女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2019年04月




彼と二人で撮った写真が一枚だけあります。



2年前の夏の花火大会の屋形船で。





メジロ君は写真が苦手なようで



あんまり撮らせてくれないのもあるけど



関係上、写真は残せないから。





だからそういった意味では


この写真はすごく貴重です。




メジロ君は照れてるせいか仏頂面で




対照的に

彼の隣で幸せそうな笑顔なのよ、私が。



もうキラキラしちゃってる(笑)







客観的に二人並んでるのを見ることは

あまりないから





背の高さの違いや雰囲気とか



こんな感じなんだなって興味深い。




そして写真の彼の顔を眺める。




んー、


実物の方が全然イケメンだなって思う。






仕草や表情や声



話し方や歩き方



匂いや体温や身体の感触





そういったナマの彼が滲み出てる方が




何倍も素敵だなって思う。




生身のオーラをヒトは好きになる。





だから毛が生えてても



それすらも愛しい彼の一部だし



なんなら鼻毛も平気(笑)




私は全く気にならないどころか



人間臭くて安心する。





毛の生えてる男がイヤとかほざいてる



バカオンナどもよ!




お前などは人間ではなく



ロボットにでも恋してろって思うわ。






全部引っくるめて彼が構成されてるのに。




ひとつでも排除したら欠陥品よ。







体毛や鼻毛を抜いてる男どもよ!



そんなだから見掛けしか見てもらえない




バカオンナが集まってくることを


学べ。





人間臭い生身の彼だからこそ



愛しい存在。





そしてそれを許せて



許される関係が一番自然で楽だ。





そりゃね





身だしなみは必要だと思うよ?




清潔感があれば私は良いと思う。






見かけばかり


人の目ばかり気にして



必要以上にやり過ぎるのは


本末転倒よね。




私は生身の彼だから好きなのだ。




特に惚れた男なら



私は全く気にならない。


むしろ体毛や髭は男らしくて良いと思う。




メジロ君は濃い方ではないけど



手足は私より毛穴が少なくて


ツルッとしてる方だし





でもね

胸毛は少しあるよ✨



そこがまた私は男らしくて好き❤




あの菅田くん似の顔とのギャップか良いわ❤




彼の逞しく引き締まった身体と

背の高さと

(カヌーの選手だったからね。)





顔が好きですが





そんな生身の人間的な部分もまた良いの。




あ、




もしかして彼が



私の下腹が好きなのも



そんな思いからなのかな💦





ヨガやってたら

だいぶ減ってきてはいるけどね。





生身の私も



全て愛されてるとしたら



こんな嬉しいことはないな。




それは彼が見かけばかり気にしてない



そんな大きな人だからだね。


そして私もね😁






相手へのハードルを下げると



自然で素敵な関係が引き寄せ合う。




そのままの存在で完璧。








余談だけど


お弁当は鶏そぼろが良いって🍱




彼がうなるようなお弁当作るから


元気になってほしいな。




早く会いたいです。



旅先ではきっとまた



ムード作りのヘタなメジロ君だから



恐らく彼からは先に何も手を出してこない。





それを待ちきれなくて


私からグイグイ行くんだろうな(笑)





その辺は諦めてます。



彼の資質や性格を変えられないから。




夢は見ますよ?




あの顔と身体なんだから



あまーいムードで迫られたいな~とかね。




でも



出来ないものは出来ないのよね。




誰しも得意不得意があるように。





アノ最中も喋るんですのよ?


ちょっとびっくりでしょ?(笑)




無言で見つめあって


お互いに没頭するような



自分の理想通りの



シチュエーションは中々無いわ。



極々たまにしか味わえない。



神様は絶妙よね(笑)




それでも



一緒にひとつになるまでの


あの微妙な空気感は好きです。




お互いの身体中から滲み出る


愛してるのオーラに包まれるような。





あのひとときは



なんの後悔も不安も一切ない


過去も未来も存在しない



時間が止まったようなひととき。



写真やメールや電話では味わえない。





生身の二人。




相手が恋するヒトというだけで



時間と空間までもが違う世界になる。



魔法ですね。




生きて触れられる奇跡に感謝します。




早くハグ&キスされたい❤



私はそっちが楽しみで



彼は温泉と美味しいものが楽しみで💔




でも私といる時間を大切に思ってくれてる。



それは同じ。




とりあえず彼と堪能しよう。

































































































さっき、ヨガやってたら


メジロ君から着信がありました。




彼は忙しくて目一杯だろうから



今日は電話来ないかなと思ってたのに。

関連記事はこれ↓




コール音の間、


冷静に彼に伝えたいことを言うぞって



まず一呼吸おいて


電話に出た。




開口一番、彼は




『もしもしシロハトちゃん?

いつも応援ありがとう~。』





冷静に言うぞ!って意気込む私をよそに



意外な言葉をもらって面食らった。



その言葉でなんか私も気持ちが解れて





先ず彼に




『メジロ君、私のこと好き?』って聞いた。






私に唐突に聞かれて照れ笑いしながらも






『大好きだよ。』






そう言ってくれたので





『じゃあ私が言うこと、

怒らないで聞いてね。』





そう前置きしてから


穏やかに彼を思いやる気持ちを乗せて


伝えたいことを淡々と言った。






かなり要約すると


自分と身体を大切にして


仕事はどこかで見切りをつけて

他に任せて


違う仕事まで背負い込まないように。



メジロ君が幸せじゃないと

私も嬉しくないし

私のウキウキな気持ちまで奪われること。




我慢してやることは誰も得しない。



自分を大切にしたら

周りも幸せな気持ちになること。



そんなことを伝えた。



そして



『色んなしがらみがあるのは


私も分かる。でも今のままじゃ

私の大切なメジロ君が壊れちゃうよ。

その仕事を辞めるのか

それとも腹をくくって辞めないのか


どちらかだよね?』


そう言ってみた。




そしたら彼は



『腹をくくって定年までやるつもりだよ』




そう答えたので



『ならば、


腹をくくって決めたのなら


もうグダクダ言わずに

それさえも楽しもうよ。


やらされてるのか、

自分でやっているのか


意識を変えるだけでモチベも違うよ。』



そして、そこまで長く務めるのなら尚更

全部背負い込まないで、

出来ないことはムリと

線を引く勇気も必要だよ。


だからちゃんと昼休みも取って

GWも休みもとろうよ。

そんなに自分をいじめないで。』




『それは俺も思ったよ。

そうだね。


旅行は必ず行くよ。そのあとのGWも

取るように社長に話すから。』




『それがいいよ。

我慢して頑張るから余計にまた

その先も頼まれてしまうんだからね。

どこかで非情かもしれないけど

見切りをつける勇気も持とうよ




『分かりました。ありがとう、

シロハトちゃん。




彼は目一杯なことを私に伝えつつも



私の思いを否定することはなかった。




現実問題、


結局何も忙しさも休みも

変わらなかったとしても



彼の心のどこかに刺さってくれたら


今はそれで良いと私は思った。





彼にもどうにも出来ないことも

あるだろう。



でも言うことに意義がある。



メジロ君なら言える立場だよって


後押しをして



その結果どうなるかは天のみぞ知る。




彼に旅行の時間のことも伝えて



その場は終えた。



ちょっと時間を置いてから


『電話ありがとう。

なるべく自分ファーストでね。』



そうメールしたら



すぐにまたお礼の電話がかかってきた。



声を聞けて安心したよって。


そしてお弁当の話になった。






旅行の日は



豪華列車の旅が主体で


おしゃれー✨なランチが

ついてます。



でも



その列車に乗るまでの移動は


新幹線なので





朝ごはんに

手作り弁当を持参することにした。





お弁当は実はメジロ君のリクエスト。




手作り弁当は彼の夢だったけど



私に手間をかけたくないしな~って



ずっと言えなかったんだって(笑)カワイイ❤




以前の旅行のときも


ちょっとおにぎり持っていったら



旨い旨いってパクパク食べてくれた。




男性は手作り弁当に



特別な思い入れがあるのかな。




中身は何?



唐揚げ入ってる?



ウキウキと話すから



私は鶏そぼろにしようと思ってたけど?




そう言ったら




あ、それも好きだな~。




でもシロハトちゃんの唐揚げが

俺好きなんだよね。



じゃ、選んで良いよ。


あとでお弁当の選択肢をメールするね。




そう言って切りました。



なんか彼は嬉しそうで


声も元気になったので



私も嬉しくなった。





さて

当日のお弁当は


①鶏そぼろと炒り卵とウインナー
②唐揚げと卵焼きとウインナー
③オムライスと唐揚げ



このどれかから選んでもらおう。




オーソドックスで良いでしょ?✨🍱






気持ちひとつでヒトは沈んだり


ウキウキしたり出来る。





どんな人生を選ぶのかは彼だけど





そのウキウキする方の


お手伝いをしていけたら良いなと


感じた。








彼の声を聞いて私も少し安心して


旅行も必ず行くことも聞けて




気持ちが落ち着いてホッとしました。





結局、


私も寂しかったのが満たされて



彼も少し気分転換が出来て




ちょっとお互いすねてただけ。


そして大好きな想いは変わらない。






再確認がしたかったのかな。





久しぶりだったね、声聞いたのも。











































何で彼はこんなに頑張るのだろ。



好きなことを頑張るから

上手くいくのであって


イヤなことを我慢して頑張っても

その先には我慢がまたやって来る。


メジロ君に言っても

それに気付かない。





その蕀の道をやると決めたのなら


グダクダ言わずにやれば良いのに



旅行も休めますようにというくらい



忙しくて目一杯なことを


いちいちメールで伝えてくる💢



ありのままの現実を受け入れる。



そう決めてる私も

ここでグダクダ言ってるね(笑)



彼と同じだわ(笑)



でもあまりの忙しさに



辞めていく人がいたらしく



そのしわ寄せが彼にものし掛かる。



そのしわ寄せの愚痴を



私にも言うので



私の幸せな気持ちも奪う。



我慢して頑張る人からは



こんな負の連鎖しか出てこない。



そして私や周りの大切な人に


そんな思いをさせてることにも


気付かないくらい彼は目一杯。




でも私は彼を励ましません。



怒ります。



彼が自ら選んでることを



私にも押し付けないで欲しいから。



旅行前に


そんな思いをさせる彼に怒ります。




イヤなことを頑張るのは勝手だけど


私の幸せな気持ちまで奪わないでと。




彼は頑張ることを止められないのだ。



周りが何を言っても。



イヤだと言いながらも



頑張ることを選んでるから



私にはどうすることも出来ない。




余りに合わなくなってきたら



別れるしかない。




いくら好きでも私は我慢してまで



彼に合わせることは出来ない。


そこまでの気持ちしか持てない。


奴隷じゃないんだから。




これからも彼の忙しさは続く。



それをやるのは構わないけど



自分で処理してほしいわ。




これもありのまま。



現実を受け入れたあとはどうするかは



私が決めて良い。




三行半を突きつけるか



放っておくか



そのどちらかしかないわ。



我慢する選択は私にはないんだもん。




私は私の人生を楽しむ。



それしか出来ないから。



彼は自分で人生を忙しくしてる。




そこで身体がどうなろうと



私にはどうすることも出来ない。




彼が自ら気付いて辞めない限り



無理やり辞めさせられないし



それも彼の自由。









旅行行けるのかな。って




自分の休みも削って犠牲になって



貴重な人生をそんなもので

削って


大切な人をあと回しにする



こんな心配をさせる彼に対して




私はもう放っておくわ。












あら(笑)




私も寂しいんだね。


そんな彼に勝手にガッカリして



彼のせいではない。



問題は自分の中にある。




それを認められたとき



初めて素直に生きられる。




ヨシヨシ寂しかったんだねって


私の心を癒す方がまず先だね。





さっき彼にね

旅行の時間の打合せのことで


電話くださいって言ってあるけど



こんなに目一杯の彼から電話来るかな。



色んな思いが渦巻くけど



ありのままの現実を受けとめて




来なかったらまた考えれば良い。



来てもムカッとしてて


冷静に話せない自分かも知れないけど



それもありのままを受け入れる。




その時の気持ちに従う。



それが良い方向へ流れていくこと。



書くとね



思い出せるんだよね。




今からウダウダ考えても

仕方ないことなんだってね。




さ、



家事して好きなことして自分を癒そう。





自分ファーストは


結局周りも幸せにするって


身をもって知ってる私だからね。




メジロ君もいつか気付いてくれたら


いいな。





……無理ね(笑)





期待する方が間違ってる。




人を変えようとしてもムリ。



それでも一緒にいたいのかは


私が決めれば良い。



答えはまだ出ないけどね。




んー、出ないままでも良いのかもね。




ムリと思うまで


流れに任せますわ。






































































































メジロ君と出会ったときを


最近よく思い返す。

初めて会ったときのこと



笑顔と白い歯がステキで



目が合うだけでドキドキしていた。


私は45歳でした。




初めて手を繋いだときのことも


鮮明に思い出せる。



手、繋いで良いですか?



彼からそう言われて



ドキドキしてる間にぐいっと引っ張られて



恋人繋ぎをして歩いた。



初めてのキスも



昨日のことのように覚えてる。



私から仕掛けて目をじっと見つめてたら



彼は



『あ、キス…』って



聞き取れないくらいの小さな声で

呟いてから



私が目を閉じた瞬間に



そっと肩を抱き寄せて


唇を重ねてきた。



キスをした瞬間



待ち焦がれていた感情が溢れた。




初めてのことって



こんなに鮮烈にときめく。



あれから何年も経ったけど




今でも会う前に心地よい緊張感と



キスをする前のドキドキ感は保たれている。




幸せとは


ありのままを感じることなんだなと


最近思います。




彼の激務は相変わらずで


更に増した感じだし



疲れも倍増してるようにみえる。




実際、GWも半分以上は仕事の彼。




休みもここ2週間なくて


ずっと旅行まで休みがないという。



会社役員に昇進して


会社の業績もどんどんウナギ登り。



それと反して



彼の疲れは溜まっていく。




何度も



もう頑張らなくて良いじゃん。




休む勇気を持とうよって言っても




彼は頑張り続ける。




もうね、私は



ありのままを受け止めることにした。




彼が目一杯頑張りたいのなら



とことん頑張っても良いし



弱音も吐いても良い。



どちらでも幸せだから。



今は頑張りたいのなら頑張ればよいのだ。



私はドーンとそれを受け止めよう。



彼がどうなっても受け止めよう。




私は私の人生を楽しむことにする。



それは


彼を見捨てるとかじゃなくて




私が幸せなら


彼もそうなっていくから。



幸せ一杯の私と会うことで


彼は癒されるから。




旅行も目一杯楽しむ。


彼もそれを楽しみにしている。




想い出を増やすには



行動ありき。



ありのままを感じていこうとおもいます。




最近ヨガを復活させてから



身体がちょっと引き締まってきた❤



ムダな食欲も抑えられてる。



ヨガをやってるとき


身体が固いし、あちこち痛いけど



それもありのままを感じてると



自分のことが愛しく思えてくる。



だんだんと整っていくのが気持ち良い。



マインドフルネスにもなるしね。



どんな自分も大切な私の一部だなって



染々感じる。



このままの私で良いってことなんだなって。




そしたら



メジロ君もパートナーも



ありのままだから素敵なのだ。



愛しくてたまらない。






彼らに対して



よく頑張ってるよ。

すごいよ。

ありのままで大丈夫だよ。




そういう言葉が自然に出てきて



それをどんどん伝えることで



彼らがまた励まされるのなら



こんなに嬉しいことはない。




最近そんなことを感じるように


なってきたよ。



満たされるってこういうことなのかな。




満たされるって



物質や状況だけじゃないんだね。



それが整わなくても


ありのままを受け入れると



ちゃんと満たされるんだな。







































このページのトップヘ