女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

2019年08月







自分の昔のメールのやり取りや



過去のブログを読み返してみた。




その感想を一言。






ひゃー、私はかなり面倒な女だわ~😱




です(笑)






いま、私がちょっと苦手としている



職場の同僚のメンドクサイ女に



やだ、似てるわ~(笑)





不安妄想、被害妄想、決めつけ



思い込み、しつこさ


かまってちゃん



すぐ大変!と大袈裟に騒ぐ






私がその同僚に

イヤだな~と感じるところ




私にもその要素、


ガッツリ有ったわ☆




なんだ類友で引き寄せてたのね。




なんか笑えました。




ヒトっていかに自分が見えてないか。




恥ずかしい(笑)





そのメンドクサイ同僚も




捨ててきたと思っていた


私の一部を見せる存在だったのね。





ふむ。



これに気付いたら



なんか変わるのかな。




ちょっと明日から



サッと流せるような気もする。





そして




このメンドクサイ私を




それでも大きな愛で



まるっと包んでくれてる



パートナーやメジロ君は




マジで神だなと心から感謝が沸いた。







私は今まで



自分を犠牲にして


人から好かれる為に



我慢してると思ってたけど


(若い頃まではそうだったね。)




ここ何年かの


パートナーとのメールのやりとりを

読み返してみたら




いやいや




全然我慢も遠慮も何にもなく



子供のように思い付いたことを



相手が不快に思おうと


傷付こうと


自分の思うままに


パートナーにぶつけてた。




本当にメンドクサイ女です(苦笑)。






それを


全部受け止めていたパートナーは



きっと嫌な気持ちになったり



傷付いたりしていただろうに




そんな不安定な私をまるっと受け止めて



抱きしめてくれていた。




読み返してて気付いたけど



メジロ君よりも


一番、パートナーにぶつけてたんだな。




それが今日分かりました。






彼は私にいつも寄り添ってくれてた。





それをそのメンドクサイ同僚が



形を変えて




教えてくれてたんだろうね。




お前もそんな要素があるよ!ってね。



ハッとしましたよ。






もっともっと自分の思うままに!



もっと自分を大切に!





それをずっとしてきていたから








今度はパートナーやメジロ君に



私は何をしてあげられるかなって




考えていきたいなと思えました。




今までと逆をする。ですね(笑)




バランスが崩れていたんだな。




偏っていたのかもしれません。



与えられっぱなしで



自分の思うままにを出しっぱなし。





私はそのお陰で幸せな気持ちになれたし



満たされているのだから




今度は私だけでなく



彼らに幸せを分け与えたい!




受け止めてあげたい!



自戒も込めて。







なんか最近のメンドクサイ出来ごとから





そんなことに気付かされました。





ちょっと




素敵な気付きをありがとうと





そのメンドクサイ同僚にも感謝。




そしてもう貴女の役目は終わったので




私から離れてくださいね(笑)




ヒトのイヤだな~と感じる面は



自分もその要素を持ってるから反応する。





頭ではわかっていたけど




今日は自分のメールの読み返しで



理解しましたよ(笑)




それに気付いて




そのイヤだな~と自分が感じる人も



いやいやその要素私にもあるよ!って


自分の中に統合すれば




その役目の人は居なくなるか



ガラッと変わるか




そんな仕組みのようなのですが




果たしてどうなるのかな?




もし何も変わらないのなら



私がまだ学んでない証拠なんだろうね。






とりあえず



なんかそんなことはもうどうでも良いや。




そのメンドクサイ同僚のことも



もう本当どうでもよい。



そうなんだねと聞き流すのみ。





それよりも




突然ふわ~っと



彼らの見えない大きな愛に包まれた感じ。




パートナーが帰宅したら




愛と尊敬を込めて



接しようと思います♡




もちろんメジロ君にもね。




その気付きが今日の最大の収穫でした。




忘れがちになることだから




意識して自覚していこう。





私は彼らに愛を与えます。




それが自分の今の大切にしたいことで




自分だけのことを考えることからの




ちょっとした卒業なのかな。





これは要望を我慢するとかじゃなくて


自分のこと犠牲にするとかじゃなくて




私の幸せは


結局は相手の幸せにもなっていく。





そんな基礎的なことなんだ。







なんか語りたくなったの。




読んでくれてありがとう❤

















































メジロ君は嫉妬しない人です。



それは自らも公言しています。



嫉妬って感情が


よく分からないんだそうで。




私がパートナーと暮らしていても



特にヤキモチもない。





それどころか平気で



パートナーのことを聞いてきたり



パートナーのことを心配したりする。




私は嫉妬しない男性に初めて


出会ったので




最初の頃は


そのヤキモチを焼かないことに



彼は私を本気で好きじゃないんだなって



いちいち落ち込んだりしていた。






今ではもう慣れてしまって




そういう男性もいるんだな~くらいに



理解している。




彼も私と出会った時から



既にパートナーの存在があったから



それを承知で好きになったし




私の幸せや生活を壊してまで



介入したくないとずっと一貫している。







ところが!です。






この前のデートで




私がメジロ君と行った神社へ




パートナーとも行こうかなと


思ってることを伝えたら





『俺と一緒に行ったところに

パートナーさんと行くのは

なんかおもしろくない。』




そう言って不機嫌ぽくなったの。





わ、わ、それ嫉妬じゃないの?♡



心の中で私は思った。






そう言えば前にも一度だけ




私とパートナーが行ってきた店が



とても良かったから



今度はメジロ君と一緒に行きたいなと



言ったら




『それはパートナーさんと

行ったお店でしょ?

それは遠慮するよ。』



って言ってたことがあったのを



パッと思い出した。





その時も



それってメジロ君、



ヤキモチってやつじゃない?って

言ったら



『そうなの?



これがヤキモチなの?

俺、ヤキモチ焼いたことないから

分からないけど



俺がシロハトちゃんに


二人で泊まった宿に


良い宿だから今度は

パートナーさんと来てみたら?って


俺が軽い気持ちで言ったら


シロハトちゃん泣いちゃったことが

あったでしょ?



そのときの


シロハトちゃんの気持ちがよく分かったよ』


って答えてたっけ。



その時は


結局、

彼は嫉妬だったのか

よく分からなかったけど





今回



メジロ君と私の思い出の場所(神社)に



私が他の誰かと行くことが


おもしろくないって感情を出したメジロ君。





これって初めての嫉妬じゃないのかな♡




でも私はあえて言及せずに




『うん。でね、

私もやっぱりその神社はメジロ君と

もう一度一緒に行きたいなと思ったから


パートナーとは違う神社へ行ったよ。』






そう言ったらね




『前にもそんなことがあって


その時にシロハトちゃんが

泣いちゃったから


なんで同じことを


俺にしようとするのかなって


不思議に思った。



そうちょっと不機嫌に答えてた。





そうだったね。


そんなつもりはなかったのよ。

ごめんね。


メジロ君は嫉妬しない人だから



あまり考えてなかったの。




そう言ったら





『俺は

嫉妬とかあんまり分かんないから。』




それ以上彼はその話はしなかった。








ふふふ♡



メジロ君、それが嫉妬ですよ♡


心の中で私はちょっと微笑んだよ(笑)





彼に少しずつ芽生えてる



誰かに取られたくない気持ち。




でもそれを彼は否定する。



本気で嫉妬が

分かってないのかも知れない。



うん、メジロ君なら有り得るわ(笑)




でもね



彼はいつの間にか



私の存在が大きくなってること



少しずつ感じ取ってるみたいだ。




それがなんかとても嬉しい。




今まで味わったことのない感情を



彼が味わっていくことは




少なくとも




彼に影響を与えてることにもなる。




彼の一生に刺さるような恋愛がしたい。




片想いの頃そんなことを思っていたから



それが少しずつ



彼に芽生えて現実になってることの



不思議と嬉しさ。





人は恋愛をして



初めて知る感情があるね。





嬉しさだけでなく




切なさや


嫉妬や



そういった醜い感情も



やっぱり排除できない学びのひとつ。



より深みが増すためのね。



メジロ君は以前




嫉妬をするってことは



相手が


俺を100パーセント好きだと


信じてないからだと思ってるから


その時点でもうダメ。


だから俺は嫉妬とかしない。




そんなことを言ってたけど





それは何となく分かる気がする。




相手に愛されてると


100パーセント信じていたら



嫉妬は起こり得ない。





愛されてる自信が揺らいだとき




嫉妬は起こるのかも知れないね。





ずっど嫉妬を抱えるなんて



自信が無さすぎて


気持ち悪いだけだけど





たまーに



こんなメジロ君本人にも分からない



可愛い嫉妬は



ちょっと良いもんですね❤




シロハトちゃんといると



俺は今までの概念も


良い意味で狂わされるからって



言ってたメジロ君に




どんなところが狂わされるの?





そう聞いても






んー、分からない。


でもなんかね、違うんだよ。




そう答える。




うん、本人にも分かってないけど




なんか私の存在が



浸透してきてるんだね♡





骨抜きだからなぁって



そういった感覚は分かるみたいだけど




彼はそれが愛だって気付いてないね。





その芽生えていく過程に触れていくことが




私はとても幸せです。




そして変化も楽しみです✨





女は怖い(笑)






















































メジロ君とお盆以来で


会ってきましたよ♡




待ち合わせ場所にいた彼を見つけて



遠くから手を振ると



振り替えしてくれる。



たったそれだけなのに妙に嬉しい。





そして



ハァー( ´Д`)

今日もステキだ♡(笑)




ゴルフ焼けした彼は


ますます身体が引き締まってて




ドキドキする。




またも私だけ


ドキドキする(苦笑)




彼の持って生まれたスタイルの良さや


背の高さ



顔は




仕方ないとはいえ




こうも違うものなのか~って





周りの男性と比べる。



失礼だけど



恋してるから、許してね(笑)







手を繋いで歩いたら



『あれ?香水変えた?』




気付いてくれた…。




彼を少しでもドキドキさせたくて



香水変えてきてたの。



『良い匂いだね。』




鼻をクンクンさせて顔を近づけるから




なんかこっちがドキドキしてしまった。





なんだよ~



結局私がまたドキドキしてるじゃん💦




勝てないわ、メジロ君には。





並んで歩くときの






私は本当にキラキラです。




彼のことが好きという想いが



自分の身体中から発散されて




駄々もれです(笑)




表向きは笑顔で


クールに装ってるつもりだけど




きっと周囲には


この私のウキウキがバレてる。



メジロ君は気付いてないだろうけど。





今回は



ビールと、焼鳥と



二軒はしごして



今度の旅行先はどこにしよう?


そんな話も楽しくて。




彼は愚痴や悪口を一切言わないので




一緒にいてとても気持ちもほぐれます。



明るく楽しいお酒だから



二人とも笑顔が絶えない。




それがいつも波動として拡散するから




彼とならどこへ行っても



嫌な思いは殆どしたことないな。




メジロ君と私はなんか波長が合う。




お互いに必要な人だと感じます。





今回はね




いつもはあんまり積極性のない彼が




ホテルの部屋に着いた途端



私のことを

ぎゅっと抱きしめてくれました。





え、今日はメジロ君、


なんか積極的だ♡




心でそう思いながら

(でも嬉しい)



身を委ねてたらね



そのままベッドへコロンと



一緒に倒れこんだの。







でもここで


私がトイレ行きたかったから

(もー、なぜここで💧)




一回起きて



ついでに歯も磨いて戻ったら




彼も歯を磨いてくるねって



ベッドから起きて




結局、良いムードだったのに




なんか振り出しに戻ってしまった💦

もー、私のばか(*_*)



せっかくメジロ君が珍しく



積極的に攻めてきてくれたのに。





でもね


先に横になってた私の隣にきて



彼からまた抱きしめてくれた。



そこで私も我慢ならず(笑)




一度結ばれました。




が、





彼は早い💧




メジロ君あっという間にイッてしまって



また私はちょっと不完全燃焼。




そのあと眠くて



二人とも寝落ち🍃






ふと目が覚めて




まだ寝てる彼の上半身の裸を見てた。






広い肩幅。



程よくがっしりした筋肉。



長い首筋。



それから


柔らかな髪。



目鼻立ちがはっきりした顔。



好みだな~♡


本当にイイ身体してるな~っ♡て




髪に


身体に触れてみた。





肌もパンと張ってて



ツルツルしてて触ると気持ち良い。





そして



思わずぎゅっとしがみついて




胸に顔を埋めて



しばらくそのままにしていたら




メジロ君が目覚めて。





『え、ちょっと、


シロハトちゃんが触って抱き付くから

大きくなってきちゃった。』





(;゜∀゜)え?









ホテルの滞在時間は



寝落ち含めて

わずか三時間だったのに






今回は






まさか、まさかの第2ラウンド。






さっき一回出してんのに


高校生かよ(笑)




アラフォーでお酒も飲んでて




こんな短時間でまた出来るって




メジロ君、すごいよ、強いよって




思わず言ってしまった。




や、でも早いんだけどさ(笑)






でも第2ラウンドは




何故か彼の持ちが良くて



私の方があまりの気持ちよさに




ヤバかったほど。






メジロ君はセックスに自信ないとか


アカマムシ飲まなきゃとか



言うけど





いやこのままで十分絶倫だから



自信持ってて。



むしろそんなの飲んだら



エラいことになるよ(笑)




そう彼に伝えたら



そうなのかな?

ありがとうってお礼を言われた(笑)




コチラコソダヨ、メジロ君。



あんなに気持ちの良いの




久しぶりでした。




彼も気持ち良さそうだった。




彼は腰が最近悪いので



どうしても私が動く形なんだけど



なんか今回はちょっと燃えてた。




最初から抱きしめてくれてたしね。





珍しく彼からの


『愛してるよ。』も聞けたし




ご褒美沢山のデートでした。






今度は私の方で予定が詰まってるから



いつもは2週間後だけど


3週間後ね♡って



私から提案したら





あ、自分のときはズルいなぁ(笑)



俺が3週間後って言ったら



すごい言われるのに~って



笑いながらぼやいてた。




でもニヤニヤしながら





『いいよ。寂しいけどね。』




『一緒にいると楽しくて

あっという間だね。』




なんかドキドキ💓





メジロ君、



こんなこと


彼から初めて言ってくれたなぁ♡





でも気になるのは


彼の体調のこと。






あの寝落ちで疲れてるのが分かるし



毎日お酒のんで寝るから



無呼吸症候群の徴候が出てる。





彼に

ずっと元気でいてほしい。




愛すれば愛するほど



彼の体調が気になるのは





彼になにかあって

会えなくなるのが怖いからなのもある。






元気でお互いにいることが




二人のこの関係の基礎だから。




彼のため=自分のためでもある。





俺は元気だよ。




そう言って笑う彼も




何十年も経てば分からない。





私にしては珍しく



二人の何十年後がふと不安になった。






でもすぐに



これは考えても仕方ないことで





何か起こったら


その時の私に任せるしかないし




彼の生命力溢れるオーラを



信じるのみ。




そして




今は目の前のことに精一杯楽しむしか





私たちには出来ないと気付いたけどね。






切なくて愛しいからこそ


失うのも怖くなる。





そんな気持ちを味わうことも



恋の一部ね。





一生をかけて



一つ一つ学ぶもの。





そしてね





私は今の彼が好き。





今の彼の顔と身体が好きです。





その『今』が一つ一つ積み重なると



未来になっていくわけで。





目の前の



今このひとときの彼が好きなことは正しい。



間違いじゃないのだ。







そしてメジロ君も





今の私を愛してる。





その今の積み重ねがまた未来になる。




その時その時の




今の彼を見つめていく。


なんかそれで良いんだなって思える。




そんなことを彼を見て思った。






神様!



私は確かに今を生きて満喫しています。





本当に感謝します。




これからも



この『今』を積み重ねていく。




これで良いんですね、きっと。









それにしても彼が愛しい♡





未来の彼は今は存在していないし



過去の彼も今は存在していない。




今の彼しか


今は存在しないのだから。







未来のことよりも

今のこの気持ちを大切に。




今を大切に。
























































































未だに



基本は



彼と会えればどこでも良いなぁって思う。






もちろん



より美味しいものや



より美味しいお酒を飲むことは




二人とも大好きだから





居酒屋チェーン店とか

絶対行かないけど





ようするに



値段よりもお味や雰囲気重視だな。





若いバイトばっかりで



若い子ばっかりのうるさい店は苦手。





かといって



オヤジ臭が漂うようなところもねぇ💧




あと清潔感がないところもヤダし。





その点



地元の行き付けのこじんまりしたお店は



間違いないものを出してくれるから





よく利用するけど




だんだん行く店が決まってくる。




それでもあえて




メジロ君と会えれば

どこでも良いなぁ(笑)




どこでも楽しいし嬉しい。



こういう感覚は大切だね。




出会ってからずっと



生活に潤いと元気をもたらしてくれてる。




そう自分の心で解釈している。





彼と出会っていなかったらなんて



想像もつかない。




彼にそれを伝えたら



同じような気持ちを言ってくれた。




楽しくて

励まされて頑張れているってね。




これからもよろしくねと書いてあった。




もうすこしで50に手が届く私は




(タイトルは45歳のままですが(笑))




自分が想像していたのと全く違う。





50手前でこんな楽しい人生を送るなんて



考えもつかなかったなぁ(笑)






スマホもパソコンも



こんな世界がやってくるなんて


みんな誰しも想像すら出来なかったろうね。







未来は



想像すら遥かに超えることが起こる。




想像すら出来ないのに



あれこれ案じるのもアホらしいよね。




私の小さな頭で



きっとああなる、こうなる。




そんなこと考えても




絶対追い付くわけがないわ(笑)




だからね



最近はあんまり未来を案じません。



ときどき


不安になるのは仕方ない。



人間のDNAはそう組まれてるから。




不安がやってきたら



横においておく。



消そうとせずおいておく。




流れに任せるしかないのだ。




最近、なんでも任せてるわ(笑)




すると流れが変わる。




いつのまにか開けたところに出ている。




川が海に流れ着くみたいにね。




特に自分ではどうしようもないもの、







人の心や価値観



理不尽なこと




天災



偶発的な出来ごと



老いと死



未來のこと





これらに慌てても


案じても



自分の小さな頭では解決なんてむり。




慌ててもどうしようもないものね。




来るべきときが来たら



その時の環境や


その時の自分で対処するしかないのだ。




それに気付くとね



あまり怖くなくなる。





メジロ君とのことも



いつかどうにかなっていく。



それは誰にも分からない。




たとえ



こうなるよ、ああなるよと


予言されても




当たるとも限らない。




なんて不確かで不安定な世界。




世の中も人の心も。





だから目の前のことに集中するのみ。



今を生きる。




といっても




妄想は私もしますけどね(笑)




結局





心がラクなのはどちらか?



それを常に選択するとしたら






心にとっては今に集中することが


本来はとってもラクなんだな。




そして幸せな気持ちになる妄想や




未来を思い浮かべることも



心がラクになるのなら


選んで良いんだ。





心が幸せに満たされることなら




何でもやってあげよう。



自分にしか出来ないのだからね。






会えればどこでも幸せというのも





メジロ君の存在が愛しいから




心が満たされる。






私の心を



不安で満たすことも出来るし



幸せで満たすことも出来る。



てことは




幸せは自分で自分に


与えてあげられるもので




幸せは外部からではないってこと。




自分にしか私にあげられないのだ。





彼を想うとあたたかい気持ちになるのも




私が私の心にそうしてあげてるからだ。




ムカつくことや理不尽なことで

イライラする気持ちになるのも




私が私の心にそうしてるからだ。




だったら



あたたかい気持ちになる方を選択して



満たせば良いね。




大切なのは



ムカつきも


イラつきも感情の一部だから




それはなかったことにせず




ちゃんと感じてから捨てること。




怒りや悲しみを

なかったことにしてると



ずっと燻るから。



感じたら捨てるを繰り返して




そして


幸せな気持ちに切り換える。




チャンネル合わせみたいにね。



言うは易し行うは難しで




私もまだまだ外部に反応しまくり



引きずったりします。





でも何日も引きずったりとか


さすがに無くなったな。




少しずつ進歩。






メジロ君は忙し過ぎて



いちいち引きずってる暇もないほど



次から次へと難問をクリアしていく内に



最初の悩みを忘れてしまうらしい。





マクロの回遊みたい(笑)🐟




男性ぽいなと思う。




そんなところにもまた惹かれる。





そういえば


週末デートのはずだけど



待ち合わせのこともお店のことも




今回は話してないなぁ。



デートの約束覚えてるかしら?





前はそれがものすごく不安で




確認したくて仕方なくて



決まってないことが


イヤだったけど



今は



彼を信じているから



その内言ってくれるでしょって




どこかで思ってる。



だって



会いたいと思ってくれていたら



ちゃんと覚えてるはず。


忘れることもありだが💦




ここでも流れに任せてる(笑)




時々、しびれを切らして



こちらから突っつくけどね。




それもその時の私に任せてる。





全部自分で決めて良い。




































このページのトップヘ