女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2017年07月

昨日はメジロ君と
デートだった訳ですが


いつもとは違う場所で
待ち合わせして
時間になっても来ないなぁと
思っていた私。



少し離れた場所に
遠目にもなんか彼に
似た人がいるなぁと思って
見つめていた人がいたのですが

(しかも背高くて
かっこいい人だな…
結構タイプかも~と
チラ見していました(笑))



髪型が違うのでまさかね。
と思っていたその人が
まさかのメジロ君でした


髪を結構切っていて
全然違う印象で。
めちゃくちゃ男っぷりが
上がってて
ドキドキしてしまいました


ちょータイプ!もう何でこの人は
こんなにカッコいいのだろう。
私の為にこんな
カッコよくなったのかって
(違うと思うけど)悶絶です(笑)



私は男性のうなじフェチなのですが、
もうその髪型は彼のキレイな
うなじを引き出していて


飲んでいる間ずーっとそのうなじに
食い入るように見とれてしまった…
発情寸前でした(笑)


やばい、本当にカッコよすぎる。
私はこの人に
あんな事やこんな事されたり
愛されているのかと思っただけで
酔いが回った…。
(出たヘンタイ(・∀・;) )



そんな幸先のいいスタートのデートは
気持ちが充実したデートに
なりました。


飾らない人で
気前も良いメジロ君は


行きつけのお店で
シェフの方やスタッフさんにも
さっとお金を出してご馳走したり、
気さくに楽しく会話が出来る。


彼はお酒もすんごく強い。
相当の量を飲めるし
チャンポンしても
彼がつぶれてるのは見たことがない。



私も飲める方だけど
やはりかなわない。


昨日もそんなメジロ君のペースで
飲んだので私は結構酔ったので


記憶も疎らなまま
いつの間にかホテルにいて
一眠りしてしまっていたようで。


彼の腕の中で目が覚めました。


昨日はさすがに彼も少しだけ
お酒で気分が高揚していたみたいで



心も身体もお互いに求めるがままに
一緒に時を過ごせた。


昨日のメジロ君はなんか積極的だったなぁ。
キスもずっとしてた。


しかも粗雑なキスではなく
めずらしく見つめあっての
ロマンティック系のキス。


髪を切ってますますカッコ良くなった彼と
そんなおいしいシチュエーションで

今日はなんのご褒美?!って
私はもう萌え萌えでした(笑)



そして初めて彼の前で
一糸まとわぬ姿になりました。
ぜ、ぜ、全裸です


これまでどうしても
キャミソールが脱げなかった。


スタイル良くないし
お腹もぽっこりだし、
胸も下垂しているしで
見られたくなくて。


ずっと今まではキャミソール姿で
ハグしていました。



でも昨日はすんなり脱げて
(すんなりって言うのもなんですが…)


裸のままハグし合ったら
やっぱり直に肌と肌が触れ合うって
気持ちも伝わる感じがして
リラックスできてとても良いなって思えた。


おまけに私のそのぽっこり下腹や
若い頃より下垂した胸を見ても
(暗くて見えなかったのかも)


メジロ君は
『シロハトちゃん
魔性の身体だよなぁ』って
彼もヘンタイなことを言ってた
(;・∀・)


セックスとかじゃなく
ハグをするときに
柔らかくて
病みつきになるとのこと。


この身体でそんなことを思うなんて
メジロ君も私もヘンタイ…。



イヤ多分、
私も彼も恋は
盲目ってやつかもしれない。



こんなイチャイチャ傍から見たら
ただのバカップルで
私なんてただの淫乱で。


でもそれが何か?
何かご迷惑でも?


バカップル結構!
淫乱結構!
盲目結構!



二人の世界にどっぷり浸かる。。
これ以上の幸せはそうそう無い。



夕べは
次の日朝早いにもかかわらず
めずらしく
もっと一緒にいたいと
言ってくれたメジロ君。
終電ギリギリまで一緒にいました。


交際していて
燃え上がる気持ちの時もあれば
あっさりとしたい気持ちの時もある。
それで良いのだ。




昨日は旅行の話や
出会った頃の話とか色々な話をしたし
愛の言葉も何度も言ってくれたけど


彼に見とれていて
頭に入って来なかった(笑)



もし彼に好きな人が出来たら
私はすぐに別れることを伝えてある。
もしそういう人が出来たら
言うよって彼も言っている。



隠してるよりも
それが優しさだからと。


でも
私をきっと手放せないよ。
自信あるもんって言ったら
彼は「そうだね。
他には中々見つからないよ」って
笑ってた。


もちろん根拠のない自信。
そうかもしれないし、
そうじゃないかもしれない。



むやみに疑うこともなく
むやみに不安になることもなく



今を楽しんで紡いでいった結果、
未来に起こることにジャッジをしない。
きっとそれで良いんだ。



昨日は気持ちが充実した日。
神様からご褒美を
もらった一日でした。



















彼のメールが減ったと
悩んでいる女子って

世の中多いんだねぇ( ゜o゜)



大丈夫。


メールが減っても
気持ちが減った訳じゃないから。




私も昨年までは
こんなことで悩んでいたなぁ。


交際当初は相手の気持ちも
パターンもよく分からなくて



自分の基準で判断しちゃうから



彼がメールしてくれないのは



彼の気持ちが冷めたからとか
そこまで私のこと
好きじゃないんだとか


ネット見てても
本当に女子の皆さまは
大抵同じことを
思い込んで悶絶してる



分かります。
私もそうだったから。




これ
女子特有の思考なんだなと思ってます。



自分は好きな人に
メールを返さないとか有り得ないので


メールが減ってきた=もう冷めてきた



こんな風に変換しちゃうんだね。



当の彼氏は


全くそんなこと思ってないし
そんな風に彼女が
不安になってることすら
考えもしてない。



だって彼からしたら
好きだから交際してるんだから
別れを言わない限り
彼女のこと好きなわけですよ。



メールが減ってきたことで
不安を感じるという
彼女の気持ちが
そもそも分からないんだよね。



女子がメールが欲しい理由は
毎日コミュを取って
愛の言葉を確認したいから。


これが男性には分からないみたい。
愛の確認なんて毎日するものと
思ってないからなんだよね。



愛の確認は
会ったときにすれば良い。
なんなら
一度好きって伝えてあるんだから
もう言わなくたって良い。


男性はそんな風に考えてる。


ここで男女のギャップが生まれる



メジロ君も過去に

愛してるとか
好きとか
何度もしつこいって
思われるかなって思って
言わない。


そんなこと言っていた。



そこで私は
そんなことない。
女性は毎回言わないと不安になる。
言って欲しい。

的なことを言ったら



『え、そうなの⁉』って
驚いてたっけ。


男性は一度言えばもうそれでOK。
何度も同じことクドクド言わない。



男性同士の会話やメール見てても
短くてシンプル。
だらだらと男性同士でやりとりなんて
あまりないよね?



そういう端的な脳の仕組みなんです。



素晴らしき男脳のメジロ君(笑)
良いモデルケースだわ♥



メールが減っていくのは

もう言わなくても
コンタクト取らなくても
わかってるよね⁉



そんな風に考えてるからで
好きな気持ちは全然ある。
むしろ彼女が大好きなんだよ。



悶絶してる女子たちに
気づいて欲しいなと思います



あとね
男性は寂しがらせる位が
ちょうど良い。


元々孤独とか女性ほど感じないし、
感じないというよりも
孤独センサーが弱い。



失って初めて
センサーが作動するので
それまではあまり感じないの。



だから
少し放置するくらいが
彼らにはちょうど良いのです。



私も時々メンタルが弱ったときは
メールに悶絶することもあるので



自分の為にも
この記事を書いてます(笑)



女性は決め細やかな心を持ってる。
だからこの痛みは甘んじて受ける。



本気の恋には痛みもつきもの。
むしろこの痛みは
本気の恋だけに与えられた
ギフトだと思って堪能すべし❤




それが女性を美しくしていくからね。



彼からメールが減ってきたとしても
愛の尺土にはならないよ。



会ってるときの彼を見て下さい。


好きだから会いに来る。
好きだから一緒にいる。



行動が全てを物語ってるから。


















今日は筆が止まりません(笑)
なんか無性に
書きたいときってあるね。


メジロ君から電話をもらってから
さっき二日ぶりにメールが来てました。



今朝、私の家の前を車で
通りかかったらしく
その時にうちの車がなかったので
どっかに出掛けてた?


といった内容でした。
仕事で近くに来てたらしい。



家の車がなかった。
本当に通りかかったんだな~



確かに今日はパートナーが
仕事になり車を使ったので



私は家にいたのですが
車はなかったの。



私の家は
表通りから一歩も二歩も入った
住宅街にあるので
いくら仕事で近くに来たとはいえ



わざわざ通ろうとしなければ
まず家の前は通らないはずなので



わざわざ通って行ったんだなって
丸分かりで可愛い(*≧з≦)



交際したての頃は
私が気になって
彼はよく私の家の前を
車で通ってたみたいで



雨降りそうで
洗濯物大丈夫かなと思ったとか


私の誕生日に家の近くに車止めて
電話くれたりとか



ちょっと危険な…ストーキングな(笑)
行為をしていたのですが


最近はそういった素振りもなかったから



ああ、
交際当初の興味や情熱は
失せてきたんだな~

ま、1年半経ったから無理もないか。


とちょっと
寂しい気分にもなっていたところに



今日のメジロ君の行動。



あら
まだ私に興味や情熱はあったんだ❤



なんか嬉しくなった。




私が朝起きられなくて
寝ている間に通りかかったのかぁ。
なんか不思議だ。



昔なら
ドキドキして朝から彼が
通らないかなって窓から眺めてた。


それが無駄だと分かっていても
彼を待ってたりしたな。



今は彼が私の家の前を気になって
わざわざ通っていく。



車なかったから
どこかに行ったかなって
気になったのかな~。


私は家にいて
友達とメールしてたけどねぇ(笑)



明日会うので
返信はやめときました。


どこで何をしてたのか
ちょっと妄想してて
もらおうと思ってね。



彼はあまり深く考えない人なので
私が出掛けてようと
メールの返信をしなかろうと


忙しかったのかな。
ぐらいにしか思わない人だし


ちょっと通ってみようかな位の
好奇心だったとは思います。



でも私を思い出して
わざわざ家の前を通っていった
その内なる想いは



彼も気付いているのか、
いないのか。



好きだから何してるのか気になる
好きだから興味がわく



交際してたら当たり前に
感じてしまうことを



また思い出させてくれたな。
無意識にしても。




最初の頃の情熱は
消えたように見えて


それは形を変えて
ちゃんと残って育ってる。



う~ん、恋愛って良いな♥



こんな何でもない出来ごとを
ドラマチックにしたてあげて
勝手にひたれるんだもの(笑)




明日はちょっと新鮮な気持ちで
私は会えそうです。


彼は深く考えてないだろうね。
でも良いの。




行動が全ての気持ちをあらわす。
それを見せてもらったから。



聞かれたら
ちょっとね🎵って言おう。


フフフ(  ̄▽ ̄)






























今回の【婦人公論】が
なかなか興味深かった。


暇つぶしに買ってみたの。


特集は
《生涯シングルの幸福論》


50歳の未婚率が
過去最高になったそうで。



まだ全て読んでないけど。



んー、
私はシングルではないので
ビミョーに当てはまらないけれど




既婚者や事実婚の人も
死別などで
シングルになる可能性もあるわけで。



一人を決意してる方々の話は
パワーに溢れてましたが



やっぱり最後は茶飲みでもできる
パートナーがいたら良いなに
行き着いてる。


あの黒柳徹子さんでさえ(;゜∀゜)



人はやはり歳を取ると
気弱になるんだろうか。



他人との関わりは確かに面倒なんだけど
他人がいて初めて
自分のことも分かるわけで。



私は大勢の知り合いは要らないから
自分が心地よいなと思える人が
数人でもいてくれたら
本当に幸せなのだ。



他人でも長年暮らしていると
血を分けた兄弟のような
絆も育つから不思議だ。




私はパートナーとこの先も
ずっと一緒にいる。



そして多分メジロ君ともこの先も
友達のように付き合ってるだろう。




メジロ君も独身主義だけど
この先はどうなんでしょうねぇ?



まぁね
私が独り占めしてるけどさ(笑)



私の友達はシングルマザー。
息子さんはもう大学生。
母親から子離れして口も聞かないそう。


彼女はとても美しい女性なので
一回り下の彼氏がいるけど


結婚は考えてないという。
でも60、70代になったら
若い彼に捨てられる~💧って


そんな不安もあるみたい。



もうひとりの私の友達も
独身者で子なし。
長年同棲している彼がいる。
しかも彼の持ち家で。




彼女はもっとサッパリとしていて
故郷の両親に何かあれば
さっさと同棲を解消して帰ると
決めている。



未練もなにもないらしい。
どちらかというと
彼の方が彼女に未練がわきそうだ。




ちょっと私の周りって
少ない友達なのに
私を含めて
地に足の着いてない
アブノーマルが多いな(笑)



類友ってやつか。


でもそんな彼女らとは
やはり肌が合うので


ベタベタした付き合いではないが
二ヶ月に一度ほど
飲んだりしている。



その内の一人は
明日からお姉さんと海外旅行。



財テクがあり
投資が上手い彼女は
シングルマザーで
無職なのにリッチだ。
元々実家がお金持ちではあるが。



来月早々に彼女と会うのだが
財テク話でもちょっと聞いてみようと
思っている。



シングルで暮らしていく。
お金はある方が良いのだが



私は全然バリバリ働いてないので
二人の男性に養ってもらおうかな…♥




こんな調子でほとんど将来のことを
考えてない私。




先なんて誰にも分からないけど
今のことは分かるわけで



だったら
今を楽しむことで
未来に繋がるのではと思うのだ。



60、70代になったら
また考えも変わるかも知れないけど



先を心配して
どんなに準備して備えていても



不穏なことは
起こるときは起こるし。



先を心配して準備するって
将来そういうことが起こる前提で
生きてるようなもので


心配ごとを逆に
引き寄せそうだし。


なんか心屋さんも
そんなこと言っていたな。
保険に入るのは心配事が起こる前提だって。



まぁ
一理あるような気もする。



結局
心配しようとしまいと
起こるときはどうしたって起こる。



いくら準備していても
不安って消えないんだよね。



不安ともお付き合いしながら
人生を経験していく。


不安も悩みも味わい経験する。
(イヤだけど)
もちろん喜びも楽しみも経験する。


どっちか片方だけを味わうなんて
無理な話ね。



悩みを抱えながらも
幸せな時間は過ごせる。




結局はそういうことなのかな。





何も悩みや心配事がない人なんて
きっといないけど


それを抱えたままで
楽しんだりしても良いわけで。



世の中には本当に人の数だけ
幸せがあるなぁって思うよ。



てなわけで今を楽しむ私は
間違いなく幸せ。


先の不安はもちろんあるし
色々なことで悩むけど


解決法はないままでも
そのままでOKなのね。
それも幸せの内ですわい。



んで
明日はメジロ君とデート♥
お宿も別の候補をさっき見つけてしまい
めちゃ迷う。
明日はお宿の相談会。



貴重な40代の後半戦は
きっと駆け抜けるかのように
早いから


来たるべき人生の本番はまだかな?と
足踏みして待ってる間に
あっという間に人生は過ぎ去っちゃう。


今を楽しなきゃ、いつ楽しむのだ。
今、幸せを感じなきゃ、いつ感じるのだろ。



常識から外れたマイノリティでも
自分の気持ちと
勇気ひとつで幸せに気付ける。



古い名画の
素晴らしきかな人生のように
今既にある
幸せに気付けるようになりたいね。



無意識レベルで幸せを
疑わない人は
結局ずっと幸せなんだと思うのだ。



私もすぐ行きつ戻りつする。
でも心がけはいつでも出来るよね。



人間誰しも死ぬときは独り。
死んでしまえば何も分からない。
残された人が大変なだけね。





あの世にはなに一つ持っていけない。

子供も配偶者も恋人も
お金も家も人の常識も



なに一つ。


どんなに恵まれていても
必ず人は最期は独りで
全てを置いて失ってから死ぬ。



そう思えばみんな同じ。
どんな人生を選ぼうと
最期は同じ。



だったら好きに生きる方が良い。



怖いことはないね。





















このページのトップヘ