さっきの続きです。





結局、お茶を入れてではなく




お酒にしました♡




こちらの方が私に合ってる(笑)




そしてクイーンの音楽。




そしてメジロ君から……

(これは後で出てきます。)






愛するフレディ・マーキュリーの声を




ガンガンに音をならしてかけてた。





そうこうしてる内に




気持ちは落ち着いてきました。





自分で自分を癒そう。





そんなことを意識しなくても





好きなことに触れていれば



心は勝手に癒されていく。







心はある意味





とても強いけど




とても単純でもあって




今ここにあるものを




それがなんであれ



スポンジのように吸収していく。









それにしてもフレディ・マーキュリーは



すごい人。





この人をみているだけで



声を聴いてるだけで



彼のピアノの演奏を



目で見て



そして聴いてるだけで






パワーがみなぎります。




彼の力強い生命力に触れると




自らの命もリフレッシュされるのかな。





自分の悩んでいることが



なんだか笑えてきます。





だってすべて私の反応で




私の解釈に過ぎないことを悩むなんて




私は私をまだまだ生きてないんだなと



自覚せざるを得ません。






私の周りの人




特に会社の人は




私とは全然相容れない


違う世界にいる人です。




感動も感性も育った環境も


全く違う異星人。







私からすれば




彼女は無知で成熟もなく




人生を深めようともせず




人のせいにして



自分の責任にもせず




ひたすら



外に不満を抱き



それを何も気づくこともなく




人に不満を ぶつけて生きている




エネルギー・バンパイアの人。






私の大嫌いな人種です(笑)




その嫌いな人種と働いているので



時にストレスになる。







分かってもらえないイライラ


愚痴を聞かされるイライラ



突っかかってくるメンドクサイ人




人のラッキーを喜べない人




こんなのを相手にしていると




ヤバい、


いつの間にか引きずられてるんですね。







でもこれも明らかに私の責任。




私にもその要素がどこかにあるために



引き寄せた人々なんだから

(吐き気がするけど(笑))







何があってもいちいち反応せず




ブレないでいれば良いだけのことなのに。







あ、余談ですが




一人ね




苦手だなと思ってた人が



突然辞めることになったのよ(笑)





私の学びが終わったから




私から去っていくのねきっと(笑)






あと、もう一人、すんごい嫌いな



エネルギー・バンパイア人が



辞めたらこりゃスゴいねぇ(笑)






ともあれ




ちっさいことで落ち込んでたわけですよ。




そしてその気持ちのままで



メジロ君とも接していたから



ギクシャクというものを引き寄せて




アホですね(笑)




でも仕方ないの。




その時はそうしたかったんだし



その気持ちだったんだから。






今いる現実は



私が小さなことでも



選択を繰り返してきた結果です。





だからその時の気持ちで決めたことに


❌をつけるのは



おかしいよね。





時は戻らない。




過去も変えられない。





それで良かったんだよ~って。





あのときこうしていたら




そこには別のパラレルワールドがある。






でも


それを選ばなかったから



今がある。




それはこの今を味わうためなのだ。




自分の責任なのだよ。






ありがたいことに




私の周りの愛する人たちは




好きなように生きていて




自分の人生の行き詰まりを




他人のせいにせず



実に潔く




彼らの自由という名の責任で





快活に生きている。





それはきっと私に



その要素もあるから引き寄せてるね。








そしてこれを書いてる最中




メジロ君から電話が来ました。





外で作業してて


ごめんね。

着信とメールに気付かなかった。




そう言ってました。






彼は




穏やかに私の気持ちを聞きながら




彼の思いもちゃんと伝えてくれた。





私は彼に



本当にメジロ君が大切にしたいことは



なんなのかな?




そう問うたら











結局ね








彼も喪中で旅行に行くのに



足の悪いお母さんを一人で残して



お兄さん夫婦に頼んで



自分だけ旅行楽しむことに



罪悪感があるけど




旅行行きたい気持ちは



とても強いから



一緒に行きたいって。






シロハトちゃんがもし



俺の立場ならどうする?って



聞かれたから




私は常識知らずかもしれないけど




親の人生は親のものだから



残された私が楽しく



したいことをして生きていくことが




親の喜びでもあると思ってるから





親の死と自分が楽しむことは



全く別ものなんだ。




世間の常識とかよりも


自分の感覚で生きてるから。





そう言ったらね





スゴいねぇ(笑)って




笑ってた。




でもそうかもしれないねって



言ってくれた。





彼の優しさも



私は大好きだから




その罪悪感は



優しさから来てるのだとしたら



捨てなくても良いけど



自分に楽しむことを許可してあげて。





そう言ったら




そうだね。


ちょっと色々考えてみるよ。




旅行のことは



楽しく行っちゃいますか!


って



なんかおちゃらけてた(笑)




毎日心は変容するから




ブルーなこともあれば



吹っ切れるときもあるし


その繰り返し。


それで良いんだね。









それにしても




メジロ君と話すと



なんでこんなに心が軽くなるんだろ。




彼はどうせ俺はとか




勝手に傷付いたり


すねたりしないからだね。





やっぱりこういう人と



ずっと一緒にいたいね。






会社の

愚痴ばかりの

エネルギー・バンパイアとは




どう思われても良いから



極力付き合うのはやめます。




それか





適当に耳を塞いで




距離を置く。




自分を大切にしたいから。




その内に向こうから




はなれてくれるでしょう。




かえって


友達や家族じゃなくて良かった。





仕事関係なら




割り切れるし



付き合うのはその場かぎりで良いから。







なんか

メジロ君と会いたくなったな。



今日は不安定を味わって



自分に癒しを与えて



最後は気持ちが軽くなって




ラブラブで締め括りました♡




今朝は想像もしなかった締め括り。





本当に



未来は自分の予測範疇を遥かに超える。




だから



憂いても喜んでも



どっちにしても


何が起こるか分からないから



じっと任せていれば



大丈夫なんだね。




今日は電話して話すことに




なっていたんだな。





メジロ君は



私と話せて良かったよ。


また前向きな気持ちになれたからね。




そう言ってくれた。



私こそだよ、ありがとう。