女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2017年06月

仕事の面接、
受かってしまいました…。
(関連記事)


ビミョーな気持ちですが
とりあえず試用期間3ヶ月を目標に
頑張ってみようと思います。


来週半ばからスタート。
覚えることが沢山あるそうなので
勤まるのか緊張するけど


やってみなければ分からない。
家から近いのが救いです。

仕事の話は始まってから
またここに吐き出しにきますわ。


今はそれよりも
明日のデートで頭がいっぱい❤


前回から2週間しか経ってないとは
思えないほど、


私には色んなことがあったので
早く彼に会いたい。

面接受かったことメールしてみたけど
まだ返事ないので、

恐らく忙しいんだろうな。


明日のデートのために
休みを取るために
今日無理して頑張っているメジロ君。


私の仕事はカレンダー通りで
月に10日程度の仕事だけれど
お盆休みがないの。


せっかくお盆休み、
メジロ君もお休みだから
地元にお泊まりで飲み明かす約束を
していたのにな。

お泊まりはなしで
普通のデートになりそうだわ。
運よくその日がお休みなら
ラッキーね。



秋には旅行も計画しているけれど
私が働くことによって
その計画も見直しかな…。


それも運よくその日が
お休み重なれば一緒に行けるけどね。


直近にならないと
お休みも分からないけど、
人気のお宿は予約必須なのでねぇ。

明日メジロ君に相談しなきゃ。


でも慣れるまでは仕方ないね。
有休も半年勤めないと貰えないし。

私も落ち着かないから
しばらくは
月に2回の逢瀬を堪能します。


旅行は落ち着いてからでも
ゆっくりいつでも行ける。

誘ってくれた
花火大会は土曜だからバッチリ❤


明日のデートの服装も
気分が良くなって
今日買ってきてしまいました。



今は夏のセールが開催されてるので
可愛くて品のある洋服も
お安かったわ~✨


明日は和食の割烹料理なので
女性らしく鎖骨が見える赤色のニットソーと
黒の膝丈レースのスカートに決定。


もちろんガータストッキングです。


私が赤色の服を着ると
似合うね❤って喜ぶメジロ君。


男性はハッキリした女性らしい色が
好きですね。


スカートは膝丈か少し上位のを
履いていくと


涼しげで良いね❤と
これまた喜ぶメジロ君。


分かりやすい(笑)


ベーシックな色と
パンツスタイルは
全然興味示さないもん。


アラフィフのデートの服装って
難しいよね。


あまりに年相応だと
バーのママみたいだし、

ギャルすぎても顔とのギャップがねぇ。

ワンピースや
スカートとカットソー
カーディガンとかになるから

ちょっとバリエーションが
マンネリになるので


とにかく色は女性らしい
鮮やかな色やピンクとか
パステルカラー、ホワイト系を
取り入れてます。


メジロ君が好きなデザインは
白やピンクのワンピース。


鮮やかな赤のニットソーとか
黄色のカットソーなどで
Vラインや鎖骨が見えるラインが
お好みみたい。

私もそういったデザインや
色が好きで、


ネイビーとかグレーとか
ここ何年も買ってない。
(でも仕事のために今日買いましたけど)

髪型は黒髪のストレート。
女性にしか出来ない髪型にしてます。


肌も色白がお好みのようで
会うたびに、

『肌、白いね❤』と喜ぶ(笑)

スタイルは抜群ではない私だけど

女性らしさに気を配れば
アラフィフでも女性と認識して
くれるんですね。


メジロ君は
洋服に全く興味ないけど

私とデートを重ねるうちに
新しい洋服が増えてきてて


それを見るたびに
最初のデートは着古した
ヨレヨレした服を
着てきてたメジロ君も


私に一番カッコいい自分を
見せたくなってくれたんだなって


彼女になれたんだなって

嬉しくなったりします。

でも、

彼は背が高くてスタイルが
良いので、

麻の白シャツにジーンズとか
着てきて欲しい‼って
懇願してますが、


俺、白は着ないって
一蹴されてるので、


いつか着てきてくれる日を
夢見てます…。

絶対萌えるのにぃ…。







































初デートのとき

メジロ君は全く着飾ってなくて
清潔感はあるけれど
なんかヨレヨレしたカジュアルな
服装でした。

(私はもちろん気合い入れて
オシャレしていった。)


前日の電話でも
ずっと何年も洋服買ってないから
着てくのないなぁって。


それでも
元々イケメンで背の高い彼だから
初めて見る私服に
ちょっと萌えましたけどね(笑)



その日はカジュアルなフレンチに
私の提案で行く予定になっていて


そう、
彼はデートスポットも何も知らない
調べたりもしないし、

私に行く場所も丸投げという
とにかく気付かない男性で。
(今は別人のように気の効く彼氏に
成長❤こちら)


初デートの服装も
そんな感じだったので

最初の段階では彼にとっては
私は彼女ではなく、

好きな女性でもなく


とりあえず
向こうが告白してきたし
会ってみようかな位の位置に
私はいました。


そう、
男性は初デートに来たとしても
まだ恋人にするのか
どうするのかはグレーなまんま
来ることが多い。
とりあえずお試しみたいに。


女性からしたら
デートしてたら彼女かなって
早急に展開を期待するけど

男性はゆっくり好きになって
いきますからね。



その日は徹底的に
聞き役に回りました。
私のことは必要最低限しか
話さないで、

ひたすら彼の話をちゃんと聞いた。

緊張で食べ物が喉を通らなくて


メジロ君は
『シロハトさんはあまり
食べないんだね。』

とちょっと残念そうに言っていたけど
初デートは緊張して
そんなに食べられないよね。


笑顔も忘れがちになるから
とにかく微笑みだけは
絶やさないように
していた。


彼は昔の一番楽しかった頃の
大学時代の話や
ちょっとした冒険の話やら
色々と話してくれた。


帰り際かな。



『今日はすごく楽しかった。
俺ばっかり喋ってたから、
今度はシロハトさんの話を聞かせて。』

『こういう場をまた設けて
頂いて良いですか?』と


言ってきてくれました。


よし!大成功!と
私は心でガッツポーズ。


話をとことん私に聞かせたから
今度は私の話を聞きたいと
次の理由が彼に出来た。



これが私が待っていた
次回の約束。

次回に繋げる理由作りを
初デートでは心がける。



最初のデートではガツガツしない。
彼になるべく委ねる。


初キスと
2回目のデートの心得は


またいつか続き書くと思います。


長い…。ごめんね。


アラフィフで恋をしたら
少しガツガツすること。


えー、逆でしょう?って思いますか?


若い頃のような激しさがない分、
まったりするのがアラフィフの恋。


それでももちろん、穏やかでいいんだけど


それってリタイアした老夫婦みたいに
なりがちなんですよね。


特に男性は年齢と共に性欲も
下がる傾向にあるので


女性が仕掛ける必要も出てくる。


せっかく恋をしたならば
ちょっと自力でネッチョリガッツリを
仕掛けてみる。




ただし


こちらから片想いして告白した場合は
相手の男性に追いかけさせるように
仕掛けた方が良いよね。



女性から告白すると希少価値が薄れるから
男性は追いかけることをしなくなる。


もう獲物は何もしなくても手に入ってるから
安心感から手を抜き始める。


告白はあくまで《きっかけ》という
エサにして、
ハンター気質の男性を夢中にさせる必要が
ある。



ではどうしましょうか?



私がやってきたこと。


最初のステップは


先ずは身体の関係はすぐにはもたない。

キスはOK。女性から仕掛ける。

こちらから告白はしたけれど
気持ちを伝えたかっただけだからと
交際の意志は見せない。



そうすると彼の中で
俺のこと好きなんだよな?
ん?何がしたいんだ?と
ザワザワしてきます(笑)

(メジロ君はそうだった模様)


このザワザワが
原動力になっていきますので
これで様子を見ます。


彼からアクションがあれば
それに応じる。


アクションがなければ
メールでつつく。



つつくとは

私の場合は「飲みにでも行きたいな」と
誘ったかな。


最初は彼も中々動かない。


失敗したくないから
女性からの誘いを待った方が楽だと思ってるし

誘いかたを知らない場合もあるから。



それに応じてくれたら
先ずは喜ぶ!
「嬉しい!わーい!楽しみ❤」などなど。
これが少しガツガツするということ。


初デートにこぎ着けたら
そこからが大切。


最初のデートで大体
次につながるかが決まる。


初デート。
ここでのポイントは
逆にガツガツしないこと。



長くなったので
また続きを書きますね。
























メジロ君は私に何かあると必ず
メールか電話をくれます。


例えば昨日は面接お疲れ様でした。
と来てました。



私は今までパートナーのような
優しい人はめったに見付からないと
思っていたけれど、



けっこう存在してるねぇ(笑)
いないと思い込んでいたな。



もしメジロ君と若い頃
例えば20代に出会っていたら
どうしていたかな。


彼と結婚して今ごろ子沢山かな?
時々思うの。
私が一般的なカテゴリーの人だったら
どんな人生を送っていたのかなって。



きっとパラレルワールドでは
そうなっていたかも知れないな。




私はアラフォーのメジロ君に出会い、
ギリギリ(笑)アラフォーの私で恋をして、

そして今、私はアラフィフになった。


時が経つのは早い。
ついこの間まで若い人エリアにいたと
思ったのに

いつの間にかこっちのエリアに…。


脳内は20代で止まってるのに
歳はどんどん幼稚なまま加速していって

なんとも奇妙なアラフィフになった。


私はきっとずっとこのままだろう。
でもそれで良いと思っている。



年相応ってなんだろう?


今の私だから
好きになってくれたメジロ君。

若い頃から好きでいてくれるパートナー。


どの年代の私もちゃんと恋愛して
愛されて生きてきたなって
思うから


年相応とは
《積み重なってきた今の私》
という意味だと思う。


もうこんな年齢だから
手紙なんて渡せない~とか

こんな年齢なんだから
落ち着いてしっかりしなきゃ~とか

もうこんな年齢なんだから
みっともないよね~とか


そんな風に思っていたら
恋なんて今も出来てなかったと思う。


自分で作った枠に勝手にはめてる。
周りはさほど人のことなんて
気にしてないのに。


みんな自分が可愛くて
自分で精一杯だもん。


アラフィフの恋は
若いときのような激しさはないけど、


その代わりまったりしていて
深く味わえる。



あ、恋の悩みは若い頃と変わらんよ(笑)


でも悩みを引きずらなくなった。


もし年齢や立場などで
踏みとどまっている恋があるならば



最大限キレイになって
最大限オシャレになって


月並みだけど
玉砕覚悟で
思いきって飛び込んでみてほしい。


何もしなくて諦めてしまうのなら
何かしてから諦めてほしい。


失うものは《恋》という同じものだけど、
得るものが違うから。



失っても勇気を出して
キレイになった自分が残るし
経験も残る。
形はどうあれ、彼の心にも残る。


もし成就したら
それ以上の輝きが待っている。



何もしなかったら
何も手に入らない。



歳を重ねていくだけ。


今が一番人生で若いとき。


アラフィフで失うものなんてあるか?
守るものなんてあるか?


恥をかける内が華なんだから
思いきり恥かいて
好きな人に飛び込んで欲しいなと


年齢を気にして動けない素敵な女性を
見るとそう思います。



世の中は素敵な男性で溢れてるよ。

彼がいると何でも出来る気がする。

そんな爆発力のある恋をしていたい。




































このページのトップヘ