女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2018年05月



誕生日、家族やパートナー、
メジロ君に祝ってもらいました。





家族からはお財布。







パートナーからは
フレンチのランチとバッグ。






メジロ君…からは




プレゼントは…






なかった。





いや、





誤解のないように言っときますが






私が彼に





食事だけで充分だし







物よりも今回は秋に旅行に行きたいから
そこにかけたいな。

と伝えていたので




なかったのですがね。





逆に




ハーブ系のリラックスグッズを
私が彼にいつものお礼として
プレゼント。





彼は






シロハトちゃんの
誕生日なのに




俺が貰っちゃって良かったのかな。



と言ってたけど




『まぁ、
その代わり旅行に行きたいから。』



と言ったら



『分かった。ありがとう。』
って。






お祝いに





軽く飲むのにイタリアンに先ず
連れてってくれて




そのあと





老舗のウナギ屋さんに
連れてってくれて





一番お高いコースを頼んでくれて




本当に美味しくて




大満足で





私もそれで大満足すると思ってて。





でも!





やっぱり誕生日プレゼントがないって




寂しいな~って自分でその時に
やっと気付いた( ;∀;)バカ








メジロ:

『プレゼント買おうと思ってたけど



なんか用意できなくてごめん。



俺の誕生日もなくて良いよ。』





私:


『え、でもお洋服、


一緒に選びに行くの
楽しみにしてたよね?



本当に要らないの?』






メジロ:

『んー…欲しい(笑)

でも俺だけ貰うの悪いから。


来年、なんかプレゼントするよ。



ケーキとか?』




私:
『来年?!


ケーキ??

そんな先のこと考えられないよ。
どうなってるか分からないもん。』




メジロ:


『そっか。じゃクリスマスは?』





私:
『それも先だなぁ。』





メジロ:
『じゃ今度会う日になんか俺、
用意するよ。』





私:
『本当に?選んでくれたものなら
なんでも嬉しいけど…』



メジロ:

『じゃコンビニのアイスとか?』





『( ̄▽ ̄;)』





みたいななんとも不毛な(笑)会話を
繰り広げて。





当たり前ですが




男性にプレゼント要らないって言ったら
本当に要らないと思われます(笑)





その代わり男性が要らないって
言ったら



本当に要らない。





分かりやすくて

基本、額面通りの生きものです。





本当は欲しいんじゃないのかな?なんて
察することなんてムリ。



(あ、パートナーは察するタイプなので
一部の男性はアリね。)






勝手に期待してガッカリするのなら





きちんと欲しいと伝えれば良い。





シンプル。





今回、私はあまり物欲がなくて





食事だけで充分と本当に思ってたから




言わなかったのに




高価なものでなくても




例えハーブの石鹸1つでも






プレゼントって貰えたら


私は嬉しいんだなって

後から気付いた場合、






なかなか切り出すのが難しくなる。





メジロ君は今度会う日に
なんか用意しとくよって
言ってくれたけど





忘れっぽいメジロ君のことだ。




これも期待はしない方が良い。




そもそも



育った環境でプレゼントの概念は




全然変わる。



彼はイベントのプレゼントは
無しで育ち、




その代わり外食だったそう。




だから外食がプレゼントの感覚で




去年までは私が欲しいと言ってたので
物をくれていたわけで。





私は外食プラスプレゼントの家庭で
育ったので



プレゼントなしだと
なんか寂しい。




もう良い大人なんだから



食事だけで満足だよねと



自分でも思ってたけれど





育った環境の呪縛は恐ろしい。





おまけに




誕生日なのに
(この~なのにっていう思い込みも
育ちによるよね。)





セックスが早かったから



殆ど寝てたのが寂しかったなって
メジロ君に言ったの。







下着とかも可愛いのしてきたのに
全然見てくれないで



メジロ君すぐイっちゃうから



あまり満足しないまま




ぐっすり寝ちゃって





そのあとも




他愛ないピロートークをずっと
してたけど




romanticな甘い時間がなかったよ。




スキンシップもう少し
ゆっくりと甘くしたいのに




いつもそれ出来てない。





そう言ったら



メジロ:

『そうだね。


それ大切なことだよね。



俺だけ満足だよね。


でも男性としたら




下着とかもあんまりじっくり見るのも
悪いかなと思うわけで。



じゃいま、下着見るから。』







(;゜∀゜)分かってない…



そうじゃない。



セックスの甘い時間のときに

見て欲しいの。



それ、いま、見るってヒクから。




早いなら早いなりに





入れるまでの時間を

もっと甘くしたいの。



メジロ:

『そっか。ごめん。甘い時間、
努力するから。


身体がさ、若くないからしんどいことも
あるんだよね。』




(-""-;)努力するものなのかよ。


男女の性欲は年齢と共に
反比例。






なんか書いてて笑える(笑)





努力するって何度聞いたことか。





でも彼いわく



少しずつでも


やってみてるんだよとのこと。




これね、






メジロ君はなんにも悪くない。





全て私の承認欲求のせい。





勝手に期待して



その通りにならないと





拗ねる。




女性は特に恋愛でこうした
承認欲求が多い。




だからね
こう言ったの。




私の不満を伝えるけれど




それをどうするかは
メジロ君の領域だから




それは分かってるからね。




そうなのだ。




甘い時間も
プレゼントも




彼なりの価値観で動いている。





それを許さないなんて



相当なエゴになります。




私も不満を言える自由があるなら



彼も自由で良いはずですよね。






彼なりの価値観での愛情を
受けとることが





違いを認めるということ。





もっと受け取り上手になろうと
思った。






プレゼントも
甘い時間が欲しいのも
下着とかも見て欲しいのも







私は物が欲しいのではなく




私への愛情の証を

プレゼントや甘い時間に
見いだしているだけなのだ。






だから貰えないと



私をもう愛してないのねと
私の価値観で判断してる。



そんなのおかしいよね。



別の人間なのだから
彼は彼の愛情の価値観がある。






さて




このプレゼント問題や
甘い時間問題は



どうなるか。





プレゼントは
旅行へと変わるのか?
→多忙なのでほぼ難しいだろう




何か用意してくるのか?
甘い時間は?
→忘れっぽいメジロ君




うやむやでスルーなのか?
→これが濃厚。






いずれにしても
それはメジロ君の領域。





彼を信頼して期待しても良い。




でも同時に期待通りには
いかないこともあることを
知っておく。



これに尽きるんだよね。







3回目の誕生日は




情熱も落ちつき、





やや二人の間の価値観のズレを



なんとなく感じた日にもなりました。




私的には
楽しくて寂しい日だったな。




でもきっと
メジロ君はなんにも考えてないぞ(笑)




矛盾してる?



はい、私は常識はずれで
矛盾してます。





色々ブラックで
人も裏切ってるし



半面
ホワイトな部分もあり



不完全な人間だから。




相手も不完全な人間で
良いってことだね。




追記


でもね



誕生日の0時ピッタリに

『おめでとう!
いつも俺を色々支えてくれて
ありがとう。
大好きだよ。』



そう真っ先にメールを
くれた。


毎年、必ず0時に。
お正月もそう。



不満ばかりに目がいってたけど


こんな彼なりの愛情を
受け取って嬉しかったたことを



思い出しました。



追記2


帰り際のハグと
キスも



すごく良かったなと

思い出しました。




去年の誕生日よりは
ちょっと劣るけどね。








今日もウキウキのオフだったので




ふらっと一人でたいめいけんで
オムライス食べてきた❤





うんまっ❤




あのふんわりした卵加減は




さすがプロ!





家じゃ出来ないなぁ。





お金を払って食べるって
まさにこのこと!





そのシェフが
それまで培ってきた技術や
経験に





対価をお支払して





丁寧に頂くことだと思う。






それが結果的に経済も循環していく。





プロにお支払して楽しむことも



立派な
社会貢献のひとつだと私は思う。





だから私はあんまり




ファミレスやファストフードは
行かない。





否定してるわけじゃない。




そこで働いてる方も


懸命に働いてるし





ただ技術を頂く場所ではない。




だからサーブや味に
多くを望まないわけだし





お腹をただ満たすだけのところだと
思うので。





若い頃はさんざん行ったけどね(笑)





この年齢になると




レストランや
居酒屋もチェーン店とか




ちょっとしんどい。




技術を美味しく頂くことで




個人店や街店を支えられたらなと
思うんだな。




さて話は本題へ。






メジロ君と私は意外と旅好きです。




飲んでばかりのいつもの
デートも
嫌いではないけど。





彼は豪華列車とか
好きみたいですが




私は目的が遂げられれば



普通の特急などでも



全然OK。




私が勝手にもう8割くらいは



ここに行きたいと決めてるところが




日帰りワイナリーツアー🍷❤




飲める人同士が行くのが一番楽しい。





もう8割その気になってるので




今度のデートのときに



パンフを持参して提案しちゃう。





彼は彼で色々調べてるらしいけど




私の行きたいところに行こうと
多分、なる(笑)
させる(笑)



だって





(まともな)彼氏なら




彼女が喜んだり





幸せそうなところを見るのが
好きだから




その為に頑張ることが




元来、好きな生きものなのよ。





我慢も苦ではないらしい。





それに私が
あぐらをかいてはダメだけど




彼氏を信頼して甘えるって




きっと
こういうことなんじゃなかろうかと




私は思うのだ。





男性は差し出す、発信する、
発射する能力を使うと喜びを感じる。





女性は受けとる、受信する
受精する能力を使うと喜びを感じる。





自然の摂理なんだよね。




だから私は遠慮は極力しない。



日本人は遠慮も我慢も美徳と思ってるし




私もそう教育されてきたから





なかなか難しいけれど




そもそも彼氏に遠慮や我慢とかって




相手の度量を
信頼してないってことじゃん。







それって結構失礼よね(笑)





私が好きになった男は




そんな度量の小さい男じゃないぞって



思うから。





どんどん遠慮しないで
リクエストを重ねていくと





時間はかかるかもしれないけど




段々とその
彼女のリクエストを叶えることに




彼が楽しさを見いだすようになる。




そうやって




男性は育つような気もする。




そして女性は受けとるときに





めちゃ喜びを示すことで




何よりの感謝の代わりになる。




そういう風に出来ている。





世話したり、尽くしたりは
男性の喜び。




それを奪ったらダメね。





逆をやったらお母さんに
なっちゃう。






私も気を付けよ~っと。






















おとといの最悪な日に比べて



昨日はなんだ?ってくらい
良い一日でした。








職場のマネージャーが




おとといの
私の異変に気付いていたようで



なんかあった?って
声をかけてくれて。



クレーマーにあたり、
リーダーにもダメだしされたこと
話したら





それは申し訳なかったねと
理解を示してもらえたことで



少しでも分かってくれた人がいて
見てる人は見ててくれてるんだなと



それだけでスッキリした。




今回、
私は自分では何も動いていない。




流れるままにしていたら
向こうから運がやってきた。




落ち込んだり悩んだりしたとき




どうしてもあがきたくなるし
解決したくて
動きたくなるけれど




あえて不安を感じてみる。
落ち込みから逃げずに
その感情に気付くことで




流れが不思議と変わる。




恋愛も。




メジロ君の着信を放置していたのに







ちゃんとメールが来た。





しかもラブいやつ(;・∀・)




杖をつくような年になっても


ずっと飲んだりハグしたりしたい







嬉しいけどね




少しヘンタイとも取れる
メール(;゜∀゜)





それに対して




杖をついても飲むの?


定年したら豪華客船に連れてって
くれるんだよね😁




って返したら



2分後に着信が残ってた。




私は昼休み終わって仕事してたので
出られなかったので




終わってからかけ直したら




シロハトちゃん、忙しいんだね。



豪華客船は俺一人で行くよって
笑ってた。





彼女が忙しいと
追いかけてくる法則(笑)






わざとやっても効き目ないの。




以前ね、
忙しいふりをして

駆引きでメールや
連絡を遅らせたりしていたことも
あったけど



効き目もなく


自分が遅らせたりしてたから
返事ももらえず




逆に辛かった(笑)




本当に自然に忙しいと



不思議とそれは相手にも伝わる。





1ヶ月くらい前かな





日帰り豪華ツアー行きたい!って
さらっとメールに
書いたことがあったんだけど




それに対して
なーんのリアクションもなくて




やっぱりめんどくさいのかな。



と思ってそのまんまにしてたのね。




そしたら





昨日突然メールでメジロ君が




『日帰り豪華ツアーさ、



ネットで色々調べてたら




全部行きたくなっちゃった。


どうしよう?』




(;・∀・)ナゼ,イマゴロ?



時空間長すぎ…(笑)






なーんだ、彼は彼で1ヶ月
ワクワクと考えてたんか( ̄▽ ̄;)




これも





私から一旦行動して投げたあと




何にも動いていなかったけど





彼はちゃんと覚えてて





そのタイミングは何故か(笑)
遅いけど






放置してたら



向こうから何かがやってくる。






行動したあとは





相手の領域になるので




期待せずに
自分でも忘れてる位の感覚で





時間を置くと良いのかもなぁと
思ったりした。




友達もそう。




放置してると







向こうからやってくる。





その間は一人で楽しむ時間を
過ごす。





今日はおやすみだったので



一人でイタリアンに行って




ウマイもの食べてきた❤




結構お一人様の女性が多くて





それぞれが時間を有効に
楽しんでるように感じて




私もだいぶ変わったなぁって
ニヤニヤした。




一人で楽しむなんて



ついこの前まで出来なかったもん。






ムリに動かさないこと。




少しずつ分かってきたな。





人生は本当にバイオリズムのように




上がったり下がったりを
繰り返すんですね。

























今日はなんなんだよっ!!

つーくらい





最悪な一日だった。




まず、
会社でひどいクレーマーに
当たり、



只でさえ凹んでんのに
年下の子供みたいな
上司に


クドクドそのことで
ダメだしされ




そのことを

トイレで先輩が
親身に聞いてくれたので



セキを切ったように泣いてしまい、

(あ、親身になってくれたのは
嬉しかったよ)





泣き顔のビミョーな顔で職場に戻り



黙々と仕事をして




その子供上司が泣き顔に気付いて

あとで機嫌取りのフォローに
来たけど





日頃からムカついてるので
余計モヤモヤして。




こういう時は


やっぱり長年のパートナーに
聞いてもらう。



真っ先に浮かぶのはメジロ君ではない。




パートナーは年上だし



20年以上一緒にいて
兄のような存在でもあるから





私の扱い方を熟知してる。





で、


パートナーにメールしたら



『気にしない、気にしない』と
相変わらず一休さんみたいな返事。




で、



シロは頑張ってるよ。
ま、気晴らしに
外ご飯にでも行こうよと
言われて




初めて行ったラーメン屋が




(今日は何やっても裏目だから
何となく入る前から
イヤな予感してたよ)




タバコもくもく、
客層悪し、清潔感ゼロの




これまた違う意味で
大当たりな店で




総合的に
踏んだり蹴ったりの一日でしたわ。






実は




外ご飯行く前、





パートナーの
駅へのお迎え時間近くに




メジロ君からの着信が

鳴っていたの。




でも電話取れなかった。




いや





正確には



電話取らなかった。




5分くらい時間は
まだあったんだけど





声聞いたら



ワァーって
寄りかかってしまいそうだし




それに5分じゃ話の時間が足りない。




なんで



お迎えって知ってるのに



直前の時間にかけてくるのよって



そんなに手短に終わらせたいの??



って




勝手にまたメジロ君にイラっとして




ジーッと着信のピコピコを眺めて



結局電話取りませんでした。






こういうマインドレスな時は




おとなしくしてるに限る。





マインドフルネスや
ブッダの教訓からしたら




『ついてない』と思うことも




ジャッジしてることになるのに





今日は怒りとイライラと
落ち込みにあっさりのまれて




もうジャッジしまくり💦





でもジャッジしちゃったことも
ジャッジしないとのことなので





そういうときもあるよねって



自分を受容しました。




そしたら少し落ち着いた。






以前の私なら




ずーーっと思考に振り回されて



イヤなことも何度も反芻して



心をいじめてたけど



マインドフルネス始めて
ここ2ヶ月程度なのに



随分変わりました。




もちろん悩むし落ち込むけど




長いこと
あまり振り回されなくなった。




思考と感覚の切り分けが
出来てきてるんだと感じます。




心の容量はとても小さいのに




そんな苦のことで



以前は心を満たしてたんですね。





心のメモリーがもったいない。





そして以前の私なら




その苦を
他人に癒してもらおうとして




迷わずメジロ君の電話にすがっていたと
思う。





まあ、たまにすがりますがね(笑)





人はつい、イヤなことばかりに
クローズアップしてしまうけど




実際はよく見たら





最悪クレーマーは一人で



後はとても良いお客さまだったし




子供上司も気を遣って?
笑わせようとしたり
お菓子を配ったり




帰りの電車で




席を譲り合う男性をみて
和んだりもした。




悪いことも



良いこともあったんだよね。




そして本当は



人それぞれ思考は主観的なので




良いも悪いも



実は判断出来ない。




物事がただそこで起こったというだけで



それに色々意味を付けてるのは自分。



問題にしてるのも自分。




だとしたら


何の問題もそもそもないんだよね。





冷静になると分かるんだけど




まだまだ動揺しちゃうんだな。




でもそれをも今日は許そう。



メジロ君からの連絡も


きっとその内あるだろうから。





今日は
メールをしたい気分にもならないし




今は何も動かず



心の流れるままにしよう。




疲れたな。



早めに寝まーす🌙





このページのトップヘ