軽めのカウンセリングも
試しに受けたり


新しく価値観の合いそうな友達が
出来たり



薬膳の勉強したくなって
一日体験に申し込んだり



そんなことをしていたら
会社もだんだん馴染めるように
なってきたりして



自分の人生が
少し動き始めた感じです。



メジロ君とももちろん
順調。


でも今彼が
腰を痛めてるのに仕事休めなくて


病院通いながら
仕事に行ってる。



そして今月は
年度末だから


休みがない。
ずっと働きっぱなし。



さすがの彼も


ツラいと言います。



そんな中で


だからこそ
私と過ごす時間を大切にしたいと
言ってくれました。



休みがないので
今度会えるのは月末。



腰痛抱えながらも
彼は休まない。



休めないと思い込んでる。




忙しくて辛いこと
それを彼が選んでるのだから



今は彼の思うままに
やらせてあげようと思ってる。




心配したり
休みなよとか私が口を挟んで



ツラい経験をさせることを
私が奪わないように。
きっとそれも大切な人生の経験だから。




彼の人生の苦い経験を
私が代わることも出来ないのだから。


もちろん心配だよ。
そんな状態で働く彼を見て胸が痛いよ。


そして彼も私に弱音を吐くけど



私は
彼が自分の気持ちに従って
生きていくことを阻止することは
出来ない。



休まないのも休むのも
彼の選択。


私にできることは
その彼の選択を




どちらを彼が選んでも



味方になって
寄り添っていくだけです。




それを彼にもメールでさっき
伝えたんだ。




決めるのは彼だから。




こんな風な考えが
出来るようになった。



私も少しずつ
変化しています。



自然に起こる変化って

実は目には見えないほど
ゆっくりなのよね。



花が開いたり
蝶が羽化したりするのも



本当にゆっくりだけど



でもちゃんと
確実にいつの間にか変化してる。



人もきっとそうだとおもうな。
焦らないことなんだ。




今は



私とメジロ君をゆっくり見守る。




彼が休んでも大丈夫なんだってことを
いつか自分で気付いたら



彼を取り巻く過酷な労働環境も少しずつ
良くなると信じてる。





私の愛は彼を見守ること。



私の愛は私を大切にすること。