居心地の良い今の部署から




最初に契約した一応希望の
部署へ来月から。





短期なので初めはこんなに
居心地が良くなるなんて
思ってもいなかった。




だから
上司に契約と話が違う!って
去年の暮れにわざわざ直談判して




希望の部署に行くことに
なったというのに。




今の部署で
短期間で友達もできてしまい
今更ながら



他の部署に行きたくない…




あーあ…
やっちまったかな…です。





バカだよね。
上司は今の居心地の良い部署に
ずっといてもらおうと
していたのに。




わざわざ契約と違うぞって
自分から異動を申し出てしまった。




でも元々の契約は
その部署ではなかったので




こうなる運命だったのかな。




希望の部署は




うーん、



なんか人も多いし




冷たい雰囲気な感じもするし


仕事も複雑そうだし




お昼も2時とかになるようだし





良いところがなかね!





これが
自然に抗って焦って
自分で掴みにいってしまうと
上手くいかないってことの
典型駅な例なのかしらね。





でも私がその時は
良いと思って決めたことだから



決めた自分に自信を持って
花丸をあげようと思います。




きっと回りまわって
なるようになっているはず。




私はそこで自分の役割を
淡々とこなしていけば良い。



例え居心地の良さは
雲泥の差でも


自分で決めたことだから
信じてあげよう。




物事や他人に期待しないこと
常に中立でいようと意識すること




同じ会社にひとりでも
自分を好きでいてくれる人が
いるならば



それでよし。




それにしても
緊張はします。



一から人間関係と
仕事を覚えることは




やっぱり疲弊する。
なんで私だけこんなめに?





それでも



まだ先の話だけど




月に何回かは
今の居心地の良い部署へ
ヘルプに入る契約なので




たまの
気分転換にはなるかな。





流れに逆らわず
身を任せるって怖いし




つい抗ってしまうけど





今度から身を任せてみようと
思った事柄でした。






どうなっていくんだろうな…。




やっぱり怖いです。




最初から希望の部署に行ってたら
こんな不安にならなかったのに。



でも今の部署に行ったからこそ
友達も出来たと言えるから




やっぱり
なるようになっていたのかな。



考えても仕方ないことだから
あとはどんなことも受けいれて
自然に任せるのみ。




深刻になりすぎないように
さらっとしていたいです。