女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛



で、




メジロ君はお仕事モードは

解除してて





『お疲れさま。シロハトちゃん、

今日はお仕事ですか?』




優しい声が受話器に広がる。




お店取れたんだね。

予約してくれてありがとうね。




そう電話をくれた。





『今週は忙しいんだよね。

お疲れさま。』





『うん、
もうパンパンに予定が詰まってて

お昼も行けてないよ。


問題もたくさんでね。』






『メジロ君、

でもなんかそう言いながら

意気揚々としてるように感じるよ❤』





『そりゃそうだよ。仕事してるもん。』




『さすがだね。仕事で意気揚々って

メジロ君らしいね(笑)問題も大好物でしょ?』




『そんなことはないけど



色々不安もあるけどね。』




『メジロ君なら絶対大丈夫だよ。

いつもなんとかしてるもん。

絶対大丈夫。』




『…ありがとう。


ところでさ、コース料理なの?』





『うん。酒飲みの為のコースを

用意しときますって(笑)


お酒に合わせて出してくれるみたい。

ご飯とデザートなしなの。』





『俺は良いけどさ

シロハトちゃんはデザート好きじゃん。

なんかそれで良いの?』



そんな風に気遣ってくれる。





その日は早く待ち合わせして



その時に洋服見る他にも




本屋に行って



青森の本見ようよって



提案したら




『だーめだよ、


全部行きたくなるじゃん(笑)


じゃちょこっとだけだよ。』



笑いながら彼は言う。



仕事以外の話をして

すこしリラックス出来たみたいで



なんか良かった✨




『メジロ君、忙しいメジロ君も

ステキだけど

少しリラックスしながら頑張ってね。

既に頑張ってるんだから。』





『分かった。ありがとう。』





『お昼も取れてないのに

電話してきてくれたの?』





『そうだよ。
決まってるじゃん(  ̄∀ ̄)』





『えー?(笑)

でもちゃんと昼は食べて
ね。』





『なんとか時間作って食べるよ。

じゃ楽しみにしてるから。』




10分弱の短い電話だったけど




単純な私は

テンション⤴上がりました✨





もうただの女です(笑)




彼と話して




気持ちが高揚するとき




なんの理屈も理由もなくて



ただ彼のことを好きな女になる。





自分の心に従って動いたとき




もちろん



うまく行くこともあれば



行かないこともあるんだけど




我慢がないから納得できる。



そして心に従うほうが


なぜか恋愛が円滑に進む。




ウキウキすることが増えるのだ。




メジロ君に


へんな小細工や駆け引きをしたところで



どうにも変わらない(笑)

なんにも気付かないし。




それならば



私の心のままに



したいようにしたほうが




断然良い!



ありのままで愛されるので



自分もラクだからね。



さて




なぜテンション上がったのか




掘り下げる。




別に愛してるだの



会いたいだの



とろけることを言われてはいない。




彼と話しただけで


テンション上がるのは




そこに見えない信頼と愛情が




すき間を抜けて二人を包むからだ。





恐らく彼も




テンションの度合いは違えど





共鳴するものがある(ように感じられる)




大好きな人といるときの




なんとも言えない




緊張感や新鮮味や



高揚感や安心感




それらが二人の周りに漂っていて




ワクワクする。




一緒に暮らしていないから




匂いが違うの。




動物的だけどそれがなんかね





新鮮なんだな。




完全にお互いのテリトリーに

暮らしてるわけではなくて




違う住み処だからこその




緊張感と新鮮味。




家族になったら匂いも同じになる。




この恋愛ならではの感覚が良い。




刺激と言えば刺激だけど





信頼という安心感も備わってる。






時々




一緒に暮らしてみたくなることもある。




メジロ君と四六時中一緒にいることを




妄想して願ったり。




いっそやってみれば良いと思う。




やってみれば分かることもある。




ファンタジーは消えて

日常になってしまうけどね(笑)




それはそれで悪くないんだろうな。




でも彼が望んでない。




そして私は?




怖いだけなのか




ファンタジーを楽しみたいのか




正直に言うと





今は両方だわ。




でも自分からは掴みにいかない。






動くときが来る。




人はちゃんと自分から




したい方へ動くようになってる。






それまでは流れにのる。

私の経験上



結婚しないっていうことが




本気でないと言えるわけもなく





そんなのそれぞれの価値観。




色々な愛があって当然。





恋愛を遊びか本気かなんて




そもそも線引かなくても良くね?





それぞれの価値観で




本気も遊びも存在するし





その価値観さえ変わることもある。



確かめたところで実体もない。




ひとつだけ分かるのは



今のこの自分の心だけ。






未来のことを




何とかしようとしてもムリなのだ。




メジロ君といると




今を楽しむことが全てだなと感じる。



その積み重ねが未来だもんね。





今が楽しくなければ



楽しい未来もやってこない。




何らかの形で

私たちは一緒にいるとおもう。




それはどんな形かは分からないし


関係ない。




そのときのベストな二人だろうからね。




なんか壮大な?話になってしまった(笑)




ただ午前にメジロ君の声を聞いて




嬉しかったなってことで




この話は〆めよう。
























































































































今日はお休みで



朝から家事をこなして



出掛けようと思ったけど



やーめた!⊂(・∀・⊂*)




今日はオウチで




久々にドップリ




初心にかえって自分と対話する💑




お気に入りのカップに



お気に入りの珈琲をいれて




じっと自分の声を聴くことにした。




そこで溢れてくる思いを



実況中継のようにここに書いていく。





昨日はお互いメールなし。





今週はメジロ君は仕事の佳境に入ってて




自分の請け負ってる仕事が通るかが



金曜日に決まるらしく




なんとなくきっと心に余裕もなく



仕事の予定が押してるだろう。




それは分かってるけど




メールないのはやっぱり寂しい。



つまんない。




うん、素直でよろしい(笑)



でも




本当に以前のような





何でメールしてくれないの?とか




どうせ私のことなんてとか





謎の落ち込み(笑)や




焦りや不安がない。




つまんないなとか寂しいとか




そういった感情はもちろんある。




だけど




根底にメジロ君への信頼と



自分への自信が育ってきてるから



すぐに心は安定する。




そんな気がする。








彼が忙しいから





電話は控えようと思って





週末の


メジロ君の仮誕生日デートに行く





一番候補の



懐石料理を出す



コジャレた店の予約が取れたことを





メールした。





そのメールさえ




んー、でもま、今週は忙しそうだから


放置してあげて




やっぱり明後日くらいに予約取れたことを



サクッとメールしようかなとか





そんな計算をしてる私(笑)



安定してるのに


このクセはなかなか直らない。




彼がこうだから



こうしようみたいなことを考えるクセ。




私がそうしたいときに




さらっとメール出せば良いことなのに



わざわざ気を遣いすぎて




ヘンテコにいじくり、



わざわざ問題をこしらえようとする。




そして自分で勝手にすねる。




それは自分の心を無視して




送りたいときにメールしなかったり



したいことを後回しにして




彼を気遣うという名目で




心に反して我慢してるからすねる。








安定してるこの現状を




ずっと欲しくて手に入れたのに




刺激を求めて


わざわざ安定を手放そうとするマゾ(笑)





でももう私はそんなスタイルは手離す。




なので結局



自分のしたいときに




さらっとメール出した。





しかも彼の休憩時間かな~と




思われる時間にメールしたの。





もしかしたら、




電話くれるかもしれないなとか




スケベ心で(笑)




これもね



期待しないように以前はしていたけど




今は期待したいときは




それにフタをしないで




素直に期待するようにしてる。






子供の頃から





期待して




それが外れることは



みっともない



カッコ悪いこととして




育てられたので(本当、謎の価値観(笑))





期待しちゃダメ




期待はカッコ悪い




期待は浅ましい




そんな固定観念を自分でも




それが違和感ないくらいに



信じて育った。







例えば何かが欲しくても



そんなの意地汚いわ😚って



欲しくない振りをしていたし




欲望を悟られないように

どこかで押さえていた子だった。



本当は心の中では


ヨダレだらだらなのにね(笑)





今も時にはそのクセは出る。


三つ子の魂はなかなかしぶとい。




親もそういった見栄張りの性格だから




仕方なかったのかもしれない。





でもね




期待しても良いんだなって気付いた。


本当に最近よ?





ただ期待通りに




なることも、



ならないこともあるだけで




それを知っていれば良いってこと。





期待することは恥ずかしいことでも


なんでもなかったのだ。








その時は



期待していた電話は鳴らなかったけど





すこし後の時間になって




さっきメジロ君から電話をもらった。




えへへ❤





長くなったので続く→










★物事にはタイミングがある。





よく聞く言葉だけど




例えばずっとやろうと思っていたのに





それが終わってしまっていたとか





あるいは





あのとき




こっちを選んでおけば良かったって





後悔を伴う出来事とか





タイミング(機会)を逃して




もっと早く~すれば良かった




別の選択をすれば良かった





さっさとやってれば良かったのに




こっちを選んでおけば上手くいったのに





よくある話ですけど






本当にそうかな?(笑)






さっさとやってれば良かったって



思いつつも




グズグズ迷って

さっさとやらなかったのだから






それがその人のタイミングであるし





こっちを選んでおけば良かったって




思いつつも




違う方を選んだのだから





それがその人のタイミング。




どれも正解だし。






後悔をする人は



何をやっても選んでも




結局はまたその選んだ先で





何だかんだと




グズグズ後悔したり迷ったりする(笑)





自分に都合の良い方を引けば



タイミングが良かったってなるし





自分の都合の悪い方を引けば



タイミングが悪かったってなるしで






物事は中立なのに自分が決めている。




後になればあれで良かったって



なるかもしれないのに




いつまでも後悔をしてるから



上手くいかない。




結局その時は



自分が後悔をしたいのよね。





こんなことを書いたのは





私も時々そうなるから。




毎日何かしらの選択で生きている。





人生で後悔という経験をしたい。




同時に



これで良かったんだ!って思える


経験もしたい。




タイミングとは




良くも悪くもその時その時の



ベストな選択のことをいうと思う。




今しかコントロールは出来ない。



裏を返せば



今だけをコントロールしてるだけで良い。




気持ちも感情もありのままに。




そんなことを最近は思います✨




でもね




小難しく考えてない(笑)




その時その時の感情だからね。




不安も怖さも



もっとライトに。




悟れない私だからこそ




ライトに生きます✨




というか



悟りたくないの(笑)




煩悩だらけだから




その私のまんまで生きるのみ。




これからも常識ハズレで最高なのだ。




このブログはそう生きる



マイノリティの私の呟き。



誰の人生でもなく自分のもの。



てことは



自分の常識で生きるのみ。




責任を取れない他人の常識で生きて




言い訳にしたくないなと思うから。




でもこれも深刻さはない。






夕飯の支度前のひとときに





さっと書く程度のライトさが良いのだ✨




この世もどうせ無常なのだから



眉間にシワを寄せて生きても



もっと軽めに生きても




時は流れていくものだから。





さて栗ご飯作るぜ🌰





























最近は、ほぼ無いけど





以前はメジロ君のことで



アップダウン激しかった(笑)




それも今振り替えれば可愛く思えるけど




その時は不安で仕方なかった。




こうしたら彼に嫌われるんじゃないか



こんな言い方して気を悪くしたのでは?




いちいち



メールが来なかったりするのを



デートの日にちが決まらないのを




こうしたからこうなったのかな?




そんな風に結びつけて悩んでた。





彼の気持ちばっかり考えて




自分がどうなのかってことが




みえてなかったから




怖かったんだと思う。





今も時には




本当に私のことを好きでいてくれてるのか




冷めたんじゃないか


あるいは




冷めてしまうんじゃないかと





妄想に駆られることもあるけど




なんというか


根拠のない自信もどこかにあるので




すぐ立ち直る。




マインドフルネスしたり、

自分のことが前よりも見えてきたので




先ず私がどう思うかを



それを軸に考えるようになってからは




無闇な不安は格段に減った。





不思議とそれからは




メジロ君の方から色々と気遣いを




更にくれるようになった。





今まで私が怖がっていたから




見えてなくて



受け取れてなかったのだ。














不安とは単なる感情で現実ではない。




彼の考えてることも


私に完全に理解できるわけもない。



こう思ってるのかな?なんて



神様じゃあるまいし


分かるわけなんてないのに

本当に図々しくおこがましい(笑)




私に分かるのは

自分がどうなのかってことだけ。





それだって

よ~く観察しないと分からんのに。





ましてや人の気持ちなんて



分かるはずもない。



全て妄想と想像で



相手を見てるだけに過ぎない。





分かった気になってるだけ。


中にはそれにすら永遠に気付かない人もいる。




自分の考えが全てだと思い込んでる。





こうなるともう

誰がどう話してもムリ。





私はその前に自分で気付けて良かった。




相手は相手の考えで日々を生きている。




私と同じようにね。




ただそれだけのこと。





不安は自分の中だけの妄想なのよね。





マインドフルネス、

ブディズム、

心屋ぢんさん、




色んなことを自ら学んで




素直に学ぶだけじゃなく





勇気を出して自分で体験をして






これに気付くのに

3年くらいかかったかなぁ。




メジロ君と出会ってなかったら



気づかなかったと思う。



恋愛というものを通して




自分を知ることが出来た。





不安はなかったことにしなくて良いのは



この気付きのためだから。




何でも受け取ってみると面白いね。





え、そりゃ心が快の方が




気持ち良いに決まってるよ。





不安はしんどく感じるもん。




だからなるべく快の方、



自分の楽しい方を選ぶ。




人生はあっという間なのに




不安だらけの心にするのは



持ったいなさすぎる。




必要だけど得たら捨てていくのが良い。




メジロ君はそれが自然に出来てる人。





彼は起きたことを受け止めて




さっと次に行く。




将来も私と一緒にいることを



何一つ疑わず、しかも先を考えてない(笑)





今をしっかり生きてるだけ。




幸せとは今をしっかり生きること



これ以外にないね。
























このページのトップヘ