女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2017年08月



来週から始まる私の仕事は



派遣なのですが
同じ仕事で未経験という条件でも
派遣元によって時給が違います。


それを知ったのは昨日。
ふと同じ仕事で時給が違うこと
求人欄で発見してしまってさ。



私の派遣の方が少人数で
時給が…安い…💧


あとの大量人数の派遣元の方が
50円高いのです。



ショックで
モチベーションもヤル気も
一気に急降下してしまって
胃も痛くなって(笑)


同じ仕事なのに
みんな未経験で条件同じなのに
私の派遣だけ
時給が低いなんて不公平!
やってらんないー!



始まる前から
損得に振り回されてしまいました。
もー、ヤル気なくなって
めちゃモヤモヤしてました。




それをメジロ君に電話で
ポロッと言ったところ



彼はこんな風に
言ってくれました。




『それはヤル気出ないよね。

でもさ、


損してるとかって
イライラしたり
不満を募らせても

シロハトちゃんはちっとも
幸せじゃないじゃん。


だったら変えられない損得に
執着しないで


楽しいこととか考えた方が
得だと思う。』




(*゚д゚*)ぱぁ~~✨



メジロ君てスゴい…



確かに
自分が損したとか
損得にフォーカスして
ストレス溜めることは


全然幸せじゃない。



だったら



楽しいこととか
メジロ君のこととか

私が幸せに感じることに
フォーカスした方が良い。






もう契約しちゃって
時給は変えられないし
半年やるしかないのだから。



そして今度来年には
その時給が高い方の派遣元に
登録すれば良い。



モヤモヤはするけれども





時給が低いことに
フォーカスしないで

あきらめて半年間は割りきって
やることにしました。



そもそも私がそこの派遣を
自分で選んだのだから


自己責任ですしね。
勉強代を
払ったと思うことにした。




私はとにかく
損をしたくない人間です。
損が大嫌い。


お金だけじゃなくて
時間も人間関係も


自分が損な役回りになることが
とてつもなくイヤで。



自分が得をすることしか
考えてないから


友達もあまりできないし
人間関係も面倒になってしまう。



ずっとそうでした。



でもメジロ君の大きさに触れて

考えが180℃変わりました。
はい、昨日から(笑)






メジロ君は
自分が損しても平気な人。



損得に
そこに重きを置いてないのです。



他人を思いやれるから
損しても
結局は得を得るのですね。




だから他人に奢れるし
時間も差し出せるし


仕事も自分が多く請け負う。


時々それが重なると
ストレスにも感じるみたいだけど



基本は寝れば忘れちゃうようです(笑)



休日返上も多いメジロ君。



自分が損したとか言ってたら
メジロ君の仕事は成り立たない。



彼はいつも部下にも
ポケットマネーで飲み物とか
出しているし。



とにかく損とかあんまり
拘らない。



私と言えば昔から



損をしたくないとか
得をしたいとか


そんなことばっかりに
目を向けていたから



疲れていました。





いつもあらゆることで
損したくなくて

見張ってて。



休日出勤や残業は
自分の時間がなくなって
損をするのがイヤだった。




とにかく損する度に
イライラや不満が多くて
ストレスになってて。




きっと損することや
損な役回りになることは



自分が大切にされてない気がして


価値が下がるような気がして
蔑ろにされているように感じてた。




だから
得を沢山することで


自分の価値が上がってると
勘違いしてた。



損得で
自分の価値を確かめていたんだと
気付きました。



そんなことで
自分の価値なんて決まらないのに。


損をすると
自分の価値が失ってしまうようで
怖かったんだな。



失なわないのに。
沢山すでに私は得をしてるんだから。
持っているんだから。






どんなに
回避しても
損することは結局やってくる。




損しても得をしたり

得をしても損する。



結局回りまわって
両方味わってる。



今回は時給が損しても



メジロ君にそれ以上の金額を
ご馳走してもらってるし



時々臨時収入が入ったり
親戚にガソリン入れてもらったり
どこかで得をしている。



そしてその得した分がまた
回りまわって

損したり



お金だけじゃなくて
時間もそうだし。



だとしたら


自分が損したとか
誰かが得をしたとかに拘るのは
空をつかむようなモノで


そこに
価値を置くものではないなと
気付いた。



価値を見いだすべきものは
自分がいかに幸せに感じるかと
いうこと。



これまでの
損得に拘っていた感情が



空中分解して
無くなりましたわ~(* ̄∇ ̄*)



損得と
自分の価値や
幸せは全く別のものなんだと
いうことに


気付けて
得をしました(笑)




そして優しいメジロ君と
出会えたこと



パートナーや
周りに恵まれてること


気付けて良かった。



損をしても得をしても
自分の価値とは関係なかった。


幸せは変わらなかった。



メジロ君てスゴい人。


あんな風に損得で動かない人に
なりたい。



きっとその方が
人生が軽やかで疲れないと思う。

そして結局幸せだと思う。



残りのこの暇な貴重な時間を


スッキリ爽やかに過ごすことが
出来そうです。




気付きって素晴らしい✨



思い込みでも
幸せになったもの勝ちですわね。






メジロ君から


9月から年内は
会社の移転もあって
忙しくなると


聞かされました。



私の仕事とは繁忙期が
真逆になる。



私はてっきりあんまり
会えなくなるのかなと
思って


『じゃ、
あまり会えなくなるの?』と
聞きました。

直球…( ̄ー ̄)ストレート




『え?いや、全然大丈夫‼
俺、休みはちゃんと休むって
抗議するから。』



笑ってそう言ってくれましたが
どうなんでしょ…ね?

日本の社会では
自分のことや家族や恋人は
二の次が当たり前の世界。


欧米とは全然違うもんね。



でも私は彼に任せるしかないし


私が我慢したり遠慮したりも
変なので




『いつものように会いたいし
遠慮したりもしないよ。
あとはメジロ君に任せるから。』



そう言ったら


『大丈夫だよ。会えるから。
俺の中ではそう決まってるから(笑)』


『俺はね、単純だからさ
好きな人と
隣で美味しいねって

言いながら一緒に食べることに
小さい幸せを感じるの。』


好きな人と



好きな人と




好きな人と



私の頭でリフレインです(  ̄∇ ̄)❤


わーん、
私はメジロ君の好きな人なのかぁ( ̄∇ ̄*)ゞ
そんなことが嬉しいアラフィフです。



二人の環境が少し変わるので

会えなくなることも
あるのかもしれないし、
ないかもしれないし。



でもね
気持ちは一緒にいたいということが
彼の言動で伝わったし



私はこれからも
会うことを前提として

彼に遠慮なく伝えていく。



その後は彼に任せるということは
それが叶えられなくても


伝えることに
意味があるということを
すでに私は知っているから。



そのスタンスはこれからも
変えないと思います。



今週末のデートは
彼が日曜の休みを返上して
土曜に調整してくれました。



私の仕事がいよいよ
月曜から始まるからです。



いつものように日曜にデートだと

私が仕事はじめなのに
月曜からキツいからって
調整してくれました。



彼だっていつも日曜しか
休めなくて月曜の朝早くから
出勤してるのに優しい…。



『俺はそんなの
慣れてるから大丈夫だけど
シロハトちゃんは
最初はキツいと思うから。』



こんな風に他人を思いやれるって
すごいなぁと思います。
わたしはいつも自分のことばかりで。



メジロ君といると
自分の腹黒さや心の狭さに
いつも気付かされる。



彼は無理に何かを
教えようとして
いるわけではないのに


一緒にいるだけで
自分の悪いところに気付けて
学べます。
有りがたいことです。


プチ旅行の最中も
メジロ君からメールで



『美味しいもの食べた?
沢山楽しんでますか?

土曜のお店は予約したから
安心して楽しんで。
帰ったら話を聞かせて。』


そんな感じで
さらっと嫉妬もなく
私が心から楽しめるように
気遣ってくれる。


いや本音なんだな。
彼は大きいから。



逆の立場だったら
私には嫉妬や拗ねで出来ない。



本当に
大きい人だなぁって感心する。



これを嫉妬深くネチネチ言われたら
イヤになるけれど



こんな感じにさらっと言われたら
逆に恋しくなりますよね。


彼はそこのところ
本能でちゃんと分かってるなぁ。



まんまと私は
地元から離れるほどに
メジロ君が恋しくなったもん。



自由にさせてくれると
逆に恋しさが増すのは男性も
きっと同じ。


だから私もメジロ君に対して
自由にしてもらいたいなと
心がけようと思いました。



縛ると逃げるけど
手離すと離れていかない。


これは恋愛の法則ですね。



あー、恋しくなったな。
2週間経ってないのに
会いたくなったな~。



メジロ君はこの前
私の手の平で俺は
コロコロ転がされてるなぁって
言ってたけど



まんまと転がされてるのは
私の方かも知れない。


そして彼の優しさはそのまま
私への愛情なんだなと
思うだけで萌えてきます(笑)



こんな風にいつまでも
お互い思いやれたら最高だね。















夏が終わろうとしています。


私は明日から泊まりでプチ旅行。
温泉にパートナーと行きます。


メジロ君に言ったら
思いきり楽しんでおいで。


そう言ってくれました。
少しはヤキモチやいて欲しい…


と思ってたけど
実は少しは妬いてたみたい。
珍しくちょっと沈黙したあと
羨ましいな…って言ってたから。



彼は普段から人に対して
嫉妬や束縛などもなく
独占欲もない人。


心が安定して自立しています。



でも彼は私が大好きなのですよ。


おかげでいつも和やかに
デートが出来ています。


この緩やかなお付きあいが
出来ているのは
彼の持ってる性質のおかげです。



パートナーもまた同じように
心が自立していて
詮索や束縛は一切しない人。
いつも自由にさせてくれる。



私は男性に恵まれてます。
本当に。



出会った男性次第では
女性の人生も良くも悪くも
大きく変わるし


理解力のある人を
恋人にすることは
人生も豊かになります。



現実にちゃんと理解力のある人は
存在してるから
あとは探し当てるだけですよね。


どうやったら出会えるの?と
友達に聞かれたりしたけど


心眼力を高める以外に
答えはありません。


心眼力。
なにやら怪しい響き(笑)


どう説明していいか分からないけど


私は小学生の頃から
男の子を見る目はちょっと
普通と違ってました。



アイドル的な男の子や
何でも一番で
リーダー的な男の子には
全然ときめくことはなく


ひっそりとコツコツ
何かを一生懸命やってる
2番手で控え目な男の子や


周りにも誰にでも
気配りができて
裏方に回れる
優しい男の子を好きになってた。



そんな男の子は
他人に勝ちを普通に譲れる。
実は強い心の持ち主。
ゆったりした
穏やかな性格なのです。





思えばその頃から
上辺だけではない
心眼で見抜くことを
自然に得ていたのかも知れない。


チャラチャラした雰囲気などは
所作で分かるし


例えばカフェで店員さんに
注文する態度や言葉なんかでも
見極めることは出来るし



注文を急かす。
短気で待てない。

または店員さんに
横柄な態度の人は本当に
生理的にダメ。


運転もそう。
女性に譲らない自分が一番の
男も生理的にダメ。


外見がよくても
身の毛がよだちますわ。


顔の表情、
話し方や身ぶり手振りなど
トータルしてダメ男が
瞬時に分かる。


特殊な才能かしら(笑)



とにかくハズレないのよ。
直感で選ぶのに
みんな素敵な男性なの。



何かに役立てられないのかしら
この才能を。


でもね
私がこの人はやめときなさいとか
この人にしておきなさいとか


言ったところで他人は
その通りにはしないでしょ?



男運が悪い友達は
何故か美人なのに自分を安売りして
価値を自ら低くしてる。


自分を好きになってくれれば
何でも良いと言うのよ。
心眼もない。


それってどんだけ自分の価値を
低く見積もってるんだか。


別の友達と
もったいないよね~って言うと


自分から
男性を好きになれないって
言うの。
受け身だからと。

だから相手から好きになってもらって
その内にこっちも妥協して好きになる。


それでいいって言う。



どうやったら素敵な男性と
出会えるのか聞いておきながら


結局は自分のやり方のみを
実行する。

そういう人は
男で成功してる人の真似もせずに

何で私は男運が悪いの?って
嘆くけど


知らないよ~そんなの。



その分野で上手くいってる人の
やり方を取り入れもせず


自分のやり方や
上手くいってない人のやり方を
取り入れてるんだもん。


そりゃ上手く行かないよね。
せっかく聞いたんなら
素直に受け入れれば良いのに。



まぁ
その友達とはちょっと今は
波長が合わなく感じたので
距離をおいてますがね。



結局他人に
こうしなさいと言っても
無理なのよね。


友達と私の最大の違いは


友達は長年の間、
男性は優しくない。
理解力もなく自分勝手な生きもの
といった前提で男を見ている。


私は長年の間、
男性は優しい。
理解力もあって包容力もある生きもの
といった前提で男を見ている。


最初から
この先入観で男性を探してるから
その通りの男性が現れて
双方で違う結果がでるんだと
思います。


私だって
女性に対しての態度が酷くて
なんだこの男?って感じるやつは
道を歩いててもいるけれど


そんなやつとは一切関わらない。
生理的にダメです。
違う次元の生きものとして
扱ってるから。


好きになる人は直感で分かる。
目を見れば分かるし
匂いでも分かる(笑)


好きになる人って
体臭さえも自分の好みなんだよね。



友達にはぜひ一度
新しい先入観で男性を探してみて
欲しいなと思いますわ。













恋愛の縁のお話。


昨日は婚活なさってる方を
バッサリ切って
敵に回してしまいましたが


私が伝えたかったのは
良質な縁は運ばれてくるものであり


縁とは(結婚の)条件をつけて
無理に繋げるものではないなと
思っていて


その縁がある人には
ちゃんと引力で自然に
引き寄せられるようになってるから
焦らなくて良いのにって
余計なお世話を言いたくなったのだ。



私が縁を結んだ男性とは
必ず何かしらの前兆…
サインがあったのでね。




バートナーに20数年前
出会ったときも
サインがあった。




『事実は小説より奇なり』



若かりし頃
元々決まっていた短期の
バイト先に行く途中、

転んで足を捻挫して
行けなくなり



その後見付けたバイト先で
社員だったパートナーと
出会った。





足を捻挫しなければ
パートナーとの
出会いはなかったので



相当に
強力な引力が働いたんだな(笑)



そのパートナーと縁あって
今でも一緒に暮らしている。
なんの不満もなく。
幸せに。



それから10年位して
今度は車を買うきっかけになった
営業マンと束の間の恋に落ちて
半年ほどでジエンド。



これも車にアクシデントがあって
それがなければ出会わなかった。

まぁこれは大したことのない
安っぽくて
流れ星程度の恋でしたがね。
でも縁は縁。



そして今から2年弱前に
メジロ君と出会ったときも
サインがあった。




この時も
あるトラブルが起きて
クレームが縁を運んで。



でもメジロ君と
初めて出会った時は
ある感覚が私を支配した。




これ言ったら
どんだけ乙女チックな
オバチャンだよ⁉って
突っ込まれそうですが




本当のことなので




突っ込まれても良いので
言いますけど…





どこかで会ったことのある
懐かしい感じがしたの。

どこかで見たことのあるような。
そんな不思議な感覚で。




マンガにも出てこない程の
ベタな感覚ですよね(笑)



でも本当に
初めて会った気がしなかった。
彼の笑顔も声も。



その笑顔と仕事っぷりに
どんどん惹かれていって


気付いたら行動をしてました。
こんな感じでね


彼との出会いは私の残りの人生を
変えました。



不思議な縁です。



さっきメジロ君から
電話があって


まだ仕事してるところでしたが


彼は忙しくても
常に穏やかで変わらない。


私に対していつも優しい。
出会った頃から変わらずに
私の願いを精一杯叶えてくれる。


ストレスで心を乱すことが
ないので激務をこなせてる。
本当に稀有な人。


私は余裕がないと
すぐにテンパるので
私にとって彼は尊敬すべき
学ぶべき人。


私の価値観は彼のお陰で
どんどん変わっていき

感謝しかない。



結局どんなに忙しくても
土曜の午後から
私と会えるように調整してくれた。


いつも自分の休みを
犠牲にして会社に貢献してるから
周りに強く言えるんだろうけど


私に何も心配要らないよって
言いながらも

陰ではきっと相当に調整して
周りに言われる覚悟で
調整してくれたんだと思う。



こういう素敵な人と出会って
恋に落ちて
どんな形であれ
縁を結ぶことが出来たのは


無理に条件をつけて結んだ縁ではなく
自然に発生した縁だからだと
私は信じてます。


自然に発生した縁からは
学ぶことも愛情とセットになってる。


自分に必要のある
実りある縁。


私はメジロ君とこの先
ずっと一緒にいる気がします。



それは今までにない
新しい形かもしれないし

どんな形かはまだ分からない。



そうかもしれないし
そうじゃないかもしれないけど


理由とか意味もない。


ただ今はそう信じてる。
そう感じてる。



縁とは
コントロール出来ないもの。


出会うべくして出会い
起こるべくして起こる


そこに理由もない。
なぜなら自然発生だから。



花が咲くことに
雨が降ることに


理由とか見出ださないように
私には考えもつかない法則で
だけど確かに発生している。


それが人との縁だと思います。


必ず何かしらの前兆があり
縁を結ぶ人がいる。
それに敏感に気付くか
スルーしてしまうかは

その人次第なのですが。



何がダメとか良いとか
偉そうなことは言えませんけどね。



きっと全てが正しいのでしょうけど。
あくまで私の価値観です。


どっかの勘違いブロガーみたいに
鼻息荒くして
自分の価値観ばっかりを
押し付けるつもりはないよ(笑)




ま、とにかく次回は
土曜の午後からとりあえず
会えるようになったのは


これは縁ではなく
メジロ君の努力と
私の必ずそうなるという
想念からですけどね(笑)


でもこれが叶えられなくても
幸せであることは変わらない。



私の縁のお話でした。



追記

縁て1つじゃないです。
アンテナ張ってれば
いくつもあります。




このページのトップヘ