女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛



私に価値基準や都合があります。




人はみんな、それぞれにそうですよね。




私ならこうする。ってこととか



私は今、こうなのに。とか




自分の頭のなかで色々思考して




自分の価値観で判断をしている。





赤ちゃんの時にはなかったはずの





エゴや価値観。




ブディズムでは業ともいうのかな。




それは親から教育されたり



周りや学校で教わったり



友達やマンガや



憧れの人などからもらった価値観を




自分の価値観として蓄えて



育てて大人になる。




例えば私は恋愛していて




・会う頻度は愛情の証なので
頻繁に会うことが良い

・メールは送ったらすぐに返すのが
礼儀なので待たせるのはダメ

・好きなら連絡は必ずするに決まっている為
減ることはない

・私の都合に合わせてくれたら良い人

・何を置いても恋愛優先

・好きだからスキンシップは必ずする




まあこのように恋愛をする上での

自分の価値観てものや~すべきといった

信じてるものがある。




メジロ君はこれのほぼ真逆をいく人で



恋愛をする上で



会う頻度やスキンシップ、


優先度が全く違います。




メールもすぐ返したい気持ちはあっても



彼の都合で返さないのは良いとしてるので



彼のなかではそれが当たり前の常識。





それは彼の都合で判断をしていて



彼の育った価値観で思考してるから




二人とも間違いでもなく



正しいわけでもなく




ただそこに価値基準が存在してるだけ。





その違いに悩まされたりする。




大切なことや気持ちを伝えても




すぐに返事が来ないメジロ君に対して




イラッとすることはあっても




それで嫌いになったりはしない。




ただ自分の常識とは違うために





モヤモヤしたり




待つのが苦痛だったりするのだ。





反対にメジロ君は




待つのは苦痛ではないから




私も苦痛じゃないだろうと



判断をしているし




そんなことで嫌いになったりはしないので





私も当然そうなんだと考えてる。





恋人だけじゃなく




他人に対してもみんなそうだよね。





自分の常識では当たり前で平気なので





他人も平気なんだと疑いもしない。




それがスレ違いを生むわけだ。





てことは誰も悪くない。



みんなそれぞれの自分の価値観を



持っているに過ぎない。




赤の他人ならともかく




愛する人が違う価値観で動いてることを




認めたいなと思うよね。




私なんかも




今、返事くれたら良いのにとか




ちょっと返すくらい

すぐに出来るじゃんとか



好きならすぐに返事するよね、

普通は。とか





自分の常識でイラッとしたり



ヤキモキしたりもします。





でもハッと考えて




メジロ君の常識では違うんだろうなと


最近は気付くことが多くなってきた。





今、この瞬間も



彼は彼の都合で生きていて




彼なりの価値基準や判断で動いてる。




そのことと私への愛情は





本来なんの関係もないはずなのだ。





私の思い通りにならないからといって





彼を責めたりするのはお門違いだし





窮屈にもなるよね。





それが分からない人はきっと



なんでこうなの?ああなの?


こうしなさいよ、ああしたほうがよいのに!




それを彼にぶつけて



終わるパターンなんじゃないかな。





メジロ君は



メジロ君のペースで生きている。




私とは多忙さも違うので



一日の過ごし方も違う。





わたしはこうしたい!は積極的に伝えても





こうしなさい!は私には言えないな。




こうしたい!を伝えたあとは



彼にも選択肢があるけれど




こうしなさい!には選ぶ自由がない。





彼が判断をする権利もあるのだ。





そんなことを考えてたら




メールのレスが遅いことも




待たされることも




そんなに苦ではなくなる。




そりゃもちろん待ち遠しいし




私なら好きな人には




不安にさせないように


連絡はすぐするから




執着してしまいがちなんだけどね。





私は片手間にメールを打ったり



文章を考えたりすることは



造作もないことだけど




彼は片手間にメールは出来ないし


文章を考えたりすることも苦手。





後回しになるのは仕方ないことなのよね。





それでも多忙でも




一日一往復はしてくれてたけど















なんか一日置きになってきとる。





日々に余裕がないからなのか



私に余裕が出てきたからなのか




それは分からないけども




私への対応が少し変わってきてることは



事実なので仕方ないこと。






前はこうだったのにと比較しても



それは既に過去。今ではない。





ただの記憶に過ぎず、妄想なのです。




私に今与えられているのは



現在だけ。




それをありのままに受け止める。





もっと早くメールちょうだいと




伝えても



元々そういう人だから




また戻るわけで。



だったらこっちが慣れていくのみ。




そして




彼のこと以外に目を向けるのみ。






まぁ女性は他のことを考えながらも



彼のことも考えられるマルチタスクだから



なかなか難しいんだけどさ。





でも彼のこと考えたぶんだけ



返ってくる訳でもないし




思考を有効に使わないと損よね。




それでも彼のことで一杯になるのも


楽しいのなら別に悪くない。






私がそうなように


彼は彼の都合でこの瞬間も生きている。




それを忘れないでいたいものです。






さて今日は私の好きな




瀬戸大也君が競泳に出るから




あのたくましい身体を拝むとするかな。







眼福、眼福❤
























































このブログは基本は恋愛。



時々、ブディズムや男性心理。




でもメインはやはり

メジロ君との交際日記。





彼のことどんな風に好きで



どんな風に過ごしていたかを




記録として



または書いて



俯瞰して心の整理をする。





自分のために記してます。




何度も同じようなことを書いても





その都度その時の気持ちで書いてるから





全然真逆のことを書いてるときもあるし





でも全て私から出てる今の本当の気持ち。





メジロ君は私にとって特別な存在。






こんなワガママな私を





こんな状況の関係を




意図も簡単に包み込んでしまう人。




こんな人は初めてです。




嫉妬もなく束縛もなく




ただ私を好きでいてくれて



自由にさせてくれる。





パートナーもそうだけど




メジロ君は私の置かれた状況を




全て理解した上で交際している強者。





愛に対しても独自の考えで生きている。





一人が好きで



達観しているので




孤独にも強くて




フッと




風のままにどこかへ行ってしまうような




そんな自由な人なので




ある日突然、



私を置いて行ってしまうかもしれません。





彼はいつでも自由でいられるように



結婚もしないし



私を束縛しない。




彼の人生だからそれも良いと思う。




孤独を全て受け入れてる人だから





誰とも仲良くなれるし




誰とも別れられる。




彼の基本が『独り』なのだ。




そこに私という存在が入り込み




今は彼の人生に彩りを



添えているのかも知れないけれど





彼の本質はきっと変えられない。




常に身軽でいられるように



私とも無意識にこの距離なのかなと


思ったりもする。




だからと言って





私を愛していない訳ではない。



気持ちに嘘もない。




ただ彼は愛に対して



自由な発想なのだ。



その辺は私と似ている。



類友なんだよね、結局は。





私は彼が好きだから




というよりも好きになった人には





求めるし



執着もあるので




私の方がつい押す形になる。




愛を確かめたくなるし




いろんな気持ちを質問したくもなる。



それに対して彼は




圧を感じたりしてるだろうか?




質問攻めは苦手とも言っていたから




少しは息苦しいのかもしれない。





でも聞かずにはいられない。




それが真実でなくても




本音でなくてもいい。




今、思っていることを




知りたいのだ。




私はそうして愛を見ている性質だから。




もう少し執着がなくて




さっぱりした人なら良かった?って



こないだ彼に聞いたら




んー、




さっぱりがありがたいことも確かにあるね。




でも良いよ、シロハトちゃんのこと


それでも俺は好きだから。





例えこれがリップサービスだとしても




彼は彼なりに考えて答えてるわけで




それはきっと




私への思いやりや




悲しませたくない気持ちからかも

しれません。






ストレートな人だから




私はそれに悩まされたり




喜んだり




忙しいのよね(笑)





本当の気持ちは分からない。



でも重たいと思われても良い




面倒だと思われても良い




圧を感じてウザいなと思われても良い





だってそれが私だからです。





それを隠すことなんて出来ないもん。




私も人の子だから




ああ、圧をかけすぎたかなとか



自分勝手だろうなとか




質問攻めして重たくしたなとか




正直になりすぎたことに


後悔することもあるけど




言わない方がもっとイヤだから。





嫌われるの怖いし




冷められるのも怖いけど





言わない方がモヤモヤするの。





自分のために言います。




毎回スリル満点(笑)




しつこくしたくないのに



妙にしつこく


聞いちゃったりすることもあるし




天の邪鬼だったり。





段々彼からのメールや電話が



少なくなりつつあるのを感じたりね。




でも言おうが、言うまいが


しつこくしようが、しまいが




上手くいくものは上手くいくし




駄目なときは駄目になるものなのです。





どっちにしても決まってる。





今、私がやっていることも





これからやることも




私のままでしか、出来ないから。






あとは神様の決めること。




メジロ君が選ぶこと。




委ねて流されるって




どっちにしても

私は大丈夫だってこと。





彼のこと、二人のこと、




大きな流れに任せてみたら



必ずどこかへたどり着く。





どっちにしても大丈夫。





この覚悟はとても大切です。




そして自分のためのエールでもあります。

















実は




メジロ君の目の色は




日本人にはとても珍しい





ヘーゼル、アンバーと呼ばれる色です。




何とも言えない色で




薄い琥珀色のような金色のような




ちょっとグリーンが混じったような





透き通る

なんとも言えないキレイな色。






かなり目を引く。






一番最初に出会ったときに




この瞳の色が印象的でした。




あと真っ白な歯も。




歯にお金をかけてる😁





日本人の目の色は


濃い茶色が多いでしょ?




でも彼の目の色は





薄茶でもなく黄色っぽいような



とにかく色素が薄い。




もちろんカラコンではなく



ナチュラル。




視力も問題はないけど



太陽光が

かなり眩しく感じられるらしい。




ご両親は


そういう目の色ではないそうで




生粋の日本人だし



なぜ色が薄いのかは彼も分からないそう。



そもそも豪快なメジロ君はあんまり


目の色は気にしてないらしい。




よく見せてって言うと




恥ずかしいからイヤって言う。






そして何を隠そう

(別に隠すつもりはないか…)




私の瞳も





実はプチオッドアイです。







右目は普通の茶色なんだけど




左目は茶色の瞳がベースで




瞳孔の真下辺りに7~8ミリ経程度の




淡いブルーの筋?が入ってます。



要はそこだけ薄い青色なの。




まあ、

これをオッドアイと呼べるのか


分からないけど




左右で瞳の色や仕様が違うのですわ。




両親は私の小さい頃





今のようにネットもない時代だったので




先天性の異常なのか?とか




視力に影響がないのかなど



とても心配だったらしいけど




別に視力に問題はなし。








昔、二十歳の頃




付き合っていた白人の彼に



『シロハトの目はすごく神秘的だね。

ペールブルーの筋なんて

見たことがないよ。』と




褒められたことがありました。




私自身も自分の瞳は気に入ってます✨




でも今思えば外人特有の



口説き文句だったりして?(笑)






白人の彼もキレイな青い瞳だったな。







私のオッドアイは光の加減で



あんまり目立たないけれど




メジロ君の目の色は




かなり個性的で




明るい場所や



日の光に照らされると




透き通る感じがとてもキレイ色なの。





ずっと見ていたくなる。




彼は色も白い方なので




色素が薄い体質なのかも知れない。




アルビノとかではないけれど




髪の色なども栗毛色なんだよね。





だからキレイなのかな(* ̄ー ̄)




背も高いし



顔立ちもハッキリしてるけど



でもハーフには見えない。




目が奥二重で

キリッとしてるせいもあるけど。





余談だけどむしろパートナーの方が



よく外人(中近東系)に間違われるほど



ハーフ系の濃い顔ですね(笑)




話は逸れましたが





その彼の

ヘーゼルアンバーの瞳は




夜はあまり目立たなくて



大概夜や夕方に会うことが多いし




背が高いのであまり間近で見ないから




瞳の色のこと忘れてたんだけど





こないだ夏休みにお泊まりしたとき




朝から待ち合わせして




太陽光が燦々と降り注ぐ時間に




一緒に特急電車に乗って






隣に座っていたから


目の高さが同じになって



マジマジと彼の瞳を光の下で見て





琥珀色が透けて


宝石みたいにキレイで




よく見せて!って言ったら




恥ずかしいからって


目を伏せるんだけど




その伏せた目も日に透けて




なんかこの世の者とは思えないほど



美しく感じたのです。





彼は絶対モテてるはず…。





女の直感が働く。




目の色きれいとか言われない?って


聞いても



彼は全然そんなこと言われないって



否定する。




でも実際、



ガールズバーに接待で行くときは




そこそこキャーキャーされてるっぽい。




王様ゲーム事件も記憶に新しい(笑)




でも全然、我関せずの彼。





『若い子は品と知性が
足りないんだよね。

ぷよぷよしてないし。

だから俺はシロハトちゃんが良いの!』







( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)( ̄ー ̄)

てことは私はぷよオバさんてこと?!




ウーム、やんわりと無邪気に



NGワードを言うメジロ君。


フクザツ…。





これで昇進しちゃったら




周りの女のコ、

狙い打ちじゃないのかな。





彼は優しいので




気を持たせてしまうんじゃないかと…。





そして鈍感なので



気付いたらワナにかかってそうな…。





私がそうしてきたから分かる(笑)




でもそれも無常だから止められない。




私は彼の不動の1位と根拠もなく




自信があるのは





二人の間に縁を感じてるからと




彼といるとシックリ来るからなんだけど




それもまた変わっていくもので…。





でも今はまだ不動の1位を感じますよ。





それはこれからの


二人次第ではあるけれど。





彼の瞳をまだ独り占めしていく。





どうなっても彼は私を好きでいると


思えるから。





私が私のありのままを好きでいる限りね。





瞳の色に特徴的な二人が




偶然にカップルって





結構珍しいんじゃないかなと思うけど




海外では当たり前だもんね☆





私に無いものを沢山持っている彼なので




とても惹かれるのかな。




※あ、さっき

私を幸せに出来ないってどんな意味?

メジロ君は幸せなのに

私は幸せになれないの?(笑)


教えてって



またズッシリと重たい(笑)
メールしてみました。


なんて返ってくるかな。

またそれはスルーで関係ないことが
返ってくるかな。


彼は考えると

2日位かかると思われますので


怖い気もするけど

ワクワクもしながら

ノンビリ待ちます。





























































彼の気持ちの奥の奥、本音なんて



分かりません。




だって

気持ち(心)とはそもそも実態はない。




瞬間、年間、スピードは様々ですが



必ず流れて変化していきます。





だから本音はどうなの?


本当はどう思ってるの?と




聞いたところで

当の本人にも分からないと思う。





私自身、


自分の本音さえ分からないのに(笑)



相手の本音なんて深海ですわ。




ヒトは自分の本音を



語れるほど自分を知らないのです。




人生をかけて



自分というものを知っていくのだから。




それでも知らないまま


自然淘汰されることも多い。





自分を知るには



写す鏡になる相手(他人)が不可欠。





相手がいて



自分はこんなことが好きなのかとか



こんなことが不快に感じるのかとか




知ることができる。





自分一人では



自分のことを見ることが出来ないの。




なんでこんなことを書こうかと


思ったかっていうと





昨日、メジロ君がメールくれたのね。




昨日は私はといえばお休みで



パートナーとドライブ。



爽やかな天気だったので、

一緒に自然を満喫してきました。




パートナーはお酒飲まないので



私は地ビール飲んだりお蕎麦食べたり



自然を眺めて心をリセットした。




これからのメジロ君のことも



ゆっくり考えたりして。




メジロ君を手離す覚悟が必要かなとか




それは簡単ではないけれど




今は彼に委ねて

どうなっても受け入れようと



心に決めた。




そんな時メジロ君から



メールをもらって。




彼は最近、

メールの頻度がちょっと遅い。




色々多忙で

そして考えてるんだと思う。





その彼からのメールは




なんとも彼らしいストレートな表現で




私を悩ませました。




『会社の環境を良くしていくためにも


辞令(昇進)を受ける。


でも多忙な日の中でも

シロハトちゃんとの時間を

何よりも大切にしていきたい。


シロハトちゃんを

幸せにしてあげられないけど

俺はこれが幸せだから。


これからもよろしくお願いします。』





そう書かれてたのです…。




脳が揺さぶられました。



え!これってどういう意味?って。




私との時間を何よりも大切にしたいけど



私を幸せに出来ないの?



でも彼は幸せなの??


みなさん、これってどういう意味だと


思いますか?(笑)





なんてね。赤の他人は元より、



誰にも分からないと思う。





メジロ君じゃない限り。





そしてきっと当のメジロ君でさえも



自分の心の奥の奥なんて




分からないと思う。





もちろん

その時に思ったことというのは



その時はそう思ってたので嘘ではない。




でも




どういう意味?って聞いたところで




それは本音とは限らない。




でも気になりますよね(笑)





本音とは限らないことを承知で




なぜ私を幸せに出来ないと思ったのか



私をがどうしたら幸せだと思うのかを



聞いてみようとは思います。





でも返ってくる答えは



100%真実ではなく




その時に感じたことのみだと思うから




メジロ君の奥の奥なんて




一生かけても分からない。




だからね



聞いたらあくまでそれは概算だと




思うことにする位でちょうど良い。





人は言ったあとでも



あれ?なんかこんなことが


言いたいんじゃなかったなとか




話してる内に違っちゃったなとか



自分の気持ちさえ掴んでないもの。





それは気持ちとは

そもそも流れていくものだからです。



流れてる川の水と一緒で

誰も掴めないもの。




だから相手の

ひとつひとつの言葉尻を掴んで




これはどういう意味?と相手に問うても



流れてるものだから



本人にも分からないのですよね。




人間て面白くできています。





それでもいいから




今思ってることをメジロ君に


聞いてみます。




彼が私との時間を

何より大切に思ってくれてることは


嬉しい。




でも私を幸せには出来ないけど


俺はこれが幸せと言ってきたのは




正直分かんないけど(笑)




多忙で会えなくなったら


幸せに出来ないって意味なのかな。



でも彼は幸せ??




トンチみたいだ。





相変わらず



ストレートな表現ゆえに




嬉しくもなり不安にもなる




メジロ君の言葉。





でもね



彼の口から思いを聞いてみます。




私を好きでいてくれてることは



間違いなく伝わってくるから。





それを聞いて私も私を知りたいから。


















このページのトップヘ