、 まだ出会えてないだけだとは思うんだけど、   んー、何だろ…。   就活ってなんかイメージが婚活や、 男女交際に似ている? (いやね、 男には困ったことがないので、 婚活ってやったことはないんだけどね。 うっわー、ゲッスい言い方👅)   数多ある企業の求人のなかで、 たった1つ、縁のあるところを探し出す。 引き当てる。   これはちょっと条件がねぇ…。 ここはちょっと私とは合わなそう。 んー、迷うなあって 選りごのみしてる内に 誰かに決まり、掲載終了!とか。   入ってみて、あれ?違うなって思って辞めたり、 あ!すごいマッチング!って長く続いたり。 うん、男女交際に似ている。   だとしたら私は直感型だ。 どの男性もこの人!って、 直感で好きになり、外れはなかった。 男を見る目はあるのに、なぜ会社は決められないんだろう?   あ、なんか分かった気が…?   恋愛は大好きだから、アンテナが常に動いてるけれど、 働くことって私には勇気のいることで、嫌なことだから。 だから、引き寄せられないのか。   働きたくない。 でも働いていた頃は、 キラキラしていたことも事実。 何故、働くのか? 好きなように生活したいから。 暇すぎるのが苦手だから。 借金も返したいから。 ん?こんな理由だから見つからないのかな(笑)   まだよく分からないのよね。 心屋式では やりたくないことはやらず、 やりたいことをする。 やりたいことのためには、 嫌なことも受け取らないとならない。   好きなことの為なら、苦は苦じゃないということなんだろうけれど、 そもそも、働くことに余り魅力を感じてない場合はどうしたら良いのかな。   でも待てよ? 怖いこと、 勇気のいることをやりなさいって 心屋さんは言ってるのよね。   だとしたら、 嫌なこと(働くこと)=勇気のいること を、しなさいと言ってるのよね。   怖くてやりたくないけれど、 自分の生活を少し良くしたいから、 その為に勇気を出す。 そんな気持ちで探したら見付かるのかな⁉   そもそも仕事するのが嫌なんじゃなくて、 漏れなく付いてくる人間関係や、 ルーティンが苦手なんだよね、私は。 でも苦手だと思ってるから、 そんな環境を引き寄せるのか? じゃ、苦手と思わないことにしよう。 私は最強で、すでに受け入れられ、 人間関係やルーティンも良好な状態で受け止められて、 何でも上手くいく設定にチェンジ! (言うのはタダだからね❤)   でも心屋仁乃助さんは、 表だけ受け取るな。 その裏も一緒に受け取ること。 セットだから。とも 仰ってる…。   なるほど、すごい。 そういうことか!結局、働くことは 私にとって不可欠。 嫌でも不可欠。   心屋信者の(笑)私は、 試しにそれに従ってみようと思う。 さてさて、私にとって縁のある会社は どこにあるのかな。   こうして一日がまた過ぎる。 焦る気持ちが沸くけれど、 焦っても良い。 このまま時間かけても良い。 ~するべき。 ~しなければダメ。 そんなものは自分の中でしか存在しないから。 自分を責めない。追い詰めない。   まだまだ試行錯誤は続くけど…。   でも到達点も必ずあるはず。   あ!あ!ピーンときたかも。 もしかしたら 心屋式《断愛》みたく、 もう既に仕事はあるものとして、 求めない、期待しない、 躍起に探そうとしないことをしたら、 見つかったりして!? 🎵探すのを止めたとき、 見つかることはよくある話で🎵 かも?  

 前回の記事で、少しセックスレスの話を書いた。
まあ、セックスレスの定義からすると、
私には当てはまらないけど。 

彼は不思議な人なのだ。
セックスしたくない訳じゃないので、
私を悦ばせてくれる
行為はしてくれるんだけど、
なんと、男性なのに肝心の挿入が苦手。
それは早くイッちゃうから
自信がない様子なの。

確かにすごく感じやすいのよね…。
キスだけで元気になるし…。 
そう、《過敏性早漏》って
いうやつなんです。


早漏や、
自信がないなんて勿体ないほど
の大きさを持ってるのに
(だって、ゴムさんのサイズ、
MAXのXLですよ?(゚∇゚ ;)
箱は象さんのイラストですよ?(笑)) 


でね、やっと本題ですが(笑) 

心屋仁乃助さんの《断愛》を、
セックスにも
当てはめようと昨日決心したわけよね。
要するにもうこちらからは一切、
セックスの話もしないし、求めない。 

そしたらね、
面白いことがまた起こったのよ。
早くイッてしまう事に
コンプレックスの彼+キスやハグで
満足な彼なので、

(私にとってはヘビの生殺し)
彼からセックスの話は
絶対にしてこないのに、

昨日のメールで
今度行くお店の話が書いてあって、
その終わりに突然、
 『今度会う日に、象さんを持参します。』って書いてあった。
※(象さん=メガデカいゴム) 

心屋式、
本当に不思議よ。
手放す。求めない。
そう決めただけ。
彼には言っていない。
でも、なにかが変わる。 
いや、たまたまでしょうけどね(笑) 

彼は結局、
挿入に自信なくても
私としたいという気持ちがあるのかもな。
男性って分からんなぁ…。

でもそんな風に
ちょっと違う視点で考えることが出来た。 

そういえば、余談だけど、
グーグル・アドセンスって、
受かるにはセックスの事とかも
書いちゃダメなんでしょ?
日記風なブログもダメなんでしょ?
てか、ブログって元々日記って意味なのに(笑)
 
受かるために自分の書きたいこと止めたり、
曲げたりなんてそれこそ、アホくさいわ。
このまま、私は好きなように書くわ。

あれ?オチがなかったな、今日は。

  母親とはことごとくケンカしてしまう。
彼女は決めつけがすごくて、
私がこう言ったと一歩も引かない。

私は全く覚えてないし、
言った記憶もない。
彼女の勘違いなのにも関わらず、
私がすぐ忘れると言い張る。  
付き合ってらんない。

これって毒母?  
悪い母親ではない。
困ってるときはお金も貸してくれるけど。  

なんか会うのが嫌になる。  
はー。ダメだわ。
今日はイラっとした。  
こんな日もあるね。      

全く関係ない話だけどさ、
グーグル・アドセンスって、
試しに申し込んでみたけれど、
ほんと、高飛車で嫌~な感じだわ。
制約だらけで、何様? (グーグル様?(笑))  
もう受からなくても構わないから、
媚び売りたくないので、
ハッキリと言わせてもらうわ。

審査でちゃんと読んでよ。  
だって日記風なブログはダメって、
はあ?って感じ。

ブログって元々日記ですけど?  
本末転倒過ぎて、
へそで茶を沸かしちゃったわ(笑)  

以上!

このページのトップヘ