女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: デート




昨日はメジロ君とデートでした。




彼は疲れた顔してました。



珍しくヨレヨレしてて



顔色も良くないように感じた。




それでも昨日は


一緒に旅行店に出向いて



GWのチケットも受け取って



いつもの天婦羅屋さんへ。



私と彼の好きな稚鮎も入ってて

(苦くて美味だよね✨)





あと天然物の大きなタラの芽も。




揚げたての天ぷらをつまみながら


ビールを飲んだらちょっと元気に(笑)





仕事のことや



好きな音楽のことや



色んな話をしていく内に



彼もほぐれて元気になりました。




ちなみに仕事で彼は


よくガールズバーや


キャバクラも行くようで、




しかも嫌いじゃないって(笑)





『でも本当に心から癒されるのは



シロハトちゃんといるときの



こんな時間なんだよね。』



そんなことを言ってました。



そうであろう、そうであろう(笑)


なんてね。




私は彼がガールズバーに行くことに


全く抵抗がない。



良い男のたしなみだと思ってるし


どんどん行ってきて欲しい。




強がりや負け惜しみとかではなくて



行けば行くほど



むしろ私の良さが



更に際立つくらいに思ってるので(笑)




私はそんじょそこらの若い子に負けない。



私ならではの魅力と品と知性もある。


そんな根拠のない自信があるから。






あ、でも



スタイルだけは負けるわ💧




最近、お腹回りがコンプレックス。




メジロ君は私のお腹回りが大好きという



ヘンタイだけど



やっぱり私がイヤなのよねぇ。




出会った頃のスタイルに戻したいです。





夕べも彼とベッドを共にして




彼は背も高い上に肩幅も広くて



程よく筋肉質でがっしりしてる。


引き締まった肉体で


スタイルが本当に良い。



うっとり眺めていたいほど。


肌もすべすべしてて気持ちが良い。





その胸に顔を埋めて寝るひとときは




至福のときでもあると同時に



自分のスタイルの酷さに泣く( ;∀;)



シロハトちゃん、

出会った頃よりふくよかになったよね❤





嬉々として彼は言う。




彼は今の私も大好きだよって。




でもさ


女として全裸に自信がないのは



ツラいよ。





しかも彼が良い身体してるだけにね。





で、


年齢的に痩せにくい私はヨガを始めた。




浮かれたおしゃれヨガではなく



あの番場先生の健康ヨガだ。




昔、やってたんですよ。



その時は身体の調子も良かったし



身体バランスも良かった。




五年ぶりに再開。



ゆっくり私なりに頑張ってはいる。




私のこのコンプレックスな思いとは裏腹に



彼は私とのセックスで昇天してるし(笑)




俺の方がシロハトちゃんの2倍は

愛してるよ❤



そんな風にメロメロなことを言うし





夜寝る前にも昨日はメールで



シロハトちゃんの香りが残ってる内に


夢の中へ行ってきまーす





って…(;゜∀゜)



やば、


メジロ君は私のことが本当に

大好きなんだなって

こちらが冷静になるほど(笑)




このお腹回りでよくまぁ



欲情してくれるなぁって逆に感心する。







私の首筋に

とろけるようなキスをしてくれるときも



身体中に快感と幸せが走るのも



彼のあの顔と


良い身体でされてるからであって



もし彼がぶよぶよだったら



私なら萎えるよ(笑)




恋って不思議ね(笑)

笑ってる場合じゃないけどさ。




昨日はキスを何度もせがんだら




シロハトちゃん

まだセロトニン足りてないんだろ~?


って




もう言葉には表せないほどの



トロトロになるキスをくれた。




は~😵💨

もうそれだけでいっちゃうよ…⤴





大好きな彼だから



やっぱり私も良いスタイルでいたい。



ヨガとウォーキングを頑張ろ。






オチもないバカップル話でした。





だって大好きなんだもん❤



今度会えるのはいよいよGWの旅行!




ちょっと先だけど



楽しみです✨




追記


なんか謎に

文字が大きくなってるけど

直らないからこのまま載せました。


フォント変えてないのに

時々なるんだよね、ライブドアさん。
































































メジロ君と

平成最後の夜桜を見に行って来ました。



その前に二軒お店に行って



お腹一杯&良い感じに酔って



千鳥足でゆっくり歩いて公園へ。



満開の桜が私たちを出迎えてくれたよ。





メジロ君の肩越しに見える桜たちは



今年も見事に咲いていて



とても美しく力強くその姿を見せてくれた。






二人が昔よく座っていたベンチに腰を

下ろして



恋人繋ぎをしたまま真上を見上げると



北斗七星と夜桜のコラボが見える。





私はそっと彼の肩に寄りかかって


しばらくその夜空と桜を見上げていた。



ふと彼の方を見たら



キスをくれました。





何度もキスを交わして



彼の耳が夜風で冷たくなってるのを感じる。



彼も私の耳が冷たいねって


彼の暖かい両手で私の耳を押さえながら

またキスを交わす。




昔もよくこんな風にキスをしたね。



今年も一緒に見れた奇跡に感謝した。




彼は仕事のことや



お母さんのことや



色んなことを私に話してくれました。




私は彼の心に耳を傾けて



精一杯の愛情で聞いてました。




彼の心が少しずつ解れていくのが分かって



私も幸せな気持ちになりました。



今日は会って話せて良かったなって。



彼の笑顔が増えてたから。


彼女としての役割も成功でした。






そのあとはいつものホテルへ行って




いつもよりもかなり遅いチェックインで



滞在時間も残りわずかのひとときを


過ごした。




昨日の彼のキスはなんかとっても


情熱的だったな。



目が合う度にキスを交わして



あまりの愛しさに



メジロ君、愛してる。


思わず口から溢れる。




俺も愛してるよ


俺の方が愛してるんだよ。



彼は私の耳元や首筋にキスをしながら囁く。




これも俺のものになるから。



そう言って後ろから抱き締めて胸を触る。




今日のメジロ君、なんか積極的…。




心のなかでつぶやく。




彼のたくましい身体が目に入る。



肩のラインや肌のすべすべ感を感じる度に



ドキドキしてしまう。




その腕に包まれて




興奮と恍惚が交互に押し寄せて



頭が真っ白になっていつの間にか

寝ていました。




ホテルからのコールで起きたとき



既にチェックアウトの時間も過ぎてて


最終電車も無くなっている時間でした。



パートナーからのメール音も鳴り響く。


やばい、帰らなくちゃ!



青ざめて



帰り支度をしようとする私を彼は掴んで



楽しい時間はあっという間だね。




そう言って



またキスをしてくるから



ほら、もう帰らなくちゃって



動こうとする私をまた押し倒して



キスを何度もしてくる。




こんなメジロ君、珍しい。




そうこうしてる内にフロントから

またコールがあって、




やむを得ず部屋を出た。



『タクシーで家まで送るよ。』



そう言って彼は明日も仕事なのに



一緒にタクシーに乗って私の家の近くまで




送ってくれました。




タクシーの中でも


別れを惜しむようにずっと手を握っていた。




だがそこで



私が持参してメジロ君にあげた


唐揚げがないことに気付いて😱




彼はホテルへまた戻って



そしてやっと2時過ぎに家路についた

らしい。





でも結局、ホテルで唐揚げは見付からず。





ホテルにもお店にもなかったらしいの。



どこで置いてきたのかな…。





心を込めて作ったから

ちょっと残念だったな~💧



でも彼が悪いわけではないのに




今日も何度か仕事の合間に


昨日のお店に行ったりして探してくれて



それでも無くて



ごめんなさい。って謝ってくれた。



おかげで


今日は何度も電話で話せたよ。





それだけでもう私の唐揚げは昇華したと

思う。



また心を込めて作れば良い。




彼も食べたかったと残念がってたからね。





なんか内容の濃いデートだったなぁ(笑)




あとから色々思い出しそう。



そしたらまた書くことにする。









































週末、会いました。



カウンターに座って



メジロ君の横顔を




穴が開くほどずっと眺めて(笑)





目に輝きがあって鼻がスッとしてて


ホンっト、私の好きな顔だよなぁ…❤




うん、

横顔がカローラCMの菅田将暉君に

やっぱり似てる。しつこいが(笑)



※余談ですが

今の菅田くんが激やせなのは

役作りと知って驚いた!

どうりで不自然な痩せ方だもんね。

個人的には早くカローラCMの頃の菅田くんに

戻ってほしい…❤




私は基本的に


メジロ君の顔と身体を眺めてるだけで幸せ(笑)




若い頃、モテたでしょ?って言ったら




え、今もモテるよ(笑)って




ちょっと笑えない答えが返ってきて




(;゜∀゜)…




私が固まってたら





『え、いや、そんなんでもないって。』




そんなんでもないってことは




そこそこモテるわけよね?!

何気ないNGワードよ、メジロ君…




でもね




私はモテる人、好き(笑)






アイドル並みにモテるのは嫌だけど



それこそ


『そこそこ』モテるのが良い。



まぁメジロ君が


自称してることだから



本当にモテるのかは知るよしもないけど。



それは追求しない(笑)




彼と一緒にいるとね



何をするにも安心感がある。



私は彼の横でただただ幸せを感じてれば

良いんだなって思える。







こないだは高額な旅費を


メジロ君がお支払したのを横で笑顔で

見届けて(笑)




ワクワクだねぇ❤って


三件もハシゴしちゃった。




屋上でクラフトビール→

台湾餃子とハイボール→

お蕎麦屋で日本酒



私は痩せる暇がない(笑)



彼はお腹も出てないのに( ̄з ̄)




二人でいると楽しくて



つい食べて飲みまくりました。






ホテルの部屋で二人でくるまって



抱きしめられるあの瞬間が好き。



彼は私の首すじにキスをする。



それだけで私はとろけます。




そっからイチャイチャして



ことを終えて




彼の腕の中でウトウトするあのとろける

私のお待ちかねの時間。




『シロハトちゃんはね、


俺の支えになってるよっ』て囁く声が




遠くに聞こえて



私はそのまはま睡魔に勝てずに寝落ち。




それはそれで幸せだけど(笑)




いつも大切なことを言ってくれるのに





大抵私は酔っていて眠くて記憶が断片的。



言ってくれたことを全て覚えてない。






前はなんてもったいない!って思ってたけど





また会えるし、



またこのとろける時間は


何度でもやって来る前提に変えた。



そしたら



いつまでもずーっととろける時間が

やって来る現実にありつけている。





せっかくの二人の時間がもったいない!って


そこばかりに執着するのはやめてみた。




いつでもそこにあるんだもの。



でも堪能はするよ❤




旅行もね



楽しみが終わってしまう寂しさよりも




また一緒に来れば良いって思うことにした。




この考え方に気付くと



ないとおもっていたものは

既にあることに気付ける。




あ、でもたまに揺れるよ。



すねることもあるよ。



完璧じゃなくても良い。




既にメジロ君は



旅行のことでウキウキしてる(笑)



あのキラキラした目が



より輝くのがまた良い❤







今度のデートは夜桜を見に行きます。



夜桜見物も二人の毎年の恒例デートです。




これで三度目?四度目?忘れたけど(笑)




昨年はメジロはの仕事が押してて



散り際の夜桜を数時間だけ見に行って



そのまま帰ったっけ。



あれから1年、季節が早いなぁ。



思い出がどんどん増えていく。



とてもありがたいことです。




年を重ねていくことは



思い出が増えていくことでもあるよね。




あ、メジロ君からのホワイトデーはね


なんか沢山貰いました(笑)




色んなものが入ってた。


アフタヌーンティの


コスメやクッキーやバスソルトや



チョコとか



ギフトボックスに沢山詰まっていた。


予想外のお返し。



忙しいなかで買いに行って選んでくれた

だけで



とても嬉しかった。




包み紙や箱がまた捨てられない(笑)



彼からもらったものは



全て私の宝物なのだ✨



































































メジロ君は私より年下です。



ここで披露してる


メジロ君と私の会話は



当たり前だけど

もちろん切り取った一場面に過ぎない。



しかも恋愛ブログだから


バカップル丸出しの会話を

主に私が好きで(笑)残してるけど




実は彼とは色んな話もします。


(そりゃそうだ)



恋愛のこと、お互いの気持ちの他にも





仕事のこと、人生観、悩み、

身体のこと、好きなことから



日常に起きたことなど


多岐にわたる。




デートでは必ずお酒を飲むから


気まずくなることはあまりない。



黙って一緒にいることも苦じゃない。




私はあまり自分から話さないので



彼が話すことに対して


自分なりの意見を言うのが常かな。




あとは彼が私に質問してくるので



それに答えたり。




私からは




私の事をどう思ってるかとか



どんな思いで言ってくれたのかな等、



彼の気持ちを聞いてみることが多いので



彼はあまりそういうことを


深く考えたりしないから



うまく私に説明できずにいて




それで私が傷付いたり




時にはストレートな愛の表現に喜んだり




結果的に彼の言葉に

振り回されることもある。




聞いても仕方がないことや



その時はそう思っても


今は違うこともあったりするから




本当は聞くこと自体

ムダなのかも知れないけど



自分が納得したいから聞いてしまう。




それに時々メジロ君は戸惑うみたいね。




男と女の違いだなと感じる。




年下の彼ではあるけど



精神的には彼の方がオトナ。



でも恋愛に対する経験値は



多分私の方がある。





男女の脳の違いから分析すると




端的で結果論が好きな男性からしたら




結果に至るまでの経緯の話が好きな

女性の話は




着地点が分からず、苦痛だという。




だから男性には


結果から先に話して


あとから経緯や時系列を話すと良いらしい。




なるべくそのように心がけてる。



私とて、ただやみくもに


独りよがりでモノを考えてる訳ではない(笑)



ちゃんと裏では彼に合わせることも

している。

それを彼に感じさせないようにしてるだけ。




デートではやっぱり彼にも心地よくいて

ほしいからね。




私はわがままだし


意見もハッキリと主張するし



忙しい彼にも遠慮や我慢はしないけど



傍若無人ではない。


私なりに気遣いはしているよ。



それを表面には出さないけど。




そしてメジロ君も



きっと見えないところで



気遣いや調整努力をしてくれてると思う。




オトナ同士の付き合いは



そんな礼節も求められる。




自然体でありのままでいることと


傍若無人でいることとは違う。





相手に喜んでほしい気持ちや


優しい気持ちまで殺さないように。




デートでのトキメキは私はまだまだある。




彼をひと目見るやいなや





やば、カッコいいってドキドキするし





抱きしめられたり



キスされたりすればドキドキするし



彼の髪型や服装にも興味がある。



でも彼はどうかな?



男性は慣れるとリラックスする。



きっといつまでも女子のように

ときめいたりはしないだろうね。



彼女の髪型や服装に無頓着になり




会ってドキドキとかもなくなる。



リラックス=ドキドキしないってことだ。




私はそれがとても寂しくなる。



着飾って会いに行っても空しい。




それは




私が着飾って会いたいから

やってることであるはずなのに



彼の反応を期待するから

寂しくなるんだよね。




残念ながら男性は慣れるとそうなる。




女子のように

ずっとときめいたり出来ない生き物。



4年も付き合ってれば尚更ね。




でもだからといって



おしゃれをしないでデートに行くのは



私が嫌なのです。



自分がそうしたいからしているということに


フォーカスしていこうと思う。




だからデートでの会話は


少し艶っぽく、


こちらからトキメキを発信していたい。




女でいることを自分が諦めない。




長く付き合っていく上で


私が一番大切にしたいことです。































































このページのトップヘ