女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛




ドリカム⁉的な気持ち(笑)




一泊二日の旅行はあっ!という間でした。





安っぽい言葉では語れない位に




今は色んな感情や感謝が溢れてます。






彼といて楽しすぎて




ゴージャスな旅だっただけに





終わるのが切なかったけど




また前回の旅行のときとは違う感情や


気持ちがあった。







彼とバイバイして帰宅したあと






なんでだろ、涙が出る、出る(笑)






それはハッキリとは

何故かは分からないけど





きっと寂しい気持ちや








私はメジロ君に

何もしてあげられてないなぁ

という思いや




私は本当に

彼に必要な存在なのかな~という


すねみたいな気持ちや




全てを出してくれたことで


自分がちっぽけに思えたり





愛されてるなと感じることがあったり



いろーんな思いが混在してる。









彼に目一杯やってもらったら



やってもらったで



してもらえばもらうほど



自分は無力だな。



そんな思いもするんだなぁって



気付く。





彼は満足したのかなって。




だって私は何もしてないよ?



私だけ満足じゃなかった?って。











そして






愛してるという



気持ちが溢れて涙が出ちゃうんだろう。







メジロ君は




頼りになって



楽しくて


優しくて



リーダーシップがあって




オンナゴコロに

ちょっと気が付かない人で(笑)




マイペースで飾らない彼。









そして彼自身の手で





彼女の夢を叶えてしまえる



本当に素敵な彼氏。







あー




安っぽい言葉で羅列してしまった(笑)





言葉に出来ないことってあるね。





旅先での



ひとつひとつ彼の言動や




私の言動を思い出すと




ふわーっと幸福感に包まれるけど




その裏側で




私の寂しさやすねも

同時に発動していて






なんとも言えない気持ちになった。





涙が出るのは




私がそれを感じたいからなんだろう。





旅行の話はまた何回かに分けて

別に書き残します。






今は終わったあとの余韻や





複雑な感情を味わってる。







私は





とても寂しい人間で


とても愛されてる存在で



とても孤独で



とても幸せな人間です。





どんなに愛していても





肉体は別々で


彼と1つになることは出来ない。




頭の中を覗くことも出来ない。


覗かれることも出来ない。






そこに強烈な孤独を感じる。





どんなに愛していても





私は一人なんだ。


彼も一人なんだ。





彼は人徳のある人気者で




誰からも愛される



人を怖がらない豊かな心を持ってる人。







私はただのつまんない



寂しい女です。





人の目が気になったり



心臓もちっさくて


どうでも良いことで悩み




そのままの私を出せる友人もなくて



傷つくのが怖くて




一歩引いた付き合いしか出来ない

寂しい人間。







自分は何も持ってないくせに




欲深い。





何の役にも立っていない





ただの生き物です。







そんな私を愛してくれる人がいる奇跡。




こんな私を大切にしてくれる人がいる奇跡。






人間は一人が当たり前なのに





そばにいてくれる人がいるってすごいこと。






そして実はそんな私も






生きてるだけで


誰かを幸せにしている存在でもあることに




気づかされる。







誰かを想って泣けるって




なんて素敵なことなんだろう。





ちょっとセンチメンタルな気持ちに




浸ってみてるよ🍃







今はなんか抜け殻です。




でもそんな日があっても良い。















































🎶tonight I'm gonna have myself a real good time



このフレーズがピアノソロで始まるとき



もー、ゾクゾクします。



とってもフレディ・マーキュリーらしい

大好きな曲のひとつ。







映画ボヘミアン・ラプソディの




エンドロールでも流されるのですが




なんとアカペラで始まるのです。




劇場いっぱいにフレさんの声が響き渡り




ゾワーっと感動の鳥肌が立ちました。




そして立ち姿でピアノを弾きながら歌う


フレディの映像と共に流れていく。



最高にカッコいい!!





この歌は気分が沈みがちなときに聴くと




途端にテンションが上がります。



特に車の運転には最高😃⤴⤴





フレさんのこの楽しもうとするパワーに



ブルーな気持ちまで持ってかれる感じ。




If you wanna have a good time just give me a call!





本当に電話したくなりますわ(笑)








この歌詞は語呂と韻だけで



作ったんじゃなかろうかと思われる程




軽快で歌いやすい。




淀みなくスルスルと


次の歌詞が自然と口に出てくる。




歌いやすさに拘りがある

フレさんならでは、だ。






そしてその時のフレディが




心の底から欲していることが




まんま素直に現れているかのように思えて




ストレートに伝わってくる。




歌そのものが




ワクワク感のある『静』から始まり




お祭り騒ぎのような軽快な『動』を


堪能して



そして寂しげな、でも余韻のある

『静』で終わっていく。




まるでパーティーのようだよね。




静と動がクッキリしてるのも


フレさんらしいなと思う。




この頃の彼は日々に忙殺されながらも




キレッキレで



欲望のままに突き進み




全てを手に入れるかのような破竹の勢いで



もう彼自身が本当に爆弾のようですもんね。





自分でもそのエネルギーを



コントロール出来ないほどのパワーで溢れ




生命が輝いてる感じ。




それがリスナーのパワーにもなる。




私は曲の情報を極力仕入れない。

偶然見てしまったものは仕方ないとしても。





誰かの先入観で聴くのがつまらないのと




例えフレさん本人が


俺はこうした思いで作ったんだよと

語ってたとしても
(彼はそんなことは言わなそうだけど)





リスナー側の私の解釈で


聴いて良いと思っているからだ。




音楽はこう聴くものなんて



基準で縛っていたらつまらんもん。




フレさんが最も嫌がることだと


勝手に私は思ってる。




フレディは恋愛に何を求めていたかなと



思いを馳せる。



若い頃頃はこの歌のように


気持ちと欲の赴くままに。





そして




晩年は安定性へと

変化していったように思うけど




どの時代も彼は




やっぱり真の恋人を求めていたように思う。




飽きっぽい性分の彼が




ジム・ハットンとは



色々あっても7、8年?も一緒にいたって




すごく不思議に思うけど




そういう年月の流れなんて関係ない



心地よい相手だったのかなと



また勝手に想像(笑)




私は個人的には




この歌のときのように



思い付くままに軽やかに人生を謳歌していた



フレディが好きです。




これからも私のロールモデルとして



輝くスターなのだ⭐
























メジロ君との旅行もいよいよ迫ってる。




彼はそれまで大忙しです。



でもね



彼なりに楽しみにしてるらしい。



青森の天気予報を

会社のデスクトップで表示させて


毎日チェックしてるんだって(笑)

可愛い❤





私の足もひびが入ってから



3週間が経ち




だいぶ歩けるようになった。




でも痛みはあるけどね。



メジロ君は心配してくれてて



大丈夫?と毎日連絡くれる。




温泉に浸かれば治るからね。



そんなことを言う彼を


私は愛しく思う。





たったの一泊二日。



されど一泊二日。



こんな関係で



二人で旅行に行けること自体




とってもありがたいことだから。




宿の食事を



グレードをあげた料理のコースに

してくれたんだけど



さらに別注料理のアワビまで頼んでくれた。

※私の大好物なの❤


食べられるのかしら…?!(・・;) ?



なんて言いつつペロリだろうけど(笑)





普段の彼は質素だけど



どうせ行くならゴージャスに!




そういう人なので



旅行とデートは本当に楽しみです💕





こないだね




『旅行が楽しみな分、


すぐに終わってしまうのが分かってるから


その日が来て欲しいような、


欲しくないような、


既に寂しい気持ちになったりして


矛盾してるけど複雑な気持ち。』




こう彼にメールしたのね。



そしたら彼は




『俺はね、終わりがあるから楽しめるし

また頑張れるの。

でね


その時は一生懸命なんだよね。


まだまだ全国に良いところがあるんだから


これからもまた一緒に行こうよ!』




そんな風に答えてくれた。




私、これからも

一緒にいて良いんだ.゚+. (*゚^゚*))゚+.゚





珍しく謙虚な気持ちになったわ(笑)



嬉しかったの。



これからも一緒にいようと

思ってくれてることが。




今は


そう思ってくれてるということが。





彼は幼い子供みたいに




ずっと二人は一緒にいると

無邪気に信じてる。




時々それがとても切なくなる。




でもね




私もどこかで信じてる。



年月は無常なことが分かっていても




無邪気に信じていたいな~ってね。




サンタクロースを信じるようなものね。




だから今を噛みしめて楽しむ。




それが明日に

未来に繋がっていく。




彼のハグとキスが恋しい。




そんな気持ちも無常だからこそ価値がある。




だからどんな恋愛も楽しめる。



ていうかさ

楽しまなきゃ損だよね。




楽しめなくしてるのは自分の心のみ。



さっさと楽しむ。



悩んでる暇はないほど

人生は短い。




てなわけで




私の矛盾した寂しい気持ちは置いといて




さっさと私も楽しみます!




愛する彼といる時間は




長いようでいて短いのだ。




そう自覚することで




一緒にいる時間が濃いものになる。





ただダラダラとスマホ片手に

一緒にいるなんてもったいない。



二人で一緒にいられるのは

永遠ではないのだよ。


みんな自分は永遠だと思ってるのかね?




軽やかに


でも酸いも甘いも味わうように

恋愛したいね。





あー




メジロ君に抱きつきたい(笑)



彼のたくましい身体も永遠ではない。



何一つ永遠のものはないもん。




だから愛しくて




一緒にいられることも奇跡だからね。





























恋愛コメント相談を頂いたので
お答えしますね。
→恋愛コメント相談



ひろさん、
先ずこうしたいと彼に伝えたんですね(^^)



きっと勇気だしたと思います。




>二人きりにならないと彼は素っ気なく大勢の人がいる場所で彼と一緒にいても私は寂しく感じます。



これね、男性はみんなそうじゃないかな?
恐らくメジロ君もそうだと思う。
だからといって愛してないわけじゃない。



>彼としては3年も一緒にいるんだし、側にいればいいでしょ。と私の寂しさが腑に落ちなかった感じでした。


うん。だって二人きりのときは
素っ気なくないんでしょう?

私なら彼の言ってること、
なんの問題もなく感じるけどなぁ。



彼はひろさんのこと身内感覚なんだと思います。
それって信頼してることだし


彼はそれが愛情表現だと
思ってたりするところがある。



これね、

ひろさんの愛情表現と

彼の愛情表現が違うだけなのですよ。



そしてコミニュケーションが
不足してるがゆえのすれ違いかなと思う。


3年交際だと
どのくらいの頻度で会っているかにも
よりますが、


だいたい慣れてきますよね。
慣れなかったら逆におかしいわけで。



そのなかでどれだけ良い緊張感を保って
交際していけるか。




それも個人差があるので
何ともお答えが難しいけれど




私とメジロ君も交際3年位ですが

距離感を維持してるのも手伝ってか
お互いラブラブを維持しています。




それはきっと私が我慢してないからで

身内じゃなくて恋愛をしていたいと
伝えてるから彼がそれに応えてる。



そしてありのままをお互い認めてる。



男性は身内感覚にはなっていくのは
自然なことです。




それを私は恋愛していたいと
リクエストしているわけで(笑)
伝えるコミニュケーションですね。




それにどう応えるかはメジロ君に
任せてる。




ひろさんの背景が分からないので

私ならこうするとしか言えないけれど
見当違いならごめんなさいね。




私ならひろさんがここに書いてくれたこと
全てを彼に話します。





もっと会いたいこと彼に伝えます。

もう私と会いたくないの?と聞きます。

身内感覚とかじゃなくて
恋愛していたいの!と伝えます。



ベッショリ重たくても
例えうざかられても。



音沙汰がないとのことですが




音沙汰がないのと
もう恋愛感情がないのかどうかは
全くの別問題です。



それ彼に聞かないと分からないし


エッチしなくても良いんじゃない?と
言っていたことも
その時はそう思っていてもまた変わっていくよ。



そしてそれも愛してない証拠にはならない。
彼なりの愛情表現があるからです。


それを見ようとしていましたか?




人間は肉体も脳も別個だから
こちらが考えて思い込んでいることと
違うのです。




伝えたらあとは彼に任せます。




そしてそれでも
彼が会いたいと言ってこないのなら
私なら彼を放置します。



人は会いたいなら会いに来ます。
必ず行動するからです。


いま、彼が会いたくないのなら
彼の意思を誰も変えることは出来ない。



でもそれは愛してないからだと
すぐに結びつけない。



だって聞いてみないと分からないですもん。


前向きになる言葉も人それぞれなので
難しいですが




悩むことも重さを伝えることも
恋愛感情があるからこそで
なんの問題もないです。




私なら納得いくまで彼にぶつかって
それでもダメなら
彼は私の相手ではないなと思うことで
前に進みます。


自分が最終的にどうしたいかを決めておく。





たまたまメジロ君が
さっきメールで言ってくれたことがあります。



『俺はね、
終わりがあるから楽しめて頑張れるの。
でもその時は一生懸命なんだよね。』



もちろんそれは旅行の話なんですが



男性は基本その時は目の前の物事に集中して
一生懸命です。


終わることとか先を考えてない。



ある意味1つのことしか考えられなくて
鈍感なんです。


でもたからこそ仕事などに
邁進出来るのでしょうね。




音沙汰がないのは
彼なりに答えを考えてるからです。


音沙汰がないことを悪いことと
捉えてないかもしれないし。



それをムリに引っ張り出そうとしても
彼は余計に籠ります。



女性はなんとか同じ土俵に引っ張り出して
話し合いで決めたいけれど




男性は大切なことほど籠って
一人で考えたい。




だからこちらから伝えるだけ伝えたら
放置するのが良いと思うし
私ならそうします。



ひろさんの背景が分からないので

答えになってないかも知れないけど



思い出にしたり

終わらせるのはいつでも出来ること。



人生一度きり。


彼とこのままフェイドアウトしたくないのなら
覚悟を持って伝えてみて欲しいな。



何か起きたらその時に考える。



あくまで

私ならこうするとしか言えないけれど



ぜひ軽やかな感覚で深刻にならず


ご自身の気持ちに従って

頑張ってみて下さいね。













このページのトップヘ