フレディ・マーキュリーは

私の憧れの人です。


こんな才能ある人になりたいなとか
恐れ多い憧れもあるけれど


凡人の私にはそれは無理なので


どんな時も
自分を持っていた人としての
憧れです。



恋愛遍歴もすごいし
セクシャリティの面でも独自路線。
そして嫌でも人目を引く容姿。



それらが全てありのままの彼を
引き立たせ、
唯一無二の魅力になってるところに



とてつもなく憧れます。



憧れるってことは
自分には出来ない、あるいは
持ってない要素だから


それを体現しているフレディを
見てるのが痛快なのかも知れません。




フレディ・マーキュリーについては
あちこちで本が出されてる。


そこに書いてあること
良いこともあるし



悪く書いてることもある。



例えば




怒りっぽい
ワガママ
ドラッグの常習者
気分屋
ファンからの手紙や贈り物を
ぞんざいにする



などなど
酷いことも書かれているけど



これが事実だとして
それがどうした?



芸術家、
フレディ・マーキュリーの才能に
なに一つ関係ない。






そしてこれらの本は全て
フレディの死後に
関係者によって書かれている。



死人に口なし。
面白おかしくどうにでも書ける。



もちろん
全てが嘘とは思わないが
全てが真実とも限らない。



私は自分の目で確かめたもの
感じたもの以外は
容易に信じないことにしている。




ブライアン・メイも
フレディがワガママで
人を怒らせることなど
何とも思わない人と
公言しているけど



(他にも良いことも語ってるけどね。)



それはあくまでブライアンの価値観。
ロジャー・テイラーは
そういう風には語っていない。



人間には相性があるので
自分の主観で人を語る。



だから例えメンバーの公言でも
全てが真実とは限らないと
個人的には思ってます。



フレディ自身が書いた本は
ひとつもない。



人間誰しも



ワガママで
気紛れで
何かに依存し
怒りっぽいときもある。



反対に
とても礼儀正しく
礼節があり
思いやりがあり
優しいときもある。



フレディもそうだったと思う。
そこに悪意はない。



画面から観ることしか出来ないけど


私は彼はとても優しくて
ハートフルな人だったと
感じるな。



もし彼が
傍若無人な人でも



魅力があるから
あれだけの人が集まるんだと
思うから。



地位と名誉だけでは
あんなに集まらないと思う。
魅了されないと思う。




画面から感じるだけだから
真実とは言えないけど



自分の感覚を私は信じているので



フレディは
他人に気遣いの出来る人だったと
感じるんだよね。



そりゃね~

誰だって
自分の機嫌の悪いときに
気遣いなんて出来ないし


ムラはあったと思うよ。




一部のPVが
R指定かかってたりと


何かとお騒がせで(笑)


いいのよ、いいのっ。


フレディ自身が
もう《R指定》みたいなもんだから(笑)



天才とは
ショッキングで危険で甘美な存在なのよ。



子供には彼の魅力はまだ早いの。
私だってこの歳になるまで
魅力が分からなかった。



いつでも
自分を貫いてて本当にステキだ。



でもちゃんとオペラのときは
正装してわきまえる礼節がある。




これは私が男性を好きになるときの
感覚や直感に似てるな。



自慢じゃないけど
私は男性を見る目は確かなの❤
あら、余計なことだったわね。



一目フレディに会ってみたかった。



どんな香りがして
どんなオーラで
どんな体温で
どんな瞳で



インタビューから時々感じる
シャイな感じとか


陽気な感じとか
寂しげな感じとか



この目で確かめたかった。
私が10代の頃は生きていたのに。



行こうと思えば
ライブにも行けたのに。



子供には魅力が分からなかったから。
その時は出会えなかったね。



今だからこそ
私の場合は引き寄せられたのだ。



生きていれば父親と同じ年齢。
信じられない。



私の中ではフレディは
いつまでもあの姿のままで
どこかで生きているかのようだから。




画面からしか彼を感じることは
不可能だけど



ステージを躍動感たっぷりに
動き回る姿は


一生懸命生きている彼が
輝いている。


本人は手を抜いていたのか?
私には分からないけど




あのパフォーマンスを見れば
本気でいつも取り組んでいたのが
伝わってくる。



そんな自分の感覚を大切にしたい。





完璧主義で人が大好きで
退屈が嫌いな天才。



歌に対する情熱を持っていた人。
人を楽しませるのが好きな人。



そしてファンも
大切にしていたと思う。



例えフレディが
噂されてるような人だったとしても


私は彼のそのままを愛する。


良いところも悪いところも
真のファンは全てを受け入れている。




こんな個性的な人
他に見たことがない。



これからも
この愛すべきお茶目なフレディを
愛する。



彼に出会えて良かったなと
心から思うのだ。




彼は永遠の45歳。
若く美しいまま
人の心に今もこれからも


まるで生きているかのように
鮮やかに息づいている。



若い頃の私が知ったら驚くだろうな。
え!フレディ・マーキュリーを
好きになったの?!
あり得ね~ってね。



しかもビジュアル的にムリだったのに
今ではビジュアルもかっこよく見える。



私自身が一番驚いている(笑)
本当に人の好き嫌いほど
あやふやなものはないね。



ちなみにパートナーも
フレディが大好きなので

二人で飽きるほど毎日のように
PVを観てるのが
また楽しい♥