女45歳、常識外れの恋愛事情

一度きりの人生、自分の価値観で幸せになっても良いと思うアラフィフの恋愛と日常

カテゴリ: 恋愛のヒント



メジロ君との旅行もいよいよ迫ってる。




彼はそれまで大忙しです。



でもね



彼なりに楽しみにしてるらしい。



青森の天気予報を

会社のデスクトップで表示させて


毎日チェックしてるんだって(笑)

可愛い❤





私の足もひびが入ってから



3週間が経ち




だいぶ歩けるようになった。




でも痛みはあるけどね。



メジロ君は心配してくれてて



大丈夫?と毎日連絡くれる。




温泉に浸かれば治るからね。



そんなことを言う彼を


私は愛しく思う。





たったの一泊二日。



されど一泊二日。



こんな関係で



二人で旅行に行けること自体




とってもありがたいことだから。




宿の食事を



グレードをあげた料理のコースに

してくれたんだけど



さらに別注料理のアワビまで頼んでくれた。

※私の大好物なの❤


食べられるのかしら…?!(・・;) ?



なんて言いつつペロリだろうけど(笑)





普段の彼は質素だけど



どうせ行くならゴージャスに!




そういう人なので



旅行とデートは本当に楽しみです💕





こないだね




『旅行が楽しみな分、


すぐに終わってしまうのが分かってるから


その日が来て欲しいような、


欲しくないような、


既に寂しい気持ちになったりして


矛盾してるけど複雑な気持ち。』




こう彼にメールしたのね。



そしたら彼は




『俺はね、終わりがあるから楽しめるし

また頑張れるの。

でね


その時は一生懸命なんだよね。


まだまだ全国に良いところがあるんだから


これからもまた一緒に行こうよ!』




そんな風に答えてくれた。




私、これからも

一緒にいて良いんだ.゚+. (*゚^゚*))゚+.゚





珍しく謙虚な気持ちになったわ(笑)



嬉しかったの。



これからも一緒にいようと

思ってくれてることが。




今は


そう思ってくれてるということが。





彼は幼い子供みたいに




ずっと二人は一緒にいると

無邪気に信じてる。




時々それがとても切なくなる。




でもね




私もどこかで信じてる。



年月は無常なことが分かっていても




無邪気に信じていたいな~ってね。




サンタクロースを信じるようなものね。




だから今を噛みしめて楽しむ。




それが明日に

未来に繋がっていく。




彼のハグとキスが恋しい。




そんな気持ちも無常だからこそ価値がある。




だからどんな恋愛も楽しめる。



ていうかさ

楽しまなきゃ損だよね。




楽しめなくしてるのは自分の心のみ。



さっさと楽しむ。



悩んでる暇はないほど

人生は短い。




てなわけで




私の矛盾した寂しい気持ちは置いといて




さっさと私も楽しみます!




愛する彼といる時間は




長いようでいて短いのだ。




そう自覚することで




一緒にいる時間が濃いものになる。





ただダラダラとスマホ片手に

一緒にいるなんてもったいない。



二人で一緒にいられるのは

永遠ではないのだよ。


みんな自分は永遠だと思ってるのかね?




軽やかに


でも酸いも甘いも味わうように

恋愛したいね。





あー




メジロ君に抱きつきたい(笑)



彼のたくましい身体も永遠ではない。



何一つ永遠のものはないもん。




だから愛しくて




一緒にいられることも奇跡だからね。





























メジロ君に普通にメールをしたんだけど



彼の返信に




『寂しそうだぞ。なんかあった?』




そう書いてあって。



え、😱
なんで文字だけで分かるのかしら?(笑)




そんな寂しさが伝わるようなこと

書いたっけ?




旅行楽しみにしてる分、

早くその日が来て欲しいような

来てほしくないような複雑な気持ち。



とは書いたけど。





でも



無性に彼に会いたくなってるのは


事実なので



それがなんか、もわわーっと
滲み出てたのかな(笑)





どうしようもなく




彼に触れたいときがあります。




彼の皮膚の感覚や


髪の柔らかさや


匂いや体温がフラッシュバックして




この手で

鼻で

唇で


感じたいな~って


無性にね。




その思いは欲求と呼ぶのか



それとも恋しさなのか



両方なのかな。




彼の返信には


『雪のなかでハグ、忘れてないよ。』




そんなことも書いてあった。




楽しみにしてる旅行前なのに




なんで私、こんなブルーなんだろ?





お宿があまり評価が

良くなさそうだったからかな?

→こちらの要望が
伝わってなかったこともあって
メールでやりとりして
ちょっと滞在に不便な宿だなと
感じたのは事実。



足にまだ痛みがあるからかな?

→もう少し良くなってるかなと期待してたので。




医療保険ちゃんと下りるのか?
下りても診断書の方が高そうだからかな。

→旅行には関係ないけどモヤモヤ(笑)




お金、なんか働いても足りないなぁとか。





このように私は些末なことで

すぐブルーになる。



ブルーが通常スペックで

落ち着くようなところがあるヘンタイ(笑)



だからさ

損しても良い!

どうせ大丈夫!



この前提にしていても




このように気分が落ちることもある。




なんの理由もないのにね。




そんなとき



彼に会いたくなって



無性に触れたくなる。




要は他力による温もりね。




依存と言われればそうなのかもな。




でもずっとではなく



気落ちしたときだけです。




その気落ちも意味不明なことで

ブルーなので



自分でもよく分かんない。



でも問題視してないです。



いずれこのブルーな気持ちも

去っていくことを知ってるので。




日曜の夕方って気落ちしやすい。





クセみたいなものだ。



ああ~
メジロ君にすっぽり包まれたいな。




彼の腕の中は大きくて温かい。




前はね愛犬がいたから

メジロ君は犬ではないけど(笑)




大型犬たったし

抱きしめるとどしっと存在感があって




その温もりに癒されてたなぁ。



一緒に寝ると安心感があった。



天国に行ってもう3年。




そろそろ犬を飼いたいなと思うことがある。




でも今度飼うときは



ずっとそはにいたいので


私が無職になってからだな…。



今はお金も必要だし

働いてると生活のリズムが良いので

辞めることは考えてない。



恋人に触れたいと思うときの私は




なんか温もりが欲しいのかもね。




今はどこかで何かが不安なんだろう。




でもやがてそれも無常で不安は消え去る。





だから少しの間

寂しさや不安と仲良くしますかね。




これも私の大切な感情の一部だから。
























人の幸せを喜べないとき


間違いなくその人は不幸です。




自分が幸せなら人を祝福する余裕があるもの。



喜べないときは


自ら不幸です!って告白してるようなもの。




惨めだよね。




でもそんなとき



祝福できない自分を責めない。




幸せを目の当たりにしたということは




次は自分の番なのだ。




心ひとつでそれが分かる。




それに気付こうともしない



耳を貸さない人は




自分のやり方を変えずにいるので




ずっと変わらない。



不幸のまんま。




でも


幸せな人の匂いを嗅ぎ付けて




そこから素直に何を学び




何を受けとろうかと分かる人は




どんどん幸せに気付いていく。




ああ、もうすでに手中にあったのだと。




結局




素直に人の幸せを喜べる人は



その素質があるという証拠です。





私もこれからも心がけます。




人の幸せは自分の幸せを


写し出している。




そこに気付くか気付けないかだけです。




幸せで成功してる人の話を素直に聞けるか。




ボヘミアン・ラプソディ観て



なんとなくそんなことを感じた。






フレディのことに夢中になってて


メジロ君とのこと書いてなかったわ😁




ここ数日は電話をくれたり




メールやりとりしていて



毎日コミニュケーションは取ってます。





もう彼の頭のなかは



旅行のことでいっぱい(笑)





私がパートナーと


ボヘミアン・ラプソディを



観に行ったことをメールで話しても




スルー。それも2回スルー!(笑)

もし焼きもちが入ってたら

そのスルーもちょっと可愛い。







それよりも




旅行の話を押してくる。



彼は基本興味ないのことにはスルー。




そんな彼のありのままを



私は愛してます(笑)




そのままの彼を愛するとは




そのままの彼を理解する



もしくは許すことだと思う。





世の中には



そのままの私を愛して欲しいという割には



そのままの彼を愛してない人がいる。




自分の都合の良いことをしてくれたら



良い人で



都合の悪いことをしてきたら



悪い人と自分の主観で判断する。




それを『ワガママ』と言うのだよ(笑)




愛する彼にも多面性があることを

忘れてはならない。



裏も表もセットで愛する。



例えばハンカチも裏表があるし



洋服も靴も


お札も全て裏表がある。



物理的な話、

表だけ欲しいと思っても無理です。




セットで受け入れ


セットで受け入れられるって




ある意味当たり前(笑)




表だけ欲しいと思ってる人は




きっと本物は手に入らない。


まがい物になるよ(笑)




そんな私もかつてはそれが分からず





表だけ要求していたので



相手からしたら



良いとこしか見せられなくて息苦しくなるから



ダメになってたな。



だから気持ちはわかるよ。





そのままの相手を愛するって




けっこう覚悟がいる。




でも自分だって

そのままの私を愛してくれたら




とても居心地が良いよね。




彼を理解して受け入れて許すって




じゃあイヤなことも我慢して



受け入れなきゃダメなの?って



思って悩んだりもしたけど




理解して許すって

なにもこちらが我慢することじゃないんだな。




ああこの人はそうなんだなって



ただ事実を認めてあげる。



それが理解。





その上で



私はどうしたいかを伝える。



イヤなのか



受け入れられないのか




受け入れられないのなら


離れる選択もありだし




少しでも理解出来る範囲内なら

そばにいる選択もあり。




だって相手を変えることは出来ない。



元々そういう人だから。



それがありのままの彼だから。




それを許しあえる関係が





結局は居心地がよくて



お互いずっと一緒にいられるのよね。




どんな彼も


私の愛した人の一部なんだ。




それを忘れないでいたいね。





時々忘れるけどさ(笑)





自分も完璧じゃないけど


そんな自分を責めずに愛して


大切にすることで自分が輝くよね?



てことは




彼も完璧じゃないことを理解し



それでも彼を責めずに許していくことで



彼も輝く。





どんな自分をも愛することと



どんな彼も愛することは




結局、同じことなんだわ。





全てを許していくって



自分を許すことと同じだね。




ま、それはむずかしいさね。





人生の最終目標だもの。




だから少しずつ理解していけば良いかな。




そう気付くだけでも




理解は始まってるからね。




























このページのトップヘ