メジロ君と色々なスレ違い。



過去記事にも書いてきたように




今月は
忙しくて会えなくて



一度も休んでないメジロ君。




会えないない中で
彼がやっと作った今日の
半休の時間を




私は彼のリフレッシュに
使って欲しくて




自ら会わないことを選択した。




そして


1ヶ月以上会えないことに
慣れてくのが怖かったとメールで
告げて。





その私のメールを読んだメジロ君が
私にフラれたと思い





突然に別れのメールを送ってきた。




『いきなり一方的すぎるよ?
でも俺のせいだね。
ごめん、シロハトちゃん
笑顔が大好きでした。

今まで本当に本当に本当に
ありがとう。』




え??

なんでこんなメールを
送ってくるの?




ああ
でも誤解するのも無理はないことを
私は書いたなって思った。




その別れのメールを読んだとき



私は彼に
愛されてたことを悟った。




実は自分の気持ちも
分からなくなっていたのは
事実だった。



彼を好きなのか


彼と続けて行きたいのか



分からなくなって。



でも
彼のその別れのメールを読んで


涙も溢れて
心がざわざわと叫んでた。




やだ、別れたくない!
やっぱり私は彼が好きなんだ。
失いたくない。




私はすぐに


メジロ君は別れたいの?と
メールした。





間髪いれずに彼から



いま、話せますか?とメールがきた。




怖かったけど
yesとメールして



程なくして彼から電話がきた。




自分のドロドロした思い、
分かってほしかった気持ち、




こうしてほしかった
こうだと思っていた



そんな思い込みも含めた気持ちを



二時間近くお互いに吐き出した。



声を荒らげるようなことではなく


穏やかに努めて冷静に



お互いのことを

『聴き』あった。




彼は



すごく好きだから
別れたくないよ。



でもシロハトちゃんは
怒ってて俺はフラれたと思って



昨日はずっとブルーで凹んで
悩んでいた。


でも
シロハトちゃんが
別れを望むなら俺はこれ以上
貴女を困らせたくない。




そう思ってメールした。
そのメールさえ


削除されてて届かないかもしれない。
メールもしてはいけないと
思っていたと。




彼がそこまで思ってたなんて
知るよしもなくて。



彼に初めて



シロハトちゃんはどう思ってるの?
そう聞かれた。





私は今までの不安や
会えないことでの気持ち変化が
怖かったこと



半休をプレゼントしたものの
私と会うことよりも
彼は自分の時間を選んだことが



好きな人には自由でいて欲しいのに


半分は嬉しくて
半分は哀しかったと



ぜーんぶ恥ずかしいけど
本音を語りました。






すると彼は



俺も同じような気持ちだったと。



俺も自分の時間をくれたことに
感謝する気持ちと



なんだよ、せっかく半休を取ったのに
会えないのかよという気持ちと



複雑で半半だったと。




色々と彼の気持ちを聞くうちに




私の想いを話すうちに




結局は



全部ひもを解いて取っ払ったら



二人とも価値観は違えと





お互いすごく好きなんだよね。
そう告げたら



良いことを言うね。
その通りだよ。



俺はシロハトちゃんを
死ぬまで好きだよ。


なるべく自分の気持ちや
会いたい気持ちを伝えるから。


4月の○日、会いたいです。
会ってもらえますか?




彼は精一杯



私に対しての誠意を示してくれた。




別れのメールから一転して




お互いの気持ちを確かめあうことに
なった。




こんな起爆剤が必要なこともあると




私はこの歳で初めて知った。



怖かったけど
彼は彼なりに私を大切に
愛してることも知りました。




初めて付き合った頃のような
気持ちが甦る。




1ヶ月以上会えないことで
お互いの心を見つめて




何だかんだと



私たちはお互いに大好きなのだ。



素敵な恋をありがとう。



今度会えるとき



二人はきっと新鮮です。



そしてきっと求めあう。



そんな予感がしてます。













…バカップルでごめんなさい。