女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛




デートのお店のことで


聞きたいことがあったので



今、電話をかけたら



ちょっと冷たい

お仕事モードのメジロ君が出た。




お仕事してて誰か周りにいるとき




まるで今、かけてこないでよ。


みたいな態度で




なーんか素っ気ない💨





そんなの分かんないもん!



じゃ、出なきゃ良いのに💨




プライベートで電話してくる時の彼と




あまりに違うので戸惑う(笑)





『今、仕事中です。』





『う…じゃまた…あとで…』

→完全にひるんでる私(笑)





『いつまでなら電話大丈夫なの?』






『お昼過ぎ位までなら。』





『分かった。じゃあとで』





『え…かけ直してくれるってこと?』





『そうです。もう少しで終わるから。』






『分かりました。』






『失礼します。』





どうよ?この他人行儀なクールな態度🐧




や、分かってますよ?


仕事で周りには

多分上司やお客さんがいたり。



でも本当に全然別人のメジロ君。




これだから私からかけるのが


何となく嫌なのよねぇ。




かけたとき

相手が何してるかが見えないもん。



逆にそういうときは





電話に出ないで欲しいのに




メジロ君は私がかけると




携帯を持ち歩いてる時は

100%電話に出る。





必ず出てくれるんだけど


仕事でテンパってるときは


ちょっと素っ気ない態度だから




なんかねぇ…。


それ、

あとでやんわり言ってみようと思います。




だってさ



今朝、さっきくれたデレデレのメールと




全然別人なのよ(笑)





『来月になったら

ダイヤ改正があるかもしれないから


旅行会社に行ってそれも調べたいなと

思ってます。


旅行を快適に楽しく過ごしたいから

どぇーす』って



ウキウキに書いてあったし(どぇーすって…)




デートのお店のことも




『調べてるときが一番楽しいね。


でも俺は一緒に飲んで笑顔が見れれば

大満足だから』




ってデレデレしたメールを

わずか数時間前に送ってきてたのに




人の心と状況は本当に無常。




流動してる。




でもどちらもメジロ君には違いない。




人は多面的なのだよね。




面白いナァって思う。




さっき4Lの大きな栗を蒸した🌰




すんげー美味い❤




これで作る栗ご飯、絶品じゃろうな。



あまりクールだと

あげないぞ、メジロ君よ(笑)




でもね




色んな多面の彼もまた



それはそれで良し。




一喜一憂しないこと。




私も多面的だし




人はみんなそうだからね。








表の彼だけ好きだから



それだけちょうだい!щ(゜▽゜щ)




それはムリ(笑)






裏も表もセットなのだ。





逆に裏も受け取らないと




表ももらえないの。




セットでメジロ君なのだ。




私だって



表のシロハトちゃんしか要らないって



言われたら



とてもイヤだ(笑)




裏も表もセットでシロハトだから。




さてさて



では彼からの電話を栗でも食べながら



待ちますかね✨



追記


かかってきました。



まだ終わらなくて昼休みって。




でも声のトーンも全然優しくて
デレデレ溶けてました(笑)




私は



お仕事モードのメジロ君も素敵で



好きだけど



さっきみたいな態度は怖いから



そういうときは電話に出ないで良いから



あとでかけ直したりして。




こっちは聞きたいことがあったり

良かれと思って電話してるし



メジロ君が今日も仕事なんて



わからないからね。って伝えた。







そしたらね



『だってさ

仕事モードでついね。


でもごめんなさい。

さっきは周りに人がいたから。



今度からそうするね。』



そう約束してくれた。


『本当におっかなかったもん💨』




そう言ってちょっと反抗したら




『うん、そうだね。ごめんなさい』




そう優しく謝ってくれた。



お店の手配も



私が見つけた店なので



今回は私が予約しておくけど



私はすごくしらべて迷っちゃうから



本当はメジロ君が決めてくれたら



嬉しいって話したら




『そうだね。

いっぱい調べてくれて


生真面目になるんだよね。


でも気持ちは伝わってきますよ。

もしその店が満席で予約取れなかったら


俺に言って。


違う店を俺が予約するから。

あ、お財布は置いてくからね(笑)』





『うん。ありがとう。


頼りになるね、やっぱり❤


でも私は私の出来ることでお祝いしたいから。


奢ってあげたいけど

奢れないけどね (๑◔‿◔๑) 』




そう言ったら




ツボに入ったらしく




めちゃ大笑いしながら





『うん、うん、大丈夫だよ(笑)

分かってますよ。』





メジロ君またなんか溶けてた(笑)





優しいメジロ君が現れました。





大事なのは




彼が仕事モードでおっかなかったり



素っ気なかったりすることを




やだ、怖いと伝えたとしても




それを否定しないこと。



それも彼の素敵な一面なのだから。



その一面があってこその


今の彼の地位だし




その働きのお陰で



私にご馳走してくれてるわけで。



だからその一面も



素敵で好きだけどねと伝えた。




そうすることで彼も



罪悪を感じることなく



仕事モードでいられる。



こうして激務な彼との関係を



よりよくしていきたいなと思うのであります。










午前中に



メジロ君が電話くれた✨




短い休憩の合間に。




15分ほど話せました。





彼は今日もバリバリと



お仕事してるハキが感じられ




意気揚々としてるのが伝わる。





そのパワーが電話からも漏れてくる。






そんなバリバリの彼が





何の用件の電話かって?






次回のデートのお店のことです(笑)




このギャップがたまらん。





色んなお店を言ってくれたけど




私の頭が回らなくて



結局私が行きたいとこを考えて


メールすることにした。





一軒目は決まっている。




メジロ君誕生日だから




私が昨日予約したのだ。





彼のリクエストで



珍しく大衆的な




餃子と生ビールのお店。




予約だけね。




お支払は私ぢゃない

(๑◔‿◔๑)テヘ





考えてるのは二軒目の店。





超久しぶりに土曜休みが取れたので




どうせなら




日曜休業で

いつも行けない店に行きたい!ε=ε=(ノ≧∇≦)ノ

ってなって





中年カップルが


ウキウキに迷っている(笑)





人気店は



土曜は先ず予約必須でしょうしね。





ふと



あれ?私がデートのお店考えるの?




カレシの役目じゃないの?



そんな考えが沸いてきました。




以前はね




固くなにそう思っていたの。





エスコートはカレシの役目なので




当然デートのお店も彼が決めて



予約しておく。



これがデフォ!ってね。




バブル世代なもんで(´ε`;)ゞ





ところが最近は





ま、




得意な方がやれば良いんじゃね?



そう軟化してきた。




おごることも



お店選びも



それぞれが得意な方がやれば



一番スムースなんだわ。




私はお宿やお店選びとか大好きだし




メジロ君よりも女子的な感覚で





美味しくてキレイなお店を知ってるから




探すのが得意。





かたや




メジロ君はオッサン達が好みそうな




バブリーなbarとか





料亭とか割烹とか



老舗の和食店とか





接待向けのお店が得意。






おとといも




メジロ君は

月に一度のゴルフ接待だったらしく




あちこちの社長さんや重役たちと




ゴルフを満喫して



コンパニオン呼んで




お高めのお店で




ま、ひとつよろしくみたいな感じで




美味しいものを食べて飲んで



夜中に帰ってきた。





金持ちとのゴルフ接待なんて




私には縁のない世界。





見たことも行ったこともない(笑)





でも彼はそんな世界にいる人なので




磨かれてそういう雰囲気やオーラが



身について行くんだろうな~と





感心する。そして少し寂しい😣






そんなきらびやかな


割烹や料亭もたまには行きたいけど





私が好きなのは




どちらかと言えば





落ち着いて美味しくてこじんまりした


清潔な個人店。





であるならば



私が探してリクエストした方が




自分でも満足するわけで。




メジロ君は



私が探してきたお店は




何の抵抗も見せずに




じゃ、そこ行こう!って



連れていってくれる。


…シメシメ(笑)







なんかね



彼の声を聞いてたら




なんか萌えてきて(笑)




『メジロ君のこと、

私は

ちゃんと好きですよ。』





そう思わず伝えたら






『俺だって大好きだよ!』





ありがとう。



そう付け足すように後から言うのが



なんか良いね(笑)





メジロ君からはあまり言わないもんね( ・ε・)




そう言ったらね





『男はあんまり

そういうの言わないんじゃないの?』





『そうだけど

言って欲しいときもあるよ。』






『分かった。じゃ頑張ってみる。』






頑張ることなのかっ(笑)?!





デートの日は



お誕生日の服を一緒に買いに行こうね。





そう言ったら





『お金、たくさん持ってきてね(笑)』







『ムリ(笑)』






『(笑)うん、気持ちだけで良いよ。』






『え、もちろん(笑)でもね、



私に出来る精一杯の気持ちで


ちゃんとお祝いするから。』






🍃









『・・・ありがとう。


本当に好きだよ。』









『 .゚+. (*゚^゚*))゚+.゚ +。:.゚(*゚Д゚*)゚.:。+゚』






不意をつかれてあわわ(笑)






そして

彼は張り切って?




いつもの待ち合わせより



1時間早い時間を指定してきた(笑)




なんかウキウキしてるメジロ君が




愛しい ♡ ♡ ♡




サプライズで




栗ご飯と



唐揚げを作って持参する予定なのだ。



次の日に食べられるようにね。





栗ご飯は毎年この時期に必ず作る。




圧力鍋でやると本当に美味い🌰✨





唐揚げは前にも何度か渡して



好評だったので🐔





手前みそですか




私は料理が得意なのだ。




自分の料理が大好きだし(笑)




それで飲むのが至福❤




いつもメジロ君に手料理を渡すと




美味しかったよ。

でもやっぱり隣で一緒に美味しいって


食べたいです。



そう言われる。


ちょっとせつないけどね。




でも得意なもので



彼を祝いたいから。





あー、



会いたくなってきたなぁ。




会える日まであと10日余り。




それまで日々を楽しんで過ごします。



主に妄想でね(笑)



とくに


『好きだよ』の部分は


脳内でヘビロテ決定(笑)


















あれからパートナーとも



あらま仲直りの兆候(笑)




なんか普通にご機嫌お伺いのメールがきたし。





私は何もせず



放っておいただけですのに(  ̄∀ ̄)




でも根本的なことは変わらない。




お互いに正しいと思ってる価値観があり




それは譲れないところもある。




私の苦労も




向こうの苦労も




お互いに言い分があるからだ。




それでも不満を伝えてギクシャクして




それを乗り越えたことに意味がある。




少しでも良くなるように改善していくこと。



それが例え遅々としたもので




何年スパンになっても




意味がある。





んで、




メジロ君とは絶好調ですねー❤





彼は一皮むけた感じです。




だから小さな小競合いがなく




パートナーよりも器がかなり大きい。




だからといってパートナーが



小さいわけでもないけどね。



彼は彼で人を思いやれる性格だし。




性分なんだろうから仕方ない。





個性ってやつだね。





今度のデートは




メジロ君の誕生日を祝う予定。




日にちは全然違うけど




誕生日本番は彼は仕事なので前祝い。





手料理を持参して、




洋服をプレゼントしようと思ってる。



私は彼と違って稼ぎはないので



諭吉さん3枚以内にして欲しいと



伝えたら

そういうこともハッキリと言う私(笑)




何も要らないけど




じゃ、

記念に何か1枚買ってもらおうかなって





ちょっと嬉しそうだった。



私から買ってもらうの滅多にないから

(年に一度だけ)




なんか嬉しいらしい。




一緒に買いにいくので




旅行に着ていけそうな




某ブランドのシャツか


ニットにしようかなと考えてる。




彼は何でも似合ってしまうので




特に私が!彼に着て欲しいデザインで




特に私が!萌える服(笑)を、




ここぞとばかり選ぶつもり。




私の眼福のため❤





でも誕生日祝いだけど




その日の食事とホテル代は




いつものようにメジロ君任せという(笑)




恐らくプレゼント代よりも高いと



思われますが





でも出来ないものは出来ないので





遠慮なくそれはゴロニャンと甘えます。






ゴロニャンといえば




この前私がホテルで




コンタクトをはずしてテレビを観たら




全然見えなくて画面の真ん前で




立って張りついて見てたら




『シロハトちゃん、


なんかテレビの真ん前で張りついて観てんの、


うちのネコみたいでカワイイっ❤』










後ろから



ぎゅって抱きしめられたことがあったのを
(//∇//)




いま、思い出した(笑)





あー、確かにネコって



テレビに近寄って張りついて観るよね。





突然メジロ君の萌えポイントに



アクセスしたらしい。




え、そこ、きゅんてするんだ?!って



ちょっとひるんだ(笑)




人それぞれ萌えポイントが違うね~🐱



🐥🐥🐥🐥🐥🐥🐥


えーと話を戻す





私は女性から男性に何か買ったり




奢ったりって






実はすんごい抵抗があるんだけど




※あくまで私の価値観だよ。

色んな人がいると思うから。





年に一度の誕生日だけは




彼も特別な思いだろうなって



感じるので買ってあげたい。





実際、とても喜んでくれて




前回あげた洋服も



気に入って何度も着てきたりね。





ただし、私の出来る範囲で買う。




無い袖は振れないもん。




やっぱり私はプレゼントされたり


奢られたりが好きだなぁと



改めて確信(笑)




お姫様扱いが良いな~✨





お姫様は王子様にプレゼントなんて




しないよな~。






役割がやっぱり違うって感じる。






さて、バレーボール観よう📺

















パートナーと経済的なことで


意見がすれ違い、ちょっとギクシャク。




でもそれも経験。




他人同士




家族のような存在であっても




何十年も一緒にいる相手と




意見がすれ違わないほうが

不自然だし




生きてる限り




お互いに波が悪いときもある。






それに蓋をしない。




モメるときはモメる。




そのあとは相手がどう出ようと




怒っていようと



私は放っておく。






男性は怒ってる内側で





実は色々葛藤したり反省したり



素直になれなかったり




心でタスク処理を行ってるから




放っておけば勝手に相手が浮上して




何かしらの行動に出る。




だいたい柔和する(笑)




それを待つだけ。




待ってる間は私は自分の生活を



普段通りに楽しんでる。





だから私は思いの外、元気。





そんな姿勢でいたら




昨日は

だんまりだったパートナーから



これから帰るメールがきた(笑)




彼は彼で



きっかけを模作して



私の機嫌も探ってるのだ。






パートナーが怒ったり



弱ったり



未熟だったり




不安になったり



身勝手になったりすることを





ダメなこととして扱わない。



人間なんだから




誰だってそんな時があるもん。




私だって落ち込んで悩んで



でも浮上していくように。






男性だって生きてるんだから




そんなことだってある。




彼は彼で悩んで落ち込むことを




それを放っておく。




許しておく。




悪いこととしない。




なんかそれだけで



歯車がまたちょっとずつ修正されてく。




なんかそんなことを体験中です❤




男性は軌道修正の前は必ず



だんまりするから。




浮上してくるまでの




ただの儀式として待つよ。




さ、会社に行こう。






このページのトップヘ