女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2018年06月



冷やし中華、始めました。



みたいなものです(笑)




愛の受け身、お試し期間中。




受け身&放置してみると決めた途端





夕べ遅くにメジロ君から




メールがありました。





朝起きてそれを読んで




…泣きました。





『毎日暑いね。

シロハトちゃんは暑いのは
苦手って言ってたね。

今度会うとき、冷たいビールと
冷たい新蕎麦で
乾杯しましょう!』






さらっと彼らしい言葉で




次に会うことへの

楽しみを伝えてくれてて




そして暑いのが苦手な私を



覚えてくれてて気遣う表現に




なんか泣きました。




私一人で拗ねて


相撲とってたのかな。




会えないとつまらなくて



1ヶ月も会えないなんて嫌で




とても会いたくて。





メジロ君は




会いたいと思ってないのかなって

拗ねモード。





試験で会えないことは




大分前から知らされていたのに



それでも会えると思ってて

納得してなかった。




話を聞かない女でした。





今も会いたくて寂しいけど




2週間後に会うことを




腹決めて楽しみにしようと


思います。





それだって、




来週の日曜は私の都合が悪くて




1ヶ月会えないことになったんだった。




それ、忘れてたよ…💧(;・∀・)





彼だけの都合で



1ヶ月空くんじゃなくて




私の都合もあったからだった。





メジロ君は




3週間後に会おうって




言っててくれたんだったなって




思い出した。




その3週間後は私の都合が悪いことを



伝えたとき、




そっか、



それは仕方ないね。



じゃあ、1ヶ月後だね。


長いけどね。




そう前々回のデートで



話してくれていたんだ。




メジロ君は




私の都合悪い日のことは




全然責めたりしないで




受け止めてくれてたのに




私は彼の都合悪い日に対して



拗ねモードで



ふてくされてた。




それなのに



こんな爽やかなメールを




さらっと送ってくれたんだね。




私、本当にワガママ。



イヤな女だ。




これ読んでて




けなげなメジロ君が可哀相!



なにこのババア!って



イラッとしますね(笑)




メジロ君ファンの皆さんもきっと

イラッとしましたかな(;゜∀゜)



ファン…いねーって(笑)






この返事は電話して伝えようか





メールでさらっと返そうか




迷います。





こんなときは





話さずに文章で伝えた方が




深く伝わるのかなとも思ったり。





でも声が聞きたいなと思ったり。






それにしても


放置&受け身、良いっすね(笑)




電話するとしても



受け身を徹底して頑張ってみようと

思います。






またアップしますね。














お休みを

ゆっくり過ごしてます。





一人でいると




色々なことが思い浮かぶ。




今日は駅前の



雑貨店に買い物に

行ったんだけど




先週メジロ君と行ったお店。




一緒に行った売り場や



レジに並んで立っていた



彼の面影を思い出して



せつなくなる。




彼とあちこち出歩いてるから





街の至るところに




面影の箇所がある。




すこんと抜けた青空や




うだるような暑さとか




街の匂い




季節ごとの景色、気温。





いつもの待ち合わせの場所。




街の風が髪を揺らすと




メジロ君と歩いてる幸せな




ひとときが



ふわっとフラッシュバックする。





待ち合わせ場所にいる彼の元へ




駆け寄っていって




手を繋いで歩くひととき。





デートが




これから始まる瞬間の




あのなんとも言えない




高揚した気持ちとテンション。




はしゃぎたくなるような




幸せな気持ちが恋しくなる。




日曜は会いたかったなぁ。




まだしつこく燻るガッカリ感。





メジロ君はそんなこと




全然思ったりしないのかな。



しなさそうだな。



日々忙しいもんね。




それに彼は一人でも全然平気な人。




私がいなくなっても




なんら変わらないメンタルと

生活だろう。




私だけがダメージを受ける。





いったい私の存在って何ぞや…。




私ほど彼は好きという気持ちは




なさそうだなとせつなくなる。




あらー、



私、ちゃんと恋してるなぁ(笑)





こういう気持ちって




距離が近すぎると忘れがちで




少し離れると思い出す。





付き合って2年半はとっくに過ぎて





その間も揺れたことは何度か


あったけど




彼との月日が重なってる分、





二人とも今は慣れから




ちょっと気持ちが



離れぎみな気がして




思えば付き合って




初めての感覚かも知れない。




あくまで私の脳ミソで



考えてることだから




彼の心は分からないけどね。




でも大抵、女性はなんとなく



そういった不穏な空気って




察知してしまうから。





でもね、




だからといってその不穏な空気を





彼にわざわざ確かめて




不安を大きくしなくて良いよね。





・本当はこう思ってるんでしょ?


・本当はイヤなんでしょ?




とか




女性は自分の不安な気持ちを




彼にわざわざ聞いてしまうけど





彼だってもしかしたら





本当にそう思っていたとしても



そこは隠しておきたい気持ちかも


知れないし




わざわざ確かめて



自分の不安を広げるようなことを



しなくて良い気がする。




私は今までわざわざ



結構聞いてきてしまってたけど💦





時には必要なことだとは思う。



でも毎回



彼が本当はどんな気持ちでいるかを



いちいち確かめなくて良いと思った。



突然ね(笑)





一緒にいること。



それが全てなわけで




本当はこうなんでしょ?なんて



勝手に邪推しても




気が滅入るだけ。




私の例で言えば



本当は毎回は

私とのスキンシップが

イヤなんでしょ?とか




本当は淡白なんでしょ?とか(笑)




本当はデートは月1位が

ちょうど良いと思ってんでしょ?
→まだちょっと引きずってる(笑)






本当は、本当は、本当は…?





それを確かめたところで




また不安になるだけ。




そんなの意味がないよね。




彼だって毎回気分で変わることも



あるだろうから。




調子の悪いときと




良いときではまた答えも違う。





だとしたら





無邪気に疑いを持たずに




彼はスキンシップしたいに

決まってる。




彼は毎回会いたいに決まってる。





そんな前提でいた方が




自然体でいられるとなんか今、

ふと思った。







うん、




今日はまたセンチメンタルに



浸りたい日らしい。




排卵日、近いからかな(笑)




煩悩だらけで中々自分に集中してない



私の脳ミソさん。





週末のお坊様の講演会に参加して




清めてまいりましょうかね。






少しマインド・リセットが必要なのかな。




愛は時間との戦いだなと




この頃思う。





ラブラブなのに




なんだか

拗ねモードになるってことは




彼からなんかしら




粗末に扱われてる気が

してるってことよね。




なんかお互い

ズレてるようなそんな感じ。




これって倦怠期ってやつなのかな。





分からん。





分からんことはムリに

動いて解決しない。




今は流れに任すだけね。





メールもお互いちょっとお休み。



なんてメールしたら良いか




分かんないんだもん。




思い浮かばないのよ。




きっとメジロ君もかな?




恋愛って波があるね。



でもそれは自分で引き寄せてる。





流れが変わるまで




動きたくなるまで



おやすみします🌙



さて、パートナーと




日本戦のサッカー観戦しますわ。









週3のお仕事で



今日まで3連勸したので





明日から4連休❤




週3だから




連休はフツーに月に何度もあるけど




それでも




仕事をしていて




嬉しいのはこの瞬間ですよね。




メジロ君は連休なんて




ほぼないどころか




週1の休日さえ



丸々はないので




よくやってるなぁと



尊敬します。




自分がユルユルに生きてるからこそ




懸命に頑張ってる人を尊敬出来る。




私がメジロ君の状況なら




デートなんて



先ず心も身体も余裕がなくて




絶対にムリ。




いくら好きな人でもムリ。



それ考えたら



少し感謝も戻ってきた(笑)




ある日は



たまった家事をゆっくりして


その後は

プラプラと一人ランチと
買い物楽しんで



カフェで本も読み倒す!




ある日は



妹と有名カフェでランチ❤








土曜は


私の尊敬しているお坊様の講演会が



あって




帰りにパートナーと待合せして



銀座ランチ❤






そして本当なら最終日に



メジロ君とデートのはずでしたが




お流れになったので




パートナーと家で


サッカー三昧かな。






ここ最近、





もう自然体で何をどう思われても





自分のままでいいやって



開き直っていたら




職場も少しマシな環境に



なりつつあって




お局の一人が

やけに優しく教えてくれる。



もちろん、イヤなこともあるけど




流れが良くなってるように




今は感じてる。





『今』はね。




でも『今』しか人には与えられてないので




当たり前といえば当たり前か。





それがどう変化していくかは



誰にも分からないもの。





メジロ君とも




先週のデートから

1ヶ月会えないけど




あと2週間後はデートなわけだし






自分で拗ねモードで問題作って




ある意味楽しんでいましたが(笑)





小さな楽しみの積み重ねで




穏やかな日々を過ごせてる方だと




感謝してます。






メジロ君のことは




今朝電話で拗ねを見せたままですが





少し放置してみる。






何もしない。




彼のことばかりになるのではなく




自分の生活に集中してみようかなと。




それはメジロ君も同じだと思う。




二度と会えない別れに比べたら




月に一度に


今回はなってしまったけど





2週間後には会えるわけで




どこにも問題はないのに




問題大好きな私がわーわーと




勝手にこしらえて。





どこかで




デートは



月に一度になってはいけない。



そうしないと会わないことに

お互い慣れてしまうんじゃないかとか





気持ちが

下がってしまいそうで怖いなとか





会えないとつまらなくて寂しいという





執着が根っこにあるんですよね。







そのナゾの執着に勝手に




囚われてるのは何故なのか。





幼い頃の私がそうさせてるのか?




答えはまだ分からないけど




勝手に囚われてるのは私だなと



気付いただけでも今はよしとする。






それには



メジロ君のことを考えている私を



放置してみようかなと。





何か私に必要な学びが


向こうからやってくるかも


知れないし




ちょっと様子見。




そしてメジロ君のことも




私が私の時間に集中してる間は






手をつけず放置してみます。






拗ねたとしても連絡をくれるような





察知力はないメジロ君だし。





彼は雑草のようにメンタル強い人なので





私の放置なんて




そよ風みたいなものです(笑)







私には嵐ぐらいの影響だけどさ。






今はとにかく連休が楽しみ。





今夜は大好物の
蟹のトマトクリームパスタを作って




パートナーとサッカー観戦に





集中してみるぞ✨





ちょっと強がり(笑)





でも気持ちは前を向きはじめてる。











今朝、メジロ君から

電話があって



1日のデートは





『ごめんなさい。』





になりました💧





会社の命令で


国家試験受けるとは聞いてたけど



それ、俺は受けたくないから

さぼるかもって話してたから




ちょっと期待してたんだけど




やっぱり受けるのね…(# ̄З ̄)


てか、本当に受けるの?って




私らしくない疑心暗鬼。
(願書見せてもらったのにね。)




今度会うのは15日。





1ヶ月会えないことが
決定してしまった( ;∀;)





まぁ仕方ないのは分かる。





試しに

二人のことは彼に任せることに



したので





受け身になってみよう。




でもつまんないのは



もちろんです。





了解です。とは言ったものの、




分かりやすいくらいに



落ち込んで



元気なくなってしまって





口数少なく、


ちょっとふてくされた返事を
してたら



メジロ
『ごめんね。シロハトちゃん、
元気なくなっちゃったね。』





『うん。寂しい。』




メジロ
『わー、俺、どうしたらよいんでしょう?』






『そんなの分かんないもん。』





メジロ
『蕁麻疹、大丈夫?良くなったの?』







『まだ夜には少し出るけど
治ったよ。』






メジロ
『そっか、良かったね。
今度シロハトちゃんの最寄り駅の
近くに仕事行くんだよ。』






『ふーん…。そうなんだ。』





メジロ
『仕事、たくさん入っててもー
大変なんだよ~。』






『ふーん。そうなんだ。
大変だね。お疲れ様。』






メジロ
『えと、今度いつ会えるんだっけ。
15日か。長くなるけどね。』




『・・・・・・』






メジロ
『ごめんね。本当。』





『はーい。←拗ねモード。
分かったよ。じゃあね。』




『じゃあ、また◻△☆×…』




ってメジロ君が何か〆の言葉を




まだ言ってる途中で切断しちゃった。




拗ねモード全開!



精一杯の抵抗じゃ。




どう思われてももういいや。



ブラックな私も一部だもん。






会わない間に気持ちがペースダウン
加速しそうだけど




今は拗ねモードだから





また時間がたてば





諦めがついて気持ちも変わる。





だから今はこの拗ねモードに


私が寄り添ってあげよう。






会いたかったなぁ。




でもこれも
思い通りにいかないからこその




恋愛の醍醐味かな。





このことでメジロ君の気持ちも



もー、付き合いづらいなって
ペースダウンしても




自分に正直な態度で接したから




覚悟で受け入れないとね。





※追記

なんかね、落ち込む私とは
対照的に

メジロ君はあっけらかんと
全然平気なのが悔しいのっ!


どうにもならない仕方ないことで
まだ拗ねモード(笑)


こんなときは感謝も忘れる。

でも私の拗ねた気持ちに
まず自分で味方してあげることが
大切。

そしたら昇華してまたメジロ君の
大切さを思い出すから。





このページのトップヘ