女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2018年11月



自分の内側に満足してこそ幸せがある。



だとしたら



自分の外側にある彼に求めることは

ダメなのか?




甘えたらダメなのか?




究極は自分が決めた満足で


納得のいく人生となるが望ましいよね。



揺るぎないもの。




外部要因で満たされたものは




そのときは満足してもまた欠乏し


次から次へと求めてしまいキリがない。




でもまぁ出家するわけでもないので



そこの辺りは


そんなガチガチにしなくて

良いのかなと思う。




龍瞬先生も




ブディズムは宗教ではないので



心が楽になる1つの考え方として


気軽に取り入れて良いと仰る。




私は煩悩だらけの恋愛をしてるので(笑)



自分の琴線に触れたもののみ


考え方として取り入れている。





ひとつ言えるのは



彼にばかり


満たされないものを求めてる頃は



私は常に欠乏していて寂しくて不安で




会ってもまた次の瞬間には寂しくて



もっともっととなっていた。





今の私はメジロ君に




会いたい!

こうしたいな!って思ったことは



きちんと伝えてるけど




伝えたあとは



彼の領域でコントロールはしない。




彼にばかり目が向いていたときは



その不安から

彼をコントロールしようとしていたことも


少しはあったように思う。





でもそれをしなくなったら




逆に彼がそばにいてくれるようになった。




自然とね。



そりゃそうだよね。



コントロールされたら窮屈で

逃げ出したくなるけど



自由にしておいたら心地よいから


結局戻ってくる。



そしてそばにいてくれるようになる。







今回もケガをした私を気遣ってくれて



毎回電話やメールもくれてる。




さっきも忙しい合間をぬって



短いけど電話をくれた。



彼は私の話を『うん、うん、』て



まるで小さい子の話を聞くように



なんかとろけた声になる(笑)




そこに彼からの愛情を感じる。




やだ、

私のこと本当に好きなんだな❤って(笑)




彼なんだから良いんです、

これくらいの図図しさで。




でもね、本当に伝わるのよ。

私への愛情がね。




それは彼に対して我慢しなかったから。



ちゃんと嫌なことはイヤって伝えて



嬉しいことは嬉しい!って伝えてきたから。




それが甘えるということです。



そこに彼は

私からの愛情と信頼を見てると思う。




恋愛しててお互いに求めるって


当然あると思うのよ。




要は求めたらそこから先は

お互いの意思に任せられるかどうか。




それが出来ると逆に

ザバーンと愛されます。




ブーメランをリリースすると

戻ってくるのと同じ。




自由にして離せば戻ってくる。




もちろんね



女ですもの。



ホルモンの揺れで


ベショベショに離せないことだってある。




そんなときこそ伝えてみる。



重たくてベショベショな気持ちを彼に。




怖いよね?(笑)




でもね


こちらが本気で伝えたことは


相手も分かるのです。




そこでどうするかは彼の意思。




自分の満足通りに行かないかも知れない。



でも伝えたことで割りとスッキリします。




そしてそのときは彼の気分で

叶えて貰えなかったとしても




伝えていくことで彼女はこんな人だって


だんだん分かっていく。



そうすると


叶えて貰えるときも出てくるんだな。


ムダじゃないのだ。




こうしてほしい


これはイヤっ


これは好き




全ては自分のためだよね。



叶えてもらえないこともあれば



叶えて貰えることもある




それくらいのライトな気持ちで良い。



言うことで自分が満足するから。




満足か不満足かは自分で決める。


他人ではないってこと。




デートまであと3日!



早い!



ケガはまだ完治は遠いけど



日に日にリハビリして良くなってる。



痛みはまだあるけど徐々に無くなるのだろう。



デート当日は



靴は痛みで履けないのでサンダルです💨




でもかぼちゃの馬車で行けるそうなので❤




松茸堪能してきます。




いつもの待ち合わせより


少し遅くしようとなった。




足を気遣ってです。



いつもの私なら( ´゚д゚`)エー?


早く会いたいってなるけど



今の私は体力もギリギリ。


来週からは仕事復帰なので




遅くの待ち合わせはベスト。



遅くと言っても1時間遅いだけですが…

さすがバカップル(笑)




彼にばかり自分を満たしてもらうより



自分の満足は自分で選ぶことは




結局は大切にされるんだな。と確信。





難しいけどね。






でも時には良いんじゃない?



満たしてもらっても。




色んなことを自分で試して


ダメなら次の手を考えていく。



何事もライトに考えるのが一番ですから✨





























『不滅の恋』という映画を

知ってる人いるかな。




その不滅の恋の話を詳しくあとに書きますが




もう20数年前の映画で





ベートーベンが




密かに愛していた人妻への




実際の恋文が


映画の主な骨格になっていて





人妻との道ならぬ恋、


叶わぬ恋という半実話の



ちょっと切ない美しい物語。





ベートーベンを演じるのは




個性派役者の

ゲーリー・オールドマン。




当時30代の男盛りで本当にカッコ良い。





私は学生の頃から




ベートーベンが好きで良く聴いていた。




20代前半に



この映画を観たあと




わざわざオーストリアへ


ベートーベンハウスと


彼のお墓を見に行ったぐらい。




その時はゲーリーのベートーベンを



思い浮かべながらお墓に行ったので



きゅん💜としたものです。




あ、ベートーベンの本当の肖像画は

頭から消去していた(笑)






特に好きな曲は『月光ソナタ』




今、タイムリーに

フィギュアスケートの宇野昌摩くんが


この月光を使ったフリーを演じてますね。


すごく素敵なプログラムで大好き。




他にも『悲壮ソナタ』、『田園』とか


好きな曲も沢山あるけど




この『月光』は初めて聴いた時から





しびれっぱなし。




ソナタなのに官能的ですらあって



叙情的で



聴いただけで





恋に落ちたような感覚になる。





ゲーリー・オールドマンも



私の大好きな役者です。




年を重ねた今でも渋くてカッコ良い。




あのヨレっとした感じとかも


たまらん(笑)




彼はmadを演じることが多くて



悪役やキレてる人の印象が強いと思うけど





彼の目を見てごらんよ(笑)




あれは悪人の目ではない。




子犬のようにちょっと寂しげな


なんとも可愛らしい目をしている。




実際の彼自身

とてもハートフルな人だと言われてるよね。





その大好きなゲーリー演じる


大好きなベートーベンの


道ならぬ恋のお話とくれば




私の大好きな映画になるのも

無理はない(笑)





その不滅の恋の台詞は



実際にベートーベンが書いた恋文が

ベースになっているので



その心情がモロに伝わり切ない。





その愛しい人妻と


密会をすることになっていた夜、




彼女の待つホテルへ向かう途中で



ベートーベンの乗った馬車が嵐のせいで


車輪が外れてしまい



結局はたどり着けなかったんだけど




当時はもちろんスマホも電話もないため



彼がたどり着けなかった理由を



そのホテルで待っていた人妻は


知るよしもなく



彼に裏切られ捨てられたと勘違いし




失意の中でホテルを一人で去る。



ベートーベンは人妻へ恋文をしたためるが




結局それは彼女の元へは届かず


戻ってくる。




二人はスレ違い、




お互いに捨てられたと思い込み



やがて愛するがゆえの憎悪へと発展していく。





またこの恋文がアツい。



こんなにベートーベンって



熱い人だったんだな。



だからこそあの官能的で情熱的な曲が



作れたのかもしれない。




本当に聴いただけで孕まされそうな




曲から情感やエロさを感じる。




その手紙はセリフになっているので



一部要約して抜粋しよう。


-----------

私の天使,私のすべて。

今日は少しだけ書こう。あなたの鉛筆で。
明日にならなければ、私は宿に着けないのです。
なんという時間の無駄づかいだろう。

この深い悲しみはなぜなんだろう。
結ばれていたのなら、こんなに苦しまないのに。

私の心はいつもあなたと共にいる。
あなたと暮らせたらどんなに楽しいだろうか。


---------



ベッドに横たわって想うのはあなたのこと。

我が不滅の恋人よ。

ときに喜び、ときに哀しみ

我々を待つ運命について考える。


あなたと共に暮らせるのか、別れるのか。

私はもう寝ます。

愛しい人よ、安心して。

昨日も今日も涙と共にあなたを想い続ける。


私はあなたのすべて。さようなら。


----------


ベートーベンはホテルで待つ人妻に


何度も待っていてほしいと手紙に綴るが


それは届かない。




これは映画のセリフなので


かなり要約されているし



デフォルメもされていますが



実際のベートーベンの恋文はもっとアツい。




そして何通にも渡る。



この不滅の恋人が誰なのかは



200年経った今でも不明ではあるけど



おおよその人物像は上がっている。



映画では弟の嫁さん説になってるけど




実際に見当が付いている人物も



やはり人妻だ。




いつの世も道ならぬ恋は存在したんだね。




愛が憎しみに変わったあとも尚、




心の底では愛して愛してどうしようもない。




特に男(ベートーベン)の方は

ずっと引きずっている。




スマホも電話もない時代ならではの




ゆっくりとした残酷さは





儚くて美しい。





一度機会があればおすすめです。




絡み合うような

エロティックなシーンは全然ない分、



想像させられてゾクゾクする。




そして感情移入して切なくなりますが




恋愛で何か学ぶことがある。







しかしゲーリー・オールドマンは

良い男だ✨




ピアノも弾けるので



映画の中で殆ど吹き替えなし。



カッコ良いなぁ❤




月光を聴いていたら



20数年前に観た



この不滅の恋を思い出した。




改めてこの年齢の



この状況の私で



また観たくなったな。


































このブログは恋愛が主ですが



友達のカテゴリーがあります。





けっこうアクセスがあるんですよね。





それだけ世の中の人は



友達のことで悩んだりしてる人が

多いのかなと



推察します。





私の友達は良い意味で自由人です。



自分の時間を何より大切にしてる人たち。





会うとウキウキする友達



貴方はどれくらいいますか?




私は二人です。






少ない?





でも自由気ままな私と友達でいてくれる



自立した友達です。





なぜなら


あちらも自由気ままなので(笑)








ヒマをつぶすために話したり




寂しさを埋めるために会うことはない。




ワクワクするから会う。




なのでマメに連絡がないからといって




そんなことで疎遠とかがないし





お互い無理やり繋がろうとしてなくても



気が向いたときに



たとえ何年会ってなくてもフラッと会える。




そして気が乗らないときはきちんと断れる。





お互いにね。




それが普通なのでとってもラクなのです。





お互い気楽に放置しておける存在。






シンプルだけど




けっこう貴重なことだと思ってる。





なので、私は数ではないです。





質の良さです。







もっと友達はいたよ。





でも暇を潰すために話したり会ってることが


多くて



つまらなくなった。



ムリに付き合わないと


関係が続かないのが疲れてしまって。




あちらから疎遠にされたこともある。





ま、私もまだまだアオかったんだよね(笑)




最近だもん、



心の勉強して





人それぞれの常識を持ちながら




生きてることを理解したのは。





今思えばあの頃もう少し



相手の嫌なところも



ま、人間、

誰でも良いところも


悪いところもあるよねと


寄り添えていたら



友達を疎遠にすることも

なかったかも知れない。




幼馴染さえも疎遠にした。




でも常にベタベタと一緒に行動して




悩みも全部共有して




お互いの全てを理解するのが友達ではない。




ともすれば図々しい依存になって

窮屈になる。





私はあるときからそう思うようになった。




一人一人が自由人で自立していて




孤独力があり



会うと楽しいと思えるけど




普段はベタベタと連絡したりしない。




質の良い友人関係。





これが私に最高に合っている。




そして不要に依存し合わないので



細く長く続いていく。





昨日メールした友達は



一児のママさんです。




六大学の内の1つを卒業している才女。




でもふんわりしていて

芯は強い。




私と会うときの彼女は



お母さんではなく



彼女自身になって会ってくれる。




なので



うちの子供がどうした、こうした、


ドラマがどうした、芸能人がどうした


ベルマークがどうしたとか(笑)

→これは職場の群れ女たちがよく話してる会話



そんなあくびの出る会話は一切なし。





きっと彼女もママ友とはそんな話を


しているかもしれない。


共通の話題だからね。



それが楽しい場合もあるのでしょう。




でも私に話されてもつまんね~し





彼女はそういう母親的なことは

私に一切話さない。






そういう品のある気遣いが




さりげなく出来る彼女は




やはり素敵なヒトだなと思う。





才女の彼女とはお坊さんの説法の話とか



心理の話とか



マニアックな深い話がたっぷり出来るので



楽しいし




あとおバカな話もね(笑)




彼女も彼女自身として

楽しいと思ってくれている。





あとは食の好みが似ているので




美味しいところにランチに行くのが好き。




今度はね



足が治ったら



銀座の花大根さんに行ってみたいとなり



肉食女子にはたまらないランチとなりそう(笑)




もちろんスイーツもね❤





たまたま彼女も捻挫してるんだって(笑)




同時期にケガって宇宙的な偶然(笑)





私も複数の友達(もどき)の

断捨離をしたときに




寂しさも後悔ももちろんありました。





でもね



その時にそう選んだのは



私にとって最良の決断だった。




常に自分の選んだことは



その時点でベストなんだということ。



私の好きな僧侶のお一人、

(草薙龍瞬先生)曰く






過去は既に終わった記憶でしかなく


妄想である。


であるならば


記憶という妄想を捨てれば



自身にとっての現実は目の前のひとつのみ。


そこに寂しさも後悔も

生まれようがなく


ただ新しい生活が待っているということを


受けいれて妄想なく生きていくだけ。


喜びはきっと見つかりますよと



私に話してくださいました。



生きていく上で何にも応用が効く大切な言葉で



私の宝物でもあります。




他にも先生は著書(これも修行のうち。)

の中でですが

✨これも彼女が最初に教えてくれた本でした。


------------🍃


人は元々孤独なもの。



人それぞれ脳も身体も別個についてる。


物理的に生まれたときから独りなので



孤独は当たり前なのです。



最終的に



理解して貰えるかは相手の領域で


コントロールは出来ない。


だから自身が満足か不満足かを選ぶ。



他人が選ぶことではないということ。




究極は心や人生は



何もなくても生きていける軽やかなもの。



外部によってもたらされるものは


しんどくなっていく。



全ては自身の内側にある。

---------------🍃





私なりに要約するとそのようなことを



書いていらっしゃいます。



だからこそ



理解してくれる恋人や友達が



自分のそばにいてくれることは

奇跡なんですよね。





んー、深いなぁ❤



そして

こうしたことを語れる友達がいて




私は幸せだなと感じます。



色々な話を読んだり聞いたりして




刺激を受けて



そのまま全てを応用しなくても良い。




琴線に触れたものに対してのみ



自分なりに考え解釈して





自分の心の声を聞いて



どうしたいのかを選択していくことで



それはその人にとってやがて


幸せの道になるということ。




どのようにしたいのかは



自分が満足か不満足かで決めていく。




本当に深いなぁと思います。




幸せは気づくものであり



自分の内側にあるんですね。





今日はオチなし(笑)


























昨日、なかなか痛みがとれない不安を



メジロ君にメールしました。



旅行の時まで治るのか不安だなって。


雪国にサンダルで行くわけに行かないし。





今日はお偉いさんたちと接待ゴルフで



(多分、そのあと料亭で深夜まで
コンパニオンとキャッキャッだな(笑))




朝が早いと聞いてたので




返事はないかな~って諦めてたら




朝起きたらメール来てた。





そのメール読んで朝から感涙(*T^T)








『不安なの?旅行までまだ日があるし

大丈夫だよ。前向きに!

多分、俺がハグしたら元気になるから。

あ、俺の方が元気になっちゃったらごめんね。

いつもシロハトちゃんが励ましてくれるから

今度は俺が暖めるからね。』




本当はもっとバカップルなラブ言葉が
書かれていたんだけど

※え?これ以上に?と思わないように(笑)





なんか笑って泣けました。

忙しい(笑)




(ハグして)
俺の方が元気になっちゃったらごめんね。



って




めちゃウケた(笑)




恋人がいて



その人から言葉を貰うだけで



温かい気持ちになる。





特に今は弱ってて



引きこもりしてるからね(笑)





私の恋愛は

本当に色んな意味で常識外です❤




こんな絶滅危惧種の男性たちと

出会えるとは。




そんな男性いないでしょ!って人は




そりゃそうよね、



そんな男性はいないと信じてるから



そりゃ出会わないわな(笑)




妖精を見たことないヒトは



妖精を信じられないのと原理は一緒。

え?違う?(笑)





ま、私も妖精は見たことはないので

信じられない気持ちは分かる(笑)




信じてるヒトには


きっと出会えるんだとおもう。





また前提ぽい話ですが(笑)





でもね



信じられない人は




信じられない人なりの世界の人生になってるし




その人が違う世界が一生わからなくても



その人には何の問題もないから。




もちろん、

私にも一ミリの問題もないから(笑)





世界が違うんだから



出会う人も経験も違って当たり前。




経験してないことは

分からないのも当たり前。




その人が違う世界があるって



体験したときに初めて



そうだったのか!と驚愕する。




そんなもんだよね、人生は。







体験こそ事実。




て、




これを書いてるときに



さっきの友達からメール来た。




よしよし大切にされてる前提通りに


進んでるぞ(笑)


so far so good!!




さてさて




妖精メジロ君に返信しようかな。





こてこてのバカップルでね❤


























このページのトップヘ