女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 自分軸



そっかあ…。




彼を

メリットで考えてる自分に驚いたけど




んー?まてよ?




よく考えてみると




誰にもそうしたメリットや


自分の都合で



考えたりすることもあるよ。




慈悲のマリアじゃあるまいし…。






私はなぜ彼が好きなのか?




それは男女によっても違うように思う。




女性は本能的に受け取る側なので



男性から『愛されてる』を感じることで




つまり大切にされたり



愛を示してくれたりすることで





男性をどんどん好きになっていくし




男性は発信側。




女性に与えることで好きを感じる。




私は愛されてる感じをメリットとして


捉えてるんじゃなかろうかと?





そういえば




女性はプレゼントされることが好きだし




ご馳走されることも好きだし



愛を何かしらの形で示してもらうことに


とても愛を感じるよね。




だから女性も


男性が自分と同じことしてもらうと


愛を感じると思って



せっせと尽くしたりするけど




男性は尽くされることは本来好きじゃない。




男性は与えるのが好き。





メジロ君はそういえば



自分の稼ぎで私が美味しいものを食べて



笑顔になるのが癒されるって言ってたことが


あったな。




てことは



私が彼に対してデメリットだらけと



自分のことを自戒したことが




彼にとっては癒されるという

メリットなのかも…知れない。




だから私は何の役にも立ってないけど



好きでいてくれるのかも?




冷静になったら




なんかそう思えてきた。





でも彼のありがたみは逆の立場を考えたことで



気づかされた。





男性と女性…



メジロ君と私




異性ではそもそも求めてるものが


違うんだということ。




私がこんなにデメリットだらけでゲスに
感じることも



彼にはメリットなのかも知れない(笑)





てことは逆に私の前提は




役に立ってなくても愛されてると


本能的に知ってる側だったのか!







もちろん


それにあぐらをかいて




してもらって

当然のようにはしてないけどね。



でも慣れると当たり前のようになってくから




彼の存在のありがたみを


心にいつも留めておきたいです。




ホルモン時期は毎日考えがコロコロ。




グラグラに揺れてる(笑)



























好きの感覚のすれ違いの話を

昨日書きました。




今日は

メジロ君をあえてディスる(笑)






不思議なことに相手に対して





否定したり不満を感じることで





自分の思い込みや




何に対して悲しいのか




どうして不満なのかが少し見えてくる。





男と女 はこうも違うぞってことも


分かる。





昨日メジロ君から着信音があったけど




出られなかったので




夜にメール来るかなと思っていたけど




結局来なくて。




なのでさっきかけ直してみた。




用件はやっぱり旅行の日程のこと。





これはちょっと捕捉のいる話なので



説明するけど





発端は


秋に一泊二日の旅行に行きたい!と

私がリクエストしていて




彼もそれに賛成してくれたことで




お休みを捻出するべく




いくつか日にちの候補をくれた。




で、日にちも決まり





あとは行き先だな~って考えてたところ






ア…その日


私、生理だよと気付いて






日にちを変更できないかな?って



メジロ君に相談したら



じゃあ会社の人に交代できるかを



相談してみるよと言ってくれて。




それの返事を昨日電話でしようと


してくれていた。




ここまでが旅行の日程の経緯です。





結局、まだ先の話で会社の人も

家族に聞いてみるとなって



もう少し時間くださいってことと



もしかしたら12月に入っちゃうけど



それでも良い?って聞かれて。




私は秋の東北が良いなって思ってたから



んー、一応考えとくね。と返答し




彼はそしたら

冬の北陸とかでも良いんじゃないかな?




そんな提案をしてくれたりと




とりあえず



今回の旅は彼のリクエストで


『グランクラス』で行こうと


決めていて



その行き先をまた決め直すことに


なった。





すいません、

なんの問題もない会話なのに




私はこのあとディスります( ̄ー ̄)





何故かというと




メールで私が一生懸命考えて書いた




ごめんなさいメールと


好きになって良かった、

メジロ君を信じるメールに対して





いっさいなーんにも触れられなかったのが




なんかとっても不満でした。





期待しないとか言ってたくせに



ちゃっかり都合の良い返事を期待して




好きって言ってくれなかったと



不満に思い、




メジロ君に



『私が一生懸命書いたメール、
無視しないで。悲しいから。』





あろうことか

こんなことを口にしたのよ(笑)






メジロ君はちょっと笑いながら




『そっか。ごめん、


帰宅してから色々バタバタして。

仕事の電話も何件かあって。』





と、何やら言い訳を述べてる。





でも言ったあとに私もハッと気付いて





『でも…何でもない。忘れて。』





そう付け加えたら



『うん、ごめんなさい。

とにかく忙しくて。これ話してる間も

2件電話入ってるんだ。

また連絡ちゃんとするから。』






私は


分かった。じゃあね。と




電話を終えた。





電話を切ったあと




なによ~~Σ( ̄皿 ̄;;



仕事を言い訳にすれば何でも許されるの?




そんなの私に関係ないもん!




メールだってせっかく考えて書いたのに!



一言くらいどう思ったか言ってくれても

良いじゃん!




そんな帰宅してから色々バタバタって


嘘ばっかり~!!




って




一人でヒスを起こしました(笑)





そして吐き出したら


とりあえず冷静になって





小田和正さんの


『たしかなこと』聴いてたら





今度はぶわわ~って泣けてきて。



気持ちの赴くままに泣きました。





アホでしょ(笑)?

おかしいよね(笑)




ホルモンのせいもあると思うけど




私、脳内が暇なんだなぁって笑えた。




どうしようもなく女ですわ、私は。





よく思い返してみれば





メジロ君はなんも悪くない。



忙しいのに旅行の日程をちゃんと



考えて伝えてきて誠実だ。





むしろ本当に良い彼氏じゃないか。





激務の中で



私と過ごしたいから



色々と調整してくれてる。




大切じゃなかったら



そもそも連絡すらしないし




デートも旅行も考えないでしょ?




会わないでしょ?




彼にしたらMAXに私を大切にしてるじゃん。






私はいつの間にか彼だけに自分の幸せを

任せてしまっていたみたい。




自分の幸せは自分のものなのに。





勝手に私が一生懸命書いたメールなわけで




あとは彼の領域なのに




もっと大切にして!


二人の恋愛にすべてを注いで!




そんな自我が出てきてたんだなって。




頭でも心でも理解してるのに




何で不満に感じてしまうんだろう?





それは脳内が暇だからですね(;゜∇゜)





自分以外のことで



不足分を埋めようとしてるからしんどいのに。





すべてを二人の恋愛に注いでほしい!




これって




もし現実にそうなったら

イヤなくせにね。




私は仕事を精力的にしてる

メジロ君が好きなわけで。





仕事も疎かにして


二人の恋愛にすべてを注いでる男なんて


かなりヤバイのに(笑)




女性は仕事をバリバリしてる男が好きなのに



付き合いだすとそれを忘れる(笑)



女は勝手な生きものね~❤





私をもっと大切にして!





これだって同じこと。



既に彼の価値観で


こんなに大切にしてくれてるのに。



これ以上何を望むのか?



何をそんなに問題にしたいのか?





恥ずかしながら暇なのよ、つまり。






思いきり自分勝手にディスったことで





自分のことが見えてくる。




いつも分かってることなのに





時々、見失うから。





¨なんか寂しい気持ちがあっただけなんだよね¨






自分にそう言葉をかけてあげました。




自戒もあるけれど




自分を否定しないであげようと思う。





だって私の一生懸命が



可哀想に感じたんだもん。




ヽ(´ー` )ヨシヨシって自分にしてあげた。





そしてメジロ君からしたら




精一杯やってるんだと思う。



それなのに私がもっともっと!を




繰り返していたらどうなる?




彼だって人間だもの。息が詰まるよね。





彼と一緒にいたいのなら





彼を信じて



私が幸せな気持ちでいることよね。






少しだけ彼を頭から離してみようね。





彼には言わずに



このまま少し沈黙しましょう。





離すと有り難みが分かる。



既に愛されてることも思い出す。




断食ならぬ断愛…もどき(笑)



完全に私は断愛は出来ないから。




彼のありがたみを味わう程度の断愛。






我慢しないで不満を吐き出すと




デトックスでスッキリして



明るい方向へ心が動き出す。





あ、吐き出すのは一人の時にね。





明日から3連勤でお仕事だ。





嫌なことも良いことも

色んなゴタゴタも抱えてるけど




とりあえず目の前のことに集中!




当のメジロ君は




今ごろ忙しく仕事してて



何にも考えてないと思うから



少しの間




お互いに恋愛お休みしても良いじゃんね。




主に私がですけどね💧
















今日はオフ~⤴明日も❤





4連休真っ只中です🌈




それでも朝は

どよーんと気持ちが落ちてて





何にもする気がしなくて





起床後、2時間くらい





ソファに座って口開けて





ボーーーーッッとしてた(笑)





2時間も…


ある意味スゴいなと思ったわ。





でも心って不思議なもので




落ち込む気持ちを持ったままで





不快だけどそれを無理に消そうとせず




放置しておくと




いつの間にか消えていく。



私の場合は今日は


2時間かかったけど




これが5分の人もいれば



3日間の人もいる。

それぞれね。





そして心はまた明るい方向へ




勝手に流れ出して




洗濯ちゃっちゃと片付けて




近くのショッピングモールへ



車を走らせた。




車を乗ってるときも




無茶な割り込みをしてくるバカとかいて




もちろんイラッとすることも起きるけど



ここで私がイライラの反応をし続けても





そいつは、痛くも痒くもなく




私の大切な心がまるで好きな人みたいに




そいつらで埋まるのは




逆にオエッて思ったので




さっさと

バイバイキーンして



心をクリアにしました。




イライラを感じても良い。


我慢したら余計に引きずるからね。




ちゃんと一度ムカッとする。




そしてそのあとは手放す。



それで終わり!





そして今日は絶対食べようと決めていた





プレミアソフトクリーム🍦




500円です。



これ高いと感じるか安いと感じるか?




私は安いと感じる。



サービスエリアの

あんまり美味しくないソフトクリームでも




400円するしね。



1000円とかさすがにビックリだけど




何百円の差なら私は高い方を選ぶので。



ちなみに

今日の買い物も普通のサイズより300円高い

大きいサンマを選んだ(笑)

何千円も違うのならともかく

300円だもん。

自分の欲しい方、食べたい方を選ぶ。



明日の夕飯にしよう❤




それが

自分を粗末に扱わないことよね。



安い方が自分にお似合いと思わないもん。





で、そのプレミアソフトクリーム!




なにこれ、うっま~⤴⤴⤴❤



もー、めちゃ幸せ~⤴✨





糖質高めだろうけど今日は

食べたかったので

気にしないで味わったわ✨




自分が食べたいものを食べると




本当にテンションが上がって



ご機嫌になるので



ご機嫌がまた引き寄せられる仕組み。





そしてお買い物して




少しドライブして家に帰って




今日は糖質祭りのごとく


久しぶりのポテチ食べながら




テレビで大阪なおみちゃんの活躍を




またボーっと楽しんでます(笑)




私はこれも幸せなのである。





幸せは地味なものなのですよん。



毎日味わうものだから余計に地味なの。





もちろんメジロ君との

キラキラした時間も幸せだし




友達とのたまのランチも幸せだし





パートナーとの旅行も幸せだし




色んな悩みや不安をひとまず横におきながら




幸せもちゃんと楽しめます。






恋愛から少し遠ざかるこの時間も





実はとても大切な時間。




頭が恋愛で一杯になると




それはそれで幸せホルモンが出て良いけど





相手のことばかり考えがちになると




自分が何をしたいのか




自分の気持ちが見えなくなるので





メジロ君のことを考えない時間も作る。




ちょっとの時間でも効果はあるから。





そして仕事など

不安なことはなるべく考えない。




考えてもまたその時にどうせ考えるのだから



今は自分のこの時間を楽しむのが良いね。






落ち込むと不安が雪崩のように



押し寄せてくる。




それも必ず消えるけど




なるべくなら不安になることを

考えないほうが良いもん。




てなわけで




私の落ちこみからの脱出法を書いてみました。






これからミートソースを作ります🍝





2時間ゆっくりコトコト煮込むのだ❤


















































私の人生はわりと平坦です。




ある意味でニュートラル。


波乱万丈とかない。




その代わりガツンとした

出来ごとを引き寄せないので




常識はずれでもあり、

平凡かもしれません。




でも満足してます。





何かやり甲斐を!とか



生きてる意味は?とか




そんなこと全くカンケーない。





ただただ




心が安定することに



ひたすら注力しているのだ。




そんな人生も良いもんです😁




愛する人がふたりいて





彼らに愛されて大切にされてる。




それだけで既に私は持っている。






心屋ぢんさんが言う




損をしても良い。

既に持っているから。




この意味は最近ようやく、



でもまだなんとなく(笑)





分かったような分かんないような。






でもね




恋愛も仕事の異動も




来た船に乗ってみたのよね。




それがどこに向かうかは分からないけど



イヤなら途中下船すれば良いな~と




そんな思いでとりあえず乗りました。








恋愛はまだ乗船中で




色んな発見や想い出を作ってる。





メジロ君と交際するときに




『この恋愛は未知のもので


でも素晴らしい経験が待ってるから



それを私と一緒に

限界まで探しませんか?』って



彼を誘導したっけ(笑)

(まるでプロポーズ(笑))





彼はその私の言葉を




覚えていたらしくて




こないだふと、




本当に素晴らしい経験してるよなぁ

ありがとうって




言ってくれた。






仕事は





秋からは異動先へ。




会社のお局や先輩は




今よりも良い条件のところが見つかった


運の良いお局もいれば



(性格は悪くても運の良い人っている)





まだ決まらない先輩は




でもあの異動先は有り得ないわねぇ…って



私の異動先をあーだこーだと



ひそひそ話する輩とか





まあ色んなのがいます(笑)





お別れ会みたいなのを



開催するらしく



※いわゆる飲み会ね




私と一人を除いてみんな参加する。







そしたら




来れば良いのにとか



その日、休みなの?


夜からちょっと来なよとか




まぁ無責任なことを言う、言う(笑)





でも私はキッパリ断りました。



だってそんな自分の嫌いなやつらと



愚痴飲みなんて最も時間と金のムダ!




どう思われようと




いきたくないので断りました。





その日はパートナーと

日帰りドライブだし。



そっちのほうが私には大切。




これからも



嫌なことは

キッパリ断る自分でいますよ。




もう誰がどう思おうと




そんなのはそいつの領域で




私には知ったことじゃないわ。




快適に心が安定することを




これからも選んでいく。




そのためには




どんなことも覚悟の上。




そう思って




上司にもハッキリと嫌なことは嫌と




伝えました。




あとはあっちの問題。




私は私の意見を言ったので



冷戦だろうと放置です。





私の人生はこれがマックスに最高!




そう自分で決めたので





とりあえずは来た船に乗ってみる。





思いもよらない経験が


待ってるかもしれないから。




でも最近は


自分では船のチケットは買わない。





来た船に乗るだけ。




こんな受け身で流れるように生きるのも



悪くない。




イヤなら降りて違う船に乗る。




私は誰になんと言われようと



私のライフスタイルを



変えたくない。



まったりと



平日3日の短時間だけ働きたい。




その為なら多少の損は損じゃない。






そんな風に気付いたわけでありまする。

















































このページのトップヘ