女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 友達



このブログは恋愛が主ですが



友達のカテゴリーがあります。





けっこうアクセスがあるんですよね。





それだけ世の中の人は



友達のことで悩んだりしてる人が

多いのかなと



推察します。





私の友達は良い意味で自由人です。



自分の時間を何より大切にしてる人たち。





会うとウキウキする友達



貴方はどれくらいいますか?




私は二人です。






少ない?





でも自由気ままな私と友達でいてくれる



自立した友達です。





なぜなら


あちらも自由気ままなので(笑)








ヒマをつぶすために話したり




寂しさを埋めるために会うことはない。




ワクワクするから会う。




なのでマメに連絡がないからといって




そんなことで疎遠とかがないし





お互い無理やり繋がろうとしてなくても



気が向いたときに



たとえ何年会ってなくてもフラッと会える。




そして気が乗らないときはきちんと断れる。





お互いにね。




それが普通なのでとってもラクなのです。





お互い気楽に放置しておける存在。






シンプルだけど




けっこう貴重なことだと思ってる。





なので、私は数ではないです。





質の良さです。







もっと友達はいたよ。





でも暇を潰すために話したり会ってることが


多くて



つまらなくなった。



ムリに付き合わないと


関係が続かないのが疲れてしまって。




あちらから疎遠にされたこともある。





ま、私もまだまだアオかったんだよね(笑)




最近だもん、



心の勉強して





人それぞれの常識を持ちながら




生きてることを理解したのは。





今思えばあの頃もう少し



相手の嫌なところも



ま、人間、

誰でも良いところも


悪いところもあるよねと


寄り添えていたら



友達を疎遠にすることも

なかったかも知れない。




幼馴染さえも疎遠にした。




でも常にベタベタと一緒に行動して




悩みも全部共有して




お互いの全てを理解するのが友達ではない。




ともすれば図々しい依存になって

窮屈になる。





私はあるときからそう思うようになった。




一人一人が自由人で自立していて




孤独力があり



会うと楽しいと思えるけど




普段はベタベタと連絡したりしない。




質の良い友人関係。





これが私に最高に合っている。




そして不要に依存し合わないので



細く長く続いていく。





昨日メールした友達は



一児のママさんです。




六大学の内の1つを卒業している才女。




でもふんわりしていて

芯は強い。




私と会うときの彼女は



お母さんではなく



彼女自身になって会ってくれる。




なので



うちの子供がどうした、こうした、


ドラマがどうした、芸能人がどうした


ベルマークがどうしたとか(笑)

→これは職場の群れ女たちがよく話してる会話



そんなあくびの出る会話は一切なし。





きっと彼女もママ友とはそんな話を


しているかもしれない。


共通の話題だからね。



それが楽しい場合もあるのでしょう。




でも私に話されてもつまんね~し





彼女はそういう母親的なことは

私に一切話さない。






そういう品のある気遣いが




さりげなく出来る彼女は




やはり素敵なヒトだなと思う。





才女の彼女とはお坊さんの説法の話とか



心理の話とか



マニアックな深い話がたっぷり出来るので



楽しいし




あとおバカな話もね(笑)




彼女も彼女自身として

楽しいと思ってくれている。





あとは食の好みが似ているので




美味しいところにランチに行くのが好き。




今度はね



足が治ったら



銀座の花大根さんに行ってみたいとなり



肉食女子にはたまらないランチとなりそう(笑)




もちろんスイーツもね❤





たまたま彼女も捻挫してるんだって(笑)




同時期にケガって宇宙的な偶然(笑)





私も複数の友達(もどき)の

断捨離をしたときに




寂しさも後悔ももちろんありました。





でもね



その時にそう選んだのは



私にとって最良の決断だった。




常に自分の選んだことは



その時点でベストなんだということ。



私の好きな僧侶のお一人、

(草薙龍瞬先生)曰く






過去は既に終わった記憶でしかなく


妄想である。


であるならば


記憶という妄想を捨てれば



自身にとっての現実は目の前のひとつのみ。


そこに寂しさも後悔も

生まれようがなく


ただ新しい生活が待っているということを


受けいれて妄想なく生きていくだけ。


喜びはきっと見つかりますよと



私に話してくださいました。



生きていく上で何にも応用が効く大切な言葉で



私の宝物でもあります。




他にも先生は著書(これも修行のうち。)

の中でですが

✨これも彼女が最初に教えてくれた本でした。


------------🍃


人は元々孤独なもの。



人それぞれ脳も身体も別個についてる。


物理的に生まれたときから独りなので



孤独は当たり前なのです。



最終的に



理解して貰えるかは相手の領域で


コントロールは出来ない。


だから自身が満足か不満足かを選ぶ。



他人が選ぶことではないということ。




究極は心や人生は



何もなくても生きていける軽やかなもの。



外部によってもたらされるものは


しんどくなっていく。



全ては自身の内側にある。

---------------🍃





私なりに要約するとそのようなことを



書いていらっしゃいます。



だからこそ



理解してくれる恋人や友達が



自分のそばにいてくれることは

奇跡なんですよね。





んー、深いなぁ❤



そして

こうしたことを語れる友達がいて




私は幸せだなと感じます。



色々な話を読んだり聞いたりして




刺激を受けて



そのまま全てを応用しなくても良い。




琴線に触れたものに対してのみ



自分なりに考え解釈して





自分の心の声を聞いて



どうしたいのかを選択していくことで



それはその人にとってやがて


幸せの道になるということ。




どのようにしたいのかは



自分が満足か不満足かで決めていく。




本当に深いなぁと思います。




幸せは気づくものであり



自分の内側にあるんですね。





今日はオチなし(笑)



























私は幼い頃から人付きあいが


苦手な子で



学校や親に友達をたくさん作って

遊びなさいと言われるのが

本当にイヤでした。



三人以上の集団がまずダメで




一対一で


深く付き合うことを好んだので




一人のヒトと仲良くなれば




その子がいれば良かったので




その一人に執着しがちでした。




ゆえに




一緒に居すぎてダメになるパターン。





今もヒトとの距離感が


あまり掴めずにいる。




それからはもう傷付きたくないから



ベッタリが面倒になって




付かず離れずを好むようになり




今に至る。





結局これが私には合ってるな~と思う。


心が安定するから。





悩みとか相談しなくても



なんか一人で昇華させられるし




根掘り葉掘りと詮索されるのも



詮索するのも嫌い。




常に一緒にいることも疲れてしまう。





自分の時間を割いてまで



心から会いたいと思える友達は



一人くらいかな~。




お互いベッタリしないので



その友達は何年かに一度くらいしか



会わないし連絡も取らないけど




会えばとても楽しい。




あとは最近できた友達も




数か月に一度くらい

たまに会ってランチする程度で




普段は全然連絡とかしない。




友達だからこうするとか



一緒に行動するとか



明確な決まりもない。






要するに




自分の退屈や寂しさを埋めるために




ヒトと会うことが出来ないのよね。





相手がもし寂しさや退屈を紛らすために

自分と会ってるとしたら




私ならなんかイヤだし




寂しいとか不安とかで


常に誰かに寄りかかってて

ベタベタしてきそうでイヤだし




好きでもない人の

興味のない話をずっと聞いてられない。




心から会いたいと


思ったときにだけ会うから



頻度が低くなる。




でも会ったらその時間は濃くなる。









そして




パートナーとの生活や




メジロ君とのデート





自分の仕事と




一人の時間



これらを満喫していると




結局は友達と会う時間は


優先度がかなり低い。





そしてそれでも何の問題もないわけで。




何年か前はこれじゃダメなんだと





焦ってたりしたけど




自分の価値観はこれで満足なのに



親や世間の常識に合わせてたら




そりゃ疲れるわな。




幼い頃は周りの常識に合わせないと




生きていけなくて仕方なかったけど




今は大人なので自分の価値観を



自由に持っても



もう生きていける。




おとなって素晴らしい(笑)




そうして私は何年か前から



友人の断捨離をした。




これからの私の大切な人生は




虚しさや寂しさを埋めるための


余計な足し算はやめて




要らないものを


どんどん引き算していくことにした。




重たくて要らないものは捨てて



シンプルに身軽に生きる。



親や妹とも全然会わなくなった。




前は寂しさから



価値観が違う家族と定期的に会っていたけど





常識ガチガチの親といても



全く楽しくないのです。



しかも押し付けてくるし。





もう親とも離れて良いなと思えた。



私の尊敬する僧侶も




大人になったら親とは一線を引いて



友達のように

自立した関係になるのが

一番だと仰っていた。




いつまでも

親の価値観の呪縛に悩むことはないと。





母親もね



ヒトとの距離感がヘタ。





自分を犠牲にして




先ずはヒトを一番に優先するので



そういう人は真の友達が出来ない。




だって相手からしたら



そんなの重たいもんね(笑)


余計に付き合いづらい。





お互いに身勝手位が

本当はちょうど良いのに。




でもその身勝手が出来ない。




嫌われたくなくて良い人と思われたいから。




そういう人って結局は自分の保身。




自分が一番傷付きたくないから



心配とお節介で見張る。




その価値観を私にも押し付けてくる。





そしてその価値観で育てられた私も



なかなか呪縛が解けない。




でもその母親の価値観でずっと生きてても





当然

彼女みたいになってしまうのがオチ。




ちっとも楽しそうじゃないんだな(笑)




だから私は色々断捨離して良かった。




最近、そう思えます。





私自身が一緒にいて心地よい相手




そして



相手も私と一緒にいて



心地よいと思えるヒトと会うことが




何より楽しいしワクワクするから。




そういう意味でも


メジロ君との出会いは大きいです。




寂しさや退屈しのぎとかではなく





彼に会うと私の魂が生き生きとする。




これが恋だからなのか




それとも人間的な魅力なのかは



分からない。


半半なんだろうけど




そんな人が一人、二人いるだけでも



全然世界がちがいます。




私は恵まれてるなと感謝する。




でもその恵まれてるなと思う気持ちは




私の価値観だよね。




同じ境遇でも





自分はなんでこんなに

運がないんだろうって思っちゃう人と




自分はなんでこんなに恵まれてるんだろうと

思える人がいるわけで。



受ける電波は同じでも


アンテナが前についてるか


後ろについてるか


それだけの違いよね。




要は受け取り方なんだと思う。




人生は自分の都合の良い解釈で




幸せになったもの勝ちだなとつくづく思うよ。








































































こないだの続きの友達編



最近新しい職場になって




そこでも
人間関係の
練習になっております。




まあ本当に色んな人がいるなと。





私が入社して



笑顔で迎えてくれる人


無表情で挨拶もしない人


仕事は教えてくれるけど
深く関わってこない人


挨拶をちゃんとする人



私に関心を持ってくれて
誘ってくれる人


(上司の癖に)
目も合わせようとしない人



根掘り葉掘り聞いては
裏ではなんか言ってる人



本当に色んな人がいる。



でもこれって


すべて私のビジョンから
見ている勝手な想像でもある。




過去の経験から
こーゆー人だと思い込み
決めつけて



人を判断する。



これは私だけではなく
みんなそうだ。




あちらも私のことを勝手な想像や
偏りで見て判断している。




だとしたら



私も含めて



人の判断なんてなんて
当てにならないものだろう。








以前の私なら



というか最近まで



人の機嫌や顔色が気になって




挨拶もしない人とか


目も合わせようとしない
無視する人とか



陰でなんかこしょこしょ
話してる奴らとか




もー、気になって気になって
仕方なくて



まるで片想いみたいに
昼夜そいつらのことが頭から
離れなくて



キモい私でしたけど




今は




あまり
気にしないでいられるように
なりました。




気にしないというより
気になったままで


放置する。

放っておくということが
最善だなと思うようになった。






時々ちょっと凹むことはもちろん
あるけど




自分を
好きでいてくれてる人にだけ



フォーカスするようになった。



たってさ


私のこと興味ない人の機嫌や



私のこと嫌いとかどーでも良いと
思ってる人のことなんて




こっちが気をとられるだけ
大損だもん。




それなら



私のままで好いてくれる人や




いつでもフラットな人に



時間を使いたい。



大抵の人は自分にとって

好きでも嫌いでもどっちでもない



敵でも味方でもないと思うのだよ。



みんか勝手な判断なのだから。




だから私も私の大切な心を



下らないことに
磨り減らしたくないし




自分の心をいじめたくない。




そう思ってると不思議と



落ち着いてくるし


自分にとって心地よいものだけを
選択していくようになった。



もちろん人間だから



心が凹めば
不安になったり落ち込んだりする。



その時はその感情を
なかったことにしないで



そのまま感じてると



これまた不思議と必ず消えるから



そうやって少しずつ訓練する。



なにも怖いものは本当はない。
怖いものは心の中だけに存在する。



人の判断ほど
あやふやで信じられないものはない。


そのままの私でいこう。










会社に気の合う同僚がいます。


その方が仕事で凹んでたので
昨日は帰りに
ちょっとお茶してきました。



私も凹んでるときは話を聞いて
もらったりしたので



愚痴を吐き出すのに
付き合ってきました。



その方の仕事の愚痴だけなら
全然良いのですが
他の外部のこと…例えば



年明けにはもっとやっかいな仕事を
任されるんだってとか



あの人は
こういう人なんだってとか



他の派遣は
こんな時給なんだってとか



私が知らないほうが良いこと、
聞いてもどうしようもないことを
言ってくるのにちょっと困りました。


要はその方の不安や恐れを
押し付けてくる。



それは私には必要のない情報だし


聞いても私に有益なことでもなく
ただこっちのヤル気も奪うだけの
負の情報を



その方は『良かれと』思って
教えてくれるわけです。





これにはなんか
戸惑いました。




ただこの方は他に良いところも
たくさんある方で



人の話をちゃんと
聞く姿勢もあり


気配りも出来るし
思いやりもある方なので



人は色々な面を持ってるから
欠点もあれば長所もある。




人にキレイさを求めすぎない。
ここでもそう思えました。




ただ負の情報は
私は要らないよってことは
今度お酒の場かなにかで




その方に伝えてみるつもりです。



これは彼女を否定することでもなく
私の正しさを主張するものでもなく



ただ私には
負の情報は必要ないよってことを
伝えるだけなので



バトルではないよね。


むしろ
ここを我慢してしまうと
お付き合いは続かないから。




言葉を選んで伝えてみても


それでもし離れていくのなら
仕方ないと思ってます。




だってこれが私だし
無理してまで
変えられないもの。




全て同じ価値観は
あり得ないので



その違いを知って
認めることが出来る関係が



心地よいと思うからね。




話は飛びますが




その方にメジロ君とのことを
話してみました。




男性の見る目があるってことだよね。
それとシロハトちゃんに
魅力があるんだと思う。



そんな風に言ってくれました。




そして


どうしたらそういう人が
見つけられるの?
なんか秘訣あるの?



と聞かれたのですが




そんなの分かんない…(笑)と
答えるしかなかったけど





多分私は条件抜きで彼らを尊敬して



そして貴方といると幸せだよって
表現していて



彼らが私にしてくれたことに対して
感謝と笑顔を常に返してる。




女性が自分の力で
幸せそうにしていたら



彼らはそれが喜びになるから。





よく考えたら
これが秘訣なのかしら…。




ふむ。
これもお酒の場で
言ってみるか(笑)




でも価値観の押し付けは
しないように心がけます。




押し付けは
イヤな思いをするからね。




この話はまた記事を変えて
掘り下げてみようかなと
思ってます。



テーマが深いので。




このページのトップヘ