女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 自分の心




メジロ君から誕生日メールが




来ていました。




彼は今、身内の不幸の真っ最中。



来なくて当然。

期待しない。


来なくても現実を全てをただ受け止めて

なんとかしようとしない。


世界の終わりじゃないんだから(笑)




そこまで覚悟決めて


半分以上諦めてたからね。






そこには

私が期待したような

分かりやすい愛の言葉はなかったけど







おめでとうの言葉と


バタバタして

仕事とは違う疲れがあることと



最後に


この前の旅で二人で鳥の声を聞きながら


うたた寝したように


またいつか一緒にシロハトちゃんと

うたた寝してゆっくり過ごしたいなと

心から思いました。




そう締めくくられていました。




読んだときにホロッと涙が出ましたわ。




ふんわりしたその彼の言いまわしに



彼なりの想いが込められてるような気がして




理由もなく泣けた。




うまく言えないけど



今、彼には色んなことがあって



心にも身体にも余裕がなくて




ふとやすらぎを思い出したときに




彼のかたわらには私が一緒にいることが



なんとなく嬉しく感じた。





すぐ会おうとか



会いたいとか



そんな嬉しいことは全く書いてない。




きっと今は彼はそんなことを



思う余裕はないから書いてない。




シンプルな残酷さ。





今、会いたいという思いは



彼にはないのだろう。





ストンと腑に落ちたの。



そしたら



悲しいとかよりも




そっか。って



妙に納得した自分がいた。




彼はふんわりと私のことを今は想ってる。




グイグイと会おうとかじゃない


ぼんやりした穏やかな想いなんだな。



会おうとかへ気持ちが向かない。



それは私のこと嫌いになったわけじゃなく



今は余裕がないだけだ。




そんなことが



あの彼の言いまわしから伝わる。



勝手に解釈してるかもしれないけど(笑)



『いつかまた

一緒にゆっくりうたた寝したい。』




今の正直な気持ちなんだろうな。




でも想いのこもったステキな

言いまわしだね。




会いたいとか愛してるとか


そんな濃い表現はないけど




薄味の愛情表現。




ふんわり淡泊な彼らしいね。




それを読んで私は




あえてグイグイの濃いめの返事を

出しました(笑)




不謹慎だけど正直な気持ちで。






遠い旅行のことも良いけど


私は今、話したいし触れたいな。



疲れたメジロ君には私が必要だよ。


私はメジロ君の栄養剤だから。


私に会えば疲れが吹っ飛ぶよ。



早く私を抱きしめに来てください。

待ってるから。


恥ずかしいからスルーなしだよ~





どうよ?

自信タップリのイケイケな私らしさが

出ました。



そしたらね


私が元気でたの(笑)



それは私らしく言えたから。



こんなこと不謹慎だよなとか



言っちゃダメって抑圧していたものを



えい!って言ったから。




もちろん配慮しながらね。




しかもダラダラ長くグイグイと

愛情の圧がすごい。



一番うざそうな感じよね(笑)




彼のふんわり淡泊とは対称的。



でもそれで良い。



例え彼がウザとか思ったとしても


それが私らしさ。



らしさを消してふんわりに合わせられない。




これを不謹慎と受け止めるか


困ったなと感じるか


ウザって思うか


嬉しいと感じるか


どう受け止めるかは彼だから。






彼から返事があるかは分かりません。



なくても仕方ない。





明日告別式らしいし


仕事への指示もあり


バタバタのピークでしょう。




そして




薄味の彼だから。



今頃、困ったなって



私の圧に

面食らってるかもね(笑)




かといって今の彼は




じゃいついつに会おうとは

ならないでしょう。



期待したような返事はないでしょう。



むしろ



当分は会えませんとハッキリと

言われかねない。



その線が一番濃い。



それに対してまた凹むかも知れないね。





でも私の中では昨日の不安に比べたら


迷いがないです。





人はらしさを出せたとき



元気になるもんなんだなって


今、実感してます。




自信タップリに書いたけど


本当は自信なんてないよ。


不安で痩せちゃいそうだよ~とも


書いといたけどね😁




さ、これから私はお茶をしに行きます。




もう私はボールを投げたから


あとはあちらに任せます。




メジロ君のことはひと休みです。








































































































あれから


昨日朝にメール返信を出しました。




詳しくは割愛するけど




メジロ君のお父さんが亡くなったことや


誕生日デート一緒に過ごせないことや


これから先会えなくなる不安のことや


悲しくて


今は言葉にならないけど


体調には気を付けてねと



メールした。




そのメールにさっき彼から返事がきました。




不安な思いや悲しい思いをさせて


ごめんなさい。


少し落ち着いたらまた連絡します。


と書いてあった。









その前から



彼は忙しくて4日間連絡なくて




停滞気味だったことに加えて


今回の出来事。



もう前のように会えなくなるのかなって

さすがに私もなんか凹んでます。






そんな凹んでるとき



私のそんな事情は


パートナーは知らないのに



とても優しくて




景色の良い自然が見たいって言ったら


昨日ドライブに連れて行ってくれた。




緑々とした新緑の山を見て



美味しいランチを食べて


焼き物を二人で買って帰ってきた。





今日朝起きたら



誕生日カードをくれて。



そのカードは



私の好きなキレイな蝶々のイラストの

カードでね。



愛情溢れる手書きのメッセージも

書いてありました。





ああこの人は



私の好きなものをよく知ってくれていて




私を喜ばせようと

いつでも一生懸命やってくれたんだなって



ちょっと泣けました。




神様は




パートナーへの愛情を再確認しなさいと




今回の出来事を用意したのかな。




でも彼は恋した人ではない。



友達の延長戦にパートナーはいて



身内のように大切なひとで



失えない。




違う意味の愛情はあるけれど




恋した人ではない。



恋だったら良かったのにね。





私の恋した人はメジロ君なんだ。





私はいったいなんの不安を


抱えてるのだろう?




メジロ君と会えなくなることで



何がそんなに不安なんだっけ?



なんか分からなくなってきた。





事実は



彼の父上が天に召され



デートが無くなっただけ。



そこに今までの不安も乗せてやしないか?




メールが停滞気味だったことや


彼の忙しさや



今度のデート以降は


3週間後になるけどって言われてたことや




そんなものがミックスされて




ただのシンプルな事実にそれを乗せてた。




不安を感じることは


気持ちはよくないけど



恋愛の醍醐味でもある。




わざわざ悩みたかったのかな。




旅行から会えてなくて



誕生日お祝いと決まっていたデートで




彼の忙しさもピークで



放置され気味だったけど



会ったら氷解すると思って楽しみにしてた。




そりゃ誰でも凹むわな。



不安も普通のことだ。




誰が悪いわけでもないし




仕方のない悲しい出来事だとは



もちろん分かってる。


でも正直な気持ちは


彼に会いたかったんだよね。




いつもデートのときに



次のデートを決めていたから




それが決まって無いことも



いつ会えるのか分からない寂しさが



心を一番占めている。




そっか



この不安な気持ちは




いつ会えるのか分からない寂しさと




会えないことにお互いに慣れてしまう

怖さから来てるんだ。





わー、



いつか終わることをえらそーに

覚悟して付き合っていても




やっぱり不安になるんだね(笑)





そして



誕生日お祝いのデートが無くなったことが



私にはとても寂しかったんだな。



仕方のないことなのに

大切にされてない気がして。





彼が大丈夫。ちゃんと会えるよって



言ってくれたら安心なのにって



私、とても人間臭くて可愛い(笑)





こんなバタバタしてるときに



身内が亡くなったときに




さすがに私も次ぎはいつ会えるの?なんて




礼節のないことは言いたくない。




でも



寂しかった正直な気持ちは




さっき返信で伝えました。





毎年、0時になると



誕生日おめでとうってメールくれてたけど




こんなときだから


今年はそれもないかもな…⤵






私自身、



親が天に召されても



雑務に追われてバタバタして



忙しさには包まれても




悲しさとかあまりないから


生きている恋人のことを




私は最優先する。





怖いことに



私ならそうするから




相手にもそうであってほしいと




思ってるところがあるんだね。






自分勝手で腹黒い人間なの。




でもそれを相手にも押し付けるほど



私は礼節のない人間ではない。





誕生日メールももし


忘れられたらショックだけど



それは彼の領域であり



彼は自分の誕生日にも

思い入れのない人なので




私がそこまで思い入れがあって


凹んでるなんて



彼は思いもしないし


気持ちも分からないだろうと思うからね。



ましてやこんなときだ。

それはそれで仕方ないこと。





でも凹むのも私の自由だからね。



そんな正直な気持ちを話すことも



私の自由。




そしてそれをどう思うかも彼の自由。





だからデートこんなに楽しみにしてたよって


さらっと伝えました。



もちろん、



普通の家庭は身内の不幸のときは




悲しさに包まれて


雑務に終われて



他のことなんて後まわしなのは



知ってるから



精一杯の相手への思いやりと



最大限の配慮と礼節をもって


伝えましたよ。



私が特殊なのだから。





だって伝えないと



この不安や凹みは昇華できない。




こんなときに非常識な女だなと思われようと




自分のことばかりで腹黒い私は存在する。





それも私の一部だ。




本心では腹黒いこと思ってるのに



うわべだけキレイなことのみも言えない。



でも



自分の心に嘘をつかないとは



相手へ全てをぶつけるわけではないことも




知ってるから。




気持ちの伝え方は難しい。




相手への思いやりを忘れずに伝えないとね。




寂しさは私だけの心にあるもの。




気持ちを伝えたら



あとは彼の領域、彼の自由。





それが分かっていれば



伝えたほうが良いと思う。




自分のためにも




我慢しないためにも。





ただ、伝わったかはまた別問題。




別個の脳ミソなんだから





100%同じ解釈はあり得ない。



半分でも伝わっていたら良いな位の



気持ちでね。




会えなくなることが寂しくて


不安な気持ちでいることは


さすがに今回は伝えなかったけど





一緒に誕生日デートを過ごせなくなって


楽しみにしてただけに寂しいことは


礼節をもって書きましたよ。




私が決めて責任を持って書いたから



世間の批評は関係ない





それでも不安は無くならない。




それで良いのだ。



無くならないのは当たり前だから。





でも伝えて気持ちは切り替えたよ。




どうなっていくかは分からない。





分からないから不安であり



見えないから未来なんだわ。



今を意識して



今を積み重ねるのみ。





今年の私の誕生日は



気持ちは史上最悪(笑)





あるいみ忘れられないものに


なりそうですがね。




きっと来年は笑顔でいます。



追記



でも

こんな大変なときにも

メジロ君

ちゃんとメールをくれたんだよな。

私への謝罪や告別式の日にちや

また落ち着いたら連絡するってことも。


私の期待してる言葉はないけど

私のこと大切に思ってなければ

そんなことしないよね。


音信不通にするよね。

でも彼はこんなときでも

キチンとメールしてくれてる。

彼なりにきっと大切にしてくれてるんだな。


ん…俯瞰して見れば思うところ一杯です。

小さなことで悩んでるね、私は。

そしてなんて自分本意。

なんだ、私、執着してるやん(笑)

ただ、悲しくて寂しい。

全然学べてないわ~。

でもこれも私。

今の私の実力ね。



















































































週末の誕生日デートは中止です。





メジロ君の父上が今日


天に召されたとのこと。




なんだか言葉になりません。






父上はこないだの


私たちの旅行前に倒れて。





それでも彼は私と旅行に行った。




それは彼と父上の間に確執があり


彼は父上を好きじゃなかったの。




そして今回天に召されて



当たり前ですが




デートは中止。




夕方に


電話くれていたようで着信があったけど



私は今日仕事で電話に出れなくて。




仕事が終わって


携帯をチェックしたら



メールで


さっき親父が亡くなり

週末会えなくなりました。

誕生日祝えなくてごめんね。



そう書いてありました。




私は呆然としつつも



割りと冷静に受け止めました。




色んなことが頭に浮かんで



整理がつかないのもある。




なんて返したら良いのかも分からず。




4年付き合ってきて初めての




デートキャンセル。




それを考えると




今までどれだけの奇跡に恵まれて




一緒に過ごせたかが分かる。




こんなとき



私は訳あり彼女なので



お手伝いに行くことも



お焼香をあげにいくことも出来ない。





なんともせつないね。




それを承知で付き合ってきたけど。


こんなときはやっぱりせつない。




そして




メジロ君との時間を




私はとても大切にしていたんだな。



会うことで私も癒されてたんだなって



会えなくなって改めて実感してます。





そして


一緒にいてくれてるパートナーにも



支えられてるんだなと染々感じる。




パートナーは



明日予定があったけど



誕生日間近だし



一緒にいるよって言ってくれて。





神様が



ちゃんとパートナーやメジロ君に


感謝しなよって



独りで生きてる気になってんじゃねぇよって



渇を入れられたのかもしれません。




私は改めて彼らに支えられてたなと




そう思わされる出来ごとに感じた。




もちろん事実は


彼の父上が天に召されたという



悲しい出来事にすぎませんが





なんというか

私は無力だなと感じずにはいられない。






亡くなったとメールが来てから


私はまだ返信してません。


なんて返せば良いのか

整理がつかない。




間の悪いことに



実は昨日の彼からの四日ぶりのメールにも


まだ返事してなかったの。




四日メール空けてたのは彼だけど



そのせいで



月曜からずっと私は


何のアクションもしてないことになる。




でも今は彼に連絡はやめてます。



バタバタしてるだろうし




電話もメールも迷惑になる。






そして性格悪い私は



なんて返したら良いのか分かんない。





声を聞いたら


会いたかったと言ってしまいそうで




じゃいつ会えるの?って


言ってしまいそうで。





当分会えないのは目に見えるから





うまく言葉が出ないのです。




お悔やみを申し上げることも



なんか今は出来なくて。





ただ淡々と事実を受け止めるだけで




今は何も出来ない。




これから

どれくらい会えなくなるんだろう?







仕事も休んだ分溜まるから


忙しさもさらに増して





きっと最低でも1ヶ月は無理。



数か月?




こんなに離れたことはないから


頭が混乱してる。





ことがことなだけに



聞くことも出来ないし




彼は普段から

代替え日を言ってくれるような



気の付くタイプではないから



こんなときは尚更



バタバタしてて精一杯で


思い出しもしてないだろうし。




私も経験があるけど


身内はバタバタして



あっという間に日々が過ぎていくけど




待ってるこちら側は長いんだよね。






性格悪いから


こうして自分のことばかりね。





メジロ君、ごめんね。




私はこんな人間です。





腹黒い醜さも持ってるのは



隠せないよ。



生身のどろどろした人間だから。




腹白いきれいな心も持ってるけどね。



とりあえず




今は何も言葉に出来ない。







しばらく数日はスルー。


返事も控えます。




彼はそれどころではないだろうから。




何か向こうから連絡があれば


その時に考えることにします。




それまでは沈黙です。





この出来事で



二人の関係は


何かが変わってしまうかもな…。




でも考えても仕方ないことだから



今は流れに身を任せます。



頭が混乱してて


それしか今の私には出来ないから。




こんなときは無理に動くのはやめます。




今は自分と彼を信じるのみです。






















































































何で彼はこんなに頑張るのだろ。



好きなことを頑張るから

上手くいくのであって


イヤなことを我慢して頑張っても

その先には我慢がまたやって来る。


メジロ君に言っても

それに気付かない。





その蕀の道をやると決めたのなら


グダクダ言わずにやれば良いのに



旅行も休めますようにというくらい



忙しくて目一杯なことを


いちいちメールで伝えてくる💢



ありのままの現実を受け入れる。



そう決めてる私も

ここでグダクダ言ってるね(笑)



彼と同じだわ(笑)



でもあまりの忙しさに



辞めていく人がいたらしく



そのしわ寄せが彼にものし掛かる。



そのしわ寄せの愚痴を



私にも言うので



私の幸せな気持ちも奪う。



我慢して頑張る人からは



こんな負の連鎖しか出てこない。



そして私や周りの大切な人に


そんな思いをさせてることにも


気付かないくらい彼は目一杯。




でも私は彼を励ましません。



怒ります。



彼が自ら選んでることを



私にも押し付けないで欲しいから。



旅行前に


そんな思いをさせる彼に怒ります。




イヤなことを頑張るのは勝手だけど


私の幸せな気持ちまで奪わないでと。




彼は頑張ることを止められないのだ。



周りが何を言っても。



イヤだと言いながらも



頑張ることを選んでるから



私にはどうすることも出来ない。




余りに合わなくなってきたら



別れるしかない。




いくら好きでも私は我慢してまで



彼に合わせることは出来ない。


そこまでの気持ちしか持てない。


奴隷じゃないんだから。




これからも彼の忙しさは続く。



それをやるのは構わないけど



自分で処理してほしいわ。




これもありのまま。



現実を受け入れたあとはどうするかは



私が決めて良い。




三行半を突きつけるか



放っておくか



そのどちらかしかないわ。



我慢する選択は私にはないんだもん。




私は私の人生を楽しむ。



それしか出来ないから。



彼は自分で人生を忙しくしてる。




そこで身体がどうなろうと



私にはどうすることも出来ない。




彼が自ら気付いて辞めない限り



無理やり辞めさせられないし



それも彼の自由。









旅行行けるのかな。って




自分の休みも削って犠牲になって



貴重な人生をそんなもので

削って


大切な人をあと回しにする



こんな心配をさせる彼に対して




私はもう放っておくわ。












あら(笑)




私も寂しいんだね。


そんな彼に勝手にガッカリして



彼のせいではない。



問題は自分の中にある。




それを認められたとき



初めて素直に生きられる。




ヨシヨシ寂しかったんだねって


私の心を癒す方がまず先だね。





さっき彼にね

旅行の時間の打合せのことで


電話くださいって言ってあるけど



こんなに目一杯の彼から電話来るかな。



色んな思いが渦巻くけど



ありのままの現実を受けとめて




来なかったらまた考えれば良い。



来てもムカッとしてて


冷静に話せない自分かも知れないけど



それもありのままを受け入れる。




その時の気持ちに従う。



それが良い方向へ流れていくこと。



書くとね



思い出せるんだよね。




今からウダウダ考えても

仕方ないことなんだってね。




さ、



家事して好きなことして自分を癒そう。





自分ファーストは


結局周りも幸せにするって


身をもって知ってる私だからね。




メジロ君もいつか気付いてくれたら


いいな。





……無理ね(笑)





期待する方が間違ってる。




人を変えようとしてもムリ。



それでも一緒にいたいのかは


私が決めれば良い。



答えはまだ出ないけどね。




んー、出ないままでも良いのかもね。




ムリと思うまで


流れに任せますわ。




































































































このページのトップヘ