女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: デート




そういえば




メジロ君は結構デートで

マメです。




性格は豪快で男っぽいのに



不思議だなと思う。





お料理を自然と取り分けてくれたり




しかも




私のお皿に『はいっ♪』って言いながら




楽しそうに取り分けてくれる(笑)



あの『はいっ♪』て言い方、

私は好き(^^)






ワイングラスが空になると




お店の人がやる前に



気付いて注いでくれる。





私の好きなものも覚えていて





私が中座してる間に





それを注文しといてくれたり




食事が終われば



いつの間にか

お会計も済ませておいてくれる。






なんか食べる?

なんか飲む?


お腹一杯になった?

飲み足りた?




毎回必ず私に聞いてくれたりね。





私がもう大満足!って答えると




ホッとした様子で




良かったね~って言う。






私はと言えば…




取り分けないし



グラス注がないし




お金出さないし




何にもしない( ̄▽ ̄)





ただ唯一、




笑顔で美味しい~♪って



リスのごとく



ほおばって喜んで食べる。




取り分けてくれたら




優しいね~ありがとう。





これだけ。





これも本当に嬉しいし美味しいから




ちっともムリはしていない。




ホテルの部屋でも




私の洋服をハンガーにかけてくれる。





彼のもキレイにたたむ。





わりと几帳面です。





でも病的ではなく、程よい。





そういえばパートナーも



取り分けるし



注いでくれるなぁ。




思うに



女性が気付いて先回ってやり過ぎるから




男性が役割を奪われてるのでは⁉




私みたいに何もしないのが良いのかも(笑)




や、自慢できることではないけどさ( ̄▽ ̄;)





男性のやってあげたくなる気持ちを



奪わないって大切だなと思う。





思わず彼が

何でもやってあげたくなる女と




思わず彼に

何でもやってしまう女と




この違いはきっと




彼がやってくれることを気長に待てるか



やってくれたことに喜びを表せるか



これだけのような気がする。





あ、でもね




メジロ君だって全てのことで


そうではないよ。




気の付かないこともあるし




不器用で粗雑なこともある。





そこがまた男っぽくて好きです。





メジロ君が全てホストみたいだったら




なんかウソくさくて嫌だ(笑)





彼が心からやってあげたいなと



思ってくれることだからこそ




嬉しいわけで。





下心や


嫌われたくないからという



ムリした動機は




なんとなく伝わるもの。



それは男女問わずそうだよね。




自然な感情から生まれる気遣いは



嬉しい。





私は私なりの気遣いはあるよ。





誕生日やなにかプレゼントするときは




直筆のカードを必ず用意して




気持ちや沢山の感謝を伝えたいから



その気持ちを文に込める。




そのカード選びも




彼を思い浮かべながら




かなり時間をかけて選ぶしね。




手料理もあげたいからあげる。



彼に好かれたいからではなく


ぜひ食べてほしいから。


まあ自己満足でもある(笑)





でも人を喜ばせることって





相手のリアクションがどうでも



自分がそれで満足するからだよね。






喜んでもらえたらすごく嬉しいし

またやろうって思うけど




喜んでもらえなくても


自己満足だからそれでもよい。




メジロ君が私にご馳走してくれるのも




喜んでほしいという

彼の自己満足感からだと思う。





私にも
とてもありがたいことだなって感じる。




私も誰かに何かをして喜んでくれると




何より自分が嬉しいもんね。




だからといって


ムリすることではない。





今度のデートはメジロ君の



プレ誕生日祝いなので



カードも選んで書いたし





彼の好きな

ある老舗チョコレートショップの




チョコレートも



BOXで買ってきた。




栗ご飯も作って持参する。





あとは洋服を一緒に買いに行って




プレゼントする。




でもディナーとホテルは彼持ち。



気持ちはしてあげたいけど



高額で私にはムリなので


それはムリはしない。




でも精一杯の出来ることをするよ。




でもきっとメジロ君は


誕生日だろうが何だろうが



デートでマメなのは変わらない気がする。





特別な日だから

今回は私から注いだり取り分けようかな。




それもその時に自然な感情が沸いたら




自然と手が動いてると思うけどね。










あれからパートナーとも



あらま仲直りの兆候(笑)




なんか普通にご機嫌お伺いのメールがきたし。





私は何もせず



放っておいただけですのに(  ̄∀ ̄)




でも根本的なことは変わらない。




お互いに正しいと思ってる価値観があり




それは譲れないところもある。




私の苦労も




向こうの苦労も




お互いに言い分があるからだ。




それでも不満を伝えてギクシャクして




それを乗り越えたことに意味がある。




少しでも良くなるように改善していくこと。



それが例え遅々としたもので




何年スパンになっても




意味がある。





んで、




メジロ君とは絶好調ですねー❤





彼は一皮むけた感じです。




だから小さな小競合いがなく




パートナーよりも器がかなり大きい。




だからといってパートナーが



小さいわけでもないけどね。



彼は彼で人を思いやれる性格だし。




性分なんだろうから仕方ない。





個性ってやつだね。





今度のデートは




メジロ君の誕生日を祝う予定。




日にちは全然違うけど




誕生日本番は彼は仕事なので前祝い。





手料理を持参して、




洋服をプレゼントしようと思ってる。



私は彼と違って稼ぎはないので



諭吉さん3枚以内にして欲しいと



伝えたら

そういうこともハッキリと言う私(笑)




何も要らないけど




じゃ、

記念に何か1枚買ってもらおうかなって





ちょっと嬉しそうだった。



私から買ってもらうの滅多にないから

(年に一度だけ)




なんか嬉しいらしい。




一緒に買いにいくので




旅行に着ていけそうな




某ブランドのシャツか


ニットにしようかなと考えてる。




彼は何でも似合ってしまうので




特に私が!彼に着て欲しいデザインで




特に私が!萌える服(笑)を、




ここぞとばかり選ぶつもり。




私の眼福のため❤





でも誕生日祝いだけど




その日の食事とホテル代は




いつものようにメジロ君任せという(笑)




恐らくプレゼント代よりも高いと



思われますが





でも出来ないものは出来ないので





遠慮なくそれはゴロニャンと甘えます。






ゴロニャンといえば




この前私がホテルで




コンタクトをはずしてテレビを観たら




全然見えなくて画面の真ん前で




立って張りついて見てたら




『シロハトちゃん、


なんかテレビの真ん前で張りついて観てんの、


うちのネコみたいでカワイイっ❤』










後ろから



ぎゅって抱きしめられたことがあったのを
(//∇//)




いま、思い出した(笑)





あー、確かにネコって



テレビに近寄って張りついて観るよね。





突然メジロ君の萌えポイントに



アクセスしたらしい。




え、そこ、きゅんてするんだ?!って



ちょっとひるんだ(笑)




人それぞれ萌えポイントが違うね~🐱



🐥🐥🐥🐥🐥🐥🐥


えーと話を戻す





私は女性から男性に何か買ったり




奢ったりって






実はすんごい抵抗があるんだけど




※あくまで私の価値観だよ。

色んな人がいると思うから。





年に一度の誕生日だけは




彼も特別な思いだろうなって



感じるので買ってあげたい。





実際、とても喜んでくれて




前回あげた洋服も



気に入って何度も着てきたりね。





ただし、私の出来る範囲で買う。




無い袖は振れないもん。




やっぱり私はプレゼントされたり


奢られたりが好きだなぁと



改めて確信(笑)




お姫様扱いが良いな~✨





お姫様は王子様にプレゼントなんて




しないよな~。






役割がやっぱり違うって感じる。






さて、バレーボール観よう📺

















先週末のデートは…









すみません、またもや…











ラブラブでした♡(ˇ◡ˇ)♡







ここ(公)では書けないくらい(/ω\*) ♡

(と言いつつ、書く(笑))








当たり前ですが




メールだけでのやりとりと






会ってるときでは





全然、感覚が違う。






恋愛は会ってナンボだ。




お互いの




目から、肌から、




息づかいから




体温から





じわーと愛が滲み出る。





より彼を深く味わえる。





いつものイタリアンで





彼は私のワンピースをじっと見て




『シロハトちゃん、

今回の、なんか良いね。』





そう?✨って言ったら




『うん、キレイだよ。』





はい、愛がじわー(笑)





彼はそういう誉め言葉は



普段はあまり言わないので



恐らく『ワンピースが!』気に入ったと

いう意味だと思われますが





それでも女性としては


嬉しいですよね。




やった!って

ガッツポーズした(*≧∇≦)ノ





そして




ちゃんと今年のお休みのスケジュール





メモしてきてくれました。






手に(笑)✋





彼の大きな手にボールペンで




しっかりと書かれていた。





なんかね、こーゆーアナログ、




より気持ちが伝わる。



新鮮な感じで嬉しい。




これもじわー(笑)






その中の晩秋の一泊二日、





一緒に旅行に決定です!🚅✈




どこに行こうか一緒に話したけど




滅多にない機会だから





行きたいところが多すぎて



全然決まらなくて。



彼は



私を連れて行きたいところが



有りすぎるんだよな~って




嬉しいことを言ってくれる。





これもじわーっと(笑)






結局、次のデートの時にしよって



なったんですが





『確か、来週はシロハトちゃんが
予定が入ってるんだよね。

で、再来週は俺予定が入ってるの。


次のデート、3週間後でも大丈夫?』






(・⊝・)エッ?!







ここでいきなり落とされました(笑)







『うん、さみしーけど( ・ε・)』





『ごめんな、

土曜はやりたいことがあって

日曜は知り合いの結婚式の

二次会に呼ばれててさ。』






『メジロ君はメジロ君の都合があるから。

でも、3週間長いね~((・⊝・)

私、フツーに再来週って思ってて

休みとってたんだ~』






『じゃ俺さ、二次会断れるか

聞いてみるよ。』






『え!良いよそんなの。
大切な用でしょ?』




『んー、でもご祝儀包んで
渡すだけでも良いかもしれないから。』





『んー、どうしよ…。』





『そんなに悩まないで。
とりあえず聞いてみて
明日連絡するから』






『分かった。ありがとう。
メジロ君にお任せします。』





そんなやり取りがあって




結局、




二次会にはやっぱり行くけど




その前日の土曜、




彼がやりたいことがあって。と



言っていた日に




『土曜はどうですか?


せっかくだから土曜にしかいけない


店にしようよ!』


と言ってきてくれて。





でもその日やりたいことが
あったんでしょ?


良いの?って聞いたら




『やりたいことは



会う時間までに



片付けられるかなと思って。



で、そっか、日曜だめなら



今回は土曜にすれば良いんだって

思ったの。』




滅多にない


月に一度の土曜の休みを





そんな風に差し出してくれて





なんとなく束縛してるような

気持ちになったから





次の日に




『メジロ君、



会う日を色々考えてくれてありがと。




あんまりプレッシャーに

なったりしないで。




気持ちをさみしーとかストレートに

伝えちゃうけれど


自由でいて

欲しい気持ちは変わらないよっ』て






メールしたら





『🌑に予約したよ。

シロハトちゃんもストレスとか大変だよね。

この日は思いきり楽しもう。』




それには触れずに

こんな粋な返事をくれました。




じわー、再び(笑)





今回は割りと二人とも飲んで





2軒ハシゴして




メジロ君もちょっと珍しく



ほろ酔い。





あの…





今回も前回同様になんかね、





すんごい良かった(*゚∀゚)=3





いつもは寝落ちするのに





かなりメクルメク♡しました。




以前よりも




Hにたいして




彼に積極性が感じられるように
なってきてる。




自信がみなぎってるような





彼のパワーを感じる。




彼は新たな地位も手に入れて




やりがいも

更に上がったのかも知れない。




メクルメク♡の内容は




今度気の向いたときに…。





帰り際に


彼がいきなりカバンから




ハイ!って




ワインをくれた。




『え、こんな重いの、


これずっと持ち歩いてたの?

重かったでしょ。』





『うん。

だから電車に乗る前に渡そうかなと
思って。』





突然どうしたの?って聞いたら






『ん?別にずっと俺の部屋に

あったんだよ。


いつもお土産もらってるから


そのお返し。』





部屋に?


え、お返しって…




私は旅行も出してもらって





毎回ご馳走してもらってるので



その感謝としてお気持ち程度の



お土産とかをメジロ君に買ってきてるけど





全ておごってもらってる上に


私がお返しなんてもらうなんて(笑)って




笑ったら、





あ、そーか、そうだね(笑)って

彼も笑ってた。





で、ありがたく頂きました。






じわーと愛が滲み出るって




けっこうシンプルで小さなこと。





そこらじゅうに愛はある。








ただそのじわーを感じるセンサーの




感度が良いか悪いかで







幸せの度合いが変わるのだ。




じわーの量は捉え方でもある。





感度を高めよう~❤
























昨日はデートでした。




毎回、ラブラブですいません(〃∇〃)




メジロ君が本当に優しいので




私はイラッとする暇もない。



ひたすら癒されます。



昨日は



私はネイビーのワンピースを

着ていって




イタリアンなので少し

かしこまったデザインにしました。




でも彼は私をじっと見て





『シロハトちゃん、

赤が似合うから

今日赤を着てくるかなと
思ってた。』





『え(;・∀・)?

ありがとう。

今日は全身ネイビーにしてきたけど

お気に召さなかった?』







『…ううん、お気に召しました。
すごくね。』




(*゚゚*)





『なんかそれ今日、
一番嬉しい言葉かも。』





『そう?良かったね~。』





メジロ君の

変化球の誉め言葉に弱い私。






『そういえば、こんな俺だけど
私のあたたかさが伝わってくるよ。
改めてありがとうって
昨日メールに書いてくれたでしょ?

あれはどうして突然?』






『あれね、10回くらい前からの
シロハトちゃんのメールを
改めて読み返したの。

そしたら、俺、シロハトちゃんの
質問にきちんと答えてなかったり
忘れてたりしてることが多いのに

それでもこんな俺を優しく支えて
くれてるなって感謝がね、
沸いてきたから書いてみたの。』






『(*゚゚*)…そうだったんだ~。

メジロ君は唐突なんだけど
その時に思ったことを正直に書くから
なんか良いね。ありがと』






お店のスタッフさんたちとも

とても気さくに話したり飲んだり





美味しいお料理も運ばれて




トイレに行ってる間に



私の好きそうなスイーツを頼んでおいて


くれたり




至れり尽くせりされて



あっという間に素敵な時間が
流れて行きました。




旅行の話も具体的に出て



秋に実現しようということに

なりました。




行きたいところが沢山あるね。



そう言ってくれた。




そして飲みすぎた(笑)





ホテルについたのは



いつもの日帰りプランの

チェックアウトの三時間前。




お部屋につく早々




なんか積極的に抱き締められて



キスされました。



いつも私から襲うのに(笑)



珍しい…(〃∇〃)





その後はお決まりに

短い行為でしたよ?(笑)



感じやすいメジロ君はすぐ
いっちゃうのだ…( ;∀;)





でも今回は彼に積極性が感じられて




いつもより満たされたわ~✨





そしてそのあと二人で爆睡してしまい





またもや

気付いたらチェックアウトの時間は




無常にも過ぎていて



慌てて帰り支度をバタバタして





電車がきてたので私は飛び乗って




バタバタとサヨナラして家路へと
向かいました。




飲みすぎは時間感覚を奪うね💧





今度はお盆に会う約束をして



せっかくだからお泊まりで



会うことに。



でも彼は普段忙しい分、


お盆休みは貴重なので

色々やりたいことが溜まってるらしく




お泊まりの次の朝は



午前中には帰るねと

言われてしまいましたわ。




彼は少し天の邪鬼なところがあって




お泊まりじゃなくて


日帰りが良いなんて言ったら



シロハトちゃんに怒られるからとか

言うんだけど




いざ泊まると
彼が一番楽しそうなのよね(笑)




前はね




私とのお泊まりイヤなのかなとか


いちいち反応してたけど




今はそれがわかるから




別に日帰りでも良いよ~って

軽く受け流してる。




そして彼は



お泊まりで大丈夫だよって言う(笑)




その気持ちがホントかウソかなんて



どっちでも良い。




いつも当日は


間違いなく楽しそうだから。



それを私の感覚で信じるだけ。






お盆は



前から気になってた


ある郷土料理を食べさせてくれるお店に



ちょっと遠出したいなと
思ってるけど



暑いのよね…。




それか地元で遊ぶか



どちらにしようかを打診中。




私としては郷土料理店が気になるなって



伝えといたので




恐らくそうなるかな?!



大抵彼は、



シロハトちゃんの好きなところで


良いよと言うので





昨日は色々な話をしたので



異動のこととか、メジロ君の会社のこととか



旅行やお盆のことや





会話が

盛り沢山過ぎて覚えきれてない。




でも



彼は昨日

身体にピタっとフィットした

Tシャツ一枚で着てて





これがもう悶絶(笑)




高身長



がっしりした肩幅と



たくましい腕。



胸板が程よい厚さ、



お腹ももちろん出てない。



(私は出てるのに( ̄ー ̄))




かといって




キン肉、ムキムキではなく
(そういうのは苦手💧)





程よくて




すごくカッコいい…( ;∀;)




貧弱な体型の男性は着てはいけない
(失礼…)



スタイルがモノを言うTシャツ。




この腕に抱かれるのか~って



妄想してたことはしっかり覚えてる(笑)




彼のフェイスラインも



引き締まっていて




首や顎のラインとか


なんだろ、骨格も好き。





とにかくメジロ君祭りでした✨





お祭りも賑わってて



非日常を味わえてリフレッシュ出来たよ。




そして今日はお休みですが




昨日のあまりの楽しさから



朝は鬱気味でした(笑)





まだまだ暑い夏、



また会える日を励みに



明日からまた無心で頑張りますわ🍧



































このページのトップヘ