女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2018年08月




あさっては私は温泉旅行🎵





メジロ君とではないけれど。





パートナーはね




もう20年以上前からのお付き合い。





友達から自然に一緒にいるようになった。





家族みたいなものです。






こーゆーのって事実婚てゆーの?





私は世間の常識は知らないし



調べないので分からん(笑)






彼といるときの私は





両親よりも心が安らぐ。





何にもしてなくても愛されてて





リラックス出来る。






大切な大切な大切な人!






でも恋とは違う。




恋はメジロ君なの。





常識ハズレのダブルの幸せ。






パートナーも多分恋ではなく




私を恋愛とか超越した存在として




養ってくれている。(と思う)







このブログに来てくださる人は




かなりのマニアックとお見受けする(笑)





日に平均100人位が訪れてくれてますが




これで稼ぐのならかなり少な目だろーけど




私は稼ぐ目的はないので





100人て結構私には驚きです(笑)




こんなマニアックな



マイノリティが100人もいるのが





素直にとても嬉しい✨







冷やかしでも





感性が違えば読まないはずなので。






一度座談会でも開きたいくらい(笑)


しないけど😁






温泉旅行は





彼と私のシュミ。




ドライブや旅行は例えお金が足りなくても





強行する✨






人生明日生きてるかなんて


誰にも分からないから



楽しいこと





やりたいことは先にどんどんやります。





美味しいものも大好きで






豪華な宿も大好きで







節約とか無縁。





貯金もしない。





なんとかなるって思ってるので。





実際なんとかなってる(笑)






親戚の子無し夫婦がね





節約してすっごいお金を貯めて






子無しだから老後は大変だって





先ばかり見て





毎日の生活はケチケチと




安いもので済ませて





金持ちなのに




年に一度の旅行も国民宿舎。






美味しいものも豪華な宿も知らない。








そして何千万と貯めて





株で増やしたお金が半分になったことが




きっかけで




夫が鬱になっちゃって施設暮らし。





半分になっても



貯金はまだ何千万てあるのに





半分なくなったことにばかり




フォーカスして、嘆いて。






あげくに鬱になって痴呆になり




その施設代にお金が使われ





あっさり亡くなってしまいました。





まるでその為に貯めていたかのように。





だって老後は大変だって前提で






毎日を暮らしていたんだから




ある意味願いは叶ってる。




日々の想念て怖い…。







日々思ってることが叶う。






私の老後は大変だ!で毎日生きるのと




私の老後はなんとかなるって!で




毎日生きるのとは





叶う現実もそりゃ変わる。





心屋さんの理念が私には理解できるのは





実際のロールモデルがいたからかもね。






てことで




私の未来は楽しく




なんとかなるって思ってるので





温泉旅行も満喫してくるっちゃよ。






そしてメジロ君とのこともね❤










































叶わぬ恋、


不倫の恋に苦しんでる方に。





読みたい方だけ読んで下さいませね。





いま、叶わぬ恋に苦しんでる人は




きっと自分はこれで良いのかなって





自分を責めて悩んでいて




それを肯定してほしい気持ちで



いるんじゃないかなと思います。






うん、






それで良いよ。大丈夫ですよ🙆





こう言われてどうですか?



安心しましたか?





多分、一時は安心するよね。




でもまた不安や罪悪感がわく。





なぜなんだろう?





それは他人の価値観で

生きてるからです。





何をそんなに怖がってるんだろう?





因果応報とかが怖い?





あれは現世の話ではなく




何千年単位の話。




たかが80年の現世の一部に起きたことを





ビクビクする必要もない。





人の目が怖い?




誰かが決めた世間の常識が怖い?






ちなみに私は全然怖くない。





私が怖いのは死ぬときに後悔すること。






これが私の価値観です。





不倫がダメとか





結婚は一夫一妻制で




それは永遠不変とかって





人の気持ちはそんなことで






縛れないもの。





こうあるべきというルールがあったほうが




人を管理しやすいし、



秩序も保たれるので





その為に誰かが決めたことであって




人の心を考えて作ったものではないから





違和感を感じるのは当たり前。





ルールとはまた別問題で考えないと。






心は刺激に弱くて動くのが当たり前です。






一夫多妻制の国もありますもんね。





出会いは誰にも


コントロール出来ないんですもん。





理性を優先する



本能を優先する




それも


親からもらった価値観であって





それを正しいと思ってる人



間違ってると思っている人





事実はひとつでも



捉え方はそれぞれです。







例えそれによって




傷付ける人がいたとしても





傷付くというのは




相手の反応であって




こちらがどうこうするものではない。




相手の領域なのでね。





心はもろくて






外的な要因で傷付けられるけど




その外的な要因も





捉え方はそれぞれだから





キリがない。



何をどうしたって




人を傷付けるようになってるんです。




生きてる限りね。





私にもルールはもちろんあるし





自分が気持ちよく過ごすための





ルールは守る。





あえて人を傷付けたりすることはしない。





でも恋に落ちることは




計算でもなければわざとでもない。






それを否定するから苦しいのであって





受け入れれば良い。





私のルールは


相手が独身であるというルール。




略奪は私の価値観にはありません。





でもお相手のいる人を好きになる人を




否定しない。







略奪したくてするわけではなく




恋に落ちた結果なら





それはその人のルールだから。





自分のルールさえよければ良いの?って



被害者面して言うひともいるだろうけど





世の中の人全て、誰でも、




自分のルール(価値観)で生きてます。






他人はそれに責任は追えませんよね?





だから恋に落ちることに


怖がらないでほしいと思う。





素晴らしい経験が待ってるから。






昨日メールでメジロ君が






『初心を思い出した。


一緒に前に進みたいなと改めて


思ったよ。』





そんなメールをくれました。





私は不倫ではないけれど




世間の常識では不実で非常識である。






でも全然怖くない。





罪悪感もない。




むしろ全員ハッピー。






頭で考えているより





行動することで何かが動く。





あとは

サラサラ流れていくものです。





頭の中だけで妄想してる内は





悪い妄想しか見えない。





行動することで初めて見える。






そんな風にふと思ったりしたのでね。
♡(ˇ◡ˇ)♡






恋に良いも悪いもない。




ただ事実としてそこにあるだけ。





捉え方が様々なだけ。







たくさん恋をしよう~。





























先週末のデートは…









すみません、またもや…











ラブラブでした♡(ˇ◡ˇ)♡







ここ(公)では書けないくらい(/ω\*) ♡

(と言いつつ、書く(笑))








当たり前ですが




メールだけでのやりとりと






会ってるときでは





全然、感覚が違う。






恋愛は会ってナンボだ。




お互いの




目から、肌から、




息づかいから




体温から





じわーと愛が滲み出る。





より彼を深く味わえる。





いつものイタリアンで





彼は私のワンピースをじっと見て




『シロハトちゃん、

今回の、なんか良いね。』





そう?✨って言ったら




『うん、キレイだよ。』





はい、愛がじわー(笑)





彼はそういう誉め言葉は



普段はあまり言わないので



恐らく『ワンピースが!』気に入ったと

いう意味だと思われますが





それでも女性としては


嬉しいですよね。




やった!って

ガッツポーズした(*≧∇≦)ノ





そして




ちゃんと今年のお休みのスケジュール





メモしてきてくれました。






手に(笑)✋





彼の大きな手にボールペンで




しっかりと書かれていた。





なんかね、こーゆーアナログ、




より気持ちが伝わる。



新鮮な感じで嬉しい。




これもじわー(笑)






その中の晩秋の一泊二日、





一緒に旅行に決定です!🚅✈




どこに行こうか一緒に話したけど




滅多にない機会だから





行きたいところが多すぎて



全然決まらなくて。



彼は



私を連れて行きたいところが



有りすぎるんだよな~って




嬉しいことを言ってくれる。





これもじわーっと(笑)






結局、次のデートの時にしよって



なったんですが





『確か、来週はシロハトちゃんが
予定が入ってるんだよね。

で、再来週は俺予定が入ってるの。


次のデート、3週間後でも大丈夫?』






(・⊝・)エッ?!







ここでいきなり落とされました(笑)







『うん、さみしーけど( ・ε・)』





『ごめんな、

土曜はやりたいことがあって

日曜は知り合いの結婚式の

二次会に呼ばれててさ。』






『メジロ君はメジロ君の都合があるから。

でも、3週間長いね~((・⊝・)

私、フツーに再来週って思ってて

休みとってたんだ~』






『じゃ俺さ、二次会断れるか

聞いてみるよ。』






『え!良いよそんなの。
大切な用でしょ?』




『んー、でもご祝儀包んで
渡すだけでも良いかもしれないから。』





『んー、どうしよ…。』





『そんなに悩まないで。
とりあえず聞いてみて
明日連絡するから』






『分かった。ありがとう。
メジロ君にお任せします。』





そんなやり取りがあって




結局、




二次会にはやっぱり行くけど




その前日の土曜、




彼がやりたいことがあって。と



言っていた日に




『土曜はどうですか?


せっかくだから土曜にしかいけない


店にしようよ!』


と言ってきてくれて。





でもその日やりたいことが
あったんでしょ?


良いの?って聞いたら




『やりたいことは



会う時間までに



片付けられるかなと思って。



で、そっか、日曜だめなら



今回は土曜にすれば良いんだって

思ったの。』




滅多にない


月に一度の土曜の休みを





そんな風に差し出してくれて





なんとなく束縛してるような

気持ちになったから





次の日に




『メジロ君、



会う日を色々考えてくれてありがと。




あんまりプレッシャーに

なったりしないで。




気持ちをさみしーとかストレートに

伝えちゃうけれど


自由でいて

欲しい気持ちは変わらないよっ』て






メールしたら





『🌑に予約したよ。

シロハトちゃんもストレスとか大変だよね。

この日は思いきり楽しもう。』




それには触れずに

こんな粋な返事をくれました。




じわー、再び(笑)





今回は割りと二人とも飲んで





2軒ハシゴして




メジロ君もちょっと珍しく



ほろ酔い。





あの…





今回も前回同様になんかね、





すんごい良かった(*゚∀゚)=3





いつもは寝落ちするのに





かなりメクルメク♡しました。




以前よりも




Hにたいして




彼に積極性が感じられるように
なってきてる。




自信がみなぎってるような





彼のパワーを感じる。




彼は新たな地位も手に入れて




やりがいも

更に上がったのかも知れない。




メクルメク♡の内容は




今度気の向いたときに…。





帰り際に


彼がいきなりカバンから




ハイ!って




ワインをくれた。




『え、こんな重いの、


これずっと持ち歩いてたの?

重かったでしょ。』





『うん。

だから電車に乗る前に渡そうかなと
思って。』





突然どうしたの?って聞いたら






『ん?別にずっと俺の部屋に

あったんだよ。


いつもお土産もらってるから


そのお返し。』





部屋に?


え、お返しって…




私は旅行も出してもらって





毎回ご馳走してもらってるので



その感謝としてお気持ち程度の



お土産とかをメジロ君に買ってきてるけど





全ておごってもらってる上に


私がお返しなんてもらうなんて(笑)って




笑ったら、





あ、そーか、そうだね(笑)って

彼も笑ってた。





で、ありがたく頂きました。






じわーと愛が滲み出るって




けっこうシンプルで小さなこと。





そこらじゅうに愛はある。








ただそのじわーを感じるセンサーの




感度が良いか悪いかで







幸せの度合いが変わるのだ。




じわーの量は捉え方でもある。





感度を高めよう~❤

























昨日は電話が来ました。




まだ仕事終えてない中でくれた電話。





お昼もまともに取れてないって…。





それでも穏やかに



私のことに耳を傾けてくれる。





さすがの私も切なくなる。



めちゃ心配にもなる。




それは素直に言った上で




でも貴方なら大丈夫と信じてる。




そう伝えた。




『自分で選んだ道だから。』




そんな風に言った彼が




とても頼もしく思える。





釣りバカ日誌のプロポーズのセリフ。




彼はお盆休みにたまたま




テレビでその映画を観てて




とても良いな。と思ってたので




私に伝えたら




私が怒ってたので




なんで?ってブルーになったことと




イライラしたり忙し過ぎたりしたとき




一人でリセットして解決したいから




そういう時は



メールや電話をしたくないから



それを連絡がないって言われるのは




ますますブルーになることを





彼はまたストレートに伝えてきました。





私は私で




あのセリフは私には




愛されてないと感じたこと





彼から連絡がないのは



私は私でブルーになること




それをストレートに伝えた。




彼は




お互い価値観が違うけど




これからも二人で笑っていたい。





そう言ってくれたので


(*゚゚*)






私も同じ思いだよ。



そう伝えた。






私は




『メジロ君が忙しいのは分かってる。
それでもきっとこれからも
リクエストをしていくよ。』




そう言ったら




今年のお休みのスケジュールを




デートの日にメモして持ってくよ。




そう言ってくれた。




こないだ私とパートナーが
ドライブで行ったところが




とても良かったので


今度一緒に行こうって言ったら





『俺ね、



なんか初めて
こんな気持ちになったんだけど



んー、なんかね、



パートナーさんとシロハトちゃんが



一緒に行ったところに行くのは



なんとなく気持ちが良くない。



あの俺との温泉旅行で



今度はパートナーさんと来たら?って



シロハトちゃんに軽い気持ちで言ったら



シロハトちゃんが


泣いた気持ちが分かった気がするの。』





(*゚゚*)





『それってメジロ君、

ヤキモチってやつじゃない?(/ω\*)』







『え、これがヤキモチってことなの?


おれ、あんまりヤキモチって分かんなくて。


そうなんだ、これがヤキモチなのか。』





(*゚゚*) ( ˊᵕˋ ;)






不思議なメジロ君(笑)





でも少しずつ





彼が目覚めていく過程が




面白い。





明日はきっとまた



彼は寝落ちするだろう。




唯一のオフだから。




きっとおうちで

寝ていたいと思ってるかもしれない。




でも私はそれを察することはやめた。



彼も私と楽しみたいに決まってる!





そう思うことにした。









彼が無理していたとしても



それを私には見せないのなら




私はそれに気付かないほうが


優しさだと思うから。




私がどうあがこうと




彼がムリなときはどうしたって



ムリって言うはず。




それを信じてるから。








明日は笑顔でお酒と美味しいものを


食べて甘えてきます。





それだけでもう充分。












あとハグとキスだけはしたい(笑)





このページのトップヘ