昨日夜、少しの間
メジロ君が電話をくれました。
一週間振りに聞く彼の声❤


朝に私がチラッと
デキモノ良くなったことと
明日面接で~とメール書いたんだけれど
(あー言っちゃった。
言わないつもりだったのに…)



そのデキモノの心配と
私の面接のことと
(忙しくて
メールが面倒だったのも多分あるな。)


何より声が聞きたかったからと
珍しく言ってくれて。




面接前で
何だか尖っていた心が
まーるくなりました。



そして交際してから
初めてイベントに誘われました!
夏の花火大会です。


聞けば
会社が桟敷席で
招待されているとのこと。



『シロハトちゃん、
花火大会興味ある?』って。


本来ならここですぐ食い付かず、


『ちょっと予定確認してからね。』


とかクールに言えれば、

予定の埋まっている
手に入らない女子として
恋愛上級者なんでしょうけど、


すいません、
彼がそんな暑苦しいイベントに
誘ってくれるなんて初めてで
あまりに嬉しくて、


即答で
『行きたーい(≧∇≦)』って
しっぽ振って
答えてしまいました。

この辺は私は駆け引き出来ない。
もうちょい、焦らしたり出来たら
もっと彼を夢中に出来るんだろうなぁ。



だって皆様の彼氏さまは
イベントに誘ってくれるような
素敵男子だと思いますが、


メジロ君は
本当に交際当初は気の利かない、


彼女をそんなイベントに誘うことすら
思い付かない男子だったから💧



昨年の夏は会社の
屋形船の招待イベントに
一人で参加しちゃって…


夜景がキレイだったとか
みやげ話ばっかりでね💧


その時私は

『えーそれ、私が隣にいたらなとか、
見せてあげたいな。
とか思わなかったの?』

って
ブー垂れて言ったら、



『あ、そっか。思わなかったな。てか、
誘うとかの概念が全くなかった。ごめん。』


とか言われてね~
ひどい…💧(笑)



でもそういう人だから、
悪意はないんだな。

誘い慣れてないんだなって
思ったから、

その話はそれきりしなかったの。


だから、今年になって
そういうイベントに誘ってくれるなんて
本当に成長してくれたのが嬉しくて‼


何より花火大会一緒に観たいって
思ってくれたことが嬉しくて。



駆け引きもなーんにもせずに
二言返事でOKしちゃってました。


しかも彼は照れ隠しなのか、


『いやぁ別にさ、シロハトちゃん
予定とかないの?
暑いからイヤとか言うかなと思ってたけど
行く気満々だねぇ。』


『俺もさ、面倒だなとは思ってたんだけど
シロハトちゃん興味あるかなと思ってさ。
今、思い出してさ。』


『あれ?いつだったけかな。』
とか言いながら


日にちと場所はスラスラ暗記(笑)


私が
「あ、そこなら~駅の隣の駅だよ。
私が生まれ育った街じゃん。」

て言ったら、


『うん、ああここなら~駅から
タクシーの方が近いし、
面倒くさくないじゃん。』


と下調べまでしてある‼


なんだ最初から誘う気でいたんじゃん


メジロ君、可愛すぎる‼


いやぁ、本当に育った❤


前も書いたけれど、


彼は交際当初は、


クリスマスも
誕生日も
ホワイトデーも
プレゼントも
旅行も

なーんにも気付かない人だった。
自分が欲がないから、
人もそうだと思っている男性。


苦節?一年半、


このように育ったのは


彼女(私)が喜ぶ姿を

想像できるように
なったから。


交際当初は多分想像できなかったんです。
何をしたら喜ぶのかも。


でも付き合っていくうちに
彼女はこういうことに喜んでくれる。


こうしたらめちゃ喜ぶんだって
想像できるようになった。


学んだんだと思う。


それはなぜか?


私も彼のしてくれることに対して
どんな些細なことでも



喜びと笑顔と感謝を
その都度分かりやすい位に
オーバーに思えるほど伝えてきたから。



男性は女性の喜ぶ笑顔が見たい。
それを行動の原動力にしているから。


男性は動くのに理由がいるから。



一年半かけて
それを覚えてもらう。
のんびりでも諦めないで。


必ず彼は覚えていくから。



コツは
リクエストに対して
彼が良い顔をしなかったり

リクエストを叶えてくれなくても


それを何度も頼まないこと。


「分かったよ。じゃ今度考えといてね。」
位の引きで終わらせる。


NOと言われても
『そっか。いいよ。』でその場は
引き下がる。


※本当にジョン・グレーンの
方式のまんまね(笑)



そうしてすこーしずつ、
たまに忘れた頃にジョーク混じりで
ささやくように
リクエストを伝えていく。

一回言ったら
また忘れた頃に。


その繰返し。over&over&…



そうすると
あーら不思議(笑)

彼は洗脳、いえ、
ちゃんと覚えていきます。

そして男性は成功した経験を
繰り返す性質があるので


彼女が喜んだ=成功例


これを自信がついて繰り返すように
なる。




こうして彼は
今までしてこなかった


クリスマスの予約&プレゼント
ホワイトデーのお返し
誕生日のディナー&プレゼント
旅行の計画

そして今回はイベントへの誘い。




彼女の喜ぶ笑顔が見たくて、
応えてくれるようになりました。

もちろん、ちょっとつついたり
全てがスムーズではないけれど、


だいぶ進歩しました。


強制していたら無理だったでしょう。

彼が自発的に行うことが大切なので。



思えばメールの発信もそうだな。
彼から発信が身に付いている。
私からはしない。

用があるとき、
伝えたいことがあるとき以外は
私は彼のメールに返事をするだけ。


女性らしく笑顔と感謝で
彼を男に目覚めさせてあげよう。


それは彼にとっても
幸せなことだから。


お互いの本能が喜ぶ恋愛。



恋愛がうまくいくって
きっとこういうことなのかも。


昨日の彼からの電話で
とても気持ちがウキウキして


この気持ちのまま
面接を受けてこれるので
ちょっと良かった✨


内心ドキドキだし
どんな仕事なのか不安もあるけど
だいぶ軽くなった。


好きな人の愛の言葉や
表現が一番の
原動力になるんだなぁ。