女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 彼の気持ち



私のことどれくらい好き?


%で教えて。


メジロ君に聞いちゃった。



90%のときもあれば

50%のときもあると答えが。



え、100%ではないの?



長く付き合いたいから
100%にはしないんだよ。

時々上げたり下げたりしないと。




例えばさ


100メートルを全力疾走するときは
短いから駆け抜けるように
100%で良いけど



10000キロメートルを走るときは
ペースを落としたり、早めたりしながら
走らないと完走できないじゃん。





ずっと100%で走るなんて


パンパンになりすぎて
失速しちゃうでしょ?と。



それを聞いて
へぇー面白いなと思ったの。
すごく興味深い男性心理だなって。



男性ってもしかしたら
脳がそういう仕組みなのかな。



女性は恋をすると
100%疾走するよね。



それが愛してるということだと
思ってるけど



彼は100%疾走しないことは
必ずしも愛してないからではなくて


愛してるからこそ
長く付き合いたいから
ペースダウンを取り入れる。




ここに男女のすれ違いが
もしかしたら生まれる?



彼の愛し方、



なんかとても素敵だなと
思ってしまった。





私は今まで100%が全てだと信じていた。



だから


彼がペースダウンすると
不安で寂しくて



でも彼なりに私を大切にする愛し方を


ずっとしてきてくれたんだなって



ますます彼が好きになりました。




お別れ騒動のお話は




彼から学ぶことが



まだまだたくさん、


深良い話があったの。



少しずつ



男女の素敵なスレ違いを


書いてみたいと思います。









前回鼻息荒く書いた
恋愛の切なさにどっぷり浸った記事  


少女漫画の如く
勝手に恋を終わらせようとする
私の跳躍思考(笑)


その記事を書いた夜遅くに
メジロ君からメールが来てた。


朝にそれを読んで固まった…。


『今日シロハトちゃんの家の前を
車で通ったよ。

会いたくなっちゃいました。』


あれ?
私の不動の地位はまだ健在なの?


ちょっとニヤニヤする私。


それを確かめるべく
メールで

忙しくて
私どころじゃなくて
会いたくないのかなと思ってた。
私は一緒に会えること信じる。
簡単に私を諦めないで。


こう返信しました。


すると昨日の夜、


『毎日仕事は大変で終わらない。
いつまでやるのか?終わるまで。
でも諦めてないよ。
シロハトちゃんがいるから…』


こんな切ない返事が。


だからね、


彼のなかで私に会いたいと
思うとき、
どんな光景が思い浮かぶのかを
聞いてみたの。


まだ返信はないけど
なんて返ってくるかな。

まぁこういう質問は
案外スルーされがちなんだけどね。



でも私は知りたいんだよなぁ。


彼はどんな時に会いたいと思うのか
彼にとって会いたいって
どんなことをいうのか。


それを知ってどうするかって?



だってさ
不動の地位かどうかが
分かるでしょ?(笑)



本当ならもう愛されてるし
大切にもされているから


これ以上悩むこともない。



私は彼との付き合いをどこかで
刺激させたいと思ってる。



穏やかな愛や気持ちは
今は要らなくて


彼と恋愛ジェットコースターに
乗りたいのだな。



それはきっと
要は頭がヒマなのだ(笑)

二人の恋愛を刺激で確認したいんだ。
分かってやってる。


麻薬みたいなものだね。



自分に本当に満足していたら
こんな刺激は要らないのに



メジロ君とのことで
満たそうとしてる。


分かってやってる。


お料理もさ


ずっと和食も良いけど


時々スパイシーなものも
食べたくなるよね?



それと似ている。


お腹が一杯になる方法は
1つじゃ物足りない。



メジロ君は多忙で余裕もないけど



私との時間できっと彼も
足りない部分を埋めてる。



全然それで良い。


お互いに自分の満たない部分を
満たす。


危険な方法だけれど


常識はずれだから仕方ないよ(笑)



刺激にまみれる。
欲にまみれる。



飽きも加速する危険な方法だけれど




もしかしたら

突然変異で
飽きないかもしれないじゃない?



その数パーセントの奇跡や
突然変異を私は彼と受けられる気が
してしまうのだ。



彼の『会いたい』は
穏やかな愛の
『会いたい』かも知れないけど


ごめん、私は違うんだもん。



でもきっと根っこは同じ。


さてどんな返事が来ますかな?




@
なんか全然違うことが返ってきそうな
予感もする…(;・∀・)



楽しいね(笑)









激務で辛くても
メジロ君が私と過ごす時間を
大切にしたいと
言ってくれたので



私と過ごす時間て
どんなものなのかな?



そんな風に昼間メールで
投げ掛けてみました。




さっき返信が来てた。




『この前
寝顔にキスしたの覚えてる?
そのあとシロハトちゃん
おでこをかいてて

それ見て
思わず抱きしめたら
暑い…って言ってた。

そんな時間が大切です。』




カナシバリ…


そのあと
モンゼツ(//∇//)



なんなんだ
少女マンガみたいっ



セロトニン放出しました(笑)



ね?

期待してないと
こんなこと書いてくる。




私は寝ていたので
寝顔にキスされたのは
覚えてないけど



私を愛しく思う
彼の気持ちが伝わってくる。



そっか



彼はもうこんな穏やかな愛を
私に感じてくれてるんだね。



きっとその時の状況を
思いだしながら
書いてくれたんだよね。



私が覚えてない二人の瞬間を
こうして彼が覚えてくれてる。



なんて幸せなことなんだろう。



きゅんとして


大好きとメールしてしまった。



だって悶絶したこの気持ち
伝えたい。




あの日会ったときに


彼とは
愛し合う運命だったんだな。




今日は夢で彼と会う
そんな予感がしています。




メジロ君
こんな気持ちをありがとう。










本当なら今日から
メールカウンセリングを
始めるつもりでした。


モヤモヤ不安感はある。
でも何から聞いて欲しいのか
有りすぎて
整理がつかない。



そんなときはムリに
相談しないのが一番。



いやでも相談したくなる時が
来るから自然に任せる。


私がしたいタイミングで。
お支払い済だしね(*´・ω-)b





で、一呼吸おいて
メジロ君とのことを
振り返ろうかなと。




この恋愛ブログを始めて
1年が経とうとしてる。



誰に向かって書くわけでもなく
自分の心の整理に書いてきた。





昨日は2週間ぶりのデート。




交際2年があっという間に過ぎた。
彼に会うとどうしてこんなに
気持ちが安らぐんだろう。





彼の前では私は




嘘もなく取り繕うこともなく



ありのまんまの気持ちが言えて



それを優しく彼は包み込む。





穏やかで優しい時間が
私は大好きだ。




会社でのメンバーの何となく
嫌な雰囲気や
押し付けがましい上司とは



本当に雲泥の差のメジロ君。


人間力が違いすぎる!



そんなおおらかな
彼と付き合ってるから
余計に私の職場のレベルの低さが
際立ってしまい、
しんどいのかも知れない。




私が彼に聞いたの。



メジロ君は人からどう思われるとか
気にしないの?って。



即答で




『どう思われるとか全然気にしない。
気にもならない。

シロハトちゃんは
考えすぎちゃうの?』



んー
考えすぎちゃうというか
やっぱり嫌われたくないし
どう思われるか気にするよ。



メジロ君は
俺がこんなことしたらとか
言ったらとか
断ったらとか気にしない?



『考えたこともない。
そういう発想がないよ。
断るときはごめんなさいって
断るし、それだけ。』



彼はナチュラルな
カウンセラーみたいなヒト。



強いヒトです。
それを彼は自然に本能でやってる。




彼と話していると
私の悩みがいかに他人軸で、
自分を大切にしていないかが
分かる。



彼はこうしろとか
ああしろとか一切言わないし
人をコントロールしようとも
しない。



だから一緒にいてとても
リラックス出きる。

それは私のパートナーもそうだ。



だからなのか
職場の押し付け上司は私より
10歳も下で
一見ヒトの良さそうな雰囲気だけど


人を無言で
コントロールしようとするので
大っ嫌い。


飲み会もなるべく参加するようにとか
何様だよって思う。
圧がすごいの。


そしてそれにへこつくパートの
オバさんたち。あーヘドが出る。
そして私も自分の保身に
びくついてる。やだね~。



そんな嫌なやつらには
むしろ好かれてはいけないのにね。




メジロ君やパートナーは
自由の良さも
人はそれぞれってことも
知ってる人なので



人がどんな選択をしようと
それを優しく受け入れる。
さっぱりしているのだ。




こういう人が一番実は
自立していて大人だと思う。




私は職場や
人間関係にはあまり恵まれないが
(本当は恵まれたいが)



男性には本当に恵まれている。





昨日はたっぷりとスキンシップを
しながら
彼の腕の中で安らぎをもらった。




彼の身体も本当に良い身体を
してるので
抱き締められると気分が高揚する。




アラフィフにもなると




若い?男性の
引き締まった身体や
肌が本当に嬉しい(笑)




自分が失われつつあるものを
彼がまだ維持していて



それに触れることで
魔女のように若さをも吸いとれる
気がするのよ。




逆に
彼が私の身体に高揚する、
興奮してくれてることや



私との営みで
彼が動いて汗をかいてるところを
見るだけでも萌える(笑)




アラフィフ女(私)は
結構ヘンタイかもね。




こうして書いてると



なるほど私は自分の存在を
必要として欲しいんだなって
分かる。



ここでも他人軸ですね。




そんな私でも今は良い。
焦らず自分軸にしていくから。




彼が私のことは
存在がとても大きいよと
言ってくれる。



それで充分じゃないか。
愛する人がそんな風に
思ってくれているのなら。




会社は友達を作るところではない。



淡々とやるべきことをやって
お金をもらい



そのお金で私生活を充実させる。



それで良いじゃないか。
何が問題なのだ?




自分を出すとみんなが離れていく。
友達がいないことと
会社をむすびつけてるから
しんどいのかもね。




むすびつけなくて良いし
自分の価値をそこに
見出ださなくて良い。




頭では分かってる。



あとは気持ちがついていくだけ。
頭で分かっていれば
いずれついていくだろう。



今日は自分のカウンセリングを
自分でしたようなものだな。




会社で
怯えなくても怖がらなくても
大丈夫。




私には彼らがいてくれる。
































このページのトップヘ