松浦弥太郎氏を
さっきブックカフェでじっくり
読んできました。


この方の全てに
共感した訳ではないですが


孤独を受け入れることを
まるで空気でも吸うかのように
やってしまうスーパーなお人なので



自分軸がハッキリしている
強い方です。



しかも小さな頃から自然に
それを身に付けていった
とのことなので
かなり年期が入っています。


家族といても
恋人といても友達といても
考えて行動するのは
結局は全て一人でしか出来ない。


最後は自分が一番の友達でいること。
一人を怖がらず、受け入れる。
こういった考えが繰り返し出てきます。



こんな風に孤独や一人を満喫出来れば
人生何も怖いものはないでしょうね。



やれている人がいるのですから

誰でも考え方と気持ちの持ちよう次第で
強くてしなやかな人生を
手にすることが出来るのではと
思うのですが。なかなか…。


松浦氏はとにかく群れない。


3人以上の集まりにもいかない。
アルコールもダメなので
飲み会もつまらない付き合いもパス。


残業もせずにとっとと帰宅して
自分一人で夕飯を楽しみ、
夜は10時には寝るといった生活を
ほぼ毎日されています。


なんと軽やかな!


要するに
自分の寂しさを埋めるために
人と会ったりはしないのだよね。



人から付き合い悪いとか思われても
孤立しても
自分のペースを変えない強さ。


そうしてる内に
周りには自分を理解してくれる
暖かい人達が集まるというマジック!


えー出来ないよ~と思って
やらない人は永遠に手にすることは
出来ないマジック。


勇気を出して孤独を受け入れた人にしか
経験できないマジック。


考える前に先ず行動だそうですが
しかし勇気いるよねぇ(笑



ちなみに数少ない私のもう一人の
友達A子がそんな強いタイプだ。


(もう一人のB子とは
ちょっと約束を
反故にされたので距離を
置いた。)



A子は一人で飲み屋に行って
そこで自分の居場所を作れてしまう。
友達も作れてしまう。



だからA子はいつでも自由人で
カラッとしていて
自分一人で何でも楽しめるので
他人に依存してない。


だからA子は軽やかで
結局いつもみんなから
誘われる人なのだ


かといって世捨人でもなく
誘えば私とも飲みにも行く。


自然体で裏表のない正直な
A子といることは
とても楽しいので


A子とは寂しさを埋めるために
飲みに行くというのはなく

A子が好きで会いたいから私は飲みに行く。



A子は裏表もないので
嘘をついて断ったりもしない。
気乗りしなければ普通に断る人なので
安心なのだ。
だから人にも好かれる。



ここでハッと気付いてしまった。



前出の約束をすっぽかされた
くされ縁の女友達B子とは


私は寂しさを埋めるために
会ったりしていたのかも…。


B子に会いたいからではなく
孤独を紛らわしたり
暇つぶしの為に
いつも誘っていたところが
ある。(ヒドい…。)



だからそれがB子にも
伝わっていたのかも知れない。


B子の仕事が忙しいのも事実だし
私とB子も長年のくされ縁ですが


似た者同士かも。


B子もまた寂しさを埋めるためだけに
友達と会う人なのだ。
そう感じる。
(だからB子も友達がいない。)


多分私とB子はあわせ鏡なんだな。


そりゃ伝わるわな。
どんなに気を遣って取り繕っても
自分のことしか大事に思ってないことって
絶対に相手にも伝わってる。


私もB子を蔑ろにしてたんだもの(笑)
誰だって寂しさを埋めるために
自分と会っていたらイヤだよね。


そして悪意のある人は
自分も嘘をついて断ったりするし
相手もそうだと思ってしまうのよね。


B子も私もどこか本音では
好きじゃなかったのかも。



B子は一見人が良いし優しいのだが
本心では悪どそうで何を考えてるか
分かんない。


そう感じていた。


てことは私もそうだってこと。
鏡なのだから。
B子も私をそう感じていたと思う。



A子のように
自分一人で楽しめて
寂しさをヒトで紛らわそうと
しないことこそ


本当の優しさであり
強さでもあるんだな。


私もA子のようになりたいわ~。
来月会うときにA子に極意を聞いてみよう。


B子と縁を切れば
友達はA子一人になってしまうから
ズルズルくされ縁してたけど



そもそも私の暇を紛らわすために
会っていたとしたら
それは友達ではないよね。
お互いにね(笑)



松浦氏やA子のように
一人で何でも楽しめれば
究極にいえば友達は必要ないわけで。

正直、一人でも良いわけだ。
なんの問題もない。
自分の幸せは自分で決められるから。



友達とは会いたくなる人のことだ。



それに気付いたので
なんかスッキリしたな。
憑き物が取れた感じ。



本音も言える仲だったけど
依存しあった関係だったみたい。


ま、とりあえずB子には何も求めず、
行動も起こさず、
ムリに答えも出そうとせず、
流れに任せてみることにした。


A子とB子も共通で友達なので
3人で会ったりもしていたから。


それでも
自然に関係が淘汰されれば
寂しい気もするけどそれも受け入れる。



そしてこの先A子とB子が二人で
会ってもそれは
私にはコントロール出来ないこと。



やはり人は自分で好きなことを
楽しんでるときに自然と
友達が出来るんだなと実感した。



逆に一人を楽しめない人は
他人に依存してしまい
真の友達は出来ない。



メジロ君ともパートナーとも
依存ではなく、
寂しいからでもなく、
(ちょっとはある(笑))
楽しいから一緒にいるんだもんね。


B子にはお泊まりなど
アリバイ作りに一役
かってもらってたので
…これからどうしようかな(笑)


ま、パートナーは
深く追求しない人だから
良いんだけど。


うわー、私完全にB子を
利用してたな(笑)
私、腹黒いなぁ。

そしてB子も私を利用してた。
お互いさまか。


腹黒い人には
腹黒い人がついてくる。

利用するヒトは
利用される。


世の中の仕組みね(笑)



ただ悪い子ではない。
とりあえず解決をせずに
関係を見守る。


そしてどんな結果でもそれは
起こるべくして起こったことだから
素直に受け入れる。



今日は色々学んだ。



何かが私の中で少し変わったかも。
一人を満喫することを少しずつ
やっている。



最初から完全には出来ないと思うけど
姿勢としてはそれを意識していく。



それが出来るようになったら
最強だね✨