女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 仕事



メジロ君と修復してから



彼はちょこちょこ電話をくれる。




今日も私が電車に乗ってる時に
着信があったので




降りたあとかけ直したら





『シロハトちゃん、ごめん、
これから会議。でもね、

こないだの別れ際のスキンシップが
超早かったのは
チェックアウトがあと10分しかなかった
からだね。』





はあ?(;゜∀゜)
それを伝えたかったの?!







『でも短かったけどすごい濃密で
私はああゆーの好きですよ。』





『同感です!じゃ会議行くね。
ごめんね、またね。』





そんな短い電話。
わずか1分の会話でした。




しかも変な会話(笑)




それでも





仕事場のイヤーないじわるーな
淀んだ空気を吸っていたので





彼との会話で爽やかな空気が
甦りました✨





ちなみにパートナー も
穏やかな人。





私とサッカーのW杯を観るのが
好きなので




今日は休み前だから




彼の好きなスイーツを
用意してあげたの。




一緒にご機嫌で観ています。




ええ、ゲスな女ですが、

何か?





ところで本題。





人間関係で思うこと。




仕事場はとにかく
空気が淀んでます(笑)






お局三人がやりたい放題で




同僚の悪口ばっかり
ひそひそクスクス話しておる。




きっと私がいないときも
そうなのであろう。




初めはそれを何とかしたいと
思っていたけど




私がどうこうできることでは
ないことに気付いた。




人の口に戸は立てられぬ。




噂話や悪口は止められない。





それを何とかしようとするから
疲れるし苦悩する。




じゃ、何とかしなきゃ良いのだ。
放置するだけで良い。

簡単なことだ。




だって特定の人だけじゃなく




お局どもに
みんな平等に悪口言われてる
異様な環境(笑)





しかも対象者がいない時に。


もしくは陰で見えないところで。





イヤな気持ちにはもちろんなる。
胸も傷む。


ざわっとする。



でもさ





これをどうにか出来ますかっつーの。



無理じゃろーて(ヾノ・∀・`)







みんなが平等に悪く言われてるのを
今日目の当たりにして





うわぁ、イヤだなぁ、
私も何言われてんのだろ。



そうモヤモヤしたけれど




逆に考えたら




どうせ何してたって
言われるんだから




いいや、このままの私で。
って気が楽になった。




だって


私だけじゃなく
みんな等しく言われてるんだもん(笑)




バカバカしくて笑うわ(笑)




でもね




そのお局どもも




めちゃくちゃ悪い人らでもない。




別に無視したりするわけではないし





世間話もするし




仕事でパッと助けてくれたり




困ってると
親切に教えてくれたりする。





そんな使える面も持っている(笑)








私はその度に





『ありがとうございます。』




そうリスペクトを込めて
伝えるようにしてる。




そうやって



自分のやるべきことはやって




礼節は通してるわけなので



それでも言われるのなら




もうそれは



お局どもの問題だ。




承認欲の濃いヒトらなんだろなと。





なので
何を聞かれても


見張られても


言われても




どうすることもできない
人間関係は





放っておくしかない。




だから




誰の悪口を聞かされても




私も言われてたとしても




さらっと流して



なるべく平常心でいこうとおもった。




たった週3日、

1日5時間の修行だと
思えば良いのだ。







あとはプライベートは
充実してるわけだから❤





どうにかしようと思っていたから
辛かったのだね。





そりゃムカッとくるのは
止められないけど




我慢せず
ちゃんとムカつきは感じたら




そのあとは抗わない、

反応しない。戦わない。




さらさらトイレのように流す(笑)





そう
心がけたいなと思ったよん。





職場をコントロールしたり

何とかしようと思わないことで






逆にきっと何かが変わる。

(と思う。)








そんなお局どもには絶対どこかで




絶妙な宇宙的タイミングで



それ相応の酬いが来る。




きっと私の見えないところでね。

フフフ( ̄▽ ̄)b←不気味(笑)











今日はオフ!



やっぱり一人の時間はホッとする。





朝から首脳会談見てる。



トランプさんの個性的な破天荒さは
私は嫌いではない。




あの無茶ぶり、独裁的で
そしてだからこそ人間的。



何をやらかすか分からない。
そんな危うさもまた面白い。




ところで
仕事してて最近心がけてること。




むやみに反応しない。



期待通りにいかなくても
放っておく。



全ては出来なくても
最近、これを基本としてます。





相手に何か投げたとき




それが期待通りに返ってこなくても
あまり気にしないようになった。




私だって




誰かの投げたものに




期待通りに返してないと思うから。




期待とはその人の価値基準だから




全部の期待には応えられない。




自分の価値基準に合えば




応えることもあるけれど




基本は自分の気持ちを優先してる。




だから面白いときは参加するし



私には興味ないことには




黙ってたりね。




自分にそれを許すと






他人だって
そうなんだよなと気づくので




期待通りに返ってこなくても



気にならない。




結局、悩みは
全て自分の頭のなかで作ってる。





私がムカッとする行為も




もしかしたら相手は
良かれと思ってるかもしれない。




例え悪意があったとしても




私にそれを変える術はない。




言っても治るかは


相手次第だから




どうでも良い相手こそ



私は放っておく。





そんな風に自分の楽な方に




常に考えることが目標です。





・・・



ここで宣言します(笑)





ちょっとつぶやいてみたよ。






おとといの最悪な日に比べて



昨日はなんだ?ってくらい
良い一日でした。








職場のマネージャーが




おとといの
私の異変に気付いていたようで



なんかあった?って
声をかけてくれて。



クレーマーにあたり、
リーダーにもダメだしされたこと
話したら





それは申し訳なかったねと
理解を示してもらえたことで



少しでも分かってくれた人がいて
見てる人は見ててくれてるんだなと



それだけでスッキリした。




今回、
私は自分では何も動いていない。




流れるままにしていたら
向こうから運がやってきた。




落ち込んだり悩んだりしたとき




どうしてもあがきたくなるし
解決したくて
動きたくなるけれど




あえて不安を感じてみる。
落ち込みから逃げずに
その感情に気付くことで




流れが不思議と変わる。




恋愛も。




メジロ君の着信を放置していたのに







ちゃんとメールが来た。





しかもラブいやつ(;・∀・)




杖をつくような年になっても


ずっと飲んだりハグしたりしたい







嬉しいけどね




少しヘンタイとも取れる
メール(;゜∀゜)





それに対して




杖をついても飲むの?


定年したら豪華客船に連れてって
くれるんだよね😁




って返したら



2分後に着信が残ってた。




私は昼休み終わって仕事してたので
出られなかったので




終わってからかけ直したら




シロハトちゃん、忙しいんだね。



豪華客船は俺一人で行くよって
笑ってた。





彼女が忙しいと
追いかけてくる法則(笑)






わざとやっても効き目ないの。




以前ね、
忙しいふりをして

駆引きでメールや
連絡を遅らせたりしていたことも
あったけど



効き目もなく


自分が遅らせたりしてたから
返事ももらえず




逆に辛かった(笑)




本当に自然に忙しいと



不思議とそれは相手にも伝わる。





1ヶ月くらい前かな





日帰り豪華ツアー行きたい!って
さらっとメールに
書いたことがあったんだけど




それに対して
なーんのリアクションもなくて




やっぱりめんどくさいのかな。



と思ってそのまんまにしてたのね。




そしたら





昨日突然メールでメジロ君が




『日帰り豪華ツアーさ、



ネットで色々調べてたら




全部行きたくなっちゃった。


どうしよう?』




(;・∀・)ナゼ,イマゴロ?



時空間長すぎ…(笑)






なーんだ、彼は彼で1ヶ月
ワクワクと考えてたんか( ̄▽ ̄;)




これも





私から一旦行動して投げたあと




何にも動いていなかったけど





彼はちゃんと覚えてて





そのタイミングは何故か(笑)
遅いけど






放置してたら



向こうから何かがやってくる。






行動したあとは





相手の領域になるので




期待せずに
自分でも忘れてる位の感覚で





時間を置くと良いのかもなぁと
思ったりした。




友達もそう。




放置してると







向こうからやってくる。





その間は一人で楽しむ時間を
過ごす。





今日はおやすみだったので



一人でイタリアンに行って




ウマイもの食べてきた❤




結構お一人様の女性が多くて





それぞれが時間を有効に
楽しんでるように感じて




私もだいぶ変わったなぁって
ニヤニヤした。




一人で楽しむなんて



ついこの前まで出来なかったもん。






ムリに動かさないこと。




少しずつ分かってきたな。





人生は本当にバイオリズムのように




上がったり下がったりを
繰り返すんですね。
























月曜の朝、起きるときに


無意識になんか不安になって




胸が重い感じで起きる。




変な夢も見たり。




今の会社に入って



半年経つのに未だに馴染めない。




週3日の短時間なので




そこだけが救いですわ。



仕事自体は嫌いじゃないけど




行きたくないのは



心のどこかで




職場は馴染まなきゃいけないもの。



仲良くしなきゃいけないもの。



早く覚えないと気が引ける。





そんな具合に




自分の中の『~べき』に
囚われてることに


気付く。



気付いて



別に馴染まなきゃいけないもの。
ではないし




みんなと仲良くしなきゃいけないもの。
でもないと




その時は分かるんだけど





すぐにはその『べき』は




クセなのでなかなか離れない。






そんなときは、メジロ君だ。





今朝起きて、




憂うつさが晴れなくて




あまり良い方法ではないけど




メジロ君に電話してみた。





『シロハトちゃんオッハヨ~!!☀』





いつも朝から
トーンがすごーく明るい。




『シロハトちゃん、
昨日はお母さんに電話出来た?』





『は?』





『え、シロハトちゃん、母の日
電話しよ!って書いてたから』




『なんでそーなる(笑)

違うよ、メジロ君と電話しよって
意味で書いたんだよ。

月曜の朝は憂うつって言ってたから。』





『そーなのか。俺、読解力ないなぁ。』





てな具合で



どんどん話のポイントがずれていく(笑)




とにかく私の憂うつや悩みなんて




一瞬で吹き飛ばす威力を




メジロ君は持っているのだ。








職場の雰囲気が好きじゃなくて




私だけ仕事覚えてないし


時短だから気も引けるし




なんかゴタゴタも今あって
メンドーな状態で





憂うつなんだ。





そう言うと




『あ?なんで気が引けるの?
みんな頑張ってね~っで良いじゃん。
俺ならご機嫌だな~。』





『え( ̄▽ ̄;)
メジロ君は
気が引けることってないの?』





『ないよ。気なんて引けたことない。』




(;・∀・)スゲー
そーなのか。




こんな調子なので




私の悩みがバカバカしくなる(笑)






しばらく彼もプライベートが
確保されず






接待やら招待やらで




多忙らしいんだけど




『ま、暫くはしょうがないよ。』



とあっさり諦めてて




全然悩まない。





いつもながら感心させられる。





こないだのデートのときに





ショップのマネキンが着ていた




ちょっとハードなワイルド系の
カジュアル。




『これ、メジロ君
絶対似合うから着てほしい!』




そう懇願したら





『やだ。ダメです~』



とバッサリ断られたのですが





『シロハトちゃんの


くのいちの格好見たいな~。


俺、想像しただけで



興奮してきちゃうよっ💨』





( ̄▽ ̄;)( ̄▽ ̄;)クノイチ?




全然違う話になってる…。





子供の頃から
くのいちが好きなんだって。



その格好にムラムラするらしい。

マニアックやな~💧




ヘンタイとも言うか(笑)



えと何の記事だったけ?






あ、職場に馴染めない話だった(笑)





こんな風に




メジロ君が絡むと




なんかどーでもよくなってくる。




不思議な人なのだ。




今は会社の昼休み。




ニュートラルな気持ちに
切り替えられるように





頑張れ私(* ̄∇ ̄*)





このページのトップヘ