本当なら今日から
メールカウンセリングを
始めるつもりでした。


モヤモヤ不安感はある。
でも何から聞いて欲しいのか
有りすぎて
整理がつかない。



そんなときはムリに
相談しないのが一番。



いやでも相談したくなる時が
来るから自然に任せる。


私がしたいタイミングで。
お支払い済だしね(*´・ω-)b





で、一呼吸おいて
メジロ君とのことを
振り返ろうかなと。




この恋愛ブログを始めて
1年が経とうとしてる。



誰に向かって書くわけでもなく
自分の心の整理に書いてきた。





昨日は2週間ぶりのデート。




交際2年があっという間に過ぎた。
彼に会うとどうしてこんなに
気持ちが安らぐんだろう。





彼の前では私は




嘘もなく取り繕うこともなく



ありのまんまの気持ちが言えて



それを優しく彼は包み込む。





穏やかで優しい時間が
私は大好きだ。




会社でのメンバーの何となく
嫌な雰囲気や
押し付けがましい上司とは



本当に雲泥の差のメジロ君。


人間力が違いすぎる!



そんなおおらかな
彼と付き合ってるから
余計に私の職場のレベルの低さが
際立ってしまい、
しんどいのかも知れない。




私が彼に聞いたの。



メジロ君は人からどう思われるとか
気にしないの?って。



即答で




『どう思われるとか全然気にしない。
気にもならない。

シロハトちゃんは
考えすぎちゃうの?』



んー
考えすぎちゃうというか
やっぱり嫌われたくないし
どう思われるか気にするよ。



メジロ君は
俺がこんなことしたらとか
言ったらとか
断ったらとか気にしない?



『考えたこともない。
そういう発想がないよ。
断るときはごめんなさいって
断るし、それだけ。』



彼はナチュラルな
カウンセラーみたいなヒト。



強いヒトです。
それを彼は自然に本能でやってる。




彼と話していると
私の悩みがいかに他人軸で、
自分を大切にしていないかが
分かる。



彼はこうしろとか
ああしろとか一切言わないし
人をコントロールしようとも
しない。



だから一緒にいてとても
リラックス出きる。

それは私のパートナーもそうだ。



だからなのか
職場の押し付け上司は私より
10歳も下で
一見ヒトの良さそうな雰囲気だけど


人を無言で
コントロールしようとするので
大っ嫌い。


飲み会もなるべく参加するようにとか
何様だよって思う。
圧がすごいの。


そしてそれにへこつくパートの
オバさんたち。あーヘドが出る。
そして私も自分の保身に
びくついてる。やだね~。



そんな嫌なやつらには
むしろ好かれてはいけないのにね。




メジロ君やパートナーは
自由の良さも
人はそれぞれってことも
知ってる人なので



人がどんな選択をしようと
それを優しく受け入れる。
さっぱりしているのだ。




こういう人が一番実は
自立していて大人だと思う。




私は職場や
人間関係にはあまり恵まれないが
(本当は恵まれたいが)



男性には本当に恵まれている。





昨日はたっぷりとスキンシップを
しながら
彼の腕の中で安らぎをもらった。




彼の身体も本当に良い身体を
してるので
抱き締められると気分が高揚する。




アラフィフにもなると




若い?男性の
引き締まった身体や
肌が本当に嬉しい(笑)




自分が失われつつあるものを
彼がまだ維持していて



それに触れることで
魔女のように若さをも吸いとれる
気がするのよ。




逆に
彼が私の身体に高揚する、
興奮してくれてることや



私との営みで
彼が動いて汗をかいてるところを
見るだけでも萌える(笑)




アラフィフ女(私)は
結構ヘンタイかもね。




こうして書いてると



なるほど私は自分の存在を
必要として欲しいんだなって
分かる。



ここでも他人軸ですね。




そんな私でも今は良い。
焦らず自分軸にしていくから。




彼が私のことは
存在がとても大きいよと
言ってくれる。



それで充分じゃないか。
愛する人がそんな風に
思ってくれているのなら。




会社は友達を作るところではない。



淡々とやるべきことをやって
お金をもらい



そのお金で私生活を充実させる。



それで良いじゃないか。
何が問題なのだ?




自分を出すとみんなが離れていく。
友達がいないことと
会社をむすびつけてるから
しんどいのかもね。




むすびつけなくて良いし
自分の価値をそこに
見出ださなくて良い。




頭では分かってる。



あとは気持ちがついていくだけ。
頭で分かっていれば
いずれついていくだろう。



今日は自分のカウンセリングを
自分でしたようなものだな。




会社で
怯えなくても怖がらなくても
大丈夫。




私には彼らがいてくれる。