女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 友達

このブログを始めた頃とは




考えや価値観も
少しずつ変わって





気持ちも
向上してるように思います。






人の考えはずっと一緒ではなく





10年前とは違うし




このブログを始めたのは






ブログの引っ越し前も含めれば




今年の初めからで






わずか9ヶ月前ですら




こんなに考えも違うのですから






他人にも同じことが言えます。






好きも嫌いも変化していくし






ずっと同じ価値観ではない。






だから今は現状が良くない人も





必ず変わっていけると思う。







私は考え方をひとつ変えただけで




気持ちも楽になって




現実はそう変わってないのに




以前よりも
幸せを感じるようになりました。






そしたらそれがまた波動になって





幸せなことが起こる。






もちろんね



全てがそうではないけど






あまり悩まなくなりました。





落ち込んでも




ずっとは引きずらなくなった。






だって




自分の人生を




楽しくするのは私しかいないし





気持ちの上ではいつでも





幸せになれるから。





笑顔でいることを
心掛けてみただけで




うまく回りだしてると思う。





落ち込むときは
ちゃんと落ち込むし





落ち込んでも笑顔でいることは
しない。




自分の気持ちを極力偽らない。
わかってあげる。






でもなるべく笑顔でいると






自然と周りの空気も
和やかに変わるから





自分も楽しい。







他の誰の為でもない




先ずは
自分が過ごしやすくいる為に





笑顔でいます。




それが結果的に





周りの人も笑顔になるなら





それはきっと



自分の為にやってることが


他人への貢献になるのかなと
思ってます。







尖っていたときは




尖った人が周りにいたし







穏やかでいれば




時間差でも




穏やかな人が集まってくる。




一気にではないけど





ちょっとずつ




そんな変化を感じています。



新しい職場でも




私はどの
群れにも入ってないので






自然とそんな付かず離れずの




付き合いやすい人が
集まってきてる。





だからとても楽です。






もう少しこの価値観を深めて




どうなるのかを見てみたい。





基本は
ワクワクしながらね🎵



さてさて


夕方からはメジロ君とデートだ❤




顔見るのは
ほぼ1ヶ月ぶりだな…。






松浦弥太郎氏を
さっきブックカフェでじっくり
読んできました。


この方の全てに
共感した訳ではないですが


孤独を受け入れることを
まるで空気でも吸うかのように
やってしまうスーパーなお人なので



自分軸がハッキリしている
強い方です。



しかも小さな頃から自然に
それを身に付けていった
とのことなので
かなり年期が入っています。


家族といても
恋人といても友達といても
考えて行動するのは
結局は全て一人でしか出来ない。


最後は自分が一番の友達でいること。
一人を怖がらず、受け入れる。
こういった考えが繰り返し出てきます。



こんな風に孤独や一人を満喫出来れば
人生何も怖いものはないでしょうね。



やれている人がいるのですから

誰でも考え方と気持ちの持ちよう次第で
強くてしなやかな人生を
手にすることが出来るのではと
思うのですが。なかなか…。


松浦氏はとにかく群れない。


3人以上の集まりにもいかない。
アルコールもダメなので
飲み会もつまらない付き合いもパス。


残業もせずにとっとと帰宅して
自分一人で夕飯を楽しみ、
夜は10時には寝るといった生活を
ほぼ毎日されています。


なんと軽やかな!


要するに
自分の寂しさを埋めるために
人と会ったりはしないのだよね。



人から付き合い悪いとか思われても
孤立しても
自分のペースを変えない強さ。


そうしてる内に
周りには自分を理解してくれる
暖かい人達が集まるというマジック!


えー出来ないよ~と思って
やらない人は永遠に手にすることは
出来ないマジック。


勇気を出して孤独を受け入れた人にしか
経験できないマジック。


考える前に先ず行動だそうですが
しかし勇気いるよねぇ(笑



ちなみに数少ない私のもう一人の
友達A子がそんな強いタイプだ。


(もう一人のB子とは
ちょっと約束を
反故にされたので距離を
置いた。)



A子は一人で飲み屋に行って
そこで自分の居場所を作れてしまう。
友達も作れてしまう。



だからA子はいつでも自由人で
カラッとしていて
自分一人で何でも楽しめるので
他人に依存してない。


だからA子は軽やかで
結局いつもみんなから
誘われる人なのだ


かといって世捨人でもなく
誘えば私とも飲みにも行く。


自然体で裏表のない正直な
A子といることは
とても楽しいので


A子とは寂しさを埋めるために
飲みに行くというのはなく

A子が好きで会いたいから私は飲みに行く。



A子は裏表もないので
嘘をついて断ったりもしない。
気乗りしなければ普通に断る人なので
安心なのだ。
だから人にも好かれる。



ここでハッと気付いてしまった。



前出の約束をすっぽかされた
くされ縁の女友達B子とは


私は寂しさを埋めるために
会ったりしていたのかも…。


B子に会いたいからではなく
孤独を紛らわしたり
暇つぶしの為に
いつも誘っていたところが
ある。(ヒドい…。)



だからそれがB子にも
伝わっていたのかも知れない。


B子の仕事が忙しいのも事実だし
私とB子も長年のくされ縁ですが


似た者同士かも。


B子もまた寂しさを埋めるためだけに
友達と会う人なのだ。
そう感じる。
(だからB子も友達がいない。)


多分私とB子はあわせ鏡なんだな。


そりゃ伝わるわな。
どんなに気を遣って取り繕っても
自分のことしか大事に思ってないことって
絶対に相手にも伝わってる。


私もB子を蔑ろにしてたんだもの(笑)
誰だって寂しさを埋めるために
自分と会っていたらイヤだよね。


そして悪意のある人は
自分も嘘をついて断ったりするし
相手もそうだと思ってしまうのよね。


B子も私もどこか本音では
好きじゃなかったのかも。



B子は一見人が良いし優しいのだが
本心では悪どそうで何を考えてるか
分かんない。


そう感じていた。


てことは私もそうだってこと。
鏡なのだから。
B子も私をそう感じていたと思う。



A子のように
自分一人で楽しめて
寂しさをヒトで紛らわそうと
しないことこそ


本当の優しさであり
強さでもあるんだな。


私もA子のようになりたいわ~。
来月会うときにA子に極意を聞いてみよう。


B子と縁を切れば
友達はA子一人になってしまうから
ズルズルくされ縁してたけど



そもそも私の暇を紛らわすために
会っていたとしたら
それは友達ではないよね。
お互いにね(笑)



松浦氏やA子のように
一人で何でも楽しめれば
究極にいえば友達は必要ないわけで。

正直、一人でも良いわけだ。
なんの問題もない。
自分の幸せは自分で決められるから。



友達とは会いたくなる人のことだ。



それに気付いたので
なんかスッキリしたな。
憑き物が取れた感じ。



本音も言える仲だったけど
依存しあった関係だったみたい。


ま、とりあえずB子には何も求めず、
行動も起こさず、
ムリに答えも出そうとせず、
流れに任せてみることにした。


A子とB子も共通で友達なので
3人で会ったりもしていたから。


それでも
自然に関係が淘汰されれば
寂しい気もするけどそれも受け入れる。



そしてこの先A子とB子が二人で
会ってもそれは
私にはコントロール出来ないこと。



やはり人は自分で好きなことを
楽しんでるときに自然と
友達が出来るんだなと実感した。



逆に一人を楽しめない人は
他人に依存してしまい
真の友達は出来ない。



メジロ君ともパートナーとも
依存ではなく、
寂しいからでもなく、
(ちょっとはある(笑))
楽しいから一緒にいるんだもんね。


B子にはお泊まりなど
アリバイ作りに一役
かってもらってたので
…これからどうしようかな(笑)


ま、パートナーは
深く追求しない人だから
良いんだけど。


うわー、私完全にB子を
利用してたな(笑)
私、腹黒いなぁ。

そしてB子も私を利用してた。
お互いさまか。


腹黒い人には
腹黒い人がついてくる。

利用するヒトは
利用される。


世の中の仕組みね(笑)



ただ悪い子ではない。
とりあえず解決をせずに
関係を見守る。


そしてどんな結果でもそれは
起こるべくして起こったことだから
素直に受け入れる。



今日は色々学んだ。



何かが私の中で少し変わったかも。
一人を満喫することを少しずつ
やっている。



最初から完全には出来ないと思うけど
姿勢としてはそれを意識していく。



それが出来るようになったら
最強だね✨



私は友達が少ないですが
本当に少なくて2人。 

この二人も友達同士で
3人で遊ぶことがたまにある。
大体、月に一度か
2ヶ月に一度とか

この頻度が私にはちょうど良い。

過去には7年会わない時もあった。

30年近い付き合いなので
パートナーとも知りあいだ。


前にもどこかで書いたけど
いつも私が誘って
遊びに行く。

そのことに過去にはとても
不満だったこともあった。


友達の一人は、 
人気者なのでその子には
友達がたくさんいます。 


だから私にとっては、
数少ない友達だけど、

彼女にとっては私は
複数の友達の一人。   



誘うのは昔から私からだけど、
私を嫌いだったりする訳ではない。 

そう信じることが出来る友達。 

二人の友達には、
ありのままの私を
見せられるので、
私は会いたくなる。 

もう一人の友達は
私に似たタイプ。
でも彼女の方が強い。


友達は少ない方で
彼女には子供がいるが
もう大学生なので
暇もある。


超美人なのに男運がなくて
離婚して一人になったけど
20歳下の彼氏がいたりする。

しかし、
この男もちょっと最低だが
本人が良いならそれで良い。


実家がお金持ちの彼女なので
働かなくても優雅な暮らしだ。


でも最近、
登録制の仕事をし始めて
私は置いてきぼり…💧

私はなぜか仕事が
見つけられないのに
彼女はサクッと見つけてる


ここは正直
羨ましく思う。



私は義理で
付き合っていたり、
無理して付き合う人は
一切いない。   



つまり
少ないけど
自分が会いたいと思う
友達しかいない。  

そして気付いたことがあった。

私は自分の都合で
会いたいんだなって。
 

自分が会いたい時に
会いたいんだなって。
   


誘ってくれなくて寂しい。
何で私ばっかり
誘わないとならないの? って
思ったことが過去には
何度もあったけれど、   


自分のペースで
私は会いたいと思っている。


友達でも
会いたくないときは
面倒だからだ。

若い頃はずっと友達が
いないことがコンプレックスで
恥ずかしかったりした。


大勢の友達に囲まれて
楽しく過ごしている人が
羨ましくて。     


だから私も
友達を作らなくっちゃ! 
生活を充実させなくっちゃ!って 

無理やり友達を
作ろうとしたけれど


友達って恋愛と同じで
無理に作れない。
自分に無理をすると
自分が死ぬし、続かないの。


で、ある時思った。


私、本当に大勢の友達が
欲しいのかなって。   


パートナーといる時間は
毎日で、
ほとんど毎週末一緒に
過ごすし、

他に
メジロ君とデートの時間
自分一人の時間

前は仕事していたから
仕事している時間


そして
その空いた時間で
友達と会いたい。 


そんな自分に気が付いた。
要するに友達と会う事は、
私にとって

一番優先順位が低いんだ。 


大勢友達を得る覚悟は
私にはない。


社交的でもない私は
スケジュールが
それで埋まるなんて
苦痛だからだ。


だから友達を
無意識に増やせて
いないんだ。


そしてそれで良いんだ。
って気が付きました。 


友達が少なくても
極端な話、
もし全然いなくても

それでも人生は幸せだなと。
なんの不自由もないじゃんと。


誰かが決めた
友達は多くなきゃとか、
友達は作らないとダメとか


そんな他人の価値観で自分を
苦しめずに


自分の価値観で
自分の心を軽くしてあげれば
良い。


誘われなければ
誘えば良いし、

誘って会うことが
私には合っていることも
分かったから、
とてもラクだ。


誘われないからといって
誘わないからといって

そこに何の意味もなく


嫌いだとか
嫌われてる訳では
ないということ。


タイミングや
それぞれの得意不得意の
役割があるということ。


友達に
楽しくしてもらうんじゃなく
自分で自分を
楽しくしてあげたいなと思う。


それはきっと
恋愛も同じだね。


まあ私の場合は
恋愛依存してるところも
あるけど(笑)

恋愛は相手が男だから。
少しの甘えも依存も
スパイスだと思ってるから。







        

友達と飲みまくり、
文字通り朝から晩まで飲んでました。


彼女は私の不採用の話も
そりゃ、
そこに縁がなかったんだね。と

アッサリと切ってくれたので
逆に救われた。


パートごときで受からなかった
恥ずかしさも全てさらけ出し、


強がることもなく
見栄を張ることもなく
話が出来る貴重な存在。


彼女と某動物園に
途中でフラッと
行ってきたんだけど、


彼女は一見、
とてもボーイッシュなので、
カップルに見られた(笑)

さながら、私たち、
ドラマ《昼顔》の北野センセーと
サワみたいだったな(笑)
女同士なのにね。


友達を誘う、
誘わないで悩んでるなら、

さっさと誘って
楽しんだ方が良いよ。


自分の都合や気分で会える。
誘う女、バンザイです(笑)


彼女たちは私がメールが
すぐになかったりすると
キレそうって思ってるんだけど、


そこは解せない。
たぶん、昔のイメージのまま
そういう雰囲気があるのかな。

人からどんな風に見えてるのか、
面白いね。


そんな風に思われていても、
嫌われている訳ではない。


私も彼女たちを
自分の偏った目で見ているので、
お互いさまだし、

彼女たちの嫌いなところも
あるが、
好きなところもあるので、

相手もそうなんだろうなと
最近は許せる。


腹を割って話すことは
時に傷つけあうけれども、

それを避けていては
本当の自分は保てないと
思うようになった。


明日はもう一人の友達を
もちろん私から誘って
ランチに行きます。


彼女はちょっとアクの強い性格。
メジロ君の自慢話、
聞いてくれないかもな(笑)

女友達は楽しくて、
ちょっとめんどくさいね。












このページのトップヘ