あーやってしもうた…





メジロ君から
腰がだいぶ良くなったよって
昨日夜にメールもらって


そのメールの最後に
『春は出会ったり
別れたり複雑だね。』



って書いてあって




は??なにこの意味深な…
別れたりって???



とちょっと動揺したけど
あのメジロ君のことだ。

なんも考えずに書いたに違いない。



この前送別会が多いって
言ってたから多分そのことだろ…



って思ったんだけど


なんかモヤっとして

腰のことも気になってたから


朝電話をかけてみたの。




でも
かけた瞬間ね…


なんか近頃私からばっかり
電話してるなぁって気付いて



コール音
3回くらいで一旦切ってしまった。



そしたらすぐにメジロ君から
折り返しが来たけれど



ちょっとでも話せるのなら
何で電話してきてくれないのかなって



心で拗ねてしまった。



前は良くかけてきてくれたのになぁ。




彼は忙しそうに
ちょっと低いテンションで



今日も朝から忙しくて
今月はずっと休めないよ。
もう書類やら何やらで
しっちゃかめっちゃかだよって



まるで朝にかけてくんなよみたいに
冷たく聞こえた。


前も1度だけそう感じたことが
あったなぁ。



それでも
腰がだいぶ良くなったって話してて


出会ったり別れたりってなに?って
聞いたら


案の定送別会が多くて
寂しくなったからさ~と言っていて



ちょっとホッとした私。



シロハトちゃんは
今日はおやすみ?何してるの?とか
世間話も少ししてる間は


彼もいつもの明るい彼で。



でもどうしても
仕事がどんだけ忙しいかの話になる。



私は来月の
シフトを出さなきゃいけないから


彼に来月のデートの予定を聞きたいけど
忙しくてテンパってるメジロ君に
なかなか聞き出せなくて



んー、
話したいことがあったんだけど
いいやって言ったら



なに?心配事?職場のこと?
って聞かれたので



会社でお局に
昨日はイヤなこと言われたとか
そんな話をしてちょっと弱音を吐いて



メジロ君は

まぁ前向きにね。
どこも大変だなぁって。



いやそんなことじゃなくて
来月のデートの日にちを決めたいのに



でも言い出せなくて
モジモジしてたら


じゃあ話したくなったらで
良いよってメジロ君が言うから




『彼氏にこんな遠慮するなんて
おかしいよね!
あのね、言うね!
来月のデートの日にちを決めたいの。』




メジロ
『あー、そうか。
んと…来月は落ち着くから
いつでも良いよ。でもね、』


私『でも?』


メジロ
『今月末は
会えないかもしれない。
本当に厳しいです。ごめん。』





『・・・・・・』




メジロ
『あ、や、ちゃんと努力はするよ!
でも本当に3月は厳しいの。
休めないんだよ、1日も。
4月になったら本当に楽になるんだよ。』

『でも今から月末大丈夫!って言っちゃうと
シロハトちゃん怒るでしょ?』



なんか
モーレツに残念な気持ちと

3月の初めに会ったとき
約束して楽しみにしてるって
言ってくれてたのに!という怒りと
哀しみとが




わーー!っと
ダムの決壊の如く押し寄せてきて



黙りこんでしまった。




メジロ君は
『もしもし?』って
聞き返してくる。



思わず


『メジロ君、私たち圧倒的に
話す時間も足りないよ!
こんなんじゃ何のために付き合ってるのか
分からなくなる!』


勢いで言ってしまった。



メジロ君は
『…ごめん…。何のためにって…
なんでそんなこと言うの?』




『・・・・・』




『現場に着いちゃったからごめん、
俺もう行かないと。じゃまた。』



そう言って終話した。




違う…
こんなこと
言いたかったんじゃなかったのに。



会社でもイヤなことあったから

月末に会えるのを
とても楽しみにしてたから
会えないかもって言われて



勝手に私が今は癒されたくて


好きだから会いたくて
だから哀しかったのが本音なのに




何のために付き合ってるのか
分からなくなるなんて


どうして言っちゃったのかな…。




メジロ君、
一気にきっと私に会うこと
めんどくさくなったかも知れないなって



どーんより落ちてます。



昨日は会社のお局に
嫌みを言われて


今朝は彼氏とギクシャク…



きっと私のこのイライラや不安が
そう言わせたんだよな。




メジロ君はめちゃくちゃ忙しいし
腰も患いながら休みもしないで
働いてる。



今は彼の脳裏には
仕事の完成しか頭にないのが
分かってる。


余裕もない中で
メールも毎日くれてるけど



話したりなくて
会いたくて



そんな不満が出てしまった。



テンパってるメジロ君に
そんなこと言っても

どうにもならないどころか


ちょっと付き合うの面倒と思われるのが
セキノヤマなのにね。




自分勝手なのは分かってる。
そう思われても仕方ない。




彼も束縛されてる気持ちに
なったかもしれない。




でも言わずにいられなかった。



私は我慢できないから。
その都度言うのが私だから。



今はメジロ君に何を伝えても
余裕のない彼にはマイナスだろうから



しばらく私からのコンタクト
控えます。



たまには引かないとね。



月末のデート厳しいのかぁ。


まる1ヶ月会えないって


それが一番ショックだったなぁ。


最後まで努力はするよ!って
言ってはくれたけど

彼はそれどころじゃないって
感じも


なんかショックだったなぁ。



これも私の勝手な価値観で


好きなら一緒にいたいから
何としても会いたい。




それは彼も一緒だろうけど
仕事が忙しい彼との
温度差が見える。






こうやって
だんだん興味と共に会いたい気持ちも
薄れてくのだろうか。




あー
完全に恋愛の醍醐味
味わっちゃってるなぁ(笑)